FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


謹賀新年

201601031750502a7.jpeg

日本で正月を迎えるのは なんと旅に出てから初めてだ。

9年ぶり。びっくりポン。


色々と様変わりしていて ものすごく違和感があったのも仕方ないのだなぁと妙に納得してしまった。


大晦日 奴豚と、初来日の仏人男性2人を連れて 麻布十番から東京タワー、増上寺と回った。
単純にご近所だったから。

この時期にしては 暖かい夜であった。


特に何かがあるというわけでもないのに 東京タワー周りは凄い人だった。
それも集まっている大多数は日本の方ではない。
色んな言語が飛び交っている。

日本は変わったなぁ と まず思った。




増上寺へお詣りに。
(写真はネットから拝借)



除夜の鐘は チケット制。
希望者は二千円払って順番なんだとな。


因みに知ってました?

増上寺の鐘、東日本最大って。
その音は流石に浄く大きく聞こえましたが。。。





静かな境内に除夜の鐘が響き渡る、、、なんてことはなく
やたらとテンションの高い外国の方々が 奇声をあげ 勝手にカウントダウンが始まる。
あのね、日本の正月は お祭り騒ぎではないのだよ。

そうぎゃぁぎゃぁ騒がんでくれ。

パチパチと爆ぜるお焚き上げの音や 澄んだ寒空に沁み渡る除夜の鐘の余韻を聞きながら 静かにお参りしてくれないかなぁ。。。

撮影禁止と張り紙されたお堂の中で いついつまでもフラッシュたいて撮影するのも止めてくれんかなぁ。後ろが詰まってんだから。
さっさとカタチだけでも祈願でも祈祷でもして 横へ動いてくれ給え。
せめて 基本のマナーだけでも気遣ってくれないかなぁ、他所の国にいるんだから。


日本には カウントダウンも花火も似合わないよ。
頼むから 他所の真似はしないで 厳粛にニッポンの新年の迎え方を貫いてほしい。
個人的な希望である。


帰り道、仏人男性を送って六本木方面へ抜けると
あぁ ここにも 馬鹿騒ぎの方々。
正月早々なんだか気持ちが萎えてしまったなぁー。


良く分かった。家で「ゆく年くる年」世代になったんだな。



20160102215715398.jpeg

元日の御神籤も 小吉。
…出来ず…遅し…慎め…押さえよ…待て… とな。

驕らず腐らず、腹を立てずに 控え目でいこう。
正月から文句言ってないで さっさと走り初めでも行ってこーい、ってか。



皆様の2016年が 心安らかでありますように。







あ、ヘリの音が聞こえてきた。

最終10区 へ 近づいてきたかな。。


9年ぶりの東京での正月は 箱根駅伝三昧中。


昨日 往路は 泉岳寺交差点へ 出向いて 応援。

201601031750533ff.jpeg



復路の今日は ラジオ実況放送。






この家 テレビが無いので 苦肉の策 :


iPhoneで 文化放送の実況生中継をストリーミングで流しっぱなしにし






( ← このように )

20160103120107ed7.jpeg


ipadでは ライブマップで 各校の位置を把握している。


地図上を動く印の 速いこと速いこと。。。


頑張れ! 駒澤大学 ( 地元なんだもん )




なーんて暖かい正月だったことでしょう。

個人的には 嬉しくありがたかったが、 色んな面で 日本各地 こんなに暖冬で大丈夫なのかな。


昨日は 箱根駅伝終わって その後の大手町( ゴール地点 ) はどんなかな?と
皇居周回ランに出かけた。
はい。走り初め、行ってきましたよ。


各校の名前が入ったバスが 帰路につくところだった。
それぞれの気持ちを胸に また来年 頑張ってね。



本日は SOHO 初シャンプー。

11歳のおばぁちゃんは ちょろちょろとお漏らしをするので ベッドやソファに粗相してしまう。

長いカーリーヘアにも お小水の臭いがついて そろそろ臭いなぁと思いはじめたところだった。


飼主さんにメールで シャンプーしても良いかと確認。
お漏らしの写真を送って ソファーカバーやらタオルやら丸洗いする許可を貰い
暖かい今日の昼に 丸洗い なり。



もとい。
洗ったのは奴豚。

SOHO も カバーも 奴が洗うと言うんで、
そういう時は 黙って やってもらう事にしている。

勿論、あれは何処だー、これはどうする〜、
あれを持ってこい、写真を撮れ などなど
手際悪く 要求が多いのだが…、
本人がやる気になるのが 一番なんでね。



牛美は タオルドライのあと ドライヤー係なり。






SOHOの長い毛をブラッシングしながら

ふと思った。


もし自分に女の子がいたら こんな風に髪を梳いてやったのかもしれんな。
なんとなく 母の気持ちになったりして、ハハハ。



人の子と犬を比べるのは 変だと思う方もいるかもしれぬが
この子の毛が とても長くて柔らかくてサラサラなもんだから
なんだか 長い髪の女の子のようなんだ。
人の子と比べようのないほど聞き分けが良いお嬢ちゃんだ。
( 昨日は おばぁちゃんと言ったくせに…)




今年確定しているシッターサービスに合わせて 安い航空券を探して購入す。

頂いている仮予約が変更なく確定すれば 9月まで埋まる事になる。
とは言っても 今までの経験から言って 必ず予定変更は出てくるので
プランB、C は 考慮しておかねばならぬ。


今年前半は フランス- 京都 - ペナン - チェンマイ - ペナン と移動の予定。







実家の用事で3日間 SOHO宅を奴豚に任せていた。



実家の用事と言うのは。。。

20160110090428a4f.jpeg

201601100904276fd.jpeg

Good food Good life

親の恒例 温泉会のお供であった。


じき 90歳にならんとする父が車で行くと言い張るので
母と二人で大反対し、結局 ガイド代わり 電車で一緒に行く事になったのである。
そろそろ免許返納する勇気を持とうよ 父上…。



漁港の夕日も 寒桜の花見もしてきた。

20160110090425b27.jpeg 20160110090429ab1.jpeg





3日ぶりのSOHOは そりゃぁもう大騒ぎ 大喜びで 迎えてくれた。

あんなに喜んで貰うとは 嬉しいものだ。
1度も吠えなかった静かな子が 喜んで吠えたし それでなくてもお漏らし気味なのにうれションであった。

獣医からもらったサプリメントのお陰か 見違える程 足腰がしっかりしてきて
散歩も長い距離を平気で歩けるようになった。
伸び伸びだった肉球の間の毛も短くカットして フローリングでも滑らなくなった事も影響していると思う。
これ、飼い主さんの中には 全く気にしない人もいるのだが
フローリングに暮らす犬達は、常に足腰に負担を与えているので
せめて滑らない工夫をしてやるべきである。



2016011009043195d.jpeg
左の写真は、キッチンに入ってきてはダメと言われたSOHO。

聞き分けよく 向こうでじっと待っている。


ちなみに SOHOはフランス人、じゃなくて "フランス犬 "
言語は仏語である。

なんで 牛美も久々の片言フランス語。
来週から 3年半ぶりにフランスへ行くので いい予習になっている。



SOHOとの優しい時間も 残りあとわずか。









今宵かぎりのひととき

2016011120312014c.jpg
抱きしめても抱きしめても足りないほど
愛しくて…
もう寂しくて…

優しい時間をありがとう

決して 忘れないよ


ずっと ずっと 元気で
長生きしろよ。 SOHO







気持ちの切替は早いほうなんだ。


別れを告げて 荷を背負ったら 心は次へ向かっている。
今度は 奴豚の実家へ行き しばらくぶりに親豚達に挨拶したら せわしなく西へと移動する。


Pyrénées ( ピレネー山脈 ) の麓に住む やんちゃなわんちゃん達のお世話をしに行くのである。
一緒に野山を走るんだい。
寒いだろうが 今年はまだ雪は降っていないそうだ。



年末年始に ゆるんでしまった身体を ランナーモードに戻さねば。

目標がないとついついダラダラして 気合が入らないので 4月の ドゥアスロン ( 2種目競技 ) 大会を視野に入れて 今年も 頑張るぞー。

トライアスロンも同時開催なんだが 貯水池を泳ぐの 気味悪いんだもん もん…。。もん。

20160112193933764.jpeg






ダメな私に恋してください


ディーン フジオカさん 主演のTBS の ドラマが始まった。
東宝製作 ってことは 実家の近所の東宝撮影所にも来てるのかしらん?

ドラマ自体は 正直 視聴率獲得は難しそうだが…
( 一応 過去に音楽・映像・テレビ関連会社にいたわけで。。。)
どっこい ディーン ファンが増加する中 これから盛り返す可能性だってあるんだから
頑張ってほしい。。。って 話はそういう事じゃなくて、
オバハンは 終始 デレ〜っとしながら 画面を見ていたのだった。

「 やっぱ かいらしいなぁ 五代さま 」とかなんとか言っちゃって〜。



さて、それはさておき 明日は 父の検査入院である。

本人は手術だって言い張るんだが、
「 説明書に 検査って 書いてあるけど 」
といくら言っても、医者が手術すると言ったのだから 手術なんだそうな。

「 だからぁ 手術前の検査入院なんだけど。」

話が 堂々巡り。

あー もう!

遂に来たか… 歳とともに悪化する 例のヤツ。

せめて " 実際の" 手術の日程が 私の帰国日に合うように 願うばかりなり。












なんだか すっかり慣れっこになってしまった この光景

201601162234332ed.jpeg

手術室のドアへ消えていく ( 今度は ) 父を見送って。。。

20160116223406e01.jpeg


しばし 肩こりをほぐしながら病室で待ち。。。
戻った父が麻酔から覚めて とどこおりなく検査終了。



やれやれ。



夜 帰宅して どーっと疲れが出、
酒も飲まずに気絶するように就寝なり。
翌日 退院。




さらにその翌日、夕飯時。


確か数日は禁酒と説明書に書いてあったはずだが。。。
チョピっとではあるが お湯割を注いでいる父にお小言。
「 酒じゃないよ 」 と えらい強気で反論されるなり。

酒じゃないって…。 いいちこの中身は いいちこじゃないのか???


お湯ばっかりで 酒なんてちょっとしか入ってないって そんな言い訳あるんかなぁ。
酒は酒じゃろが。まだ出血してるくせに 知らんよ わしゃぁ。
好きにしておくんなまし、明日から 私はしばらく居ないんだから心配したってはじまらん。



そうゆうわけで 次はフランスから。

しばしお待ちを。








マルセイユ


時差を引きずっている。


ドアーツードア で 丸々24時間かけて 牛美の自家の東京から 奴豚の実家マルセイユへ来た。

到着は夜で 空港ターミナルを出た時の余りの寒さに 眠気が吹き飛び 頭の芯まで震えた。
ミストラルが吹いており それはそれは冷たい夜だった。
日本も大雪の日だった。



親豚の家にも 定宿になっている ガレージの隠れ家にも泊まらず 友人宅にお世話になっている。
ガレージは売りに出しているので 暖房も色んな設備も取り払われ 生活出来る状態ではないのだ。
とは言え、マルセイユに来た1番の理由は 親豚の様子を見に来たわけで、連日 親宅へ通い 食卓を囲み 話をし、必要な用事を済ませ、預けてある着替えなどなどの始末をしている。
ここも断捨離。必要なものだけ残して 他は近所の教会へ寄付する。





友人宅の午前2時。

パキンと目覚め もう眠れない。
5時まで 静かにしていて、6時過ぎに走りに出る。
夜明けは遅く 7時半頃にならないと明るくならない。


落ちてる犬のフンをよけながら馴染みの道を走ってくる。
大型犬が多いので 落ちてる糞も大きい。。。
糞の後始末をする飼い主は とても少ないんだ。
でも ひとつ羨ましいのは リードなしでも とても良い子で散歩していることかなぁ。



朝霧のボレリー公園。

201601202255299b6.jpeg



マルセイユのシンボル、ノートルダム デ ラガルド教会 から 街を見下ろす。

2016012022582323b.jpeg


整備され 近代的に 綺麗になった 旧港が右下に。
2016012022552405d.jpeg


大型フェリーが 何隻も接岸できるようになり

さらなる観光客を見込んでいる。





2016012022552649d.jpeg



向こう側は イフ島。


巌窟王 モンテクリスト伯 こと エドモン ダンテス が
無実の罪で収監され、のちに脱獄したので有名な島牢。




時差が治らないまま ピレネーに向け 金曜に出発である。







昨夜は 雨だったので
今朝も 深い深~い霧。


日が昇るのが8時って ちぃ〜と 遅すぎだね。




昨日の昼にマルセイユから 特急でトゥールーズへ行き

レンタカーに乗り換えて 約2時間半のドライブ。



ピレネー山脈に近い 田舎町へ来た。




到着が遅かったので 家と犬達の引き継ぎ打ち合わせを大急ぎで済ませ
家主さんが予約してくれていたレストランで
家主の友人英国人御夫婦と我々 6人で夕食。

急に フランス語から クイーンズイングリッシュに様変わりして
フランスに居ることをすっかり忘れてしまった。



お陰で 今迄 時差のせいで 夜9時には 眠くてたまらなかったのが
深夜まで 目が冴えていた。
これでサイクルが変わって 時差解消されるかも。


201601231944471a0.jpeg

早朝 バカンスへ旅立つ 家主御夫妻を見送って

本日より この子達と 約3週間
改装中の 大邸宅の 留守番なり。

後は車庫代わりに使用している納屋。
イタリアのFがつくスポーツカーとかドイツのB車とか
名車が何台も眠っている。


20160123194449f45.jpeg


まだまだ パピーの 女の子達。
向かって左が クロエ、右が ジョージー

元気一杯のふたり。






あらためまして…

クロエ です。

スプリンガー スパニエル
もうすぐ 1歳。

特技は 匂いの嗅ぎ分け と ジャンプです。

食べることには あんまり興味 ないです。。

覚えは 早い方です。色んなこと 見たり聞いたり 色んなところへ行くのが大好きです。




201601241620444bf.jpg


ゴールデン レトリーバーの ジョージーです。

好き嫌いはありません。

クロエ お姉ちゃんが大好きです。
クロエお姉ちゃんは いつも毛づくろいをしてくれます、
とても優しくて いつも沢山 遊んでくれます。

好きな人に飛びついちゃ駄目って 言われるけど
ついつい 嬉しくて 抱きついちゃうので
訓練 されてます。。。




わたしたち 牛さんと豚さんが だーい好きです。




つい最近 イングリッシュ コッカースパ二エル ( SOHO ) の世話したところで、
今回 スプリンガー スパニエルと出会ったワケで
スパニエル続き。

賢い子達だ。

201601251706173ce.jpeg
特に このクロエは 物覚えが早いだけでなく 我々の表情を読み取り行動する。
実に学習能力が高い。
加えて 従順で優しく 動いていないときは 常に足元にピタリとくっついて寛いで寝ている。
門の外に誰かが近づくと監視に走り 吠えるので 番犬にもピッタリだ。



唯一 今心配なのは、
まだ若いので 色々な匂いが新鮮で楽しくて 外へ出ると 我を忘れて夢中で匂いを追いかけ 鉄砲玉のように行ったきり戻ってこない状態になってしまうことだ。もともとハンティング犬だから その習性は獲物を追いかけるわけなんだが。

幸いにも胴輪ぬけもせず 綱も切れず 無事 散歩出来ているが。。。
( 飼い主さんによると 既に 2回 脱走したらしい )

どんな状況下でも 呼び戻しが出来るよう訓練していかねばならんね。




ペットシッターはじめたお陰で 色々な犬種に出会えるようになった。皆 素晴らしい子達である。




ゴールデンは ( 皆様もきっと良くご存知だろうが ) ゴールデン
賢いんだけど お茶目でちょっと抜けてる感じが 良い味出てて 愛らしい。








熱心にラグビー観戦中の ジョージー。









子供の頃から 暖炉のある家に憧れがあった。

小さい頃に読んだサンタクロースの絵本に 暖炉が必ず出てきたからかもしれないが
暖炉のある生活というのが 限りなく豊かな 暖かなイメージがあったからだろう。

歳とともに夏より 秋や冬が好きになり
暖炉に薪をくべる贅沢さを愛するようになった。

常日頃、 暖炉があって その前に犬が寝そべっている生活が夢だと思ってきたが

夢が叶ってしまった。


束の間だけど…。






クロエお姉ちゃんに 全身を綺麗に舐めてもらっている 甘えん坊のジョージーである。


2016012703090989a.jpeg


今日は 朝のうち濃い霧。
散歩から皆んなしっぽり濡れて戻った。

クロエは自分の身体もジョージーの身体も 両方舐めてすっかり綺麗にしてくれる。
なんて面倒見の良い子だろう。。








犬のブログではないのに 毎日 犬の話で恐縮です。

今朝は午前中に長〜〜い散歩に出て 川で遊んできた… のは 犬達で、
我々は 泥道に足首まではまって 靴もズボンも泥々で戻った。

朝のうちは 濃霧だが 昼から晴れ 洗濯物も なんとか夕方までに乾いたぞ。


この子達と生活し始めて数日しか経っていないが
ぐっすり眠っている時に触ろうが 何しようが ピクリともせず
信頼しきって寝入っている。
ホントにもう この子達ったら。。。 最高。


20160128064536d48.jpeg

20160128064537b7b.jpeg

201601280645391a2.jpeg

201601280645381a7.jpeg





今までで 1番の朝焼け。







これは8時半頃。
夜明け 遅いんだ〜。

やっと時差が治って 丑三つ時には目覚めなくなった。

6時半頃起きて 犬達を外に出し
( 庭が広いので 放牧する感じ ? )

コーヒー入れて ニュースチェックし
犬達に餌あげたら 自分達の朝食。
軽く済ませて 日が上がったら 散歩に行く。

田舎道は 朝露にしっぽり濡れているので 戻る頃には 犬も我々の足下も ぐしゃぐしゃだ。




近郊の村で開かれる朝市を訪ねて パテやハム、チーズや朝採り野菜を仕入れ 焼きたてパンを買ってくる。

奴豚は煩悩爆発。あれもこれも食べたくて歯止めきかない状態。


先日 奴豚に 群れにリーダーは1人であるべきだから あんたがなんなさいよと言ったら
何誤解したか やたら偉ぶるんだ、これが。
別に優れてるからリーダーに選出したんじゃなくてね
あんたが声もデカイし 力も強いからなんだけど。

ちゃんとしたリーダーになるよう少しは学んでよね。






なかなか すっきり晴れてくれない。

田舎道は乾くことなく 散歩に出る度 トレランシューズがぐしゃぐしゃになる。
トレランシューズのくせになんで乾きが遅いんだ?

こんな田舎道用にと持参したワークブーツも 底の接着が剥がれて使い物にならん。
靴の修理屋を探して あちこちの朝市で訪ねて見つけた唯一の店は休みがちで来週出直しだ。







村々を朝市が日替わりで回っているので 近隣の村々を訪ねて歩くのが楽しい。

村の中央広場に朝市が立ち賑わう朝。
同じ店あり、村毎に違う店があり 飽きない。




20160131162312324.jpeg


朝市の商品は必ずしも安いとは限らず、
往々にして スーパーよりも割高だと思う。

でも 楽しさは100倍。

サーカスが来る感じかなぁ、ウキウキする。

割高と知っていても ついつい買っちゃうんだ。





20160131162311646.jpeg


地産地消。

そこで採れたもの 作ったものを そこの人が大切にする姿。
店の人と話しながら 近所の人が顔を合わせる

ここはコミニュケーションの場であり
美味しいものが沢山詰まった 小さなお祭りであり
大人が楽しむ場。




20160131161544cc7.jpeg

あ、犬も 楽しむ場。
 (肉屋の隣で待つ子達)


一人暮らしのお年寄りも朝市に顔を出し
こうしてご近所さん同士 集まれるのは実にいいことだね。





本日の天気予報は雨です。

下の写真は先日晴れた時のもの。


2016013116230879b.jpeg

今いる村は民家が数えるほどしかなく 家を出ると見える景色がこれだ。

村には学校も店もない。ちょっと大きめの町は7キロほど先。
そこには 銀行、病院、郵便局、幾つかの店とバス停、駅があり 必要なものは揃う。
さらに車で5分程のところに 超大型スーパーがあり ここには何でも売っているので便利である。


20160131161544329.jpeg
ご近所は皆 犬をはじめ あらゆる家畜を飼育していて 広い庭に 馬、ロバ、豚、羊、鶏 などなどが放されている。
犬は オーストラリアンやジャーマンなどのシェパード系 か コッカーやスプリンガーなどのスパニエル系に二分されている。
この家のように レトリバーは珍しい。近くにブリーダーがあるから 最近 人気になってきたのかな。

お留守番は家の中で。

恨めしそうに窓から 文句を言う ふたり。


201601311615410f9.jpeg

いかにも西洋犬て感じのフランス人形のようなクロエの目。
お下げ髪の少女かと錯覚するときもある。




20150619110152a8e.jpg