FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


マルセイユを発つ日。

重たい雨雲の朝。
降り出す前にと早めに友人宅を出て空港へ。
マルセイユ駅の横からシャトルバスが15分おきに出ており 空港までは約30分、便利である。

奴豚はエアフラでパリまで、牛美はミュンヘン経由羽田行き、それぞれチェックインして 奴豚が一足早く発っていった。

ルフトハンザのミュンヘン行きシティリンク便は小型機で スルンとゲート入りしたと思ったら すぐに折り返しで スムーズに機内に収まった。

上昇し、下の雲の層を抜けたと思ったら さらに上にまた雲の層。
どうやら雲のサンドイッチ状態のなかを飛んでいるようで景色は見えず。

たった1時間15分の飛行時間だが 軽食のサービスがあるんだ。
小さめのサンドイッチは二種類から選択出来、これがなかなか美味い。さらにお酒のサービスもあるんだ、これが。ルフトなかなかいいぞ。
とはいえども ミュンヘンの乗り継ぎ時間が短いので 昼から飲んで酔うわけにはいかぬので ここは大人しくトマトジュースにしておく。

先日ネットで読んだのだが、飛行機に乗るとトマトジュースが飲みたくなるというのは実は私に限らず 一般的なようで、気圧と騒音が味覚に作用するんだそうな。

トマトジュースつながりで ふと、客室乗務員をしていた頃、機内でよくカクテルを作った事を思い出した。
私が乗務していた航空会社はありとあらゆるカクテルが作れるようにギャレーにはなんでも完備してあった。
もちろん作るのは我々なのでカクテルブックのようなアンチョコを持ってフライトしていたのだが、酒好きの私にとってはお安い御用の大歓迎。

Unknown.jpeg

ま、大概はジントニックやカンパリオレンジとか簡単な注文だったが、

一番人気は何と言ってもブラディマリーで、
自分が好きなもんだから作り方にも念をいれたものだ。




ドライとスウィートマティーニなどは頼まれてもいないのに飲みませんか?と勧めてみたりもして。。。


Draaanks-Dirty-Martini.jpeg



とは言ったがこれはあくまでも時間的に余裕があり満席でない場合で、

短距離で満席の場合は そりゃぁもう迷惑な話であったわけで。。。






今でもカクテル作ってるのかなぁ。。。 あの会社。
それとも すでに混ぜてあるカクテルミックスのようなものを使っているのかもしれないなぁ。

CocktailHighlight.png

昔はなんでも手作り 手からのサービスで 食事のトレイもいちいちひとつひとつギャレーから手で運んだもんだった。
今は通路にカートを押していくだろうけど、当時一つのフライトで通路をいったいなん百往復したことだろう。。。
以前はミールサービスというと運動会みたいだったもんなぁ。。。
懐かしい思い出だ。



羽田までスムーズに飛んで 帰国なり。






短期間の東京滞在なので ものすごーく充実した時間を過ごしている。
到着したその日からフル稼働。



気がつけば 空にこいのぼり。。。

そうか 子供の日かぁ。。。

IMG_3987.jpg


3日からグレートデン2匹 & 猫1匹 と暮らしている。

Gentle Giant (ジェントルジャイアント)心優しい大型犬だ。



3歳の雌 ウィニー 
9歳の雄 マック 
9歳の雄猫 トッシュ

(写真はウィニー)




マックはグレートデンが かかり易い ウォブラーズ シンドロームという症状が進んで 先月から下半身の自由が奪われてしまった。2月に飼い主夫妻とお目にかかった時は まだ足を引きずりながらも庭へ出て 用を足すことが出来たのだが、今では上半身を起こすのがやっとで、1日の大半を寝たままで過ごしている。

投薬、オムツパッドや尿取りパッド&シートを駆使しシモの世話と 床ずれが生じている腰骨(両側)の治療を日に数回行う。

寝たきりの犬の世話をするのは初めてだ。
流石に初日は慣れずに要領が悪かったのだが 翌日からはうまくできるようになった。
何事も習うより慣れろかもなぁ。
私は習ってから慣れたんだけどね。

1日のルーティーンをメモ書きにして見えるところに置いておき 時間を確認しながら間違いのないよう 気をつけている。
寝返りはマック自身が自分でする時と 何度もトライしても出来ずに疲れ切って横倒しになった後は 介助してやる。
いくら骨と皮だけのように体重が減ったとはいえ、グレートデンはやはりかなりでかくて重いので結構大変。
マックに声をかけて「行くよ マック、それ!」と合図をしてやると 合わせて力を入れてくれるのである。

数日前から食欲が出てきたそうだが、美味しそうによく食べる。
ドライフードと缶のウェットフードにご飯を混ぜてやる。
夜はおやつも完食する。
目にも力が入ってきたような気がする。

回復する病気ではないので 奇跡が起きて立ち上がれることはないのだが
生きようとする意思が強ければ まだまだ頑張れるかもしれない。

飼い主さんの出発前に いざという時の対処を打ち合わせてある。
こうして頑張っているのだから 飼い主さんの顔をもう一度見せてやりたい。




さて、奴豚は今回 バーギーの世話。
あぁ、私の可愛いベイビーボーイ、一目だけでも会いたいからと ほんの短時間だけ会いに行ってきた。

meandbergy.jpg

奴豚とうまくやってるかしら?
寂しくないかしら? などと 叔母馬鹿ぶりを発揮して行ってみたところ、
バーギーは嬉しそうに奴豚に懐いていたので安心して戻ってきた。

そんなことしてるから 1日24時間じゃたりなくてあたふただ。
全部のルーティーンが終わるとボロ布のようにベッドに倒れこむ夜。
子供のオムツを替えたことがないこの私、マックのオムツはだんだん上手になっておりまする。


せめて帰国のご挨拶ということで 
『 頑張っておりまする。 』











まずは 朝のお散歩から。



ウィンテル(愛称 ウィニー)との 朝の散歩。

東京も随分気温が上がってきたので 朝でも日差し強いぞ。
ウィニーは 行きはヨイヨイ 帰りはバテバテ である。



IMG_4061.jpgIMG_4036.jpg


私の日課は
6:30 マックの投薬 のち 全身を温タオルで拭き 床ずれの薬交換 オムツ交換
これが終わったら ウィニーの散歩 約1時間半ほど近所の公園往復
10:00の餌の前に ヨガして犬と猫に餌やり
昼の間は マックの寝返りを手伝ったり 水を飲ませたり マックの汚れ物を洗濯し 時間があいたら外出も可能
夕方 実家へ親の様子見がてら冷蔵庫の残り物なぞをいただきに行く(実家の近くなのである)
ウィニーの散歩のあと 20:00夜の餌の時間
寝る前にマックにオムツ

大まかなところこうゆう時間割で動いている。
時間割に書かれていないところで マックが向きを変えた隙に床ずれ薬の交換(日に二回)
おしっこシートもマメに交換。
そんなこんなで1日が暮れて行くのだが 慣れてきたので 寝返りの打たせ方もオムツの交換も上手になり気分的に楽になったなぁ、ゆっくり自分の時間も取れるようになったなぁ、、と 思った昨日からマックの具合が良くない。
突然 食欲減退。食にも水にもイヤイヤをする。
骨と皮だけの身体で食べなかったら先は長くない。
何とか食べられそうなおやつのビスケットをやったり 無理に口に入れたりと 少しは食べた。

IMG_4059.jpg

心配なので昨夜は横で寝た。
このところずっと寝不足が続いて 昼間パソコンに向かっていても 気づいたら寝ていたりする。
こちらがバテては役に立たないので昼寝して睡魔をやり過ごす。
横でマックがゴソゴソ動いたり 枯れてしまった声を振り絞って鳴いたりするので すぐに起こされるのだが。。。


IMG_4047.jpg

この子は トッシュ 9歳の雄猫

昨夜は私の上でふみふみ、満足したのかそのまま寝ていた。
なかなか可愛い奴である。









前回のブログのタイトルを見て ??? と思った方は かなりのパソコン通。

” マック・トッシュ・ウィンテル ” というのはここの子達の名前だが、ピンとこなかった方にヒント。

こうしたらわかるかな? 
マック&トッシュと英語でいうと Mac 'n Tosh  そうマッキントッシュになりまする。
さらにもう1匹はウィンドウズ の ウィンテルですわな。

飼い主さんはコンピューターの達人(かもしれない)奥方がリンゴ党(マッキントッシュ)で 旦那さんがウィンドウズ派なのである。


IMG_4042.jpg

芝生でリラックスのウィンテル(ウィニー)








散歩途中で我が実家に寄り道。

この子にはこの敷地は狭すぎますわ。



Wintelsleep.jpg







1時間強の散歩で もう帰宅後はこんな感じでござる。





マックの具合は良くはない。
先日 獣医さんが往診に来てくれた。
点滴して 薬もらって 今は様子見だ。

最後には大好きな人の顔を見せてやりたい。
だから頑張れ マック。






ヒトでも動物でも 齢を取るというのは大変なことなんだなぁ。

グレートデンの寿命は6年から8年と言われている。
大型犬になればなるほどその命は短い。

この子、マックは9歳。長生きなんである。
若いころ 既にグレートデンが最もなりやすいという胃捻転をしている。
手術で一命を取り留めた。
その後もなんだかんだと合計3回の手術に生き延びて来たマックだが 寄る年波には敵わない。
色々な機能が低下しつつあるわけだ。

それでも 今日 身体に力が戻って来た。
食欲も少し出て 目に力が入り、半身を起こそうと前足を踏ん張るようになった。
水もこの状態で飲めるようになり 缶のドッグフードも食べた。

良い日があり悪い日が増え そうしてだんだん衰弱していくのかもしれない。
床ずれの治療をし おしめを変えながら 我が身の老いと 老後を考えるなり。。。




上半身 起こせるようになったよ!





マックの具合が悪くなってからは まだまだ先は長いなぁと思っていたのだが
少しでも食べてくれるようになり 身体を起こす元気も出て来たのでほっとして
飼い主さんの帰国を指折り数えるようになった。

あと四日。

我々と同じような年代の飼い主ご夫婦は やはり我々同様に 年老いていく親の様子を見に実家へ戻っているのである。
親を思う気持ちはよく分かる。
少しでも役に立てればと思い引き受けたここでのシッターも あと四日、 
このまま無事に終えたいものだ。

threeofthem.jpg3匹の集合写真


ほぼ24時間一緒にいるわけで、甘えてくれるようにもなった。
近くにいないと ヒュンヒュンと鼻をならす。
鼻面を撫でてやると目を閉じて気持ちよさそうにする。(馬みたいだな)
抱き起す時に 「アップ」と言うと それに合わせて身体を押し上げようとしてくれる。
身体をマッサージしながら話しかけている。何語だってかまわない、優しく声をかけているとそれなりに安心するようだ。



ウィンテルとトッシュ


11日から奴豚が助っ人に来た。
二人だと時間的に余裕が出来て比較的楽だが、今日明日と奴豚は別件で犬の世話に出て行った。
我々、なかなか忙しくさせてもらっている。
夏休みの予約も入って来ている。嬉しいことだ。


IMG_4073.jpg


この写真は先日 獣医さんが往診してくれた時のもの。
この先生は英語も話すし往診もしてくれるという 誠に素晴らしい方なのである。

詳細を知りたい方はどうぞコメント欄にてお尋ねください。








WintelHeso.jpg

ヘソ天のウィンテルお嬢さん。

無防備にヘソ天で寝て 触られてもピクリともしないようになると
あぁ心底受け入れてくれたんだなぁと嬉しくなる時である。












久しぶりにまとまった雨の東京。

小降りになった隙に散歩に出た。



この近所は東京らしからぬ農地が沢山でのんびりしたご近所さんである。
道もくねくねしていて碁盤の目のように整っていないので、ご近所散歩も結構楽しい。


IMG_4092.jpg戻ってタオルで拭いた後のウィニー嬢。


昨日はあと四日頑張ろうと書いたが マックの容態は日替わりで
今日の様子を見ていると あと四日というより 今日1日をなんとか乗り切ってくれ。。。と祈る気持ちに近い。
吐き気が出てきた。
静かに寝てくれているとホッとする反面 息しているかと心配になるときがある。
頑張れと言うのが可哀想になる。
切ないなぁ







バラ園は満開。

布施明の「君は薔薇より美しい」を ウィニーに歌いながらお散歩。




涼しく ウィニーもゼイゼイしなくて快適朝散歩なり。

実家の親ともすっかり顔見知りで ビビリのウィニーも勝手知ったる様子で門をくぐり
玄関から顔入れて 我が親に「おはよ〜」をしている。
可愛い奴め。






IMG_4101.jpg


昨日の午後からマックは固形物を嫌がるようになった。

缶もドライフードも首をふって拒否。
丸1日 水しか飲まなかったので 餌を煮てふやかし ドロドロにして裏ごしし すり鉢でゲル状にして
それを水で割って 注射器で口に入れている。
2〜3時間ごとに少しずつ与えて 様子見だ。
一応 飲み下してくれている。

今日も無事に終えたい。








いえ 決して神頼みではござらぬ。

散歩の途中でふと曲がった角に 小さな神社を発見。



きちんとお参りした。





IMG_4109.jpg












神妙な顔つきの妹のウィニー。





飼い主の奥方にメールで近況を報告す。
。。と、なんと今日はマックの誕生日だと返事が来た。

18447351_1195846860540882_7064630194008096797_n.jpg

へ? 今日はマックの9歳の誕生日なの???



バースデーボーイのマック。
特別なことはしてやれないが ずっとそばにいるよ。
もう頑張らなくてもいいから、
楽になっていいから、
そばにいるから。。。


今日が終わって 明日になった。






今日はマックの容態がいくぶんか よろしい。

昨日 お参りしたからかな。。。?


ペースト状のドッグフードにお粥をドロドロにしたものを混ぜて食べさせてみた。
薬も嫌がらず 吐き出さず ちゃんと飲んでいる。

ふぅむ。。。 試しにカリカリのドライフードを与えてみたら、、、
ちょっと食べた。体調 いいんだね、マック。良かったよ。
起き上がって水も飲んでいる。
ホントに日替わりの体調だ。
明日は大好きな人に会えるよ。

wintelsunset.jpg

夕方の短い散歩の途中で ピンクの夕焼け。

散歩していると沢山の方から「なんという犬ですか?」と聞かれる。
グレイハウンドかと思われる方が多いが、
ウィンテルは女の子だから少し小型なだけで 
マックを見たら腰抜かすぞ〜。



5月17日 午後5時 マック・ウィニー・トッシュのパパママ帰国。
ウィニーの喜びようったら 。。

マックはドライフードを噛めるまでになり
パパママ到着に 首をもたげてホッと安堵(の様子)の深いため息をつく。

もっと深〜い息をついたのは我々。
あぁ良かった・・・。


さて、翌 18日。
ワンちゃんのお世話で横浜に向かいまする。



手短ながら マックを気にかけて下すった皆様に御報告まで。






マックの母から連絡きて、今日はもりもりドッグフードを食べているとのことだった。
犬たちにとって 飼い主さんが全て。なにより力になるのであるなぁ。
良かった良かった。




さて ニューフェイス!


こんにちは。
ゴロです。

12歳、ママ大好き、ご飯大好きお散歩大好き 寝るのも大好き の 元気な男の子。
今日から三日間 一緒に過ごします。。
( 、って 奴豚が。。。) 牛美は本日のみ。



goroth.jpg

バラが咲き競う素晴らしい庭園をお散歩して 横浜ベイブリッジをバックにパチリ。




niji.jpg

急に降り出した雨のあとは

大きな虹がかかった。







清々しい五月晴れ。

気温が上がって夏日といえど 湿度低くカラリとして気持ち良いではないかい?
戸外にずっといる方は暑さ対策が必要だろうが
日陰にいるぶんは素晴らしい季節だと実感する。
好きだな、五月。




ゴロちゃんも心地よさげにお昼寝中。

12歳とは思えぬ健脚、食欲。
目も耳もしっかりはっきりでソファの上り下りも元気にジャンプ。
耳が分厚くてびっくりするほど重いんだけど 肩こりしないんだろうか。。と 心配してみたり。


本日 お別れ、またね ゴロちゃん。





さて我々はペナン移動の準備なり。
モリーとアップルのいない広い家は 馴染むまで寂しい思いをすることだろうなぁ。
奴豚はジョージとの再会を心待ちにしている。









今日までよく頑張ったね。
パパとママに元気な姿を見せようと モリモリ食べて 皆んなを驚かせて
精一杯 最後まで 痛みを隠して 強い子だ。

もう頑張らなくてもいいのが嬉しいよ。
ゆっくりおやすみ、マック。

逢えて嬉しかったよ。




迷わず ちゃんと橋を渡って行くんだよ。
元気で行くんだよ。


いつかまた会おう。









23日の夜便、満席のエアアジアで羽田から深夜に飛び立ち
クアラルンプールで乗り換えてペナンまで。
24日朝、勝手知ったるお馴染みのペナンに降りたった。


やっぱ蒸し暑いわ。

べっとりと湿度が肌にひっつくこの感じ。



今回は MM2H(Malaysia My Second Home)=マレーシアのリタイアメントビザの更新も兼ねているので
さっそく空港から直接エージェントの事務所へ向かった。

先にメールで必要書類は全て送ってあるので 事務所ではいくつか書類にサインをしてパスポートを預けて
あとはエージェント手数料を支払えば 全て手配してもらえる。
わざわざクアラルンプールへ手続きに行く手間と費用を考慮すれば手数料は高くはない。
水曜の昼までに頼むと金曜の昼には出来上がってくる。




さて、ペナン。 

ここ3年連続でお世話している飼い主さん宅のペット・ハウスシッターである。
すでにブログには書いたが 今年初めに母犬のモリーが亡くなり あとを追うように娘のアップルも逝ってしまった。
ので、今はビビリ犬のジョージ 1匹と猫6匹である。


明朝出発する飼い主夫婦と打ち合わせで訪れた御宅は少し静かになっていた。
ジョージのビビリは随分良くなり 尻尾もピンと上がったまま散歩できるようになった。
犬たちも群れが減ると何か変わるのだろうなぁ。
今までは年長の雌2匹に遠慮していたのだろうか。。。
やけに のびのびしているように感じたのだが、それはそれでいいことだろう。



今夜は馴染みのホテルに一泊し、馴染みの店屋に挨拶回りして懐かしい顔と握手を交わし
馴染みの好物料理を食べたら もうすっかり古巣に戻った感じだ。


明日からジョージと猫たちとの暮らしが始まる。











ビビリ卒業のジョージ




かつて ジョージが....

嫌がることなく家を出て
玄関前で座り込んで尻込みすることなく
尻尾をお腹に丸め込まずに
ウキウキと散歩に出たことがあったろうか。。。

これほど嬉しそうに家をでるジョージを見るのは正直初めてである。

もう ビビリじゃないんだもん。





変わったなぁ ジョージ。
良かったね、外の世界の全てが怖かったビビリ君が遠出して海岸まで歩き 車にビクつかずに大通りを渡りきり
散歩後の餌もモリモリ食べている。
お陰でちょとデブ。




写真は家の前のお供え。
flowerout.jpg常に花やオレンジなどを備えておくのだがすごい着色花。。。




私は初日から蚊の洗礼。
奴豚がぐーすかいびきをかいて横で寝ていても 何故か私だけ刺される。
痒くて眠れたもんじゃない。刺された後は痒いだけじゃなく赤く腫れてくる。
刺されるのが怖くて 布団に潜り込んだが 今度は暑くて眠れやしない。
ちょっとでも布団から出ている肌を狙って刺して来やがる、奴ら。。

かゆみ止めムヒなぞ役に立たないほど痒いんだ、これが。
仕方なく 抗ヒスタミンの痒み止めを飲んだが 数十カ所さされているんで たまらんわい。。。嘘じゃないよ。

虫除けスプレー買いに行こうっと。











勝手知ったるペナンのジョージタウンではあるのだが、

やはり去年とは少し違うのだな。



昨夜 馴染みの肉骨茶(バクテーと読む)という 薬膳味付けの煮込み料理を食べに行った。
ここはサービス精神満点のいい親父さんのいる店で
奥さんの作り出す肉骨茶にしろ レタス炒めにしろ 
味良くサービス良く安いという我々のお気に入りなのだが
移転しており、引越しに至った話を聞いたところ 
以前の家主と支払いやサービスのことで 喧嘩別れするような形で移転したんだそうな。

その親父に「太った」と言われた。
はい、おっしゃる通り。

一昨年も去年も長距離走っていたから太る暇がなかったのだ。
これでもフランスにいた時より少しは痩せてきたんだが、ショックを隠せぬ牛美であった。。。









朝、いつものようにジョージと散歩に出 近所の野良犬”ハッピー”に餌をやる。


ハッピーは変わらずで 呼ぶと来て食べて去って行く。








IMG_4193.jpg


早朝は 色々な宗教の寺で祈りが捧げられる。

ムスリム、ヒンズー、仏教 それぞれ違っても 祈る気持ちは同じだろう。
街のいたるところで それぞれが信じる違う神に祈る人たちとすれ違いながら 朝の散歩。







掃除をしてくれるいつもの女性に「太った」と言われ またショック。。。
あ〜あ、真剣にダイエットだなぁ。。
ジムメンバー登録したし しっかり励まねばなぁ。

とはいえ、蚊に刺されたあとはあれから酷いままで 
薬が効いている間だけ腫れが引き、切れるとまた赤く腫れて痒みが戻って来て辛いのだ。
アレルギー反応で水泡のようなものまで現れたし
気分悪くて走る気になれないのだが そんなこと言ってる余裕はないわ。




いつも通り朝市場へ果物を買いに行き戻って朝食用にフルーツサラダを作っていたら
?『なんだかいつもと違うなぁ』? と思った。

なんだろ なにかが足りない。。

。。。。。 あ、 そうかぁ。・・・・ 


フルーツを切っていると足元に邪魔なほど張り付いてくるアップルがそこに居ないことにふと気がつき
その途端に涙が溢れてきた。

愛するものを失った寂しさというのは こうゆう風に何気ない日常の何気ないふとした時に
不意をついてやってくるのだなぁ。
涙しながらパパイヤを切った今朝だった。

いつもと変わらぬペナンもやはり少しいつもとは違うのであるなぁ。。。

しみじみ。







4時前 ベッドの上にいたジョージがむくりと起き上がりガタガタ震えだす。
同じくPJもベッドを下りて ジョージのクレートへと入って行った。


その直後 稲妻ピカリ!

ははぁ、どーりで。

寝室で寝ることが許可されているオス2匹=怖がりのボクちゃん達である。


写真は牛美の胸でくつろぐPJ


南国特有の嵐は7時まで続き 雨の音を聞きながら寝坊の土曜日。
お陰で今朝は曇りで涼しい朝だ。



今朝もスイカを切っていてアップルを思い出すが 涙腺の弱い私でも そうそう毎日涙ぐむわけではない。
これが懐かしい気持ちに変わっていくのだろう。

抗ヒスタミン剤のお陰で 蚊に刺された痕はピークを過ぎ、次第に腫れが引きつつある。
まだ痒いが 掻き壊さぬようムヒを塗り塗り。

     IMG_4208.jpgひっつき虫健在IMG_4205.jpg


一昨日からスポーツジムの月会員になり 初日は水泳、昨日はトレッドミルと 今度こそは皆勤賞を狙ってみたい。
ジムの馴染みの面々とも再会。
またまた「太った」と言われる前に余分な脂肪を落としたい。










皆勤賞ならず。。。


ジム通い六日目にして すでに挫折で無念。。。(無念というほどのことではないが)

三日坊主にならないための秘訣は 四日続けることさ、などと言いながら昨日まで連日、(って五日間だが、、)せっせと続けたジム通いだったが、喉風邪をひいた。
喉が痛くなり始めもトレッドミルで走っていたのだが、走っている間は大丈夫でも夜になると痛み始め、このままゼーハーしながら走るのは良くないので 本日お休みである。


寝るときだけいれている冷房で風邪ひいた。
今は喉だけだが ここで甘くみるとフルコース行くことになるので早期治療なり。
タイガーバームを喉に塗りタオルで巻いて湿布、マスクをかけている。
風邪薬は年々 効きが悪くなっている気がする。

なるべく喉を使わず 奴豚とも話をしないので 静かだわ〜。
話しないから喧嘩もしなくていいかもな。

肝心の体重は徐々に減っている。
4月11日から始めたスクワットを含む 膝周りのトレーニングは1日も欠かさず続いており
効果を感じられるようになった。




ジョージの世話は奴豚がしているので 私は奴がハッシュランに出かける時だけ散歩に連れて行っている。
ビビリ度は減ったが 私を心底信用していないのか散歩途中で急に拒否して逃げ帰ろうとしたり、色々なものにビクついておどおどして歩けなくなったりする。

家の中での伸び伸びと懐いて良い子とは全く違う表情である。
二重人格と言ってもいいほどの違いぶりで 難しい子だなぁと思う。



で、私は何をしているかと言うと 主に猫たちの世話。
6匹 よく懐いてくれており 世話と言っても餌とトイレの掃除くらいか。
遊んで話しかけてやり、抱き上げて身体の状態をチェック。

201705301954380a4.jpg

猫はお腹を触られるのが嫌な子が多いが ここの子達は気にしない。
6匹のうち3匹はお腹だろうが背中だろうがどこを触られても ”にまぁ〜”と笑顔で嬉しそうである。
特に私のプリンスPJは年々優しくなるように思う。
犬のように 身体の一部を私にくっつけ ひっくり返って寝ている。

20170530195436b95.jpg 20170530195434de0.jpg
(左:殿 じゃなくてチェリー) (右:ビンディー)




20150619110152a8e.jpg