*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


ちょこちょこと日本に帰って来ているわけは
一応、親の心配をしているからであるのだが、
90と89歳にして 毎日散歩し 自分のことは自分でし
母にいたっては週一でスイミングスクールに通う 元気な高齢者。
まぁ元気といっても それだけのことをするのに一杯一杯で
日々の習慣を繰り返すだけでやっとではあるのだが。

立派。





が、最近は病院へ行く回数が増えてきた。
病院へ付き添いする度に 家族と自分の健康をありがたく思う。

別に走るのが早くならなくても構わないから
故障せず 長く走り続けられればそれでいいと 
そう思うこの頃。


長生きしたいとは思わないが
生きている間は元気でいたい。



今朝は奴豚が高尾方面へトレランに行っているので ウィニーに会いに来ております。


IMG_1143.jpg
食後のお休みタイム。

ゆっくり休んだら お散歩に行こうね。






おいおい。

いったい どこがどう「号泣」だの「今期一番のドラマ」なんだよ?


モンテクリスト伯 最終回が予想外の2時間スペシャルで驚いたのと同じくらい
放送後のネットの記事があんまり大袈裟で 嘘くさくて 
どれ読んでも やらせ記事としか思えん内容ばかりで 
こっちが驚いたわ。。。

D.フジオカ ファンというほどではないかもしれんが好きである。
。。熱烈とかじゃありませんよ、好きな芸能人のひとり。。。

何度か夢にもご登場あそばして下さり 夢の中では親しい間柄。

(最近 キムタクさんはとんと御無沙汰で 夢には出て下さらない。。。
ま、夢というのは別にあちらさんが望んでご出演下さるわけでなく
こちらの勝手な思考回路の思い込みなわけですから。。。)
montecristo.jpg


ドラマ見てない人には 全くどーでもいい話ですみません。


ただね、あんまりね、ネットの記事やら書き込みやらが 白々しくてね
ついつい 一言ツッコミたくなってしまったわけですわ。。。




(キムタクさんはファンではありません。念のため。)






ニトロとの2週間が終わった。

何やら忙しない2週間やったなぁ〜。。。


マルセイユから観光に来ていた友人家族のガイド役と
奴豚が担当しているグレートデンの世話の助っ人したり
実家の親の通院に付き添ったり

別に自分だけじゃなく、皆さんも日々の暮らしって 
突発的なことや 外せないことや 色々と忙しないよね。
日本いると余計にそう思うわ。


14日の深夜 飼い主さんが羽田に到着したとの連絡を受けて
ニトロを残し 実家へ戻った。

IMG_1039.jpg IMG_0925.jpg

それにしても オリエンタルショートヘアのニトロは実に愛らしい子であった。
常にくっついていた温もりがなくて ちょっと寂しい。

IMG_0858.jpg IMG_0963.jpg

「カム」と言うとすぐ来て 「NO」と言うとすぐに理解して止める。
賢い子であった。
根気よく訓練すれば 色々な芸を覚えることだろう。
まぁ、猫に芸を覚えさせてどうする? 
今のままのニトロで十分素晴らしい。


IMG_0635.jpg IMG_1115.jpg


もっと歳取って 犬の散歩に行く元気がなくなるようなことがあれば
こんな猫がそばにいてくれればいいなぁ。。。



IMG_0944.jpg


また会えるといいな。

多分 来年? 




で、実家に戻って 翌朝 雨が降る前に10キロジョギング。
観光ガイドであんなものやこんなものを平らげたタップンタップんのお腹をなんとかすべく
普段の生活パターンに戻そうっと。








帝釈天で産湯を使い、 姓は車、名は寅次郎、. 人呼んで "フーテンの寅" と発します




ご存知 寅さん の 葛飾柴又 


行って来ました。
ワタクシ 初めてでございます。




南極やフォークランドやセンヤ島(ノルウェー)など あまり人が行かない所へは行ってますが

柴又へ来たのは初めてである。




IMG_0978.jpg



なんとも言えないこの雰囲気。

浅草とも 京都とも違う 懐かしいこの感じ

いいですなぁ。




草団子、みたらし団子、こんにゃく田楽を手に参道をブラブラ。



でもって もちろん「寅さん記念館」ですね。

IMG_0981.jpg
IMG_0995.jpg

うぅむ、なかなか面白かった。




で、帰宅してよくよくウィキペディアを紐解けば(ウィキは紐繙かないって。。。)

「男はつらいよ」シリーズは もともと山田洋次監督がフランスの喜劇作家マルセルパニョルによる「マルセイユ三部作」を読んで感銘を受け、その話の中のセザールという男を 山田監督風に作り上げたのが 寅さん なのであった。

マルセイユから来ている仏人家族には なんて奇遇な出会いであったことか。


torasan1.jpgtorasan2.png

写真上 左のマリウスをよーくご覧あそばせ。

MARCEL PAGNOL (マルセルパニョル) の下にYOJI YAMADAと書いてある。
これが 寅さんの原点なのである。

参考までに この「マリウス」は 現在大阪で公演中。
この写真も仏人家族が先日大阪を歩いていたときに見つけて撮ったものだ。









そうそう

言い忘れていた。

先週 観光に来ているマルセイユの友人&ご両親と六義園へ行ったのだった。
天気の良い 素晴らしい日で、平日は人も少なく ゆったりとした時間が過ごせた。


先月 六義園の中にある和室を借りに行った話はしたが。。。
これがその入り口である。

IMG_0761.jpg

普通の平屋の日本家屋

中を襖で三部屋に仕切ってあり 我々が借りたのはこの「もみじの間」
半日(4時間借り)で 1200円。

隣に厨房とトイレの離れがあり そこで自由にお湯を沸かしたり出来る。
茶器や盆、ポットやコップなどは利用自由で 退室前には洗ってしまっておく。

窓からは六義園の庭が望め 涼風が吹き抜け 静かで平和な時間。





時間指定で頼んでおいた弁当を皆で開けて写真とってるところ。

IMG_0757.jpg IMG_0758.jpg


IMG_0764.jpg

食後は庭を散策し、お茶屋さんで こちらを頂くなり。

季節ごとにお菓子が違って、
今は紫陽花の和菓子であった。







さて、

昨日まで京都へ観光に行っていた御一行さんが東京へ戻って来たので
本日は 両国〜柴又観光へ行ってまいりまする。







こんな猫 初めて。

オリエンタルショートヘアの特徴なのか?
ニトロの性格なのか?


いやぁ〜 感心 驚き 喜び の 連続。




こんなシャープな顔して デレデレ甘えん坊。
賢くて 聞き分け良い。

朝方 私の部屋のドアを開けて入って来て
控えめにくっついてくる。

私が眠くて仕方ない時は 
騒がず足音をひそめて静かに側にうずくまる。

身動きすると「もういいかな?」てな感じに顔を舐めてくる。
まるで「起きませんか? 起きようよ」と言っているように。


IMG_0849.jpg







柔らかい肉球を優しく乗せてくるその仕草。

抱き上げた時に首に両腕を回して ピトッと顔を埋めてくる仕草。


あんた 本当に猫かい?

爪をだしたところも シャーッと威嚇するところも 見たことがない。
気に入らなかったり怒るということがない。

なんでも嬉しい。いつでも嬉しい。





手がかからないし。。。
自分でドア開けて 勝手に水飲んだりもする。

Nitro2.pngNitro1.png




時々 こんなコミカルな顔もする。

IMG_0795.jpg

可愛い僕ちゃんなんである。

すっかり大ファンのワタクシ。。






奴豚がリリーちゃんのお世話を終えて ニトロ宅へと来た。

IMG_0855.jpg


次のウィニー嬢の世話が始まるまでの数日間だけだが
ニトロはあまり奴豚が好きではないらしい。ハハハ。。。



まぁ、1週間私とべったりだったのだから無理もない。



「 こいつ 誰? 」 と露骨な表情が見て取れる。









訪日中の仏人家族は京都観光へ行っており 我々もガイド役は一休みなので
滅多にしないカフェランチをば。。。 



IMG_0821.jpg

”兄さん”と慕う恩師お薦めの絶品ハンバーガーを食べた。

梅雨入り二日目、サラリと晴れた午後 
奴豚とカフェでランチするなど何年ぶりだろう。

調子に乗ってグラスワインも追加

大変美味しいバーガーで こりゃ大満足! の昼であった。







気を良くして その足で秋葉原へ。

奴豚のスマホが寿命を迎えたので買い替えと思ったのだが 
アップル党の我々ではあるのだが あんまりにもお高いので アンドロイドへ方向転換。

特典満載の2年契約にするのがいいか、SIMフリーの本体だけにするか
なんとまぁ色々な選択があり 結局決めかねて手ぶらで帰宅なり。










20150619110152a8e.jpg