*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

この家は 石造り。かなりの年代物らしい。

家主さんが去年購入し 今後 住居兼貸別荘に改修する予定だ。

石と板の床、太っとい梁。
壁紙は全て剥がされ、天井には仮のベニアを打ち付けてある。
過去は 暖房というと暖炉しかなかったのだろう、12ある 全ての部屋に暖炉がある。

12部屋だっせ。。

そのうちのひとつをキッチンに、小さめの部屋をバスルームに改造してある。
階段の手すりの木彫りの装飾が素晴らしい。

改修始めて間も無いので 少し工事現場的に殺伐とはしているのだが 重厚感ある大邸宅には変わりない。


最近オイルヒーターを設置したようだが 我々は使わず。
ネパール生活で慣れているので 暖炉はリビングのみで充分だ。
夜しか火を入れないので 雨降る昼間は毛布かぶってネットしている。
実は 今も 指がかじかんでいるので 息を吹きかけながらタイプしている。

外の方が暖かいぞ。
石造の家は冷蔵庫みたいだ。


絨毯に掃除機かけようとして 気付いた。
コンセントがない。。。古い家だからね〜。

コンセントは 台所と風呂場、居間、寝室に それぞれひとつだ。
そこから延長コードであちこちへ引っ張っているのだった。

広い庭には ゆくゆくプールを造るんだそうな。
英国人にとって 貸別荘にプールは無くてはならないアイテムなんだそうな。
維持費がかかって ほとんど使用する機会は無い 単なる金食い虫なのにと思うのだが。。。

201602020120270eb.jpeg

今朝、クロエと短いランニングに行ってみた。
彼女にとって、人と伴走するのは初めての経験である。
ほんの5キロ強だったが 上手に走ってくれた。


私が遅すぎて 登り坂は引っ張ってもらった。


面目無い。。









クロエと2度目のランニング。

今度は平地。

走り始めは元気過ぎて 引っ張ってくれるもんだから 周りの景色が飛ぶようで、
気持ちはカールルイス か ジョイナーだ。
( 歳 わかるよね )


足がついて行かずに長くは続かないが。

進路変更は ちょっとの綱加減で分かるようになった。
賢いなぁ〜本当に。



夜、ジョージーの身体を触っていて プックリ膨れたマダニ発見して駆除
ダニ避け首輪をしているが 図体でかいからね、頻繁にチェックしてやらねば。
ダニ取りスティックはあると便利。






近くの町でペットシッターを探しているという英国人夫婦に会いに行った。
この地方 実に英国人移住者が多い。
人気あるんだそうな。


皆さん 古くて大きな屋敷を改修して住んでらっしゃる。


その御宅は 広いだけで無く 歴史的建造物の指定があるので 手入れは法で定められている。
一部をゲストハウスにしていて 常に多忙な日常のご様子。

部屋数は 15と 更に多い。

あっちの階段を登ってこっちを降りて
裏ドアから裏庭へ行って
幾つも有るサロンや
数カ所にあるキッチンをぐるぐる案内してもらっているうち
迷子になりそうであった。

地下のワインセラーも壮観な眺め。ため息でるぞ。



掃除も手入れも大変なので もし万が一 宝くじに当たっても大邸宅に住みたいとは思わない。
人それぞれ 心地良い空間のサイズが違うのだ。


そうそう この御宅には 善人なおばけ が住んでいるそうだ。
歴史的建造物だから 過去 色んなことがあったに違い無い。
言い伝えや噂も色々あるそうだ。

ある時 夫婦で探し物をしていて 散々探しても出てこなかったので諦めて寝たら、
翌朝 ダイニングのテーブルの真ん中に 置かれていたことがあったそうだ。

やっぱりいるんだろうなぁ…。
善人で良かったね。




ペットシッターの方は 今回は我々とスケジュール合わず見送りなんだが、
次の機会があればという事で お話ししておいとました。











天使のパピー 2匹が 膝の上で寝息を立ている。

ここは 地上の楽園

ほかに 何がいる … ?








久しぶりの晴天

ピレネー山岳をバックに
なんて清々しい日でしょー!


20160205044938f4a.jpeg

部屋の百合が満開。

ちょっと陽射しに眩しそうなクロエと百合。







せっかくの晴れなんで 早々と散歩を済ませ
ちょいとドライブ。


近隣を巡って

昼食して

修理済みのブーツを引き取りに行き

スーパーで買い物をして



帰宅してから
クロエとランニングに出た。

201602050449374af.jpeg

元気有り余る犬だが
何と言ってもまだ1歳にもならないパピーだ。
どれほどの距離を走れるのか未知数。

嬉しくて 走り続けてしまうから余計に気をつけてやらねばいけない。


今日で3回目。

最初は5㎞、
2回目5.5㎞、
3回目の今日は6.6㎞と少しずつ 距離を伸ばしてみている。

途中で クールダウンと給水を入れ 様子を見ている。



201602050449360c4.jpeg


舌がデロリンと出るほど 身体に熱が溜まっているのがわかる。

お腹を冷たい土の表面に付けて体温を下げる。


尻の重い私を引っ張りながら軽快に走る。
どうやら5㎞を過ぎると 少し疲れが出るようで スピードが緩まり 引きが弱まる。


1キロ 4分台のラップだから こちらは必死である。
5㎞過ぎて やっと私には心地良いスピードになるんだ。




20160205044934099.jpeg

画面の巨大なフクロウに興奮するジョージー。


そういやぁ 連日 マダニ退治だ。
昨日はクロエに2匹
今夜は ジョージーに1匹

マダニ除去スティックを使うと 面白い程簡単に取れる。
先日 紹介したヤツ。









嬉しいことに二日連続の晴天
家の窓開けて風入れ、シーツやタオルの大物洗濯もからりと乾いて気持ち良い。



奴豚が早朝から ルルドまで65㎞のランニングに出かけて いつ帰るかわからないので
2匹連れて散歩。


言う事を聞くようにはなってきたものの
1人で元気な2匹を連れて歩くと…
駈け回りたくてたまらないクロエを好きにさせてやるわけにはいかず
なんとなく不満気味のクロエ。
で、クロエのペースに合わせて競歩にすると
今度はジョージーがすぐに疲れて綱を噛んでストライキ。
一応 良い子で散歩から戻った。


昼間 気温上がって汗ばむ程だ。
川へ連れて行ってやりたいが 興奮した2匹に川に引っ張り込まれたら、
泳ぐにはまだ寒いのよ。。。

というわけで 庭で水遊びする事にした。




今日は真面目な話で長文。

2016020723043385b.jpeg

数年前から世界的規模でシッターをしている。

世界的とは大袈裟だが 希望と日程が合えば 基本的に世界の何処へでも行くのだから本当だ。

シンガポールの友人宅から始まり あちこちの友人のペットシッター経験を経て
やるならキッチリと資格も取った。





世界的と言いながら 最近 日本近郊国に限っているのは
病院通いが頻繁になりだした実家の親を思うと 遠くへ行き辛いからである。
北米、南米から 何度もラブコールはいただいているんだが。。。

20160207225002801.jpeg


どうやって行き先を決めるかというと…、

行きたい場所と日程/シッター役割がマッチして、
オーナー側と話を進めるうちに 双方納得したら決定となる。







オーナーさんとの出会いは
仲介サイト・クレイグリスト・我々のホームページ から連絡くださる方が中心。
我々はいくつかのハウスシッターの仲介サイトに 年会費払って登録している。

昨今 シッター流行りで 急に登録者が増えた。
そういうサイトも急増。

日本では最近になってやっと「民泊」にスポットライトが当たりだしたが
AIr B&B のサービスは開始時点からよく利用していた。
スタート時は手数料が今ほど高くなかった気がする。今は滅多に利用しない。

今や こういったAir B&Bに代表される Peer-to-peer ( P2P ) ビジネススタイルは 劇的に世のビジネスのあり方を変えつつある。


2016020723043197c.jpeg

P2P の追記だが、

一般の人が宿を提供するだけでなく 観光などのサービス提供をするサイトもある。

得意な分野やアイディアを生かして 自分ならではのサービスをサイトで宣伝し 自分で対価を決めて提供する。東京観光巡り半日コースだとか 和食教室とか 珍しい名所巡りとか 何でもあり、驚くほど多くの人が数々のアイディアを提供し登録している。もしかしたら皆さんのお隣さんも登録しているかもしれない。因みに我々も東京ランニングツアーを登録している。( まだランナーの参加はないが ウォーカーはいらした)

サイト運営側は 成立したビジネスから手数料を天引きするわけだ。




20160207225003a3d.jpeg




話がそれた。ペットシッターだ。







心底 動物が好きで 異なる文化や旅が好きな 「サイト本来の目的 」の人もいるが、
なかには単にタダバケ ( タダでバケーション ) またの名を フリーローダーと呼ばれる パラサイト系もいて、そういう人達は オーナー宅の冷蔵庫の中身やワインセラーを全て平らげ
掃除もろくにせず ペットはほったらかしで
退去する時に洗い物を積み上げて行くそうだ。
そういう苦情を 耳にするようになった。

嘆かわしいなぁ。。。心の貧しい人たちだなぁ。。。



20160207230434193.jpegそういったトラブルを防ぐためにも事前打ち合わせは重要である。
別に 冷蔵庫の中身のことまで話し合えとは言わないが、必要とあれば些細な事でも書残しておくと良い。

オーナーの中には この家の夫婦のように 冷蔵/冷凍庫も ワインも好きに飲み食べしていいからという人達もいる。
細かいことを言えば トイレットペーパーやシャンプーや調味料など
買い足さなくてもいいと言われる時がほとんどだ。

そうは言われても 「 普通 常識の範囲内 だろう 」と思うのは 実は今や少数派のようだ。



20160207230431890.jpeg

我々の場合 いくら 「 好きにして 」と言われても 消費したものは買い足すし、貯蔵ワインに手をつけることは無い。
自分のものは自分で買う。

まぁ 今回のオーナーさんのように 何でも食べてと言われなくても 大概のオーナーさんはワインやお菓子なんか 置いていってくださる方が多い。それぞれの気持ちだ。
相互利益の交換だから、帰宅するオーナーさん用に食事の用意をしておくとか 花を飾っておくとか、これと言う決まりはない。
ちょっとした心遣いは 互いに嬉しいものだ。


20160207225004da1.jpeg


で、オーナーさんは我々から 何を交換に得るかというと?


言うまでも無いが、空より高く海より深いペットへの愛と
出かけた時より少し綺麗に掃除整頓された家に、
元気なペットが待っていることである。


( 提供しているサービスは書き出したらキリがないのでここでは省略 )





来週 1歳の誕生日を迎えるクロエ



10ヶ月のジョージー。


201602100530057ef.jpeg


共に 電池切れ です。


目一杯 遊んで ガウガウしたあとは
パチンと音がして

おネムの時間。

また 明日の朝ね。





話は違うが 下は 今 テレビで流れているCMの1番のお気に入り。
ロナウドさん 可愛すぎ。










このところ ずーーーっと ずーーーーーーーっっと 雨だ。

毎日 雨 雨 雨。

庭に深い水たまりが あちこち出来始めて 長靴なしでは庭を歩けない。
ぬかるんでたまらん。

さらに、犬達が ドッロドロになって戻ってくるたび 拭いてやるのだが
いやはや 本当に 君たち 泥だらけだよね。。。


ソーラーパワーの牛美は 言うまでもなく 意気消沈気味の日々である。


ゴールデンのジョージーは水遊び好きで雨でも散歩を楽しめるのだが。
このように…。。 水たまりを好んで走る。。。






短毛で寒がりのクロエは 濡れことがあまり好きではなく
我々と暖炉の前でイビキかきながら昼寝している。



下は 雨続きで ふて寝の牛美 と 湯たんぽのジョージー の図。




バレンタインデーにお別れである。
いつもながら… 淋しいなぁ。

可愛い かわいい 可愛いい この子達と もうすぐお別れ。。。。






クロエが蜂に刺された。




明け方の土砂降りを吹き飛ばすかのような突風のあと
雲を蹴散らし やっと晴れ間が出て

犬達を連れて 久しぶりに長い散歩に出た。


戻って昼前、気温が上がり 蜂達が活発に活動を始めていた。
近所は養蜂場である。


以前から 気になっていたんだ。
先日 飼主ご夫婦とSkypeで話した時に 「蜂が増えて、犬達が追いかけ回すので心配」と伝えてあったのだが、、、

その通りになってしまった。


一緒に庭にいる時に見ていて 『あれ? ひょっとして今 刺されたか?』と思ったのだが
直後ではわからず
しばらくして 右の下顎が膨れて垂れ下がるようになった。


あぁやっぱり。。。

201602140201130c3.jpeg
調べてみたら 針が刺さっていた。

毛抜きで抜いて 冷水で洗い
氷を当ててしばし冷やしてみた。


写真は 抜いた針
尖った先がよく見える





ちょっと元気がなさげで 心配したぞ。
土曜で獣医は休みだし。。。

何故か 獣医が休みのときに限って 動物達は何かをしでかしてくれるのだ。




蜂達がいる時間帯は家の中で休ませていた。

だんだん元気が出てきた夕方、
ジョージーとガウガウして遊ぶようになる。
201602140359082be.jpg

あぁ 良かった。

お多福だけど。。。















2匹の世話を終え トゥールーズまで約150キロのドライブ。
レンタカーを返却し TGVで マルセイユへ向かっている。

別れの朝、窓から見送るクロエの瞳が脳裏に焼き付いている。



つい先ほど 飼い主ご夫婦から 「無事 帰宅した、全てOK、ありがとう」とのメールを貰う。

ほっとした。

これで寂しさとはお別れだ。飼い主の元に元気に戻れば ミッション完了。
気持ちは 次へ向かって進める。




さて、ほっとして マルセイユへの4時間の電車の旅、
フランスが誇る TGV ( 日本でいう新幹線 ) の車窓からぼんやり外を眺めて。。…。。

ちょっと待て

何この 窓の汚さ。



そういえば乗る度いつも 汚いなぁと思うのだったが
これじゃ 外の景色などろくに見えぬわ。

ピカピカの日本ほどとは言わずとも もうちょっと。。。

それともこれは 洗車にかかるコストの節約なのかな?

もしそうだとすれば 仕方ないか。そうだとすればだ。




今回 マルセイユにはほんの3泊の滞在。

20160217005023c78.jpg


親豚と再会。

先日 断捨離で整理した持ち物をさらに処分し、残りを日本へ持ち帰ることにした。

マルセイユに来る度 アジトとして使っていたガレージが遂に売れたので もう荷を置いておけず、奴豚はともかく 牛美は今後 何時来るかわからないので 処分出来るものは処分した。

20160217005022477.jpg


やるべき事をし、行くべき所へ行き、食べたい物も食べた。

20160217005019e26.jpg 20160217005021f31.jpg

今回の滞在で予定していた事は全てすんだ。

20160217005018ec6.jpg

会いたい人達とも会った。

思い残すことなく エアフラに乗れるぞ。

格安航空と違い 荷物も30㎏までオッケー、席の選択も食事のチョイスも。
フリーシャンペンをゆっくり楽しみながら新作映画を見放題で 帰路につく。





帰国


エアフラ (エールフランス ) の 預け荷物規定について

エアフラは通常 1人1つ、23キロまでの預け入れ荷物 しか受け付けていない。
先日 30キロと書いたのは間違いである。


勘違いしたまま 追加のスーツケース含む大荷物で空港へ向かった我々は…

チェックインの際、
カウンターの少々意地の悪そうな女性から 「荷物が3個だと 追加で100ユーロ加算
と 言われて

へ?! そんな馬鹿な 国際線 なのに?」と反論するも…

勝ち目なさそうだったので その場で荷造りし直すか 支払うか しばし考えた。


仕方ない 払うか! と 再度カウンターへ出向くと
隣のカウンターの いかにもベテランで感じの良い女性職員がやってきて

差額は払わなくてよい」 と言って下さる。

あぁ ラッキー、100ユーロ 得した気分。と ホッとして搭乗手続き済ませて
ゲートでネットしながらエアフラのサイトで確認してみた。

日本発着便で かつ日本で航空券を購入した場合に限り 1人2個まで荷物を預ける事が出来るのであった。
知らなかったが あぁ良かったー。
危うく 100ユーロ 無駄にするところであった。

今後のために ここにメモっておく。
皆様のご参考になれば。


ついでに一言 申し上げたい。
エアフラの日本人乗務員さま、往復共に 機内アナウンスのお粗末さに こちらが恥ずかしくなりました。
プロとして あれはないです。
いつもなさっているはずなのに 何故 滑らかに 聞きやすく 綺麗な言葉が出てこないのでしょう。。。
どうか 今一度 プロ意識で頑張ってください。よろしくお願いします。
元 某社 いち乗務員より。




別名 ベルクロ ( マジックテープのこと ) と呼ばれる スプリンガースパニエルのクロエがそばに居なくて
寂しい 雨の東京。。。
今宵は嵐とな。。。





今度の時差は夜中に目が冴えて眠れないことだ。

日本からフランスへ飛んだ 往路西行きの時は 夕方から眠くて眠くて目を開けていられなかったのだが、
逆の東へ飛んで戻ってきた復路は比較的元気に1日で順応と思ったのだが、
いざ 布団に入っても おメメパッチリで明け方まで頭が冴えている。

眠くなるのが 朝の5時ごろ。

それでもNHK「あさが来た」開始までには起床し まずはTVを見、ヨガして 寝ぼけた頭を覚ます。

というわけでここ数日は 睡眠時間少なし。。。



日本のTVで 今 欠かさず見ているものがある。
普段は滅多にTVは見ないのだが…
「あさが来た」 NHK
「真田丸 」 NHK
「ダメな私に恋してください」 ( ディーンフジオカ さんね!) TBS

NHK 強し! である。
海外でも ちゃーんと 動画サイトでチェックしてストーリーを把握しているのだ。

201602212359115eb.jpegディーンフジオカ と聞いて 「 ミーハーな」 と思いますな。
昔から ああゆう 笑顔をする人が好きなのだ。ハハハ。



それにしてもドラマを見ていて嬉しいなと思うのは、エンドロールに出てくる制作者のクレジットの中に 以前の会社の同僚の名前を見つける時だ。
皆んな 出世して立派になって。。。と ついつい母心でほっこりしてしまう。







おかあさん おとうさん おはようさん

僕たち 元気にやってまーす。

20160224084915759.jpeg
20160224085145ac9.jpeg

食べて 寝て いっぱい遊んで うんちして。

「 お兄ちゃんは しっかりやってますよー」 妹より







もうちょっと若かった時は 時差なんて 二日程で すぐ現地時間に順応出来たのだが、
やはり これも老化というのだろうな、なかなかタイムラグ生活から脱出できない。

お陰で 18日に帰国以来 平均3時間睡眠。不思議と元気で 昼過ぎ ちょっと眠くなる程度だ。
そのうち 疲れが勝って グッスリ眠れるだろう。


奴豚は帰国早々 翌日の19日から京都へ猫の世話に行っている。
牛美は 東京のあと、 飛び込みで入った横浜での犬の世話で3月初めに予定していた、
京都の奴豚との合流が難しくなってしまった。

豚と居るより 犬と居る方がイイって 私が言っているとは 本人には内緒で。。。

20160224084602894.jpeg


私が オナラをしたらビックリして飛び起き 逃げていったヤマト君。


ゴメン 悪かった。今後 気をつけるから。。。



201602240846047c8.jpeg



完璧なトカゲ足で リラックスするお兄ちゃんの ガッツ君。






何故か 明け方になると 添い寝に来てくれるふたり。
それまでは おもいおもいの場所で別々にオヤスミなり。







昨年同様 東京マラソンはテレビ観戦。

素晴らしい天気、エリートランナーは汗びっしょりだ。
日本新をマークしたら1億円だって…!
外国ロト形式で 該当者なしなら年々繰越とかになったら面白いね。



ここ数ヶ月、私の月間 平均走行距離はお恥ずかしの110キロチョイ。
全く走ってないじゃん。
お腹が出てくるのも当然、背中もつまめちゃう というテイタラク。
寒いから、暑いから、眠いから、忙しいから… と 理由がいっぱい。
サボるのは易し。

モチベーションを上げるには 身近な目標が必要である。
やはり 大会参加表明して 自分にプレッシャーかけないと
寒い朝に早起きするのも、多忙な中でも走りに行く時間を捻出するのも 難しい。


それにしても 青学 強し!





20150619110152a8e.jpg