FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


3月 毎日ブログを書き続けるチャレンジが全う出来たので ひとまずヨシとしよう。
未だかつて 30日も続けたことがなかったので ここ11年間の快挙である。(な〜んちゃって)


エイプリールフールといえ 何も話題はなく、
イースター休暇だったからか 昨夜は一晩中 近所の学校から音楽が流れてきていた。
昨夜 散歩がてら見に行ったら 何処から集まったのかと思う人達が集っており 駐車している車で溢れていたが、
前夜から夜通しで祝うんだね。。。? そういうものなの?

お陰でジョージーは眠れなかったようで 朝の4時に吠えて起こされ その後は眠れなかった。


明け方 鳥の声がして 爽やかに晴れ始めていた。

ゆっくり時間かけて支度して 犬達と散歩に出た。

ピレネー山脈が綺麗だ。


IMG_8749.jpg

この後 どうなったかは 

説明の必要はないでしょう。。。










いつもより大回りして 森の中を歩いていたら 突如ジョージーが藪のなかへ駆け込んでいった。
普段は気にしないのだが 
その後にキャインキャインという声がしたので 非常事態!かと思い 
びっくりしてあとを追って藪へと飛び込んだのだった。

普段ジョージーは太い大きな声で吠えるのだが 聞いたことのないキャインという声だったので もしやと心配になったのだ。



深い藪は蔦が絡まり行く手を阻み なかなか前へ進めない。


4〜50メートル下に川が流れている音がするのだが ここ数日の雨で水かさが増し もしや流されたか 電気フェンスに引っかかって気絶でもしたのかと気が気じゃなかった。

なんとかやっと川に降りることが出来たがジョージーの姿はなく 視界に白いものがないかと目を皿のようにして探した。
大声でジョージーを呼ぶも姿は見えず 本当に叔母さんは心配したのだよ。。。



しばらくして もと来た道の方から奴豚が「ジョージーが戻った」と叫んでくれたので 安堵して戻ろうとしたら
心配して飛び込んだ時は気がつかなかったのだが 荊棘のつたが絡まる深い林で 棘が痛くてなかなか進めないのだった。

痛い痛いと言いながらやっと登って戻ったら ケロッとした顔でジョージーが待っていた。

「お前さん 。。」 。。たく もう。。

無事で良かった、ともかくね。


戻って犬達を洗ったら昼。




IMG_8769.jpg
2週間ぶりにジョギングに行った。


走り方を忘れてしまったのではないかと思う長いお休みだったが 約7㎞ ピレネー山脈を望みながら走ってきた。
咳も出ず 腰も痛くならず よしよし。

4月1日は我々の入籍記念日なので 先日(誕生日用に)買ったシャンペンを空けて 形だけでも乾杯する。
それ以外は特別なことは何もなし。
掃除して 軽く夕飯して 今日も平和に日が暮れるなり。









IMG_8775.jpg我々にはまだ寒いのだが 

自然界には春が訪れているようで 庭のチューリップや水仙が咲きみだれている。
桜は散り始め 花びらが道を染めている。


その道をゾロゾロと連隊を組んで 長い一本の紐のように連なりもぞもぞと蠢くものあり。

始めて見たときは 蛇かと思った。

模様といい見た目の質感といい 細長い蛇のように見えて ひぇ〜と飛びのきそうになったら そいつは毛虫だった。


延々と連なっているのだ あそこにもここにもいる。
どうやら松の行列毛虫 ではないかと思うのだ。松の木が生えているところに大量にいる。
これ、毒を持っているそうで 犬達が近づかないよう 松の木の生えている場所に行くのはやめようと思う。
毛が風で飛ばされて人の皮膚につくと痛みや湿疹を起こすそうだ。ヤダヤダ。。。





今朝は雨ではなかったので川へ遊びに。

georgieriver2.jpg

川へは道とは呼べないドロドロのぬかるみを通っていかねばならぬ。
巡礼の道は険しいのじゃ。。。か? (巡礼路なんだもの)
IMG_8799.jpg

行きに泥んこ、 一旦 川で泳いで綺麗になった犬達も 帰りはまた泥まみれ。

でも2匹とも楽しそうだから それは良い。







昨日、今日と雨が降らなかったので 庭の芝刈りをするなり。

IMG_8872.jpg IMG_8886.jpg



IMG_8889.jpg

奴豚は薪割りと芝刈りは自分の担当と思っているようで 手伝えとは言ってこないが 犬達と見物がてら写真撮ったりして 片付けだけお手伝いなり。


刈ったのはほんの一部分。全部刈るとなると大仕事である。




締め切っていた部屋がカビ臭くなってきたので 窓開け放して風を入れる。
晴天ではないが 晴れを待っていたらいつまでも開けられないとみた。

IMG_8776.jpg

飼い主さんは この屋敷をゆくゆくは貸し別荘にするつもりで改築しているのだが 水回りは近代的に作り変えても、ほかの調度品はオークションや骨董店で求めたものらしく 年代物のどっしりと豪華で立派なものばかり。
人の手をあまり借りずに二人でやっているので そういうことがよっぽど好きなんだろうと思う。



我々はあちこち触らないようにしているが カビては困る。といって窓開けている間に日に焼けても困る、などと一応気を使っているのだ。












三日間も雨が降らないなど 今までなかった事で
朝から犬達と走りに行き 戻って彼女達を洗った後 すぐに朝市へと出かけた。
今日は2匹も一緒である。

目指すは約16㎞離れた 割と大きめのMarciacの朝市、広い広場をぐるりと囲んでカフェやレストランが開いている。
朝市で晴れとなればかなりの賑わいだろう。

車のトランクに犬達のソファベッドを設置して 2匹を乗せて昼食を兼ねて行ってきた。
IMG_8909.jpg



marciac1.pngmarciac7.png

肉やチーズの露店の匂いに引き寄せられる2匹。

marciac3.pngmarciac4.png

marciac5.png

野菜を少しだけ買い 日当たりの良いカフェに陣取り のんびり昼食をとった。
2匹は日陰で寝そべり とてもおとなしくリラックスしていてくれた。


犬達にとっては 別にどこへ行こうと景色が変わろうと変わるまいとそんなことは関係なく 我々と一緒にいるだけで嬉しいわけで、目先の景色を変えたいのは人間だけなのだろうが 彼女達も違う匂いを楽しんだと そう勝手に思っておこう。






家に戻り 快晴なので犬達のベッドを干す。
ついでにベッドの綻びや毛布の裂け目を縫っていた。
やり始めるとあれもこれもとなるわけで、居間のクッションのほころびも縫っておいた。

家じゅうの窓を開け放して風通しをよくしていたら 夕方 一天俄かに掻き曇り雷が鳴り響き突然の雨。
駆け回って窓を閉めるなり。





IMG_8782.jpg

昼を外食するとお腹が空かないので 今宵もアペロ(アペリティフ)のみ。
最近はこのパターンが多い。

我が家のアペロはそれ自体すでに前菜+サラダなので さらに食べたい時はチーズを足せば十分な量である。












イングリッシュスプリンガースパニエルのクロエは 散歩中には写真に収めることが出来ず
なかなか 表情やアップが撮れない子である。

いつも突っ走っているか 戻ってきて水たまりの水をガツガツと飲んでいるところか
はたまた 顔中を朝露に濡らしてゼーゼーと荒い息をしているか 
1秒たりともじっとしておらず 写真になど収まらないのである。





なのだが、 


クロエはスプリンガースパニエルの中でも かなり美しい顔立ちをしており
体格もスリムでスマート、実に格好良い 女の子である。









IMG_8967.jpg





毛並みはシルクのようにしなやかでスルスルと美しく
何と言っても とてもいい匂いがする。

器量好し 匂い良し 性格良しで
狩猟犬の本能である 何かをひたすら追いかける性質をコントロール出来れば
賢く 従順で 懐こく(とても。。)
甘えん坊で 優しく 扱い易く、、、

・・・ともかく とても良い子である。





IMG_8974.jpg


今朝も散歩中に鹿がすごい勢いで我々の脇を駆け抜けて行った。
鹿は2メートルも離れていなかったので、 
私は側にいたジョージーを瞬時に掴んだ。

反応の速いクロエは既に匂いを追って 鹿の先回りをしていたようで
しばらく行ったきり戻ってこなかった。

最近のクロエは しばし消えても 必ず戻ってくるようになったので
心配することがなくなった。


が、ジョージーの場合は 追いかけて行ったはいいが、ふと我にかえった時に自分の位置がわからなくなり
戻ってこれなくなるという心配があるので なるべく追いかけさせたくないのが本音である。







晴れが四日続いている。
ちょっと信じられない感じ。
部屋の黴臭さが改善されて嬉しいな。





晴れ 5日目。

何処かへ行きたい奴豚と別に何処へも行かなくても良い牛美。

だが、いつ迄晴れ間が続くか分からんし せっかくのお日様を楽しもうと 昼、犬達を連れて車で隣村へ散歩に行った。

良さげなレストランをネットで下調べしておいたのに 何故か奴豚はそこを素通り。
なんて事ない 普通の店でなんて事ない普通のセットランチを食す。

奴豚は記憶力が数時間しか続かないようで 私の提案など覚えていられないのだろう。
面倒臭いので最近は 極力 意見しないことにしている。



食後 村を散歩してから 車で湖へ。
湖の周りをぐるりと散歩。
水を見るとジョージーは大喜び。
初めての場所なので オフリードというわけにはいかない。
興奮して何処へ突っ走るか予想できないのでリードつけたままのお散歩。


ジョージーは終始 ご機嫌で 聞き分け良く楽しそうにしていた。
クロエはリードがもどかしくて仕方ないとグイグイ引きまくり、奴豚にたしなめられていたが それなりに楽しかったらしい。



帰宅後ダニチェック。
沢山食らいついていた。

沢山遊んでお疲れの2匹である。



ここへ来て 初めて暖炉に火を入れない夜だ。
ピレネーの春は三歩進んで二歩下がる足並みです。



お散歩のビデオ (音楽付きなので閲覧注意)







ここ数日 暖かくなり 虫や蜘蛛が活発に活動し始め 散歩中に刺されるようになった。
先日 湖の周りを歩いていた時も 払いのけながら歩いていたのだが しっかり刺されていた。
プクリと小さくニキビのように水泡になり 気になって潰してしまうのだ。
出ている部分だけ。そう 主に顔、首 と掌をやられた。掌ってなんで?気がつかない訳がないだろうに。。。
痒みを伴うので薬を塗ったが ツブツブが増えてきたので薬を飲んだ。
年々アレルギー反応が強く出るようになってきた。
別に誰かに会うわけではないからいいんだけど、でも不快。




4月8日

雨が戻ってきた。
天気予報は当てにならないが 週間予報はずっと雨マーク。
こんなに雨ばかりだと 早く東京に帰りたくなる。



雨の散歩中 近所のお友達に会う。
この子は15歳のゴールデン。

足腰しっかりしていて 元気な男の子だ。




今朝は二回も鹿と遭遇し 興奮したクロエは右へ左へ風のように駆け回っていた。

ジョージーは 聞き分けよく 追おうとしたところを制したら ちゃんと止まってくれて ホッと胸をなでおろした。




雨で気持ちも沈む日曜日。
思いがけずパリ在住の友から電話で3年ぶりに長話、いっとき楽しい時間を過ごす。

昼から暖炉に火を入れるなり。
おぉ さぶ。。。











十日程前から気になっていたクロエの首の後ろのシコリを検査すべく
隣町の獣医へ。

飼い主さんからは様子見しておいてと言われていたのだが 
以前より硬くなった気がするので 検査するなら早い方が良いと判断。



脂肪の塊でもなさそうだし 虫に刺された跡も特になく。。。
中には水が溜まってもおらず 何か悪性の腫瘍というわけでもないとのことで
すぐに戻ってきた。

ま、結局 獣医さんも何かわからなかったワケだね。。。


毛を剃られて ちょいハゲになったクロエである。




ジョージーのスリム化計画は順調で 
スリムというより たぷたぷしていた部分がとれてスマートに見えるようになった。
走ると ぼってんぼってんと揺れていた両腹の部分が左右に揺れなくなった。
1週間の平均お散歩距離は60㎞。
森の中を上ったり下ったり 私もかなり汗をかいていたので
ランニングをサボってはいたが 太らずにいられるのは彼女達のお陰だね。








毎週金曜の早朝にゴミの回収車がくる。
燃えるゴミ 燃えないゴミ 共に金曜で家の前に出しておけば回収してくれる。
資源ゴミは村のゴミ置場に自分で持参し 大きなコンテナーにそれぞれ分けて捨てることになっている。

以前は回収料は月に幾らと決まっていたが 近頃はゴミを出すごとに回収料金が加算されるようになり 
ゴミの少ない週は出さないことにした。
これって案外ゴミ削減のための究極の方法とも言える。



前回、日本にいるとゴミが驚くほど出るという話はしたが 
ここピレネーでの暮らしでは 燃えるゴミは3週間に一度で十分である。

燃えるゴミ すなわち 家の暖炉で燃やせるような燃えるゴミならば 毎日暖炉で燃やしてしまう。
ティッシュやペーパータオル、包装紙やカートンのような燃えるものはそこで燃やしてしまえるので火つけ用としてかえってありがたい。
卵のパックも燃やせる紙製、肉や魚もプラスチックのトレイが少ないので ゴミになるのは包んでくれる袋ひとつくらい。
買い物に行く際は 買い物袋持参なので レジ袋のようなものはなく 家にプラスチックの袋が溜まって溢れることがなく 時々 袋がなくて探しまくることがあるほど 身の回りにプラスチック袋がない。

スーパーの生鮮食品は 自ら手に取り選んで買い物かごに入れることが出来、いる分だけ 重さを各自が測って 袋に詰めている。
鮮魚は 売り場の人に どの魚をどのくらい欲しいかを伝え 真空パックにするか 紙に包んで袋に入れるかの希望を伝えて 量り売りである。

朝市は原則 買い物バック持参で 包装は最小限、皆 そのまま自分の籠やバックに入れて持ち帰るので ゴミが驚くほど少ない。


昔の日本もそうだった。
大型スーパーが進出して 小売店がなくなるまでは。。。
母が買い物用の籠を下げて 毎日買い物に行くのについて行ったものだ。
豆腐屋さんへは ボウルを持参で行った。
冷蔵庫も小さくて 大量に買いだめすることがなかったので ほぼ毎日買い物に行ったものだった。
昔の東京の八百屋さんの形は今のここには残っている。


ゴミが少ないのは健全な姿で ゴミ大国から来ると嬉しく 見習うべきところがたくさんある。
他でやっている事ができないはずがない。
ゴミを出す前にゴミになる物を減らす努力と
農協 市場 仲卸 小売 などの中間への出荷方法の変革か?
便利になるとゴミが増えるのは確か。
それを望んだ消費者がゴミをゴミにせずリサイクルする形が最もだというところに落ち着くのか。。







夕方から雨、夜じゅう降って朝方上がるというパターンがここ数日続いている。

朝の散歩の間に降られないのは嬉しいが 水たまりが沢山あり どの水たまりにジョージーが浸かるかハラハラしながら散歩している。
今までの統計からいうと 新しく出来た澄んでいる綺麗な水たまりはお気に召さないようで 濁っていかにも汚い奴を好んで 全身をどっぷりと埋めているようだ。
毎朝 泥だらけは一日たりと変わらず 朝の散歩後は水で洗ってタオルで拭いて乾かしブラッシング。
午後の散歩は水たまりのない道を選んでいる。



ピレネーの暮らしもあと十日。
飼い主さんがあらかじめ用意してくれていたこの子達用の手作りご飯のストックが減って行くのを見ると
あぁもうすぐお別れなんだなぁと日々残りを数えて ちょっと寂しくなり始める時期である。






目新しくもない話題で恐縮ですが。。。

今朝もどっぷり朝から雨で 濃霧で視界悪く 
突っ走って行ったクロエの姿はなかなか見つからず
長い間 名前を呼び 戻ってくるのを待った。

ちゃんと戻っては来るんだけどね。。。



これは昨日の写真。
夜の間にしこたま降ったので 水たまりが沢山。






どの水たまりに漬かるのかい? ジョージー。。。 これは取り敢えずパス!
IMG_9096.jpg

出来るならば浸かって欲しくはないが 走って暑くなるなら仕方ない。
ダメとは言わない。

内心 『 あ。。そこはヤメて。。。』 とか 『 ラッキー 』とか 声にならない声で言うのだが。




結局は どのみち泥々娘と化して帰宅して 洗われてこの通り。

IMG_9104.jpg


楽しかったかい? ジョージー。










近くに航空機会社Air Bus エアバスの本社がある。

本社はトゥルーズToulouseにあるのだが 飛行機ならばここからは目と鼻の先である。

いつもなら遥か彼方上空の航空路を飛行機雲を長く引きながら飛んでいく民間機なのだが
今朝の散歩中 低空で飛ぶ民間機があった。
機体のペイントがありありと見えるほどだったので エアバスのテスト飛行だと分かった。
高度を上げ下げし 行ったり来たりと方向を何度か変え 
あちらの空から現れこちらの空へと行き来していた。

いいなあ 飛行機。綺麗だなぁ。。。





朝目覚めて その日の天気の予想が出来ない。

朝方雨だったので雨具を着込み 寒くないよう厚着で出かけた散歩だが
森の中を上り下りしているうちに汗かき 一枚脱ぎ二枚脱ぎだった。
小雨になり 散歩が終わる頃には晴れ間さえ見えたが
その後はカラリと晴れることはなく 
降ったり止んだりもどかしいほどチラリと青空が出たりとくるくる変わる天気で 
走りに行こうか止めよか 洗濯しようか止めようか と 思わせぶりの空模様。



午後は我々のペットシッターホームページをアップデートして
今まで英語表記だけだった書類などの和訳を作成。 
常々やろうやろうと思っていた事を完了する事が出来 気分的に仕事したなぁという満足感で迎えた夕方。

ありがたいことに最近日本の方からもお問い合わせをいただくようになり
今まで英語のページが主だったのだが 日本語の詳細版を追加してみた。




しばし犬達と庭で遊び 夕餉の支度。

ジョージーはキャッチボールが下手くそだと初めて知ったので特訓なり。
おっとりお嬢ちゃんは ボールが落ちてくる位置が把握出来ずに 
頭に当たったり身体で受けたり なかなか上手く口でキャッチが出来ないのであった。
その様子がさらに愛らしく大笑いの夕方。




先日の散歩の様子ビデオ




 


ピレネーでの暮らしも残りわずか。

IMG_8610.jpg

レンタカーをしているのだが雨ばかりで、どこかへ行こうとか 近隣の美しい村々を訪れようとか 
犬達を乗せて遠出しようとか言う気になれずに時が過ぎてしまった。


IMG_8560.jpg

今日は雨が降ったり止んだり、多少晴れ間も出たりで気温もマイルドだったので
47㎞離れたポーPAUという街へ買い物へ行った。

ポーは綺麗な小都市である。

学生街でもあるのだが、趣があり 大都会ではなく 
街並みが美しく ごちゃごちゃしていなくて 歩きやすいサイズ、
小粋で素敵な店も多く 印象がとても良いところだ。

が、以前も何度か訪れた事があるので 
買い物と言ってもスポーツ用品専門店デカトロンDECATHLONへ行っただけなのだが。。。


デカトロンでは 店ごとに割引品の商品が違い あっちの店にはなかったものがこっちの店にはあり 時に大幅に値引きされていたりと
行ってみないとわからないセール品があるので 暇があると 違う店を訪れてセール棚を漁っている。


IMG_9075.jpg写真は 「眠いよ〜 まだ起きたくない。。」と
表情が語っている朝の2匹の図。


冗談じゃない。
ジョージーが00:30. 03:30. 05:35 と 吠えて起こしてくれて
眠れなかったのはこちらの方だ

こうゆう顔をしたかったのは わ・た・し・よ〜〜〜!






で、デカトロンで 今日は思いがけず自転車用の短パンが格安で買ってしまった。


東京での移動時はいつも自転車である。
何よりフットワーク軽く待ち時間なく確実に時間通りに移動出来て便利だ。
私のチャリ(正確に言うと兄から借りているチャリ)はスポーツロードバイクで超軽量 扱い易くスピードも出る。
国道246で車を追い越しかっ飛ばしている叔母さんを見かけたら それは間違いなく私である。

自転車移動の唯一の難点はお尻が痛くなる事で 以前から自転車用のパンツを買ったほうがいいなと思っていたのだった。
というわけで 東京に帰って この短パンを履いてチャリに乗るのが楽しみになった。






土曜、日曜 と 続けて 晴れ!!


まぁ、だいたい もうすぐ終了で移動という時期になるといい気候になるのはいつもの事だけど。

誰しも気候の悪い時期に休みをとって どこか気候の良い所へ行っていたいと思うのは同じ。
往往にして長期バカンスを取る海外のオーナーさんは 仕事の都合がつけばそう思う。
そこへ助っ人に来るのだから 天気に文句言っても仕方ない、初めから承知で来ているのだから。。。
(とは言っても 今年はよく降った。。。)


そうそう、先週 クロエと走りに行った。

IMG_9114.jpg
ジョイナー


久しぶりのランニングだったが クロエが引っ張ってくれたお陰で気分はジョイナーだった。

 ( 写真はジョイナーをご存じない方の為に  )






村はまさに百花繚乱。
鳥がさえずり蜜蜂が忙しく飛び回り、虫達も活発。。。(払いのけ払いのけの散歩)

今朝から気温が急に上がって ゴールデンのジョージーには すでにアッチッチではぁはぁである。
散歩中 何度も泥水に浸かっていたので 川へ泳ぎに行った。




IMG_9141.jpg

藤の花が開き始めた。

藤の花って 咲き出すまでは物凄〜く地味で見向きもされないタダの木なのに




灰色の硬い蕾が大きく伸びて 次第に透き通った白っぽいふさのようになったら
実に美しい藤色の花が顔を出して 一気に豪華になる。

IMG_9140.jpg





川で泳ぎ 鹿を追いかけ 大地を走り回る2匹の嬉しそうなビデオはこちら







しっかり降る雨にレインコートもすっぽり濡れて 霧で視界も霞む今朝の散歩中

apr161.png

霞む景色の中に現れたのはまだ鹿と言うには早すぎる 斑点のあるバンビ。


クロエとさほど違わない体格のバンビが追われて必死に走って逃げている。
クロエは捕まえてどうしようとかいう意図もなく ともかく追わずにいられない習性なのだが
哀れ バンビは囲いを飛び越え 荊棘をくぐり抜け 疾走して行く。

「止まれ、戻れ!」と制した我々の声に一瞬だけ反応して方向を変えてこちらへ近づくそぶりを見せたクロエだが 
本能が勝ってしまい また 全速力で追い始めた。


こうなったら 我々 なす術なし。。。



林を分ける車道を渡って いつもは行かない 奥の林へと走り込んだらしい。


ジョージーに「クロエを探して」と告げると 
心配げに辺りを嗅ぎ回るジョージーが 奥の林へと私を引っ張ったのだ。
クロエの匂いがするのだろう、盛んにそっちへ行こうとするジョージーを抑えて 奴豚と二人で二手に分かれてクロエを探した。

随分長い時間が経過した気がしたが 本当はそうでもなかったのかもしれない。
心配した分 時の過ぎる速さがいつもとは違って感じた。

クロエは元気に戻ってきた。。。怪我もなく。

が、それ以降はリードで戻った。

やれやれ。...





クロエとジョージーは同じ3歳だが クロエはもう子犬の時期を卒業して少女へとなりつつある。

以前のような子供っぽい仕草やジョージーと無意味に遊ぶことはなくなり 少し冷めた目でジョージーの誘いをあしらっている。
ジョージーは身体こそ大人のサイズに成長したのだが 頭の中はまだまだ子犬で 仕草も子供っぽく じゃれるのもクロエを遊びに誘うのも今だに子犬のそれである。

どちらが賢いかというと 
ゴールデンレトリバーの知能はかなり高いと評価されているのだが、
スプリンガースパニエルのクロエとゴールデンのジョージーは共に同じ量の言葉の意味を理解している。

例えば、sit座れ stop止まれ wait待て come来い down伏せ noダメ drop-it.落とせ(何かを加えている時) Leave-it 離せ(何かを執拗に嗅いでいる時) lead(リードを付ける時外す時) Bed(ベッドに行け)などの基本のコマンドは2匹共完璧に理解する。

例えば今朝のように「クロエを探せ」と言った時に 
ジョージーはクロエが消えてしまったことを分かったうえで我々の焦った気持ちを十分理解し、
緊張した面持ちで心配げに匂いを嗅ぎまわり こっちだとばかりに思い切り私を引っ張った。


クロエの場合は 理解してもそれをプライオリティーとして自我を制することがしにくい犬種なのだろう、本能が勝ってしまうのに比べ ジョージーは人から指示されたことを自分の欲望より優先する能力が備わっているのだ。
それを賢いというかどうかは我々の取り方だろう。



クロエは人の表情を読み気持ちを瞬時に理解して 自分の立ち位置を変えることが出来る ある意味ずる賢さも備わっていて どう甘えれば我々が思わず許してしまうかも分かっているようだが ともかく可愛い。

ジョージーは天然の愛らしさで罪のない無垢な性格が憎めず 愛おしい。


私の横で満足げに横たわる大きな図体 でも子犬のジョージーを優しく撫ぜながら 「どうかゆっくりゆっくり大人になっておくれ」と語りかける夜である。

あと二日。





apri162.png
ジョージーは私がいないと散歩に行かない。

押しても引いても一歩たりとも先に進もうとしないのだ。
散歩は皆で一緒に行くものと決めているようだ。


私が後ろから歩いていくと 必ず振り返って 待っていてくれる。
優しい 愛おしい娘である。











4月17日 奴豚は村で知り合ったランニング友のお供でタルブの街を目指して早朝から走りに行っていた。

ズ〜っと雨だったので延ばし延ばしにしていた約束を果たすためだが 約40キロの道のりは
今朝の快晴では かなり暑い酷なランであろうなぁ。。。


ということで 私は娘達を連れて ひとりで朝の散歩。
クロエには悪いが 奴豚がいない時にクロエが鉄砲玉で戻ってこない状況になっては困るのでリードは付けたまま。
せめて走らせてやろうと思い 私も8キロの朝ラン。




始め渋々後ろからついてきていたノーリードのジョージーも 次第にその気になり
2匹は足並み揃えて私の前を快走してくれ 楽しい朝ランだった。


ジョージーは暑くなるたび泥水に浸かってクールダウン。
3回もドブンして 泥々娘は健在なり。






奴豚達は結局タルブまでは行き着かず、
ラン友が先にバテたので手前の村で終了、35キロを走ったらしい。







ジョージーとクロエのパパママは予定通りに英国から帰国。
ジョージーの誕生日に合わせて プレゼントを携えて帰ってきた。



3歳のお誕生日 おめでとう ジョージー!




そりゃぁもう ジョージーとクロエの喜びようと言ったら。。。


   。。。 大騒ぎ ですわ。。。





PSWB CG

お役目御免の我々は 翌朝早くピレネーを出て 
バイロンとヌーサの待つマルセイユへ向けて出発。

帰路はゆっくり出来るので 高速をかっ飛ばさずに 村から町をつないでのんびり走って
疲れたら休み、昼は木陰で持参したサンドイッチを食べ、給油しながら 散歩しながら
夕飯の時間までに行き着いたところで泊まることにしてドライブを楽しんだ。


ただ一点を除いては。。。


というのは、 

走り始めてすぐに 田舎道でトラックと行き違った時に
小石がフロントグラスに当たって ピシッ! と 大きな音がしたと同時に
フロントガラスにヒビが入ってしまった。
見逃せないほどの微妙な大きさのヒビだ。

保険に入っていない我々としては 道中直してしまうのが得策だろうと相談して
ちょいと大きめの町でカーグラス(Car glass) という すぐに直してくれる店に寄ったのだった。
IMG_9202.jpg


以前 カナダを旅していた時にも同様にフロントガラスにヒビが入って修理してもらった経験があるが
フランスはカナダよりお高い。。。 仕方ない。。




 写真は直してもらっている途中です。。。






IMG_9198.jpg



お陰で 修理を待つ間 町の朝市をのんびり覗いたり
町を散策したり 思いがけずの観光が出来た。。。( と 思おう )


下は 公衆トイレがこれまた思いがけず清潔で感動の写真。。。

IMG_9194.jpg



フランスは 高速道路で村や町をすっ飛ばさずに 小さな村々をつないで走ると
本当に美しい国である。
特に今日のように天気が良く日差しが与えてくれるオクシタニア地方の輝きは眩いほどだ。

今まで3ヶ月の間 雨続きだったので 農家は大忙しで広大な農地を耕し始め
草刈りや道路工事で賑やかに活気付いていた。


Besiersという町に着いた時に 午後6時になったので泊まることにした。

便利だよなぁ 今は。
携帯の地図アプリで定宿にしている安めのビジネスホテルの名前を見つけて 
そこまでGPSですんなり辿り着き 迷わずチェックイン。
Wi-Fi接続がなくても オフラインで今はそこまで出来るんだもの。
大昔はそんな芸当出来なかったよなぁ。

IMG_9205.jpg

まだ日が高い夕方 町を散策して 広場に面したビストロでアペロの一杯。

天気がいいと 気分もおおらかになるよね。
サングリアを頼み サービスのおつまみを楽しむ夕方のひと時なり。


明日はマルセイユに戻りまする。











マルセイユの バイロンとヌーサの家に戻った。

春の長雨が上がり ここマルセイユにも抜けるような青空の素晴らしい初夏が訪れている。



今朝は用事で朝早くから旧港近辺にいたので 魚市を覗きに行って来た。

fishmarketM.jpeg


マルセイユも観光地だったんだ。。。と改めて実感した土曜の朝。



こうやってみると この街も悪くないなぁ。





今 マルセイユで最も有名な日本人は 酒井 宏樹さん。

2016年からマルセイユのサッカーチーム ”オリンピック マルセイユ ”でプレーしているサッカーの選手。
好プレー、常に得点に絡む高スキルで 今や マルセイユっ子で SAKAI を 知らない人はいない。


昨夜は地元のベロドロームスタジアムでリールとの試合があったのだが 朝からチームジャージーを着た地元チームファンが あちらこちらで盛り上がりをみせていた。

試合が始まってすぐにサカイが負傷で退場。


翌日 復帰までしばらく休むとニュースに出たら マルセイユ っ子達は大いに悲しんだ。

「 サカイがいなくちゃ 試合にならない。。。」 ほどの思い入れが伝わってきて 嬉しかった。





本日は近所に住む友人がピクニックに誘ってくれた。

単なるピクニックではなく ユニークな美術館でピカソの展示をしているので それを見がてらという趣向だった。



詳しく知らされたいなかったので とりあえず軽食を用意し 
彼女とその友達 総勢10名の後をついて高速を走ること。。走ること。。。
どこまでいくんだろう。。。? と思った頃 マルセイユから1時間半ほど車で行ったところで昼にした。

IMG_9237.jpg



IMG_9238.jpg IMG_9241.jpg


古い城跡が観光村になっていて 店やレストランに改造されて 趣があり 綺麗なところだった。
城の外側で皆で座って しばしランチタイム。



城跡の観光をした後は いよいよピカソの展示所へ。



最近日本でもお目にかかるようになったかもしれないが 思いがけない場所での新しいイベントであった。


城跡の一部 石造りの広いが入り組んだ洞窟を利用して 映像でピカソの美術館を浮き上がらせていた。

柱や壁 天井や床に至るまで ひんやりとした広い広い空間と 
大きな岩に遮られた 空間と空間の間など いたるところに映像が映し出されて
全ての空間を使って その場を美術館に仕立て上げ さらに 動く映像と音楽のコラボレーションで 目新しいショーのような展示方法であった。


ピカソの絵画の映像の他に 70年代のロックをバックに巨大な万華鏡の中に入り込んでしまったかのような映像のショーもあり、投影方法も洒落ていて 斬新で 大音響の懐かしロックと ぐるぐる回る万華鏡ごときの色の中に自分が浸っている不思議な感覚を楽しんだ。









ピレネーから戻り 毎日忙しく過ぎて。。。

今日の夕方の便で東京へ向かう。
何事も過ぎてみると早いのだ。




奴豚にはなかなか懐かないけどね、

私には すぐに懐いてくれて 
荷造り中も様子を見にきては
バッグの匂いを嗅いだり 
足元をぐるぐる回ったりと

くつろいだ表情を見せるバイロンとヌーサ姉妹。

奴豚は引き続き姉妹の面倒を見るため残留。
私だけ先に帰国である。



IMG_9261.jpg









今回、ピレネーが寒いと知っていたので冬服しか持参しなかった。
ここ数日 マルセイユが暑くて 袖捲りで凌いでいる。


全部をバックパックに収納すると 来た時よりバックが膨らんで 
さらにコスメも買っちゃったので ずっしり重いわ。。。


東京駅から先、駅の階段はトレーニング代わりだなぁ。





BN2.png BN1.png

帰国してすぐ休む間も無く夏までギッシリ。
途中 免許の更新でマレーシアへ行ったりと盛りだくさんで楽しくなりそうだ。




   Aviant アビアント またね フランス!







マルセイユからイスタンブールまで3時間。

ナロウボディ(Narrow Body)小さい飛行機は満席。


ネットで早々チェックインして好みの通路座席を選択しておいたのだが 搭乗したら隣の赤ちゃん連れの男性と ちょっと離れた席に座っている女性が夫婦だと気づいて こちらから「席かわりましょうか?」と申し出て 交換す。
火がついたように泣いていた赤ちゃんの横がキツイ私と 母と一緒に居たい赤ちゃんにしても この交換は共に良い条件だったしね。

で、そろそろ出発てな頃に 隣の女性が「実は10歳の息子が一人で後部座席に居るのだが席を変わってもらえないだろうか」と言われ またまた席替えとあいなり後方へ移動す。
長距離便ならば 自ら選んだお気に入りの席を譲らないが 3時間なら全然構わないもんね〜。



イスタンブール空港は使い勝手の悪い しけた空港で無料のWiFiは繋がらないし 座る椅子の数も圧倒的に少なく 不親切で嫌いな空港だ。
長居はしたくないが トルコ航空のチケットが安かったので仕方ない。
我慢して待つこと3時間半。
成田行き便は定刻出発。


トルコ航空の乗務員は日本語がお達者。丁寧な敬語を話し とても感じがよく 気がついて親切。
比較的空いており 隣がいなかったので2席使って横になって寝ることが出来たおかげで快適だった。
往路もそうだったが復路もサービス良く快適に成田へ戻ってこられた。


ずっしり重いバックを背負って電車で帰宅なり。


が、機内で眠れたおかげで疲れ少なく時差もなく 
翌日 スッキリ目覚めて 爽やかな天気に充電完了して元気一杯である。





いちにちだけの実家滞在。
荷をほどき 洗濯して 新たに明日からに向けての荷造りをする。
母と買い物に行き 色々と話をして 細々の用事をすませたら もう深夜だ。

体調管理をして 明日からまた頑張ります。




我が愛するマックが起動時に頻繁に不具合を起こすようになり アップルサポートとチャットしてみた。
サポートの方々は丁寧 親切に指導してくれてその点アップルのカスタマーサービスはありがたいのだが 
症状は改善せずで 店に持っていく予約を取った。
林檎ちゃん 機嫌なおしておくれよね。









 



僕たち、叔母さんが帰ってきたよ。

猫の三兄弟と今回5度目の再会。

IMG_9290.jpg

2月にアクシデントがあり キャンセルで会えなかったのだが 
その後 状況は少し改善され 今回の再会が実現した。



写真左)ほんのちょっとスリムになった 優しいエリオット




手短に言うと 2月のある夜 突然 ヒューイ(年若)が年長のエリオットを襲ったのだ。
ヒューイは生まれてから今までずっとエリオットと暮らしている。
何がきっかけか未だ分からずではあるが 獣医さんにしても 血液検査もし、色々調べてみたが体調の変化とは言い切れず エリオットの何らかの匂いがヒューイの気に触るようになったのではないか。。 とは想像である。


IMG_9292.jpg


耳の先を食いちぎるほど凶暴にエリオットを襲ったヒューイは その後も数度喧嘩を仕掛け
結局 2匹は別々の部屋で過ごすことになったのだ。



写真右)普段は大人しいヒューイだが急にスイッチ入るらしい。。。



目の届く範囲でほんの短い時間ならば3匹を同じ部屋に居させることは出来るが
今日、私が来てから ずっと監視していたのだが ちょっと台所に立った際、ヒューイがエリオットの後をつけ始めたので
即、別室に隔離した。
目を離した隙に喧嘩して流血されたら困る。

一人にしておくのも可哀想なので様子を見に2階を行ったり来たりである。

IMG_9291.jpg


繭玉のような隠れ場所がお気に入りのジャック。

以前は肋骨が見えるほど痩せていたのだが 体調回復してきたらしく少し肉がついて元気そうに見える。



東京に戻ってから やたらと鼻水とくしゃみが出るので風邪でも引いたのだろうか。。。と思っていたのだが
もしかしてこれって花粉症か???

それとも花粉症かと思っているうちに 実は風邪ひいてたって目も当てられんよね。
赤坂サカスで今晩までやってる写真展を見に行きたいのだが 走っていこうかやめようか。。。

う〜〜む。








カレーうどんなら店にもあるしよく聞くが カレー蕎麦って一般的なのか?


昨夜 カレーを多めに作ったので 今夜はカレー蕎麦。

蕎麦も食べたいし+カレーは食べんといかんし = カレー蕎麦 という図式。
別に悪くない。カレー粉を足して温めなおし 麺つゆを加えて蕎麦にのせ ネギを加えて出来あがり。
思った通りの見た目と出来と味である。これはこれでよし。


子供の頃は蕎麦が大嫌いだった。
しいたけも大根も嫌いだった。

年越し蕎麦は母が私の分だけうどんを用意してくれた。
学校から戻って玄関を開けた時に 煮物の椎茸の匂いがした途端に開けたドアを閉めて 何処かへ遊びに行ってしまうくらい椎茸が嫌いだった。

が、今は 蕎麦も椎茸も好物 大根は大好物だ。
味覚は成長するのだ。


子供の頃駄目だった食材に山芋もある。
当時は好きでも嫌いでもなかったが 山芋の汁がついたところの肌が全部赤く腫れたのだ。
唇は二倍くらいに真っ赤に腫れ、指先も湿疹が出た。
年取って山かけが美味しいと思うようになった頃は 湿疹覚悟で食べた。
なるたけ唇につかない食べ方をして、調理する際に触れた指先は即 よく洗うことで 湿疹を最小限に抑えることが出来るようになった。
今では山芋を切ったりすりおろしたりして食べるだけでなく 小麦粉を加えて焼いたり 好きな食材に加わっている。

味覚の変化って不思議だね。



昨夜は2時間しか眠れず。
これって時差かなぁ。
IMG_9297.jpg

一緒に2階で寝ているヒューイに何度も起こされて睡魔がとんでしまったのと フランスの奴豚からメッセージが2時過ぎに来て読んでいたら目が冴えてしまった。


明るくなるまでベッドで寝返りをうちながら待って4時半に起き 猫達の世話をし パソコンで作業してから 7時前に走りに出た。




実家まで約9キロ強のランニング。ゴールデンウィークだからなのか 車の通り少なく 走っている人も少なく 爽やかな朝で快走なり。

8時前なのにもうかなり暑いね。
日焼け止めを塗っていても しっかり日焼けしてしまった。
走るなら もう夏時間だな。
4時起き 5時出発がちょうど良い季節になってきたわけだ。




左)ママの作業台で寛ぐエリオット と 右)フェルトのポッド型巣穴に潜るジャック
   IMG_9310.jpg IMG_9293.jpg



今の所 兄弟喧嘩に至る前に制している。目が離せない。。。








やっぱ時差かな。

体内時計はまだフランスのようである。

IMG_9337.jpg

今朝も眠りは諦め3:30にベッドを出て、

ヨガして
猫に餌やり
猫じゃらしで遊び
ブラッシングして 
掃除して
飼い主さんにレポート送ってから

実家までランニング。


今朝は日陰を選んで走ったので日焼けは最小限。
実家から戻る途中に買い物して戻ってもまだ昼前で 1日が長いこと。。。




昨日 歯の詰め物が取れてしまい 週末だしゴールデンウィークだしと 半ば諦めていたのだが
ネットで近くの歯科を検索していたら 24時間ネット受付 無休の歯科を見つけ 即座に本日午後の予約入れた。
ほんと便利な世の中。

IMG_9330.jpg

テレビつけていたら 知らぬ間にコックリコックリし始め
よしよし このまま眠れるか!? と 期待を込めて
20時にベッドに入るなり。


写真は相変わらず蛇口から直飲みのジャック

IMG_9322.jpg



おやすみ みなさま。











眠れました。
 お陰様で。。。(って誰に?)

途切れ途切れだったが眠れて嬉しや!
これでサイクルが変わるといいんだけど。。。


4時半起床で諸々済ませて7時前に走りに行き
実家の用事を手伝った後 バスで帰ってきたのだが
車中でちょっと自分ではショックなことが。。。

ログイン、パスワード その他 色々な番号や記号なんか
全部記憶してられないから 覚書のアプリを活用しているのだが
数カ所に格納してあり それぞれにパスワードをかけてある。
そのうちの一つにアクセスしようとして ふとパスワードが浮かんでこなかった。。。
! へっ! 先月アクセスしたのに なぜ今 浮かんでこない?
馬鹿頭! 二回試して失敗。。。 データが消えると困るからそれ以上トライしなかった。
寝不足で脳がどうかしてるんだろうか?
それとも もうきちゃったか? 還暦前なのに? 早すぎない???
普段から使ってないから 私の脳は退化し始めたに違いない。

ショック。。 


まぁ そんな時の為に 裏口開けられる方法はとってあるが
それでも正々堂々と表口を開けたいじゃないか。 
頭がクリアになったら もう一回だけトライしてみよう。


IMG_9379.jpg

今朝 床に横たわってヨガ中にふと上を見たら この景色。

フクロウかしらん? と 思うよな ヒューイの顔。







20150619110152a8e.jpg