FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


明け方は晴れるんだけどねぇ、その後が続かない。


今朝はピンクの朝焼けが見られたので期待したんだが 
残念ながら お天道様は雲に隠れた。


春先の天気はどこも同じ。
三寒四温、不安定。
寒い寒いと言っているうちに暖かくなるだろう。。。
と期待したい。

指がかじかんでミスタイプばかりだわ。

今朝はTVでラグビー観戦。
友人も来て 朝から賑やかである。





birdbeach.jpgお知らせ

このブログをPC版表示でご覧の方には 右側にペットシッターカレンダーが表示されていると思いますが、
(スマホ版では表示されません、すみません)
本日までにいただいている予約・仮予約スケジュールを更新しました。
2018年8月まで ほぼ埋まってきましたが 月によっては多少の余裕があります。
ご興味のある方はPC版のカレンダーをご確認下さい。




早いもので もう10月。

どちら様も よい週末をお過ごし下さい。




昨日、(10月1日)の夕方 虹がかかった。
うっすらだったがダブルだった。

IMG_5689.jpg
本来ならオポティキハーフマラソンだったのだが、

「中止にしてくれてありがとう。」
。。。というくらい 激しい雨だった。

     そして寒かった。
こんなに雨続きで降雨量が多いのはニュージーランドでは40年ぶりなんだとさ。
地球の気候はどんどん極端になっていく。




sunriseboys.jpg



で、今朝。

朝の散歩時は今日こそは と 思わせぶりなんだが
今朝も手が冷たかった。

犬達は元気に海に飛び込んでいる。
雨ニモマケズ風ニモマケズ だ。











お隣なりさん家の ”嵐を呼ぶ女”『ストーム』が遊びに来た。
筋肉隆々 たくましい娘である。

ボーイズは以前ほど狂喜乱舞せず。
最初吠えたが すぐに静かに自分の居場所へ戻って行った。

「君たち、いつの間にか大人になったねえ。。」








IMG_5702.jpg
来る日も来る日も雨で寒く 家に篭っているので
Netflixの映画を見た。

見たのは「クジラの島の少女」マオリの少女の話だ。
ニュージーランド2002年の作品。

もう一作品。「モンゴル」
2008年のドイツ・カザフスタン・ロシア・モンゴル合作品。
主役のチンギスハーンを浅野忠信が演じていたが モンゴルの人は主役が日本人で違和感感じなかったのかな?
まぁ、我々の祖先はどこかで繋がっている可能性があるのだから顔は似通っていはいるけど。



去年は暇に任せて せっせと菓子を焼いたりアペリティフ用のつまみを用意したり
夕飯もボリューム満点で お陰で奴豚を丸々肥えさせたので
今年はシンプル、ワンプレート。
食後はチーズは食べるがデザートはなし!

これはチキンの照り焼き。野菜に隠れてグリルトマトと古代米が下に敷き詰めてある。
カリフラワーのチーズ焼き添え。




待ってました! の 青空



これほど晴れて冴え渡る空は久しぶりだ。

早々 犬の散歩に出て餌をやったら 
即!準備してトレランに出かけた。

こんな素晴らしい日を無駄にするわけにはいかない。
ずっと雨でうずうずしていたのだ。


隣町ワカタネ(Whakatane)に 素敵なトレイル・ハイキングコースがあると聞いたので 車飛ばして行ってみた。





IMG_5731.jpg


観光局に立ち寄り地図をもらう。
見知らぬ森で迷いたくないもんね。

いくつかのパートに分かれているコースを全部繋ぐと約16キロのループコースになる。
見晴台のあるところ、鳥のキゥイ生息地、アヒルに餌をやれるところ、海岸沿い、グロゥウォーム(光を発光するミミズ)の生息地などなど それぞれに特色のあるコースを一挙に回れるのだ。






IMG_5724.jpg
もちろん我々のことだから 
地図を持参しているのに道を間違った。
(いつものことだね)ということで余計に走った。

アップダウンのなかなかタフなコースである。
前半だけはかなり根性入れて登りも走ったが
後半は階段と登りは足がついて来ませんわ。
奴豚は頑張って走っていたがね。
(彼は12月に伊豆トレイルジャーニーという71キロのタフなレースが待っているのだ)




晴れると夏日。
極端だなぁ、二日前は寒さに凍えていたのに。。。

木陰を走るトレイルは涼風に吹かれ快適であった。



これはキゥイ生息地への入り口。
キゥイの見分け方の説明あり。
IMG_5735.jpg IMG_5734.jpg

静かに走ったが むろんキゥイを目にすることはなく。。。
地味な色だから よほど目を凝らしてじっとしていないと見つからないだろうなぁ。

約19キロの爽快なトレイルランニングだった。

また行こっと。





晴れると色々忙しい。




ご近所のソフィ(お嬢ちゃん)の散歩代行もこなす。。(と言っても朝夕の散歩時に一緒に連れて行くだけだけど)
sophyjake2.jpgIMG_5753.jpgsophyjake.jpg

いつも浜辺で出会うワン子集合。



天気が良いのでジェイクのシャンプー。
IMG_5747.jpg
ジェイクは換毛期で抜け毛がエライことになっている。

歩くだけでもハラハラ
スクードとガウガウでもしようものならバラバラ

ここ数ヶ月痒がるそうで 薬用シャンプーを使っているのだが
毛繕いでもしようものならごっそり抜けてしまい、
その毛の量は豪雪地帯の大雪のごとく止むことなく ただただ抜け毛が至る所に溜まっていくので せっせと掃除である。


去年私が絶賛したダイソンのコードレス掃除機のフィルターがあっという間に一杯になり何度も捨てる。

でもってこのコードレス掃除機、今回改善点に気づいてしまった。
コードレスで便利なんだが 一回の充電で使えるのが 普通の吸い込み強度で約20分。
最強にすると7分しかもたない。

今のジェイクの抜け毛度は20分では二部屋程度しか掃除出来ないので
充電を待ってまた掃除というのは面倒である。


さらにダイソンの謳い文句「部屋の空気を汚さない」というヤツだが 連日犬の毛を吸い続けてきた吸引部(エンジン部分)にはすっかり犬の匂いがしみついてしまっており、排気から出てくる空気がまさに「犬」の匂いである。



さらにさらに 掃除機には関係ないのだが、
オポティキという町は 100%リサイクルを敢行しており ゴミの選別が厳しく決められている。
何種類にも分けねばならんうえに各家で生ゴミコンポストを実行している。

で、犬や人の毛はコンポストに分類されている。

なにが苦手かって、この生ゴミコンポストを開けるのが 唯一苦手なのである。
蝿、蛆、ミミズ類がうようよいるコンポストを開ける時に「うっひゃぁ`・・!」と思うのね いつも。
まずはコンポストの蓋の周りを洗って蛆がいないか確認して いざ!と気合いれて開いたら
中を見ないようにして 的確に生ゴミを収めて さっと蓋をする。

あぁ・・・ コンポストの話だけで こんなに語ってしまったじゃないか。。。


お口直しに.....
skudrunbeach.jpg








昨日話題にしたダイソンのフィルターが臭う件、
早速 ネットで調べてみた。。。 

... らば、結構 みなさん同じ不満を抱えていらして

解決策は解体して歯ブラシ使って 重曹と熱湯で洗うことなんだそうだ。
その後 完全に乾燥させるのがミソだそうで晴れの日を待ってやってみよう。


     晴れの日を待つ???

そうです。昨夜からまた雨が来ましたわ。


昨日の時点で天気予報は日曜まで晴れマークだったのに
今朝 予報を見たら 綺麗さっぱり晴れマークは消えて 週間予報はオール雨。

昨日の今日ですよ! 
そんないい加減な予報はいらんわい。


昨日は半袖半パンだったのに、
今日は厚手の長袖、ダウンベストのうえにさらにフリースジャケットを羽織り、
スパッツとトレパンの二枚履き。山用厚手の靴下はいて 仕上げは毛布を巻いて鼻水たらしている。

極端。。


futari.jpg

雨の朝は散歩の出発が遅くなりがちで
ベッドの上で早く起きろと催促する2匹なり。

今はジェイクだけ一緒に寝ている。
スクードは階下の自分のベッドがお気に入り。










週末の天気は生憎の雨でござい。

これは 晴れた日に撮ったもので今朝ではない。
22046498_1318195564972677_5510641831547345469_n.jpg
まぁ、スクードにしたら 雨でも晴れでも関係なしで、今朝も棒切れ投げはしてまいりました。


散歩後のヨガにつきあうジェイクの図
yogajake.jpg
amefuji.jpg

庭の草花に水やる必要ないので節水にはなるか。。。




雨の止んでいる間に浜辺を走ってきた。

結局 オポティキハーフもタウランガマラソンも出走せず。

今年は公式レースは10月28日開催予定の キングオブマウンテン のみになってしまった。

800メートルの山を登って降りてくるのだが 私は登りは走れないだろうから
制限時間3時間以内に戻ってこれればいいのだが、
一応 目標は100分以内、漠然とそう思っている。
初めてだからなんとも言えない。



先日19キロのトレラン中に感じたのだが 前回マルセイユでトレイルを走った時に感じた
膝への不安が払拭されていて 足首、膝、腰がしっかりしてきたと実感した。

前回とは、4月10日にマルセイユのカランク国立公園へ走りに行った時に足がカクカクして心もとなかったのだが、
その翌日から始めたトレーニングが効いているようだ。
いつものヨガに加えて 屈伸 膝回し100回 腰回し100回 スクワット30回 足の引き上げ100回 腕の引き上げ50回をしている。
一番効いているのはやはりスクワットだと思う。
鉄+ビタミンサプリを飲んでいるのでコーヒーはやめ お湯にレモンスライスを入れて飲んでいる。
(コーヒーは極たまに飲む)

あ、でも 毎晩の晩酌はやめないよ。












先日 コンポストを開けるのが苦手という話をしたが、
先日ネットのニュースで身の毛もよだつおぞましい生物の存在を知り慄いてしまった。
蛆 ミミズ 毛虫 蛇 がお子ちゃまに見えそうなほど気味の悪いものだった。

「 ひもむし 」 どなたかご覧になりました?

たった1匹の小さな生物が小笠原の生態系を変えてしまうという見出しだったので見たらば

    《 後悔 》 見るんじゃなかった。。

きもい。。。 恐ろしい。。。 お目にかかりたくない。。。




それにしても いやぁ よく降ったり降ったり。

         あっぱれ!!!


とうとう雨漏りしましたわ。
ガラス窓のガラスとガラスの継ぎ目や窓の桟から漏れた。
部屋中に湿った匂いが充満してるし 蜘蛛が避難してくるのか天井に巣をはりまくってくれてお化け屋敷の様相になってきたので駆除した。

強風で窓から見る海はまるで怒り狂っているように黒い海水から白波を吹き上げている。

僕たち ごめんよ お散歩は行けないね。

Skudsofa.jpg

というわけで お昼寝中なり。

Jakesleep.jpg








先日言った ダイソン掃除機のフィルターを洗った。

晴れたというか 強風の日で乾かすには最適だったかもしれん
よく乾かし本体にセットして スイッチオン!

   無臭だ〜  快適。

重曹に一晩つけずに 洗って干しただけだが 犬臭はとれた。



あんまり雨続きで気分が滅入っている。

ちょいと不機嫌である。精神衛生上 よろしくない。

ここらで長距離ランニングにでも行ってガス抜きする必要ありとみた。



明日 もし晴れたら 先日キャンセルになったオポティキハーフマラソンコースを走ってこようと思っている。

食べ過ぎ飲み過ぎでお腹周りが重くなりだしたし。。。
私ってすぐ体重が増減するんだよなぁ。。損なタイプ。




お隣さんから 釣りに行ったお土産に 鯛 を貰った。

passengers.jpg 


お隣さんの娘 ソフィーを散歩に連れて行っているお礼でもあるのかな?


散歩で鯛つる我々である。





IMG_5786.jpg sophyside.jpgソフィー嬢








       ずいぶん待ったよ〜 




でも信じてたよ

  きっと晴れてくれるって.....



asa2.jpg







朝靄が消えていく。

今日こそは 快晴!










先週走りに行ったトレイルに行きたかったが 満潮時には通れない箇所があるので
潮の満ち引きカレンダーをチェックして 翌日に回すことにして、
木曜日は 10月1日開催予定だったハーフマラソンコースを走ってきた。

IMG_5847.jpgIMG_5848.jpg 

ここは片道10キロの平坦な海沿いコース。
行って戻って20キロ 多少のアップダウンはあるがほぼ真っ平らと呼べるだろう。

1キロ毎にサインポストがあり 整備され快適、自転車コースでもある。


IMG_5849.jpgIMG_5850.jpg

IMG_5851.jpg

天気良く 気分良く 景色良く 気持ちのよい海沿いコースである。

(先ゆく奴豚)









toientrance.jpg

で、 翌 金曜日。

犬達の散歩を少し早めに済ませ 早々 隣町まで車ですっ飛んで行った。
満潮前に海岸を渡りきらねば。

路面にはトレイルヘッドのマークがある。
ここから16キロのトレイルが始まるのである。







この岩場が満潮の時は渡れない箇所。
IMG_5730.jpg
潮の高さは約2メートル。

潮が満ちてくる速度は意外に速い。

この岩場を抜け、写真の左へと続く狭い海岸沿いをつたって 丘への登りに取り付くのだ。

スタート地点からここまで6キロ。
私はこの岩場がスナックタイム。
持参したサンドイッチをモグモグしながら しばし歩いてピクニック気分だ。



このコースは11月12日に開催されるトイチャレンジというレースコースになっている。

     参戦するかって? 



IMG_5733.jpg

いつでも好きな時にタダで走れるのだから 
参加費払って歯を食いしばって走らなくてもいいもんねー。

(先日と言ってることが違うか。。。)







タダでも歯は食いしばってますから、登りの時は。
elevationtoi.png



今回はコースを外れることなく安心して走れたので前回より速く 楽に回ってこられた。


帰りにフィッシュ&チップスを食べ、スーパーで十日分の食料を買い込み帰宅。
大喜びの2匹に迎えられ 洗濯も掃除も出来て上機嫌の二日間だったとさ。




お日様 ありがと。




           

レース情報 : 上記で紹介したコース含む
10月1日 オポティキハーフマラソン (21㎞)
10月28日 カウェラウキングオブマウンテン(8㎞ 800M山登り)
11月11日 タラウェラウルトラマラソン (42と50㎞)
11月12日 ワカタネ トイチャレンジ (18㎞)

この時期はこの近辺でも多くのレースが開催されるので ご興味のある方は来年狙ってみて下さいな。






窓の日よけ越しに 空が赤く燃えているのに気がつき目が覚めた。




ジェイクとスクードは我々に寄りかかってまだ寝ている。

そっとベッドを抜け出してベランダでこの眺めを楽しんだ今朝。


久しぶりの朝焼けだった。





仕事が休みの日曜日 犬達の義父(飼い主さんの元カレ)も加わり朝の散歩。

jakeguy1.jpg

ジェイクは何故か 投げる棒の反対方向へ向かって爆走するんだけど。。。

ま、彼にしたら それなにり楽しいんだから それでいいっちゃ いいね。


skudjakeguy.jpg

俊敏に反応するスクードと対照的な
愛嬌たっぷりのジェイクである。





jakeskudstick.jpg



躊躇なく海に飛び込み 海水飲みすぎたスクードは
直後にピーピーであった。
凄いなぁこの子 胃も腸もスルーだなぁ。

今飲んだ海水がすぐ排出されるって
どんなお腹してんだろう??


IMG_5877.jpg



犬の性格もそれぞれで
スクードは典型的な天真爛漫 嬉しがり 多くを必要とせず いつもハッピーで素直。

ジェイクは表情が豊かで知能犯。人間でいうと7歳くらいの悪ガキぶりを発揮してくれる。
完全に悪いとわかっていて悪いことしてるだろう おまいさん。。。という感じである。

いいコンビだ。











10月16日

今朝 オークランドに居る飼い主さんから電話が来て

「今日 airB&B のお客さんをそちらに泊まらせるのはどうかしら?」

と聞いてきた。

飼い主さんは民泊もしているのである。
民泊のairB&BだけでなくWWOOFもしていて(WWOOFとは農作業を手伝う見返りに宿と食を提供すること)
時々 お手伝いの若者達を泊めている。

で、

今回の民泊のゲストは一泊のみで朝食のサービス込み 100ドルとのこと
我々が100ドルをキープして良いというのだが
お小遣いとしてはありがたい気もするのだが そこまで困っていないし
色々考慮するとあまり嬉しくないので断った。

過去にもハウスシッター中に民泊の世話もしないか?と聞かれたことは数回ある。
家主さん達が民泊に登録している割合は案外高く 別宅を貸している人もいた。
実際には一度もゲストのお世話をしたことはまだない。
(人間のお世話よりも動物のお世話の方が好きなもんで。。。)

引き受ける際の条件にあらかじめ入っている場合は構わない。
料理も掃除も好きだしね。



そう 料理好きなのだ。
上手とか下手とかは判らないが 奴豚は喜んで食べている。

買い物は7〜10日分の食材を一度に買い込み
その期間に上手く献立を考え きっちり使い切れたときは自画自賛である。

レシピ通りに作るわけではなく、
冷蔵庫を開け 何があるかを見て「これとあれを合わせて・・・」
で、毎日が発見である。

料理とはクリエィティブな時間である。

時にはワインやビールを飲みながら
完成想像図に近づけて行く過程が楽しい。
少しは脳にも良い刺激になっていることだろう。


海外で羨ましいなぁと思うキッチン道具はオーブンである。

調理中 キッチンに張り付いている必要がないのが素晴らしい。
献立は洋風の場合に限るが。日本食ではそうはいかない。

洋食はいいよね、オーブンにいれてほったらかしにしているうちに出来上がるというのは嬉しいものだ。



次に食洗機。
数日分をまとめて洗う。
だけど和食器の場合、自分専用の茶碗だの箸だのを何枚も用意している家庭というのは少ないだろうなぁ。
最近は日本でもオーブンや食洗機は当たり前なのかな?
我が実家にないだけかも?








10月17日

やっとここ ベイオブ・プレンティ (Bay of Plenty) 地方の天気も落ち着いてきたようだ。
春先のぐずついた雨の多い不安定な天気は過去のことのように ここ数日晴れが続いている。

南半球は花盛りでございまする。
庭の花たち。
hana2.jpghana1.jpgIMG_5946.jpg

もうすぐ苺も赤くなる。


ところが、
去年腐る程穫れたアボカドが 今年はまったく生らないのだそうだ。
ほったらかしにしている大木なのだが
今年はまったく実をつけないらしい。

残念だ。。。

お隣さんのマカデミアナッツも今年はそうそう熱心に割って食べようとも思わず...
だって実を割るのに かなりの力が必要なので面倒なのだ。
ソフィーの送迎のたびに 地べたに転がっている実をタイヤで轢いて パチンパチンと破裂音をさせている。




スクードの愛らしさは この瞳にある。
くるくるした大きな黒目と アイライナーばりに太く入っている黒い縁取りがさらに目を大きく見せている。
IMG_5822.jpg

                   耳 どこへやったの?

IMG_5929.jpg


早朝のジェイク。


両前脚で鼻を隠して 起きたくないアピール中。









10月18日

日本はめっきり涼しくなったようですねぇ。
急な気温の変化で どちら様もお風邪などめしませぬように。

mikakoflower.jpg
遠く離れた友へ 誕生日 おめでと!

いつかゆっくり飲みあかそうねぇ。。。
こちらは花香る春だよ!
とりあえず 先に祝杯あげておいてや。

IMG_5961.jpg





スクードも "にゃはは" と言っております。












映画観賞2作品感想。


今回は ブレードランナー2049 と American Made 邦題バリー・シール アメリカをはめた男

   Unknown.jpeg     American_Made_(film).jpg

ブレードランナーは続編と聞いて嬉し驚き 期待が大きかった分 ガッカリ感も大きくて。。。
残念ながら 終盤 眠気に負けてエンドまで見れず。。。 (寝てしまった)
長いんだもの。
その長さを引っ張っていける内容に欠け ハリソンさんも再登場しているのに 期待に応えてくれず。。。
マトリックス同様 何度か見ないと良さが滲み出てこないのだろうか。。。?
現時点では巷の評判も良くないようである。


その点 ノーマークだったトム・クルーズのアメリカン・メイド(邦題 長すぎ:バリーシール アメリカをはめた男)は
初めから終わりまで 快調に飛ばしてくれて トム・クルーズって やはり俳優としては素晴らしいなぁと思いながら最後まで食い入るように見た。
面白かった。
放題は正しくないなぁ。どちらかというと「アメリカにはめられた男」の話だと思うのだが。。。


最近 ネットフリックス(Netflix)オリジナルの映画を何本か見たが
あまりに面白くなかったので お口直しには最適であった。
ネットフリックスは勢力拡大中、名だたる俳優を使って映画を撮っているが 
脚本が良くないのか 監督が良くないのか 面白い作品が少なく途中で見るのをやめてしまっていたのだ。



なんと昨日
ボーイズと一緒に散歩に連れて行っているお隣のソフィーが手術を受けた
去年、腫瘍を切除した場所にしこりがあって、もしかしたらまたかと心配したのだが。。。

開いてみたところ なんとエアーガンの弾だった。

22519547_1331396990319201_6514983475210589252_n.jpg 22489842_1331396903652543_4357405755960115580_n.jpg

ひどいことをする人がいるもんだ。

まぁ、腫瘍でもなくしこりでもなく 結果オーライだったので安心したけどね。








くたびれた。。。


本日のトレランはここ2週続けて走っているワカタネのアップダウンコースだが

逆に走って この尾根を下りてきた。

いやぁ、 後半上りの階段の多いこと多いこと。はぁ。。。
逆コース キツイぜよ。

前回とは違う場所に駐車したので余計に走って17.8㎞、3時間10分かかった。
私はそれにて終了したのだが 奴豚は12月のレースに向けトレーニングに励ねばならぬ。
約30㎞走って戻ってきたらバテバテであった。
12月のレースは伊豆の山々縦走72㎞である。
このままだと制限時間以内の完走は無理ちゃうんの???


IMG_5982.jpg

奴豚が戻ってくるまで時間つぶしでワカタネで一番美味しいフィッシュ&チップス店Gibbosで昼食なり。

3時間走って消費した1600キロのカロリーを一気に補うほどの油油ぎった選択ね。

トレラン後だから罪悪感少なめ。






IMG_5990.jpg

食後 ワカタネの街を散策。
町外れに滝があるのだが これが予想外に立派なのである。



朝9時から午後4時まで 犬達の留守番を義父に頼んで
穏やかな春の金曜を楽しんできた。


来週の山登りレースが思いやられるが ゆっくり登ってこよう。
登りは亀で下りは兎になれるかしらん。。。









ラグビーマッチを観戦する男子達

オールブラックス 対 ワラビーズ (ニュージーランド対オーストラリア)



ソファにおのこ4名。
 (ジェイクは左下に寝そべっている)



朝の散歩のあと ラグビーマッチを観戦する男子達の図である。





日本の超大型台風一過。
ご無事で被害がなかったことを願います。

実家からそう遠くない町名も避難準備箇所に含まれていた。


asa5.jpgこちらも昨日はよく降り寒かった。

かろうじて朝の散歩だけは出来たが その後はずっと家に篭っていたので
犬達も2匹で暇を持て余し、遊んでくりゃれ と 我々を何度も誘いにきた。


今朝の様子。
一面に霧がかかり 眠たげな幻想的な感じであった。





bench.jpgレイバーデイ(Labor Day 労働者の日)三連休が終わり 海岸から人がいなくなり いつもの静かな渚が戻った。

連休中 家族連れ、釣り客が沢山、見たことのない犬達も沢山居て ノーリードで散歩している我々としては 気を使うのである。

ボーイズの興味を常に引き付け 人の迷惑にならぬよう側につけたまま散歩せねばならぬから、
ビーチでBBQをしているグループに駆け寄っていかないよう
子供に戯れないよう 
他の犬とヒートアップしないよう。。。
時にはリードを付け 時には散歩を短めに切り上げしていたので
久しぶりの 無人のビーチは犬だけでなく 我々ものびのび 安心して散歩が出来たのだった。

概ね ボーイズは呼べばすぐ戻ってくるのだが 念には念を入れねばね。


ベンチで ”オスワリ” をしているいい子達である。







静かな朝。



最近 ジェイクも海に入るようになってきた。
jakeinawater.jpg runskudjake.jpg

この兄弟はとても仲良く、スクードが遊びをしかけて追いかけるのが2人のルールらしい。

IMG_6035.jpg

サーフクラブ(サーフ&レスキュー本部)の近くに立っているコレ、
以前からこれは魚だと思っていたのだが
近くでよくよく見ると クジラ???

Bay of Plenty の海はエメラルド色で綺麗な色なのだが、
この辺はクジラも鮫もイルカも来ないようだ。

海岸にペンギンが住んでいるという噂は聞いたが 見たことはない。




IMG_6019.jpg


スタッフドパンプキン(要はかぼちゃの詰め物)と ビーツサラダ

10月末近くになるとあちこちでハロウィンだと宣伝し始めるので 
昨年に続き 今年もかぼちゃ丸一個料理。
これは半分に切ったものだけどね。

こっちのかぼちゃは皮がツルツルして白っぽい皮の種類が主流で
スーパーではバターナッツと表記されている。
バターナッツというと瓢箪型を思い浮かべるが そうじゃなくてこれ。165043.jpg

私は日本でいう一般的な黒皮のかぼちゃが好きだ。
バターナッツはスープに、黒皮は煮たり焼いたりしている。



IMG_6031.jpg


庭の苺が色づいてきた。
犬達の義父が甲斐甲斐しく世話している。

アボカドが取れないのが実に残念。




レモンの木は鈴なりなのになぁ。。。












山登りのレース事務局からメール。

今度の土曜のゼッケン引き取り時間とレースについての注意事項だった。

とってもくたびれるレースなので レース前、レース中、レース後の給水と体調管理に気をつけ、決して無理無茶をしないように 晴れると暑くなるので準備を怠りなく」というような内容であった。
   (天気予報は曇りのち雨だ。。)


なんでも オーストラリアからエリート軍団がトレーニングを兼ねて参戦するらしい。
迎え撃つ歴代の地元ツワモノ達との接戦が面白いことだろうが。。。

残念ながら 私が彼らの姿を拝めるのは、彼らが山を飛ぶように下ってくるのを 
こちとらゼーゼー言いながら上りのどこかで脇にどいてやり過ごすという
ほんの一瞬だろうなぁ。。。

いいんだもん。
マイペースでいくもん。





せめて気休めにと デューンズトレイル(海沿い)を 軽く8キロほどジョギングしてきた。


昨日は海岸を可能な限り速いペースで10キロランニング。



dune4k.jpg





平地はなんとか走れるんだけどね、
登りとなるとからっきしダメなのよ。

足があがらない。

ので、往路4キロは歩きで上りまする。




トレイル横には養蜂箱。お洒落。
beenest.jpg


町外れのこの橋を渡って海岸沿いのデューンズトレイルが始まる。
bridge1.jpg

オポティキはなにもない町で 走りにでもいかないと暇持て余します。。。




はっきり言ってですね。。。



トレイルレースじゃないですよ、これ。。。

直登ですもん。


走れるとこないですもん。
まるでハッシュランみたいでしたわ。


個人所有の山ですから 登山道など整備されておらず
狭い獣道のようなとこを草の根や木の幹や石にしがみついてよじ登ること1時間。


KawerauMTelevation.png



頂上は眺望がなく猫の額のように狭い場所に記録係さんがかろうじて立てるほどのスペース。

着いたと思う間もなく振り向くと下りのコースは谷だった。


     ここ 下るの? 

一瞬ひるんだが 私の前には100人以上の人がすでにここを滑り降りているわけで。。。

Nike曰く Just Do It!

ほとんど尻で滑っておりてきたようなもんだ。
過去に尾骨を2回折っているから ともかく怪我しないよう慎重に降りたので
復路で男性4人に抜かれたが 仕方ない。
ゆっくり行こうと自分に呟きながら ドロドロになって転げ降りてきた。

私 1時間58分。
奴豚は1時間32分。

1位は 47分45秒。


kawerauMY1.png

私は139人中 後ろから数えてベスト10位に入る結果であった。

 <後日談:ビデオを確認したらビリから28番目であった>



女子では多分最年長。

骨折2名でヘリコプターで搬送されていた。










それにしても みなさん 凄いわぁ、あそこを1時間チョイで往復するんだから。
ずっと小雨だったおかげでドロドロ。タフな泥遊びであった。



一番疲れたのは腕だ。
滑って降りる際に 腕で支えたので。。。

明日は筋肉痛で腕が上がらないだろうなぁ。



以下のビデオに奴豚が登場してます。









土曜の山登りレース


レースの朝。

まだ降りだしてはいなかったので 多少の期待はしたが

現地へ向かう途中でポツポツ降りだした。




IMG_6059.jpg
ゼッケン引き取り。

参加人数少ないから こじんまり。

午前中に子供達のリレーと プリンセス&プリンスと呼ばれる4㎞強のレースがある。
14歳未満の子ども達は このプリンセス&プリンスに参加するのだ。
距離は短いが山の麓付近を登って降りてくるので
皆、滑って転んで 泥だらけで駆け戻ってくる。



メインレースは キング&クイーン と呼ばれ 14歳以上になると参加可能になる。

IMG_6068.jpg  IMG_6066.jpg

この山登りレースの発端は かつて2人の男性が「どちらが速くあの裏山を登って降りてくることが出来るか」と
競ったことから始まる。

そういう話、アラスカにもあったなぁ。
マラソン山レースが確かそうだった。



IMG_6075.jpg晴れていれば この写真のバックグラウンドに 挑むようにそびえる山が見えるのだが。。。

見えなかったお陰で かえって気楽だったかもしれないなぁ。

昨日まで筋肉痛で階段を降りるのがギクシャクだったが
やっと今朝から普通に歩けるようになった。

kawerau10.jpg
まだ肩が重い。
明日には治るだろう。









20150619110152a8e.jpg