FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

     

1歳の誕生日 おめでとう ピッチュゥ!

BDpitchou.jpg

”フライング” というのは 飼い主さんが残した資料の中に誕生日の日付が二つあって
ひとつは 今日 8月1日。

もうひとつは 8月30日。

この子はペットショップから来たので、ショップの書類の方が正しいのだろうけど。。。
獣医さんのカルテに書かれていた今日で先走ってお祝いだ〜い。

だって、30日は一緒に居られないんだもん。



IMG_4939.jpg



プレゼントのおもちゃに大興奮して夢中!!!

ちょっぴりむちっとしてきたから いい運動になるかもね。














IMG_4936.jpg

ジャンプして回転して 追いかけまわり 走り疲れて。。。

もうおネムの1歳児なり。




愛してるよ、ぴっちゃん。

1歳のお誕生日 おめでとう。











ドアの向こうで文句言ってます。。。



いれてくれにゃぁー!

なんで 閉め出されてるんにゃぁ!


夕飯の支度中につき
ピッチュウはキッチンには入れませぬ。

アッチッチやネギやら大蒜やら 危ないものが沢山で
調理しながら監視すると疲れるので 

閉め出しでござる。




その代わり 食後は追いかけっことおもちゃで遊んで上機嫌。
こちらは お酒飲んだ後にダッシュだもんで 心拍数あがったような気がするわ。。。









好きだなぁ 朝日。









反射を受けて輝くビル街でさえ 

清々しくて美しく見える。







sunrize1.jpg




早朝の原宿駅。


朝5時台は長々と連なった貨物列車が延々通過していく光景も見られる。





朝のピッチュウ。
IMG_4955.jpg庭のすずめにロックオン中。


夏休み期間中はシッターの依頼が集中する。
奴豚は本日からうさちゃん亀ちゃん家族の他にワンちゃんのお散歩を掛け持ちなので 
昼間の数時間は私が亀のバートのお守りに助っ人で出動。
飼い主さんの了解を得てご近所の2軒を行ったり来たりの数日である。


bert0803.jpg



バートは今 発情期を迎えているようだ。

昨日から機嫌悪いとのこと。

ともかく歩き回り ものにぶつかり押しまくる。
ガラス戸に思いっきり甲羅をぶつけてガンガン言わせている。
食欲は普通でウンチも健康。
でも欲求不満なり。






バートは ケヅメリクガメ (African spurred tortoise)。
寿命は50年から150年とも言われているそうで この子はまだ8歳。

飼い主さんの ひ孫の代まで生き続けるんだなぁ。。。



bertheat.jpg


おもむろに後ずさりを始め 身体をぐいっと持ち上げる。

お腹の下を覗くと あれ イチモツ君がどてんとお出ましでござった。


びっくりぽん 。。。













パンダが逝ってしまった.....


20161012163244e9e.jpeg


来月の再開を待たずに ニュージーランドのパンダが昨日 虹の橋のたもとへ旅立った。


命に限りがあるとわかっていても それを受け入れるまで時間がかかりそうだ。
身体が大きいから余計哀しいとか 小さいから哀しみが少ないとか そういう意味ではなく
あんだけ大きな子が家から消えてしまったら 急に家が広く見えて その喪失感たるや いかほどのものであろうか。。。


20150111162843bfd.jpg

実は ネパールのクインも先日 旅立ったのだった。
サモエド犬で16歳 寿命を全うしたのだと思う。

昨年から愛する多くの犬達がこの世を去っていってしまったなぁ。







今朝は 尋常ではない湿度のせいもあったのだろうが
気持ちが沈んでいたせいか走ることに気が入らず
無理やり出かけてはみたものの すぐに戻って来てしまった。

で、走りながら思ったのだが、2020年の東京オリンピック。。。
夏開催ってどーすんだよ?!
室内競技は温度調節した屋内競技場でこなすとしても
8月の炎天下にマラソン走らせるつもりですかーーー!
朝の5時でこんなに暑いってのに。
いったい誰が真夏の東京でオリンピック開催するって決めたんだ。
アスリートのこと考えたことあんのか あんた達!
。。。と 走っていて頭に血がのぼりそうになるほど今朝は蒸し暑かったのだ。。。

前代未聞のナイトレースにでもすればいいんだ。交通渋滞問題解消。







「あっしには関わりねえことでござんす」 の バート

IMG_5051.jpg

私の基本姿勢はこれに近い。
10代の頃から 
「そっちのことを干渉しないかわり こっちのことも干渉してくれるな」と 思っていた。


。。。なんだが 木枯らし紋次郎がいくら「あっしには関わりねえ。。。」と言っても
結局最後は巻き込まれて中心に居ることになるように 人生ってのは まぁ思うようにはいかないもんなんだわな。

IMG_5059.jpg


「私たちには 関係ないわ〜」と 

何処吹く風状態のお二人さん達。




我が道をゆく デイジーとドイルである。








もし今まで「誰かが風の中で」by 上條恒彦 の歌を聞いたことがなかったら
是非一度聴いてみてくださいな。良かったら「旅立ちの歌」も。
機会があれば ”木枯らし紋次郎”も見てね。
あぁ、懐かしい。。。







さて、ピッチュウはというと。。。

pitchouup.jpg

新しい猫じゃらしオモチャに夢中ではあるのだが。。。
結構賢いのである。


おもちゃの隠し場所を変えてもすぐに見つけるのは匂いを辿るからだろうか?
私がじゃらしているのをちゃんと知っていて あまりに理不尽な動かし方をすると
「それはないんじゃないの?」と 真っ直ぐに私の目を凝視してくるのだ。

猫じゃらしが オモチャであることを知ったうえで遊びに付き合ってくれているという態度と
動くものに対して 本能が反応して無意識に追いかけてしまう という 両面の葛藤があるような気がする。




甘えん坊だがべったりくっつかず 適度な距離を保ちつつも気まぐれではなく
常に一緒にいてくれて いい具合に意思表示をし
上手く甘えてくる とてもよい性格の猫ちゃんである。

こんな子と一緒ならひとり暮らしでも構わないなぁ。









かけもちシッターは今日まで。
自転車通勤も🚴‍♀️ 終わりだな。



これは昨夜のデイジーとドイルの夕飯

この家の子は皆 ベジタリアン。
それも生のままだから完全菜食主義だね。


ただ亀のバートはなんでもかんでも口にするんで要注意。
隙をついてビニール袋に噛み付いてムシャムシャで肝を冷やした。
1週間後に無事排泄してくれ ホッとしたわ〜。。。



     20170810110857d3a.jpg   2017081011085645b.jpg

この数日の間に 亀について多くを学んだ。
大変貴重な経験をさせて貰った数日間であった。
君が長生きするのは知っているけど
「バート、元気で長生きしてくれよー!」



2017081016390349b.jpg

何事も勉強とはいえ 
慣れないことすると緊張するよね。


帰宅してひとしきりピッチュゥと遊んだあとは
21時にはもうおネムで(私だけ)
となりで愛情の塊が癒してくれているところなり。

ありがと 僕ちゃん。














P.S.
テレビ番組表見たら 今晩ディーンフジオカのSONGSが放送されるそな。
見たいけど眠気に負けるだろうなぁ。。。






リレー愛


リオオリンピック男子400メートルリレーの興奮が蘇る 世界陸上。


近頃は4時起きが習慣になり どう頑張っても21時半には瞼が閉じてしまう生活を送っているので 早い時間帯のTV放映はありがたい。

たまたま見ていたら男子100x4リレー予選だった。

嗚呼! 心疼くざわつくこの気持ち、なんとも表現し難いが 熱き血潮が沸き立つ感覚だ。

    日本が。。。ですよ!

        決勝に出るんですよ! 

            これが興奮せずにいられますか!



何故これほど心揺るがすかと言うと 以前も述べたが中学3年間通してリレーのアンカーだったからだ。
春と秋の区大会で走った。


小学校の6年間、学業振るわず 担任から「お客さん」と呼ばれ続け 教室に居るのか居ないのかわからないほど引っ込み思案で空想家だったワタクシが 
中学入学と同時に行われた競技会で50メートル走、校内第2位の記録を出したのは、
一緒に走ってくれたのが校内1位の俊足の友人だったからだった。

速い人につられて 引っ張られた格好だが 記録は記録。
私は一躍 名無しの権兵衛から 足の速い女子になった。


以来3年間 春秋の大会シーズンになると自分が所属していたバスケットボール部とテニス部を休んで 陸上部の練習に参加した。(私にとって学校はスポーツクラブだったのだ)


リレーメンバーは毎回ほぼ同じ。
スタートは同級生の武田さん ”通称 武ちゃん”、
2番走者が毎回違って先輩が入ってきたりしたが、
3番走者は大島さん ”通称 リコ” で アンカーがわたくしであった。


何度もしつこいが リレーはスタートとバトンパスが最重要課題。
毎回スタートを切る武ちゃんの度胸の良さに 自分がアンカーで良かったと何度思ったことか。。。
輝かしい記録は残せなかったが 共に練習を積み重ねた日々は今でも美しい思い出である。
あの、バトンを渡す/受け取る時の緊張感。。。
互いに信頼しあう あの短い距離の葛藤。。。
必ずや スタートダッシュに追いついて 手のひらに ポーン!とバトンを押し付けてくれるであろうと信じるあの短い時間。。。
何百回練習しようが 不安の拭えないあの緊張感。。。

あぁ 青春の一ページだなぁ。



その後 高校へ進んだあとは陸上とはおさらばして テニスに夢中になっていったのだが
都大会で勝ち進む毎に 自分よりも親の方が緊張して
試合前日や当日の朝の食事に気を遣ってくれる母に向かって父が
「いつもと同じものを食べさせろ」と言っていたことを ふと今思い出してしまった。

そう、そんな時代があったんだなぁ 私にも。。。


こんなことを語ってやれる子供も親戚もいない私は
このブログで独り言、 押し売りなり。。。




お口直しに ピッチュゥの写真でも。。。

pitchoulookup.jpgpitchousleep.jpg
(左)呼ばれて振り向くピッちゃん    (右)一緒に寝る? のピッちゃん








豆苗は好きな野菜である。

41W9VI_TMNL.jpg


そのままでも 炒めてもよし。

手軽に使えて 
  お楽しみ二倍というのがいい。







IMG_5140.jpg

再生栽培中なり。
すくすく伸びること。。。


猫草ではありません 豆苗です。

猫用ではなく ワタクシの食用。










涼しい朝が続いている。



おはよう 新宿 !


身体にも心臓にも優しい涼しい朝ラン。

気温でこんなにも違うものかと実感体感である。
川内君が「夏の東京は厳しい」と発言していたのが痛いほど解る。


数日前まで早朝からフル操業だった参宮橋のドライアイス卸屋さんも 
こう涼しいと 朝はゆっくりのようだった。







ピッちゃんは私がどこに行こうといつも側にいてくれる。

ブリティッシュショートヘアという猫種は 先日私が言った通り性格が犬っぽいのだそうだ。
嬉しいと尻尾を振るというのも犬的。
       washface.jpg

1歳を過ぎて益々逞しく成長してきた。
筋肉ついて 顔も男の子らしくなってきた。

一月以上前の彼とは見間違うほどだ。

飼い主さんの小さいお子さん達も帰宅したら この成長ぶりに戸惑うことだろう。
幼かった子猫はもういない。

それでも変わらず可愛がり面倒みてくれることを願ってやまない。



IMG_5109.jpg
近頃 こちらの食に興味を示し始めた。

匂いを嗅ぎ 近くまでやってくる。
人の食べるものに興味を持ちすぎるのは良くない。

なんだろこれ? 
(豆腐に塩昆布が乗っているだけだ)



IMG_5111.jpg

怒られて距離を置くも
ちょいと恨めしそうな顔で見返っているところである。












涼しいですねぇ 東京。

一息もふた息もついちゃうこの頃。
大掃除にはありがたい涼しさですわ。




明晩帰国の飼い主さんを気持ちよくお迎えすべく
本日は掃除の1日。


拭き掃除中、

何かが下を動いているぞ。。。!」と

興味津々のピッちゃん。



IMG_5149.jpg






「ほらほら 何かいるんだよ!」

。。。って 当然です。
雑巾ですよ、ピッちゃん。




IMG_5143.jpg






常に前後左右で掃除にチェックを入れるピッチュゥが側にいると気持ちがほっこり

掃除が楽しいぞ。











       あらかた掃除を終えソファに座ったら。。。

pit3.jpg




「終わったの? じゃあ」 と いう感じに傍に来て


こうなりましたわ。









pit2.jpg




今日は一歩も外に出ず 24時間ピッちゃんと一緒である。
明日の夜 お別れだからね。。。




こんなに優しく柔らかい時間が持てる幸せを噛みしめるなり。











蒸し蒸しの東京。



愛しい暮らしとおさらば。

IMG_5174.jpg



荷造りしたり 
部屋を行ったり来たりと忙しくしていると

この子は何となく察するらしく
「いつもと違う」という顔をして
普段よりさらに側にくっついてくる。

玄関へ向かおうなら走ってついてくる。









嬉しいねぇ、健気だねぇ。。。
四肢をぴったりくっつけてムンズという感じでくっついて寝るこの子を見ていると別れがたい。
IMG_5160.jpg


お別れのチュッをした時の彼の顔ったら。。。pitchou5.jpg



おいおい

ハンサムが台無しだよ。。。





また会えるのかな。。と寂しくなっていたら
年末の予約をいただきました。

だから またね ぴっちゃん!





さてと、10月の山登りレースまで 頑張って坂道のトレーニングでもいたしませう。






女子会


以前勤めていた会社の懐かしいメンバーから 朝 ふいにメールを貰い
今晩 定例女子会をするのでよかった参加しないか?という事だった。


その女子会のルーツは【熟女会】という実は私が始めた飲み会であったのだ.
私が勤めた二つの会社の先輩と後輩を繋ぎ、結構な歳の女子が月に一回集まり外食し飲もうという会であったのだが、
今から10年前に私が早期定年&ジプシー旅に突入し 顔を出すこともなくなった後も 新たなメンバーを迎え 今まで続いていたのだった。
新たなメンバーというのも私の良く知っている後輩であり それはもう気のおけない楽しい女子の飲み会なので 嬉々として出かけた。


持ち寄りで家飲み という もっとも好きなパターン。
自分も大したものではないがおつまみを作りワインを持参。
それぞれがなにやら持ち寄って 神宮外苑の花火で賑わう都会にある友人宅へ。
その日は素敵なゲストも参加して 用意したシャンペンやワインの空き瓶がどんどん増えていった。。

IMG_5189.jpg


5人の参加者のうち 呑んべいは3人。
ほとんど 3人で飲んでしまったようだ。
お陰で翌日まで酔いが続き 久々の大反省 休肝日であったのだが。



自分が酔うと泣上戸になるというのが新たな発見で 参った参った。
元来 一番嫌いな酔っ払いのタイプだってのに。。。。






奴豚と2人だけの生活が長いので 女子の友達に洗いざらいぶちまけるという機会が今まであまりなかったなぁ と つくづく思った。
溜め込んでいたガスやらなにやら皆んないっぺんに流れ出たような気がして
実に気持ちが晴れ晴れしてきたのは確かである。


みなさんに感謝。








朝日が木立に顔を出したのは5時30分。



4時半に目覚ましで目を開けるものの まだ暗いので
ノロノロと軽い準備運動をして
家を出るのは5時近くになってきた。
それでも街灯が消える前のうすぼんやり間抜けたような朝の景色は
なかなかいいものである。

IMG_5196.jpg



なだらかな上り坂の先に強烈な朝日。




光の丘のような まばゆい方向へ近づいていく感覚も走っていると励みになる。






IMG_5193.jpg


通り過ぎてからわざわざ戻って撮った写真。


この猫ちゃん「愛されてるんだなぁ」という気持ちが伝わってきて
見てるだけでほっこり気分になる。

道路に面した出窓のお気に入りのベッドなんだろうね。








IMG_5198.jpgジョギング途中の公園で。。。


バリアフリーのトイレは普段は遠慮して利用しないんだが。。。

「どなたでもご利用になれます」って書いてあるし
早朝で誰もいなかったので入ってみて感心!


シャワートイレなんだね、やっぱり。


清潔 機能的。
日本て偉いわぁ。。。。







今朝の空は まだ暗い時から 闇の中にほのかにピンクが混じっていた。

こんな時はぐずぐずしていられん。
刻々と色を変えゆく朝焼けを見逃してなるものか。

見晴らしの良い 橋まで 門を出るなり猛ダッシュ。


IMG_5201.jpg

秒単位で空が変わりゆく。
なんて美しいんだろう。。。

これだから 早起きはやめられない。



IMG_5202.jpg
IMG_5203.jpg

見上げる空の位置でもこんなに色に変化がある。
(上)真上の空  と  (下)東側の空



ひとまず撮り終え ぐるりっとあたりを走って戻った景色がこちら ⬇️

risingsun.jpg

顔を出した今日の太陽さん。

「おはようさん。今日も頑張るんだってね、猛暑日だそうだから。。。」


IMG_5210.jpg

木々の間を昇っていく光も朝は力強くて命を感じる。



     「おはようございます! 今日も元気で!」







ここに登場するのは ”お初” ですが 
   
     「 僕 フロイド です ! 」



夏前から奴豚といい男友達関係を築いており 
私と会うのは今日で2度目だったが
「 覚えてるよ! 」と駆け寄りチュッをしてくれ ラブリーなフロイドであった。



この日は 牛美のホームグラウンド 近所の公園を一緒に散歩。
猛暑もひと段落。
一日中木陰のある園内は芝や土で 熱くない散歩が出来て 
昼間でも割と普通にお散歩に来ている方々が多い。
フロイドとはこの日でお別れ。
年末にまた逢えるかな? 


floydball.jpg


     *****     *****     *****


先日 ネットで「200キロ以上走ると身体に悪い」というコラムに目が止まった。
毎日新聞にも掲載されたようだが、
要は 月間 男性200㎞ 女性150㎞以上走ると身体に支障が起こる...云々という内容であったが
検索すると 似たような記事が数件あった。

ホルモンのバランスが崩れる とか
内臓(特に肝機能)に良くない とか
故障しやすくなる だとか。。

      ふぅん  

個体差あるだろ、それ。

一概に こうだって言い切るタイトルは納得いかないな。
200㎞以上走れる身体を作らずして走れるわけないし、常に走っている人はメンテナンスちゃんとしてるから持続出来るのであって、「 で、あんたは実際に何ヶ月続けて200㎞走って記事を書いてるわけ? 」と聞きたい。

月間200㎞以上走っているけど 過去に故障ない。
先週 年に一度の検診結果聞いてきたが どこにも問題ない。
飲酒もしているが 肝機能も異常ない。


走っているお陰で いいコト沢山ですけど。。。



ネットのコラム記事はそんな程度だと思えばいいんだけどさ。












驚きの涼しさ

荷造りするのに汗かかずにありがたいこと。


IMG_5227.jpg8月も終わり 我々の今年の東京の夏は終わりを迎える。

来週は20度の温度差がある冬のニュージーランドへひとっ飛びだ。


冬物はかさばるので 必要最小限に留めたつもりでも並べてみると相当な衣料で 
これが全てバックに収まるのか?と思うのだが。。。





IMG_5228.jpg

それを可能にしてくれるのが この圧縮袋。


10年前に旅を始めた時から愛用。。。
というよりこれがなければ荷造りは出来ないほどの必需品である。


今のように頻繁に東京に立ち寄ることがなかったので服は四季対応、海山対応、一つで何通りにも着られる機能的なもの、靴も今より多かった。

経験をつみ本当に使えるもの、必要なものだけにダウンサイズしてきたので、
10年前より明らかに荷物は少なく軽くなったがそれでも今回のニュージーランド用の衣類ラインナップは以下である。


防寒用:ジャケット、フリース、ダウンベスト、レインコート、携帯用レインコート(ラン用)
長袖が普段用とラン用 計6枚 半袖が2枚
パンツ系:ジーンズ1、半パンにもなるアウトドアパンツ1、部屋着兼寝巻き用1、スパッツ
ランニング用 膝丈スパッツ2、ショートパンツ1 
ワンピ1 その他下着類
ランニングシューズ1 トレイルシューズ1 普段履き1
ランニングバックパックとウエストポーチ、夜間ランニング用のヘッドランプ等 

今回は去年お世話になった方々にお土産として雪駄4足
オーストラリアやニュージーランドは食品類が持ち込めないので日本の土産で重くないものを探していて雪駄に行き着いたのである。はたして受けるであろうか。。。?
以上は預け荷物。

機内持ち込みとして MacBook Air ほか。。。



荷造りすると気持ちはすんなり次へ向かうのである。
少しずつ旅モードの回路が動き始めた。












20150619110152a8e.jpg