FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


欧州大寒波のニュースはご覧になりました?

フランスでも ここマルセイユからそう遠くない南フランスの地域にも積雪があり
大混乱とか。。。

マルセイユは雪こそ降らねど 今朝は大嵐だった。

これは 今から来るぞ来るぞという嵐の前の写真。


IMG_8200.jpg

この後 雷と稲妻 激しい雨風が吹き荒れ
昼前に急に天気が回復して 青空になったのだった。

晴れると 途端に気温が上がり 午後は違う場所かと思うような良い天気だった。





fullsizeoutput_1a6.jpeg
恥ずかしがりのバイロンとヌーサの2匹との距離は縮まりつつある。
奴豚にはよそよそしいのだが 私には気を許し始めて
気まぐれに足にまとわりついたり 挨拶に来たりと
前回同様にジワジワ近寄り始めている。

遊んだり 話しかけたり 
あまりじーっと直視しないのが 猫との距離を縮めるには近道。






今期のドラマの中で一番好きだったTBSの”アンナチュラル”が早くも来週最終回。じゃなかった。
(10話まであるのだね、再来週が最終回。(後日追記))
続編が出来るといいなぁ。。。と今から期待。
オープニングやエンドのクレジットに以前勤めていた社名や社員の名前を見るのは嬉しい。
陰ながらご活躍応援してます。












サボっていたというか 多忙だったと言い訳するか 寒かったからと言うか。。。

久〜しぶりに走りに行った。

マルセイユに来るとアップダウンの激しいカランク国立公園内を
飽きるまで 疲れるまで
どこまでも好きなだけ走ることが出来るのだ。

気分的には 「始動」 という感じ。



丘を登って降りてを繰り返し
見晴らしの良い高台から ソルミヨウの小さな港を見下ろす。

晴れて 本日は18度まで気温が上がった。

やっぱり トレイルランニングは 楽しいわ〜。






昨日 トレランは楽しいと言ったのだが
その舌の根も乾かぬ翌日 = 本日のトレランは 楽しいにはちと遠い辛いランニングだった。

そもそも ネパールでせっせとトレランをしていた奴豚と
サボり癖のついていた牛美の体力差を考慮すれば一目瞭然ではあるのだが、
カトマンズの高地でトレランすること自体 かなりの体力がいるのだから
そこを連日走っていた奴豚は嫌でも身体が順応し 知らず知らずに鍛えられているのだ。

そこへ 東京の川沿い平地ばかりを走っていた牛美が一緒になって カランクのアップダウンを走るってこと自体
互いの体力の違いが出るだけでなく 私の方が歳いってる上に練習不足とくりゃ 
ついていくだけでいっぱいいっぱいなのである。

IMG_8268.jpg

丘の上から マルセイユのサッカーチーム 
”オリンピックデマルセイユ”の本拠地 

ベロドロームを見下ろす。

最近 建て直されて さらに大きくなった。
遠くからでも その大きさは白く目立つ。





空模様を見て 雨合羽は持参で走りに行ったが 8キロ程行ったあたりで降り出した。
海沿いの国立公園は 海風強く 殴りつけるような雨になった。

帰路の登りの途中で疲労がピークに達した。
天候のせいもあるのだろう、意気消沈状態。
風邪引きたくなかったので足を止めるわけにもいかず 
早く帰りたくて文句言わずに前へ進んだ。



いくらトレランが好きとは言え レースでもないのに悪天候の中を終えるために進むというのは
楽しくもなんともなくモチベーションはゼロである。
忍々とただひたすら雨に打たれ風に煽られ 
轟々と音立てて打ち付ける波音を聞きながら 駐車場まで延々と歩を進めたのだった。



すっかり冷えて帰宅。
暖かいシャワーが極楽気分で 乾いた服に着替え 暖かいスープを飲み
そのまま夕方まで眠った。
まぁ こんな日曜の過ごし方があってもいいけどさ。




夜は友人宅にお呼ばれ。
懐かしい顔に再会。


深夜に帰宅してアカデミー賞を見ようと試みるも
ライブでは無理と断念。

昔はアカデミー賞の放送日には有給休暇を取って朝からテレビ三昧だったのだが
日本同様ここフランスでも有料テレビ会社でしか見ることが出来ないのだった。。
諦めて 寝ることにしよう。

一応 シェイプオブウォーター、スリービルボード、ダンケルクなど主要作品はすでに見ている
This is Me は 選ばれるだろうか。

朝目覚めたら全て終わっているのだなぁ。








昨日は雨で、終日部屋で猫達と遊んだり ネットフリックスの映画を見たりの休養日。


一昨日辺りからヌーサが急接近してきた。
ゴロゴロ喉ならして 抱き上げても大丈夫。
ただ、奴豚が視界に入ると大緊張して逃げる。
そんなに苦手なのかい。。。

IMG_8273.jpg. IMG_8260.jpg

fullsizeoutput_1ba.jpeg

ベランダの長椅子に座って 軽い朝食中に
辺りをウロウロするバイロン。

もちろん 側に来るのは私一人でいる時だけである。






物にこだわりが一切ない私には珍しく
ジプシー旅当初から愛用している化粧水がある。

世界50か国で展開しているBody Shopというブランドで
我々の行動範囲ならば必ず手に入る便利さと
敏感肌に合っているので気に入っているのだが
国毎に値段やセールの時期に大きな開きがあるのが面白い。

日本の価格設定は高い。
オーストラリアは決してセールをしない。
マレーシアは需要が少ないのか たまに製品が古いことがある、が安くセール価格はお得。

実はここフランスはお買い得。
店頭価格とネット価格が違ってネットが安い。
IMG_8299.jpg
先日ネットで調べると 同一品目を2品買うと1つ無料でついてくるセールをしていたので迷わずオーダーした。
日本で1本¥2484が こちらでは¥1500。
それがセールのお陰で3本で¥3000円。1本¥1000なり。
どーせこの先も使うのだからと全部で6本。送料無料。
持って帰るのが重いけど。




昨日見た映画は「Kingsman "The Secret Service" 」 2014年公開。
面白かった。
コリン・ファース、マイケル・ケイン、サミュエル・ジャクソン、マーク・ハミルも出てた。
主役のタロン・イガートンという人は知らなかったが。
続編が去年公開されてるとか。
次はそれ見てみよう。

キャストがさらにパワーアップしてるわ。。!
Colin Firth
Julianne Moore
Taron Egerton
Mark Strong
Halle Berry
Elton John
Channing Tatum
Jeff Bridges...

だとな。






マルセイユマラソン や マルセイユ⇄カシレースでも使われる
マルセイユきってのビジネス街、プラド通りを走ってレンタカー屋へ予約の確認をしに。

プラド通りは車道も広いが歩道も広く 街中でも心地よく快走出来る道だ。

レンタカーで今週末からピレネーの麓へ行くのである。
毎年恒例 ピレネーの娘達 クロエとジョージーに会いに行く。
今回は今までの中で最も長期で 6週間を共に過ごすのだ。
まぁこの話はそれまで置いておくとして。。。


爽やかに晴れ暑いほどの陽気。
走っていて路上のゴミが少なくなったことに気づく。
犬の糞の放置も心なしか少なめに感じる。
それとも 青い空がそう見せてくれるのかもしれない。
プロバンスの強い陽の光は 汚点を覆い隠す力があるのかもしれん。



さて、レンタカー屋をあとに ノートル=ダム・ド・ラガルド寺院への丘をえっちらおっちら登り


海沿いの絶景道路コルニッシュへと 細い裏路地をテケテケ下って
IMG_8292.jpg

途中 桜を愛でながら 地中海の海風に吹かれて ダビデ像を通り越して


デカトロンスポーツショップまで走る。
ヨーロッパでスポーツ用品を買うならここデカトロンである。
(日本にも通販ショップが出来た)



本日は17キロのシティーラン。


マルセイユは国立公園も街中も 景色よく快適に走れますよ。











マルセイユ→カシのコース(約21㎞)を走るつもりで
前夜のうちに 友人に着替えを預けて
カシで昼食を共にする約束をしていたのだが、
起きてすぐ 奴豚が足の付け根に気になる痛みがあると言うので カシへ走って行くのは止めた。


IMG_8316.jpg

なぜ友人に着替えを預けたかというと 春休み中の今は交通の便が悪く 
カシからの帰りの足がないので 車で迎えにきてもらおうと思っていたのだ。


IMG_8304.jpg

走って行くのは止めて 奴豚の母を誘って車でカシへ昼食しに行った。

     パトネットも連れて。

  ”パトネット” とは 奴豚の母が引き取った犬である。

通りで立ち話をした男性から懇願されて引き取ったのが去年のこと。



話を聞いた時は高齢の義母が犬を飼いきれるのか と批判的だったのだが
一昨年 義父が他界し一人暮らしになり 感情的になりがちだった義母の心を柔らかくし、
散歩で外へ出る機会が増え健康になり、話し相手にもなり、
世話をする相手が出来たせいで 義母はなんだか以前より元気になったようだ。

やっぱり犬の力は凄いのだ。



IMG_8323.jpg

アメリカン・コッカースパニエルのパトネットはともかく愛想が良く
人懐こく活動的で従順だ。


はっきり言って可愛くないんだが 
でもどこか可愛い。
ブサ可愛いってこう言う感じか?









IMG_8320.jpg IMG_8312.jpg





去年もブログに書いたが カシはすっかり観光地化して
港をぐるりと囲む景色の良いレストランは観光客メニュー&プライスになってしまった。
サービスも観光地化して雑だった。
常連と違って 観光客なら一度きりの来店だから そこそこテキトーなサービスで良いのだろう。

IMG_8305.jpg

給仕も遅ければ 出てきた料理も緊張感なく
私のは冷めていて、奴豚のは煮過ぎて硬くなっていた。
でもってマルセイユよりずっとお高い。
カシで食事するのは金輪際止めておこう。

とはいえ 全部綺麗に平らげたんだけど。
ムール貝 好物なもんで。。。









我々が連日のように走りに(遊びに)行っているカランクとは
正式名称を parc national des calanques という国立公園である。


マルセイユの西側ほぼ全体を占める広大な公園で
我々のようなトレランファンやトレッキング、ハイキング愛好者、ロッククライマー
プライベートビーチ的な隠れた小さな湾へボートでやってくる人達やヨット愛好家などにこよなく愛されている。

許可を申請すればオフロード自転車も可能。
車の乗り入れは厳しく制限され 移住者に限られている。
夏場は自然発生する山火事が多くハイカーでさえ入園出来なくなる場所も多く
突風が吹いている時は崖や稜線には近寄ることが出来ないダイナミックな公園である。

それほど高い頂きがあるわけではないがゴツゴツとした岩山が延々と連なっている。
縦横無尽にトレイルが伸びていて ほぼ何処へでも徒歩で巡ることが出来るが 
上り下りが厳しく 石灰岩はツルツル滑るので足元には十分注意が必要。
私は歳の所為か高所および滑ることが怖くなり始めていて 足がすくむよなコースへは行かないことにしている。

以前にも書いたが NYの自由の女神像の台座はカランクから切り出されたものだ。


下の地図の緑の部分がカランク国立公園。




天気の良い日の見晴らしは素晴らしい。これは市街の旧港側。
IMG_8347.jpgIMG_8348.jpg

IMG_8341.jpg

トレイルは色分けされており体力に合わせてコース取りして楽しむことが出来る。


これは青印のコースを辿っている時で
岩をよじ登る箇所も多いのだが 私的には登る方は目先しか見ないので恐怖感少なく
降りる時に辺りを見回すことで改めて高さを実感して怖くなるのだ。







IMG_8350.jpg



色々な人とすれ違う。

この方は我々同様トレラン中。

ハイキングの人も多く マルセイユから岬を回ってカシまで行く人達は
寝袋、食料持参の重装備である。


IMG_8353.jpg





犬を散歩させている人も多い。

麓の森になっている低地は子供も遊べる平らなコースが豊富で
広い公園を犬達は自由に走り回っている。






で、本日の走距離17㎞。
途中写真撮ったり立ち話したり 何度も休んだので3時間半かかった。

戻ってくる時に道無き道へ入り込み民家の裏でぐるぐる迷って
お詫びしながら敷地を通してもらって帰ってきた。







昨日の夕陽。

IMG_8357.jpg

変わりゆく色彩が美しい。



IMG_8358.jpg



ちょっと雲が多過ぎで暗いイメージではあるが
実際の肉眼ではもう少し明るめ。


IMG_8360.jpg


ワインを飲みながら眺める夕陽タイム。
今日にありがとう。







今朝は ヨガ友&パソコン友になったバイロン。
IMG_8371.jpgIMG_8369.jpg

ぐるぐると喉ならして 嬉しそうにスリスリしてくる。
ここの2匹は「気まぐれ」という表現がぴったりの猫だ。

IMG_8334.jpg

おすまし 三つ指ついてるヌーサ嬢。




”猫”イコール”気まぐれ”と思いがちだが、
ピッチュウのように落ち着いていて
犬的性格に近い猫もいるのである。








私が命名した「タマ」に会いに行った。

タマは友人夫婦の猫。
金曜夜に食事会を開いて招いてくれたのだ。

1年ぶりに会う友人達は それぞれの人生に色んなことはあったのだが、
外見は変わらず元気で 料理上手のマダムの手料理はこってり美味であった。



叔母さんが来たよ〜

覚えてるかい? タマ



しつこい程言うが タマは惚れ惚れする美猫である。
身内だと思うと余計に可愛いい。








大アップで載せちゃう!

IMG_8396.jpg



最近はタマなんてつける人は少ないらしく(そりゃそうだろうなぁ)
今時の流行りは モモ、ココ、ナナ、ハナ、サクラ、チョコ、マロン なんだそうな。




アイスアリーナの運営に携わる友人が招待券をくれたので
土曜の夜、アイスホッケーの試合を見に行った。



日本にも来たことのある彼女は英語も堪能で
私にとってフランスで色々と話が出来る貴重な友人である。



このアリーナではフィギアスケートの大会も開催されていて
2016年のグランプリファイナル戦で羽生結弦選手も滑っている。





ホッケー戦はマルセイユが6対4で勝利。
応援団の熱烈な声援が面白かった。


スケートがうまく滑れるって羨ましいなぁ。
私は滑る系のスポーツが苦手なんである。


オムニスポーツと呼ばれるアイスアリーナは新しく綺麗で
一般の人も楽しめるアイスリンクもあり 土曜の夜は賑わっていたのだが
近所に駐車場所が少ないのが難点で 我々もぐるぐる30分も探してやっと停めることが出来たのだった。




大都会マルセイユの生活はこれにて一旦終わり。
さてこれから
ピレネー方面へ向け一路 西へ西へと約600㎞のドライブである。









マルセイユからアルル→ナルボンヌ→カルカッソンヌ→モンペリエ→トゥールーズ→アッシュを通って 
クロエとジョージーの待つピレネー山脈に近い村まで 約6時間のドライブ。

いつも迷うトゥールーズのインターチェンジでは初めて迷うことなく上手く乗り換えることが出来て 
奴豚と車内で喧嘩することなく無事たどり着くことが出来た。

なぜ 過去2回も迷ったのだろうか。。。と 今回ナビゲートしていて初めて気づいた。
奴豚には地図が頭に入っていないのだ。

高速でどこまで行くのか、どこをどう通って行くのか把握しないまま走っているのだった。


フランス人なんだから表示に従って進めばいいだろうと今まで任せていたのだが 
なんせ過去2回とも迷ったので 今回はきっちりナビゲートした。

それでもだ、私が進めと指示した方向に行かないのだ。
私の言うことが信じられないんだから 迷ったって自業自得だわ。。。


割とスムーズに疲れることもなく無事到着。


クロエとジョージーは我々を見て 一瞬だけ??の表情をした後 狂喜乱舞で大喜びで迎えてくれた。

3歳になる彼女達の体格はすっかり大人になり ふた回りくらい大きくなっていた。
ゴールデンのジョージーは増えた体重をそっくりこちらにもたれ掛けてきて 嬉しい重さを実感する。
クロエは全身をクルンクルンとよじりながら 変わらぬ愛らしい視線で精一杯 歓迎してくれていた。

IMG_8427.jpg

飼い主さんと必要な事を確認しあい、夕飯をご馳走になりながら近況報告。

翌、早朝 まだ日の出前に旅立つ二人を見送り 2匹と長い散歩に出た。


IMG_8429.jpg

村はずれからはノーリード。
突っ走って行くクロエも以前より聞き分けよく 割と早く戻ってくる。
ジョージーはちょっと重ための身体を揺すって 走って行っては振り向いて我々を待っている。

良い娘たちだ。


互いに信頼しあっているので いつどこをどう触ろうと微動だにせず構わずにいる2匹。
愛おしい愛おしい娘達。
また会えて 一緒に過ごせることが 嬉しくてたまらない。


石造りの古い大きな家は予想通り寒いのだが 夕方から火を入れる暖炉がこれまた嬉しい。
今回はトイレ暖ったか便座シート持参だもんね。ハハハ。





 


昨夜の2匹。

IMG_7253.jpg
天気は昼前から次第に崩れて
突風とにわか雨が入れ替わり立ち替わり。

ずっとぐずつく寒い日であった。
家の中の方が寒い。

飼い主さんが冬はイギリスに帰りたくなる気持ちが分かる。
(ご夫婦はイギリス人でロンドンにも家がある)


我々も寝るときは湯たんぽを使っている。

暖炉に火を入れて犬達と過ごす夜の時間。
クロエが膝で丸まっていると暖かくて幸せだ。



で、

ふた回り大きくなったジョージーも心はパピー。

クロエ同様、膝に乗りたい気持ちは変わらない。
大きな膝のり犬だわね。

嬉しさは重さに比例する???




今朝は奴豚が2匹を連れて走って散歩。
予想に反してジョージーもついて走ったので
明日は私も一緒に走ることにしよう。

ジョージーのスリム化計画 開始だな。






今朝は犬達と走ろうと思っていたのだが。。。

うっかり昨夜 調子こいて酒がすすんでしまい、、、
ジョージーが5時頃吠えて起こされたこともあり、、、
体調イマイチで走るのはやめた。

IMG_8450.jpg


朝から気持ちよく晴れて 村の人達も早くから散歩に出ていた。
開口一番「今度は鍵無くさないようにね」と挨拶がわりに言われ 頭を掻く私。

去年 散歩中に牧草地で鍵を落として 金属探知機で一日中探しても出てこず
村の皆さんの記憶にはすっかり『鍵を無くした人』と焼き付いてしまったようだ。


奴豚も田舎道の横溝に車のタイヤがはまってしまって立ち往生し、隣人に助けて貰っている。

「今度はいつまでいるの?」と聞かれ みなさん顔なじみである。
小さい村だからね。。。


IMG_8454.jpg

ひっくり返って おばか顔を見せてくれるジョージー。


毎朝 散歩後はこうなる。
IMG_7280.jpg

家に戻るとまず2匹を洗い
タオルで乾かしブラッシングをする。

終わると昼である。






昨日は朝ランをしなかったので 体調回復した午後に一人で近所を10キロ走ってきた。
やっぱり走るのは気持ち良い。
軽く汗をかき シャワーを浴びたら生き返った気分。


ここいら一帯には 野生の鹿が多く生息している。

今朝の散歩中も2匹が鹿を追って林へ消えて行った。
クロエの場合、まさに すっ飛び と言う表現がぴったり。
ジョージーはもったりのったり身体を揺すって それでも結構機敏に追いかけて行った。

ジョージーはさほど遠くまでは行かず戻って来るのだが
クロエの鉄砲玉娘は果てしなく追いかけて行ってしまう。
IMG_7298.jpeg


今朝もやっと戻ってきたと思ったら 鼻面と目頭から出血していた。

スプリンガースパニエルの視力はあまり良くなく、嗅覚を頼りに鼻から飛び込んで行くので
顔面の擦り傷切り傷が絶えない。

幸い、目は大丈夫で出血もすぐ止まった。









     少しはフランスの田舎暮らしの話も。


今居る村はGoogleマップでざっと数えると120〜130軒ほど家屋が見える。
ただ、皆さん広い敷地に納屋も持っているから実際の住居件数はそれより少ないのかもしれん。

サンティアゴ・デ・コンポスティーラ巡礼順路なので どの家も旅人を泊める用意はあるように思う。
小さな村にしては宿の看板を掲げている家が多い。

村には郵便局と教会、小学校があるだけで それ以外の公共施設はなく
用事は車で5分程先の大きめな町で済ませることになる。
公共交通はないので老若男女 自家用車がライフライン、お年寄りがトロトロ走っても大丈夫なのんびりした場所である。


この辺りはフォアグラの産地で 近くに幾つもフォアグラ農場があるが、
村には養蜂を営む農家が数件あるくらいだ。




フランスは外食は割高だが 食材は日本よりも安く 特にワインやチーズなど 日本では関税のせいで高級品になっているものがここでは驚くほど安くて嬉しい。
シャキトリと呼ばれるハムやソーセージ、パテ、テリーヌなどの加工肉類も安い。
が、フランスに来るたび 私は真の肉類好きではないのだなぁと思うのだが 野生の匂いのする肉類が苦手である。
本来 肉が好きだと言う人は 噛むと肉そのものの味がする野性味を美味と言うのだろうが 私の場合はなるべく野性味の薄いのがいいのだ。
生涯お魚さんと生きていければ幸せである。
ただ 以前は嫌いだった山羊のチーズが好きになったので 多少は嗜好に変化があったようだ。



田舎の楽しみのひとつに朝市がある。

小さな村々では 朝市は曜日ごとに持ち回り。
ちなみに一番近い朝市は火曜の朝で それ以外の曜日は15〜30㎞離れた村々で開かれている。

IMG_8483.jpg
marketcheese.jpg

朝市でのお買い得は何と言っても地域の採れたて野菜、新鮮で安い。
チーズ専門店はスーパーと比べると割高だが 店主と言葉を交わしながらあれこれオススメを聞きながら買い求めると商品に対する思い入れが生じて よりチーズが美味しく感じられる。
最近は鮮魚はスーパーでも手に入るようになったが 以前は朝市の魚屋で下ごしらえしてもらって1匹まるまま買っていた。
marketvege1.jpg

楽しみなのはオリーブ屋である。どれにしようか目移りして迷う。
鳥の丸焼きを目の前でグリルしながら売っている店舗もあるな。
パン屋は普通 朝市ではなく、皆 お気に入りの地元のパン屋で買うのだが、朝市にももちろん出店している。

marketvege2.jpg

主に食べ物を売る店だが 石鹸屋、靴屋、花屋も必ずある。

毎日 行く程の用事も興味もないが 週に一度くらいは楽しいのである。







15日 は 天気予報に反して快晴。

晴れるとピレネー山脈が実に美しい。
IMG_8475.jpg


今日も今日とて 泥んこ娘のジョージー。




IMG_8481.jpg
たっぷり遊び、泥水にも浸かり
ご満悦の笑み。

これから帰ります。


IMG_8487.jpg

クロエも十分走ったようで 日向でうとうと。


マダニが多く 日に2回は全身をくまなく触ってダニチェック。
忌避効果のある首輪はしているが 多少効いている程度かな。






IMG_8502.jpg



   16日 は 川遊び。







コンポスティーラのコースにもなっているドロドロの泥濘む山道を降りて行くと
川に出る。

2匹の散歩用にと日本から持参した雨靴が役に立って嬉しい。
川へだってザブザブ入っていけるぞ。



IMG_8494.jpg

IMG_8506.jpg

ジョージーはゴールデンレトリバーだからね

泳ぐのは大好きだ。


流石にこんな深みへは私は入って行けないが
良い娘で呼ぶとすぐに戻って来る。


29260995_1474043436054555_2037947439192735744_n.jpg

「遊んじゃった。楽しかった」
  という表情のクロエ。








ジョージーの喜怒哀楽表示がいじらしくて可愛らしくてたまらない。
来月3歳になるジョージーだが 子犬の時や去年に比べ 今の彼女は愛らしさ倍々増で 
久しぶりに言わせていただきます。

     「たまらんぞう!!」  である。



甘えてくる仕草や表情、あからさまに嬉しい顔や困ったような目の動きや
お腹が空いて どうしようもなく元気が無くなった時の態度
駆け出して行きたいのに カムと呼ばれて 行くのを躊躇う時の表情
お姉ちゃんのクロエと悪巧みを企んでいるいたずらっ子な顔
そんなひとつひとつの彼女の様子が 心底いじらしい。

ゴールデンの愛らしさってこうゆうところにあるのかな。

IMG_8508.jpg

毎日 泥んこ娘になろうと 可愛いこの子達と一緒にいられるのが何より嬉しいピレネーの日々。



私はちょいと喉風邪気味でジョギングはお休み中なり。。。











今までこうゆう話は控えていたが。。。

数日前の夜半に見てしまったのだ。
光るモノを。

   モノ とは
「魂や霊」のようなものだろうと思う。


とても鮮明な夢を見ていて、目覚めたらそのモノは夢から出てきて 視線の先にいた。

足元に近づいて来たので反射的に蹴ろうとした。
その気配に気づいた奴豚が起きて 半身を起こした状態の私に「大丈夫?」と聞いたのだ。
「そこに何か居る」と言うと 奴豚は「何もいないよ」と 私を正気に戻そうと揺すったのだが
私は寝ぼけていたわけでなく もう一度はっきりと「そこに何かいるよ」と言ったのだった。

何か というのが正気な証拠だ。誰か ではなく 何か と ちゃんと使い分けていたのだから。

それは誰か ではなく 何か だったのだ。
その何かは 光っていて 形があった。
悪意は感じられず 怖くはなかった。
光る形が消えたあとも そこにあった何かを 起き上がって 目を凝らして探してみたが もう見えなかった。

今までにも 念のような声や意志を感じることはあったが 光を見たのは初めてだ。
この家に以前からいる何かか、それともいつも近くにいるモノなのかな?

「恨まれたり妬まれたりするような行いをしていなければ霊を怖がる必要はない。
怖いのは生身の人間の方だ」と祖母がいつも言っていた。

あちらの世界とこちらの世界に境界はないと思っている。
もし早くにあちらへ行ってしまった友が側に来てくれるのならばいつでも大歓迎だ。


最後にしつこくない程度にもう一言、
  私には頼れる守護天使がついている。

IMG_7334.jpg

動物達にはちゃんと見えているのだと思う。







年初から奴豚がケトジェニックダイエットもどきを始め 
先日アーモンドの粉でケーキのような物を作ってくれた。

気を良くして 2度目はさらに改良を加えココナッツの粉でも作り さらにラタトゥイユまで作った。
そのパンだかケーキだかどっちつかずの焼き菓子は私の好みではなかったが ラタトゥイユは美味しかった。

IMG_8437.jpg

奴豚は常日頃から自分で何か作ると言うと 必ずと言っていいほど私の手助けを当てにし、
途中から見かねた私がそっくりそこから引き継ぐ事になるので
今回も奴がキッチンに行ったのを見計らって 用事を作って2階に隠れていた。



ケトジェニックダイエットというのは 食べて痩せる食事療法などと紹介されている。
興味のある方はご自身で検索下さい。


奴豚は ケト(ケトジェニックの略)といっても決してきっちり行なっているわけではなく 
根菜は食べず 葉物野菜と肉類や卵を少し食べる方法。
豆類は取らない。

肝心の糖質を控えているとは思えないけど。。。


確かに体重は減ったが 食事の回数と量を減らしているから痩せたのであって、食事療法で減ったわけではないと思う。
まぁ 気に入ってやってるようなので 余計な口を挟まない事にしている。





犬達と一緒に居ると 我が身のことは二の次になる。

二十歳の娘の頃は 鏡の前に長々座って 顔や髪をいじくりまわしていたが
それも遠い昔。。。
大して代わり映えしない容姿を多少でも良く見せようとして 装飾品も山のように持っていたっけ。
そんな時代があって今があるわけで、
2007年に身の回り一切合切処分して バックパックひとつが生活用品の全てになってから
物に執着することはなくなり 必要だと思っていたものも 実はほとんどはいらないものだと気付いた。

今は鏡に向かうより他にしたいことがある。

犬達がふわふわツヤツヤで健康であることが 自分が美しいよりも嬉しい。
犬達の世話は時を忘れるが、自分の支度は5分もあれば充分。
トイレに行き ジャージをズボンに履き替える程度。
人間 変われば変わるもんである。

最低限の身だしなみは整えているつもりだけれど。


「昔はけっこう可愛いかったのに。。 」と母は言うが 
今だってその気になれば年のわりにソコソコだと思うけど、その気になる機会がなくて。。。



小雪ちらつく今朝は犬達と毛布かぶってヌクヌクの幸せ。

securedownload.jpeg securedownload-1.jpeg

底冷えの火曜日。昼から暖炉に火を入れている。








東京も雪が降ったようだが こちらも昨日は朝方に小雪。
終日 寒かった。
夜も湯たんぽ抱いて さっさと寝床に入ってしまった。
そのお陰か 風邪から回復してきた。
タチの悪い咳をしていたのだが 治ってホッとしている。

下の写真は部屋でテレビを見ているジョージーである。
IMG_8532.jpg securedownload-2.jpeg



朝市を訪ねるなら 天気はいい方が良い。

IMG_8567.jpg



昨日は一番近い町の朝市に行ったが 雪で寒く
人も少ないが店も少なくて

買いたかったオリーブがなかった。








IMG_8564.jpg





今日は16キロ先の町。

ここの町の広場は広く 天気が良いので人出も多く
出店舗も多く ちょっと楽しかった。







IMG_8566.jpg




風邪のお陰で数日休肝日だった。 
久しぶりに肝臓もほっとしたことだろう。









湯たんぽとベッドに入っていた間 マックの勉強をしていた。
(ハンバーガーじゃないよ、コンピューターだよ)
先月から受講中。動画で懇切丁寧に教えてくれるのだ。
全て無料、ありがたい世の中だなぁ。
英語でのクラスだが 字幕も出るようにすると言っていた。

Tech Talk Americaといい Mr. David A. Cox 氏が教えてくれる。
実に為になるよいクラスである。











雪の後 天気が回復して 二日続けて快晴。

朝は一面霜が降りているのだが 日が昇るにつれ劇的に気温が上がってくる。



村はずれからすぐ森林が始まる。

森林地帯に入ると 2匹はノーリード。
クロエは去年よりも戻ってくる回数が増え 
こちらが心配する頻度が減った。
傷は絶えないが 彼女にとっては擦り傷程度だろう。


今朝はたっぷり2時間の散歩。
我々が歩いた距離は12㎞だが ノーリードで走り回る2匹の走行距離は15㎞には達しているだろう。

帰路はおとなしく 綱を引くことなく静かに歩いて帰ってきたので
2匹にしてはそれくらいが満足のいく距離なのだろうと思う。




fullsizeoutput_228.jpeg

外を探検するのが大好きかと思うと
家に戻ると2匹ともに ソファ犬になってしまうのだ。

我々が居る居間にべったり一緒にいて
我々がソファに座ればソファに
絨毯にいれば絨毯に
ともかく 一緒に居たくて居たくてたまらない2匹である。
パソコンするのもこんな感じだ。




IMG_8559.jpg

ソファに上がりたい時は 必ず「上がってもいいですか?」と聞いてくる。

OKが出ると嬉々と上がってくるわけである。


クロエは甘え上手。
奴豚なんてクロエにかかればちょろいもんだ。







 

奴豚が新しいケトジェニックのメニューに挑戦。
今日はカリフラワーのピザだった。
カリフラワーを砕いてクリームチーズと混ぜてピザの土台を作り トマトソースとチーズをのせて焼いたのだが
ピザとは別物ではあったが 新しい味でなかなか美味しかった。





「1ヶ月休まずブログを書くチャレンジ」に個人的に挑戦中。(大袈裟な。。!)
   ..... 続くかな。







無料本

先日はネットで無料受講の事を書いたが 
無料で本も読める。
いくつかサイトがあり 青空文庫などはどなたもご存知だろうが 先日キンドルのアプリをインストールしてみたら
アマゾンのキンドル店には無料本が4万もあり驚いた。
もちろん 無料というのだから 著作権が切れた古い本が中心であるが 子供の頃に読む気になれなかった 日本を代表する往年の文豪達の有名作品などがずらりと並んでいる。
まぁ読むかどうかは別として そこにバーチャル本棚があると思うと嬉しいじゃないか。



ringo.jpeg

マックの無料クラスで習いたかったiMovieの基礎を把握した。
ビデオ編集がこんなに楽に出来るとは
 ”あっと驚く為五郎” (古い?)である。

次はGarageBandを駆使できるようになりたい。

せっかく色々な便利アプリが搭載されているのだから どれも自由自在に操れるようになりたいじゃないか。

職場ではウィンドウズPCを使っていたが りんごちゃんのマックに変えると羽が生えたような自由な使用感である。

一言で表すならば Freedom である。
出来ないことなどないだろうってほど最強。



コンピューターとネット接続さえあれば いつどこででも 勉強も仕事も出来るという画期的な世の中。

いったい昔はどうしていたんだったっけ?





下の二枚の写真にはある共通点がある。
さて なんでしょう?



IMG_7380.jpg

なんでしょうって わかるわけないよね。答えは、
上の写真は ジョージーがクロエの上に座っていて
下の写真は ジョージーが私の膝の上に座っている。

意に反して 身体が大きく育ってしまった感じ。
心は子犬、甘えて身体をくっつけていたいのである。
レトリバーは表情が豊かで面白い。

一方 スプリンガースパニエルのクロエはジョージーよりも精神的に早く大人になってきたようで
身体は小さめでも明らかにお姉ちゃんである。
意思表示がはっきりしていて賢い。
ジョージーはおひとよしで少し抜けた感じだが 
クロエは自立心旺盛、嫉妬心も出てきて ジョージーをかまっていると自分もと割り込んでくる。
面倒見がよく 今でも ジョージーの毛づくろいをしてやっている。
ジョージーはクロエが側にいないと散歩中も不安になるようだ。
この姉妹コンビ とてもうまくいっている。




春先の天気は意地悪だ。
思わせぶりな暖かい日の後に雪を降らせたり
ここ数日 足先が氷のように冷たくて 指先も凍えている。

ピレネーの春も今年で3年目、
覚悟はしてきたが やはり寒い。
風邪がなかなか出ていってくれない。。。








サマータイムが始まった。


1時間繰り上がったお陰で 7時起床時はまだ暗い。
日の出がサマータイムに追いつくまでまだ数日かかるだろう。

サマータイムにはなったものの 実際のところ ピレネーの春まだ遠しである。

庭の桜も寒々見える。
いつになったら春らしい陽気が訪れてくれるのだろうか。。。



今日はボルドー在住の友人夫婦と互いの中間地点であるロックフォールという町で待ち合わせて昼食を共にした。

IMG_8598.jpg


毎年恒例になりつつあるこの昼食会。

IMG_8583.jpg IMG_8584.jpg


こんな機会でもなければ訪れることのない小さな町。
アルマニャックの産地である。
レストランのオーナー曰く、そんなわけで日本や中国からアルマニャックを買い付けに来る人が耐えないのだそうだ。
意外。。。
(上の写真のボトルは友人のギニア土産のラム酒。彼はラムに詳しいのである)



下はレストランオーナーの愛息。厨房とレストランに入ってはいけないのね。
IMG_8579.jpg IMG_8591.jpg


一日早いが 誕生日を祝ってもらった。

IMG_8582.jpg IMG_8586.jpg


IMG_8601.jpg


マラソン仲間の彼とは 京都を含むいくつかのマラソンを一緒に走っている。



先日 二冊目になるマラソン記録記を上梓したところだ。
京都マラソンの項に我々の事も載っている。






私は2016年11月以来、マラソンを走っていない。。。







シッター(Pet sitter)に 盆も正月も誕生日もありませぬ。
動物達に休みがないのと同様にシッターにも休みはございやせん。


 はっぴぃば〜すでぃ 自分。


おめでとうさんの冷たい雨でございまする。


5枚重ねの着膨れ散歩。

厚手のジャケットの下には フリースジャケット+ダウンベスト+フリースプルオーバー+ユニクロヒートテックシャツ。
コーデュロイパンツの下にはレギンス、山用厚手の靴下。
あったか帽子に厚手のバフを首に巻き 手袋 と 重装備。

いざ行かん!


(春爛漫&桜の便りと数々の優しく暖かい祝いのお言葉 ありがとうございました!
  こちらに春はまだまだ訪れてくれません。。 )



IMG_8623.jpg


雨と濃霧で視界はこんなんですわ。



2匹にはそんなことは御構い無し。

いつだってお散歩は楽しいのだ。














IMG_8611.jpg IMG_8617.jpg


奴豚はクロエのコントロールがほぼ完璧に出来ている。

そう遠くへ突っ走って行くことはなくなってきた。
もちろん、鹿や兎や猫に遭遇すると そう上手くは行かないんだけど。

ジョージーは私にべったりくっついてくれているので 
少々離れても 常に視線の先に私を確認しながら移動している。


IMG_8635.jpg
昨年の話を覚えている方もいらっしゃるかもしれぬ。。。

優しさのかけらランチと題した しぶしぶ奴豚が連れて行ってくれた誕生日ランチである。

今年は月曜なのでスーパー開いてるもんね!

カーカー怒られる前に さっさと祝っておいたほうがいい、とばかりに
頼みもしないのにシャンペンは2本。

アペロ(アペリティフのこと)のハム・サラミでまず白ワイン。


IMG_8634.jpg


ケーキも好きなの選べと言うから アプリコットのpieにした。
パイにバニラアイスを乗せるのじゃ。

メインはポークソテー プロバンス風。

もちろん自分で作っている。




IMG_8636.jpg






みんな そんな感じでしょ?
主婦の記念日って 自分で作って自分で演出して 自分で片付ける。

健康ならば、いつもと同じ日にちょっとだけプラスアルファ、それでいいのである。


ね、ジョージー。
















連日 雨 雨 ..... もう うんざり



いえ別にジョージーがそう言っているのではなく
これは 午後のひととき 

ジョージーがソファの背もたれの上に長々と寝そべっている顔が可愛かったのでパチリ


ソーラーパワーの私ゆえ 充電がなされず 悶々としている。
寒さの所為か腰まで痛いぞ。
やっと咳は治まった。







走り回っている時は屁の河童だが 身体が冷えやすいクロエは家に帰るとすぐに乾かし毛布にくるまる。
IMG_8626.jpg


奴豚の隣で安心してくつろぐクロエである。
IMG_8641.jpg今までは午後5時頃に暖炉に火を入れることにしていたが、 
もうどうにも寒さが身にしみて我慢ならなくなってきた。
      。。。のは 私だが。

オリーブオイルが固まるほど冷える厨房も動いていると寒さはさほど感じずにいられるのだが、

もう寒いのも雨も充分。せめて部屋の中では暖かくいたい。

「もっと薪割りしてくれや、それが駄目なら薪買ってきてくれや。」
と奴豚に談判した。



寒い時は遠慮せずに電気ストーブも使ってと家主から言われているが
石造りの古い家は隙間が多く 熱が外へ逃げるので効率悪くて電気代が勿体無い。

で、本日奴豚はチェーンソーにて薪割りなり。
  (割ってないって。。?)



IMG_7436.jpg

昨夜はお陰様で 良い誕生日を迎えさせて頂きました。
白ワイン-赤ワイン-シャンパンを開けた後の牛美 と しらふのクロエ 共におやすみの図。

日本だとシャンパンはまず先に飲むのが常だが フランスはデザートと一緒に飲むので最後である。


犬達が居るのといないのと 人生の喜びは大きく違う我々である。
  (いくら飲んでも翌朝は夜明け前に起床は変わらない)







お空の誰かさん、私の文句を聞き届けていただきありがとうさん。

久しぶりに太陽を拝むことが出来ました。



犬用タオルも全て乾いたし 部屋の空気も入れ替えて掃除と洗濯で気分良し。

・・・ のはずだったのだが、本当は朝っぱらから奴豚と意見の食い違いがヒートアップして
せっかくの晴天も汚点。。。 (ま、それはそれ)

この晴れ間 長くは続かない。夕方にはすっかり雲に覆われてしまった。
なんだか 「取り敢えずこんなんで我慢してよ」と 軽くお茶を濁された感じの晴れ間。


   

IMG_8573.jpg





犬達は雨であろうと晴れであろうと 相変わらずのマイペース。

    今日もドロドロ娘は行く。





フランスらしいニュースをひとつ。

先日サマータイムが始まった話をしたが 
なんとフランス国鉄のSNCFさん 夏時間開始を ”忘れていた” そうで 
ダイヤが乱れる痛恨のミスをやらかしたそうな。

さすがおフランスはやることが違う。






ペットシッターカレンダー更新しました。
2018年末〜2019年初はまだ空いています。





束の間の晴れ間も予想通り長くは続かず
連日 雨の話ばかりですみません。

本日は手短に。。。 

ドロドロ娘のまさにドロドロの瞬間をお楽しみ下さい。


水たまりにすら苔が生えるほど雨ですわ。
IMG_8670.jpg

首までどっぷり浸かってしまった訳は、
鹿が3匹飛び出してきて あとを追ってダッシュしたので 
心臓バクバクで戻り
戻ってきた途端に ザブン! でしたわ。



苔臭いので 今朝はシャンプーしていたら 朝市に行く時間がなくなってしまった。








強風でゴミ箱は飛ぶわ 鎧戸がバタバタ煽られるわ 賑やかな明け方。



朝日が給水塔を照らす。

この後 嵐が来て それでも散歩に出掛ける我々2人と2匹。


IMG_8678.jpg

目まぐるしく変わる天気の中、
太陽が出たり 叩きつけるにわか雨の後 冷たい突風が吹き。。。






IMG_8686.jpg








気が済んだ! という感じに雲が切れ始め。。。

大きな虹がかかった。






IMG_8695.jpg



良い日の予感がするぞ。



イースター休暇で連休が始まる金曜日。
奴豚が用事があると 近隣の都会タルブTarbeへランチを兼ねて出かけた。
タルブはロゼワインで有名、日本でもタルブのロゼは手に入るのでご存知の方もいらっしゃるかもしれぬ。



IMG_8696.jpg
今いる村からさほど離れてはいないのだが 大都会に見えるタルブの街。

垢抜けたメインストリート、混んではおらず良い感じに人が居て心地良い綺麗な街である。

用事を済ませ ランチした。

奴豚は昼食をたっぷり食べて 夕食は軽くしたいとの希望があるのだが
私の場合、昼を重くすると お腹が苦しく午後は何もする気になれない。
不思議なもので 食べ過ぎると不機嫌になるのである。
一品豪華主義が駄目なんだろうなぁ。。。
居酒屋で色々なものを少しずつダラダラ食べながら飲んでいると驚く量を摂取してもケロリンとしているのに
メインディッシュがドデンと出されると胸まで一杯になってしまう。


IMG_8715.jpg

というわけで

今宵はこれが夕飯である。(これで2人分)



夕飯前の散歩で クロエがまた蜂に刺されてしまった。

夕飯を食べないのでおかしいなぁ。。と様子を見ていて
口が腫れているのに気づいた。

な〜る。。! 

よく見たら針が刺さっていた。
抜いて 休ませていたら 腫れが引いてきた。








昨夜は ここへ来て初めて湯たんぽを使わなかった夜である。

明け方の夢で トム・クルーズとミックスダブルスを組んでテニスの試合をしていた。
なかなかのコンビぶりで良い線いっていたところで目が覚めた。残念。。。
相手チームが誰だったのか思い出せないが ふと かつてエドワード鈴木氏とテニスをしたことを思い出した。
お元気でご活躍だろうか。

朝から晩までテニスに明け暮れていた時があり区大会で優勝したが、
都大会は強豪が多すぎて良い成績は残せなかった。
沢山の素敵な方々とコートに立たせてもらったが、もう何年もラケットを握っていない。
視力も落ちてメガネなしにはボールが見えないだろう。
一人で出来ないスポーツは不便だなぁ、だからランニングに落ち着いたという点もあるんだけど。



さて、昨日の晴天から一転して 雨が戻ってきた。

一目瞭然。

雨雲はいつまでも長居しております。





屋敷を出て これから散歩に行くところの小道。

水たまりばかり。。。





IMG_8734.jpg






二匹共に 雨はそれほどモチベーション上がらないようで
特にジョージーは 雨の散歩は疲れやすいようだ。

鹿やら猫やらが登場しない朝は 疲れた表情を見せる。
これは姉妹で戯れているところ。


IMG_8732.jpg






ネットの無料クラスで学んだ知識を奴豚に伝授しながら 
一応、牛美の監修で作った本日の”雨の散歩ビデオ’がこちら ↓





ビデオでご覧いただいた通り もう昼から暖炉を使っている。
寒い寒い連休の幕開け。

あぁぁ。。。 春は何処に ?????!!!!!






20150619110152a8e.jpg