*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


涼しいですねぇ 東京。

一息もふた息もついちゃうこの頃。
大掃除にはありがたい涼しさですわ。




明晩帰国の飼い主さんを気持ちよくお迎えすべく
本日は掃除の1日。


拭き掃除中、

何かが下を動いているぞ。。。!」と

興味津々のピッちゃん。



IMG_5149.jpg






「ほらほら 何かいるんだよ!」

。。。って 当然です。
雑巾ですよ、ピッちゃん。




IMG_5143.jpg






常に前後左右で掃除にチェックを入れるピッチュゥが側にいると気持ちがほっこり

掃除が楽しいぞ。











       あらかた掃除を終えソファに座ったら。。。

pit3.jpg




「終わったの? じゃあ」 と いう感じに傍に来て


こうなりましたわ。









pit2.jpg




今日は一歩も外に出ず 24時間ピッちゃんと一緒である。
明日の夜 お別れだからね。。。




こんなに優しく柔らかい時間が持てる幸せを噛みしめるなり。












涼しい朝が続いている。



おはよう 新宿 !


身体にも心臓にも優しい涼しい朝ラン。

気温でこんなにも違うものかと実感体感である。
川内君が「夏の東京は厳しい」と発言していたのが痛いほど解る。


数日前まで早朝からフル操業だった参宮橋のドライアイス卸屋さんも 
こう涼しいと 朝はゆっくりのようだった。







ピッちゃんは私がどこに行こうといつも側にいてくれる。

ブリティッシュショートヘアという猫種は 先日私が言った通り性格が犬っぽいのだそうだ。
嬉しいと尻尾を振るというのも犬的。
       washface.jpg

1歳を過ぎて益々逞しく成長してきた。
筋肉ついて 顔も男の子らしくなってきた。

一月以上前の彼とは見間違うほどだ。

飼い主さんの小さいお子さん達も帰宅したら この成長ぶりに戸惑うことだろう。
幼かった子猫はもういない。

それでも変わらず可愛がり面倒みてくれることを願ってやまない。



IMG_5109.jpg
近頃 こちらの食に興味を示し始めた。

匂いを嗅ぎ 近くまでやってくる。
人の食べるものに興味を持ちすぎるのは良くない。

なんだろこれ? 
(豆腐に塩昆布が乗っているだけだ)



IMG_5111.jpg

怒られて距離を置くも
ちょいと恨めしそうな顔で見返っているところである。












豆苗は好きな野菜である。

41W9VI_TMNL.jpg


そのままでも 炒めてもよし。

手軽に使えて 
  お楽しみ二倍というのがいい。







IMG_5140.jpg

再生栽培中なり。
すくすく伸びること。。。


猫草ではありません 豆苗です。

猫用ではなく ワタクシの食用。









リレー愛


リオオリンピック男子400メートルリレーの興奮が蘇る 世界陸上。


近頃は4時起きが習慣になり どう頑張っても21時半には瞼が閉じてしまう生活を送っているので 早い時間帯のTV放映はありがたい。

たまたま見ていたら男子100x4リレー予選だった。

嗚呼! 心疼くざわつくこの気持ち、なんとも表現し難いが 熱き血潮が沸き立つ感覚だ。

    日本が。。。ですよ!

        決勝に出るんですよ! 

            これが興奮せずにいられますか!



何故これほど心揺るがすかと言うと 以前も述べたが中学3年間通してリレーのアンカーだったからだ。
春と秋の区大会で走った。


小学校の6年間、学業振るわず 担任から「お客さん」と呼ばれ続け 教室に居るのか居ないのかわからないほど引っ込み思案で空想家だったワタクシが 
中学入学と同時に行われた競技会で50メートル走、校内第2位の記録を出したのは、
一緒に走ってくれたのが校内1位の俊足の友人だったからだった。

速い人につられて 引っ張られた格好だが 記録は記録。
私は一躍 名無しの権兵衛から 足の速い女子になった。


以来3年間 春秋の大会シーズンになると自分が所属していたバスケットボール部とテニス部を休んで 陸上部の練習に参加した。(私にとって学校はスポーツクラブだったのだ)


リレーメンバーは毎回ほぼ同じ。
スタートは同級生の武田さん ”通称 武ちゃん”、
2番走者が毎回違って先輩が入ってきたりしたが、
3番走者は大島さん ”通称 リコ” で アンカーがわたくしであった。


何度もしつこいが リレーはスタートとバトンパスが最重要課題。
毎回スタートを切る武ちゃんの度胸の良さに 自分がアンカーで良かったと何度思ったことか。。。
輝かしい記録は残せなかったが 共に練習を積み重ねた日々は今でも美しい思い出である。
あの、バトンを渡す/受け取る時の緊張感。。。
互いに信頼しあう あの短い距離の葛藤。。。
必ずや スタートダッシュに追いついて 手のひらに ポーン!とバトンを押し付けてくれるであろうと信じるあの短い時間。。。
何百回練習しようが 不安の拭えないあの緊張感。。。

あぁ 青春の一ページだなぁ。



その後 高校へ進んだあとは陸上とはおさらばして テニスに夢中になっていったのだが
都大会で勝ち進む毎に 自分よりも親の方が緊張して
試合前日や当日の朝の食事に気を遣ってくれる母に向かって父が
「いつもと同じものを食べさせろ」と言っていたことを ふと今思い出してしまった。

そう、そんな時代があったんだなぁ 私にも。。。


こんなことを語ってやれる子供も親戚もいない私は
このブログで独り言、 押し売りなり。。。




お口直しに ピッチュゥの写真でも。。。

pitchoulookup.jpgpitchousleep.jpg
(左)呼ばれて振り向くピッちゃん    (右)一緒に寝る? のピッちゃん








かけもちシッターは今日まで。
自転車通勤も🚴‍♀️ 終わりだな。



これは昨夜のデイジーとドイルの夕飯

この家の子は皆 ベジタリアン。
それも生のままだから完全菜食主義だね。


ただ亀のバートはなんでもかんでも口にするんで要注意。
隙をついてビニール袋に噛み付いてムシャムシャで肝を冷やした。
1週間後に無事排泄してくれ ホッとしたわ〜。。。



     20170810110857d3a.jpg   2017081011085645b.jpg

この数日の間に 亀について多くを学んだ。
大変貴重な経験をさせて貰った数日間であった。
君が長生きするのは知っているけど
「バート、元気で長生きしてくれよー!」



2017081016390349b.jpg

何事も勉強とはいえ 
慣れないことすると緊張するよね。


帰宅してひとしきりピッチュゥと遊んだあとは
21時にはもうおネムで(私だけ)
となりで愛情の塊が癒してくれているところなり。

ありがと 僕ちゃん。














P.S.
テレビ番組表見たら 今晩ディーンフジオカのSONGSが放送されるそな。
見たいけど眠気に負けるだろうなぁ。。。







「あっしには関わりねえことでござんす」 の バート

IMG_5051.jpg

私の基本姿勢はこれに近い。
10代の頃から 
「そっちのことを干渉しないかわり こっちのことも干渉してくれるな」と 思っていた。


。。。なんだが 木枯らし紋次郎がいくら「あっしには関わりねえ。。。」と言っても
結局最後は巻き込まれて中心に居ることになるように 人生ってのは まぁ思うようにはいかないもんなんだわな。

IMG_5059.jpg


「私たちには 関係ないわ〜」と 

何処吹く風状態のお二人さん達。




我が道をゆく デイジーとドイルである。








もし今まで「誰かが風の中で」by 上條恒彦 の歌を聞いたことがなかったら
是非一度聴いてみてくださいな。良かったら「旅立ちの歌」も。
機会があれば ”木枯らし紋次郎”も見てね。
あぁ、懐かしい。。。







さて、ピッチュウはというと。。。

pitchouup.jpg

新しい猫じゃらしオモチャに夢中ではあるのだが。。。
結構賢いのである。


おもちゃの隠し場所を変えてもすぐに見つけるのは匂いを辿るからだろうか?
私がじゃらしているのをちゃんと知っていて あまりに理不尽な動かし方をすると
「それはないんじゃないの?」と 真っ直ぐに私の目を凝視してくるのだ。

猫じゃらしが オモチャであることを知ったうえで遊びに付き合ってくれているという態度と
動くものに対して 本能が反応して無意識に追いかけてしまう という 両面の葛藤があるような気がする。




甘えん坊だがべったりくっつかず 適度な距離を保ちつつも気まぐれではなく
常に一緒にいてくれて いい具合に意思表示をし
上手く甘えてくる とてもよい性格の猫ちゃんである。

こんな子と一緒ならひとり暮らしでも構わないなぁ。









パンダが逝ってしまった.....


20161012163244e9e.jpeg


来月の再開を待たずに ニュージーランドのパンダが昨日 虹の橋のたもとへ旅立った。


命に限りがあるとわかっていても それを受け入れるまで時間がかかりそうだ。
身体が大きいから余計哀しいとか 小さいから哀しみが少ないとか そういう意味ではなく
あんだけ大きな子が家から消えてしまったら 急に家が広く見えて その喪失感たるや いかほどのものであろうか。。。


20150111162843bfd.jpg

実は ネパールのクインも先日 旅立ったのだった。
サモエド犬で16歳 寿命を全うしたのだと思う。

昨年から愛する多くの犬達がこの世を去っていってしまったなぁ。







今朝は 尋常ではない湿度のせいもあったのだろうが
気持ちが沈んでいたせいか走ることに気が入らず
無理やり出かけてはみたものの すぐに戻って来てしまった。

で、走りながら思ったのだが、2020年の東京オリンピック。。。
夏開催ってどーすんだよ?!
室内競技は温度調節した屋内競技場でこなすとしても
8月の炎天下にマラソン走らせるつもりですかーーー!
朝の5時でこんなに暑いってのに。
いったい誰が真夏の東京でオリンピック開催するって決めたんだ。
アスリートのこと考えたことあんのか あんた達!
。。。と 走っていて頭に血がのぼりそうになるほど今朝は蒸し暑かったのだ。。。

前代未聞のナイトレースにでもすればいいんだ。交通渋滞問題解消。






20150619110152a8e.jpg