FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


ここは小川が流れる遊歩道。

数えきれないほど レミ&サチと散歩した愛着のある道である。
桜が満開になっていた。



明日からここをニューフェイスと歩く。

愛らしい彼を紹介するのが待ちきれない。



正月早々に経験した厄介な事柄から3ヶ月が過ぎ 自分の中では一区切り。
良い経験も悪いのも、後から思えば私の肥やしになっている。
未だ楽観視は出来ないが 腹構えは出来た。

気持ち新たに 明日からニューフェイスと歩む。






話はすっ飛んで違う話題に飛ぶが。。。

JR東日本 東北新幹線&北陸新幹線にグランクラスなる車両があるそうな。

mokei2.jpg



そして、

期間限定ふらっとグランクラス(4〜6月限定)ならばグリーン車+千円でこのクラスに乗れるらしい。
ゆったり広々リクライニング席と軽食のサービスもなかなかなんだが 
私の目が止まってしまったのは 

。。。ここ 。。。


     フリードリンク



     。。。 ここって そこかい。。。







お待たせ!

ニューフェイスの “ハドソン” です。
チョコラブの4歳。

IMG_20190405_153459 copy


散歩に出る前に ちょいとゲームして反応を見たところ
超優秀。楽しんでゲームに興じて飲み込み早い早い。




IMG_20190405_160357.jpeg




素晴らしい天気の本日。夕方でもまだ暖かい。
桜の花びらが散り始めた遊歩道を約1時間の散歩。












IMG_20190405_192656.jpeg





今日の彼は忙しかったらしい。



夕ご飯の後は もう眠そうである。
今夜は一緒に寝ようね。



















こんなにめんこい犬が居たら 人生は物凄く楽しいだろうなぁ。。

(めんこい とは 北海道の方言:可愛い的な意味 私の親は北海道出身なのだ)




5時半起床。


体操してメールチェックしてたら

「行きませんか? そろそろ」と 散歩を訴えている顔。










IMG_20190406_082526.jpeg






ちょいと先の公園へ。



実家へも立ち寄りして 親に愛想を振りまくってくれた彼。






IMG_20190406_084604.jpeg




試しに棒切れを拾ってみたら
本当は好きらしい。



ガシガシ噛み砕いて食べても困るからね
拾って持って帰ってきたら ドロップするゲームですんなり納得してくれた。







IMG_20190406_085900.jpeg





呼ぶと振り向きアイコンタクト。












IMG_20190406_093024.jpeg




3時間の散歩中、休憩もたっぷり取り
花見がてらのんびり。







IMG_20190406_135225.jpeg




戻ったら爆睡なり。

クッション積み上げて その上でいびきかいております。






IMG_20190405_213947.jpeg






昼も夜もべったり一緒。











IMG_20190406_192610.jpeg






ALL YOU NEED IS LOVE...AND A DOG



この世に生まれてきてくれてありがとう。



















ハドソンと暮らし始めてから 酒の量が劇的に減り 朝日と共に起床で 夜も早寝。

若い雄犬との暮らしは健康的で大変よろしい。

sakuraboy.jpeg


長い散歩を 午前に3時間 + 午後に1時間 

     または 

午前2時間 + 午後2時間 の2パターンで
万歩計は1日の合計が2万歩を超える。


jogwH.png

ジョギングも短い距離ながら始めた。

ハドソンは伴走するのは初めてだったが すぐにコツを掴んで上手にペースを合わせて横で走ってくれた。
私も久しぶりのジョギング。
腰の不安は拭えないが ちょっとずつ走り始めたい。






ballwH.jpeg

家では ゲームとダンスのレッスン。
最近は「訓練」とは呼ばず 全ては「ゲーム」で 犬とのコミュニケーションの一つだと思っている。
つまらない事を何度もさせるのではなく 双方が楽しんで出来る遊びの延長、だからゲーム。

ハドソンはご褒美に目が無いので かなり真剣である。
飲み込みがとても早い。





誰にでも愛想がいい。
ラブ(ラブラドールレトリバー)の特徴だね。

sleepwH.jpeg

朝晩ちょっと冷えるので 彼の温もりが嬉しい。







ハドソンのお腹に顔を埋め 

彼の匂いを思いっきり吸い込む。


彼の体温

彼の鼓動

彼の柔らかさ


彼の優しさ を 余すとこなく吸収する。


IMG_20190413_092204.jpeg



彼に体重を乗せると 「はい どうぞ」 とばかりに横になり 私に身体を預け 母のように受け入れて
温かくて柔らかい彼の身体を私に与えてくれるのだ。

彼の匂い、彼の鼓動、彼の全てを 疑う事なく 私に与えてくれる。。。


IMG_20190412_205537.jpeg




なんて 素晴らしい、言葉にならないほど なんて 素晴らしい生き物だろう。


私たちは そのお返しに 何を彼らに返せるのだろうか。。。



ありがとう 


ありがとう



ありがとう



IMG_20190413_105701.jpeg


愛してるよ。







ニューフェイスのハドソンとの楽しい10日間が終わり
実家へ戻り衣替えやら布団干し。


今年は思いがけずに長期間 桜を楽しむことが出来、落つる花びら達に心で感謝。
八重桜から皐月へ。。。

IMG_20190417_105532.jpeg IMG_20190417_104318.jpeg



IMG_20190417_104230.jpeg

実家はありがたいことに平和。
超高齢者夫婦にしては 身の回りの事は自分達でしているし
物忘れは年相応。さほど酷いわけではなく 体調もまぁまぁ。
母の不満や愚痴を「それ聞いたよ」と言わずに黙って頷き聞く。








奴豚は元気で留守。
今はマルセイユで猫の世話中。
一人暮らしの母豚の様子も見ながら 連日 カランク国立公園の中を縦横無尽に走り回っている。
ちょっと羨ましいぞ。ま、どーせ今の私じゃ 走れないからいいけどさ。
今頃のマルセイユはさぞ美しいことだろう。

56734830_10219405963882257_8776317635567550464_n.jpg 57294104_1982992855159608_962235419204780032_n.jpg




ところで
飼い犬たちと楽しい時間を過ごしてますか?

散歩、食、グルーミングの他に 一緒に楽しく遊べるゲームの時間を持つのもいいですよ。
難しいことはせず 共に過ごす時間を増やすことでより密な関係が築けます。
オヤツの必要なし、いつも与えているもので結構。
人参、りんご などでもOK。
(その分、食事の量を調整)
わんちゃんにとっては美味しい遊びです。
ノーリードの場所での呼び戻しにも最適です。





さて、来週はこれまたニューフェイスを紹介。






〈目覚めの悪い夢〉


よく夢を見る。
というのか、見た夢を覚えている。


起きてなおしばらく嫌〜な気持ちを半日引きずっていたのは昨日のこと。

『ど〜せ見るならもっと楽しくてウキウキするようなヤツにしてくれよ、 夢なんだから ・・・』

と 思わず半身を起こして独り言を言った。



悪夢とは違うんだなぁ。

   焦っちゃうヤツ。




昨日の夢は 急に思いたって 社員優待チケットで週末シドニーへ遊びに行こうという場面だった。
いまだに 客室乗務員だった頃の設定の夢を多く見る。その後の職場の夢はほどんど見ない。

急に思いたったので 奴豚に連絡せねばならん、
ATMで現金下ろして多少両替をしておかねばならん、
トイレにも行っておかねば。。。
と思うひとつひとつのこと全てが どれひとつとして上手く運ばないのだ。

フライトは満席によるスタンバイ待ちで 
トイレを探すも見つからず やっと見つけたトイレは言葉に出来ない汚さと悲惨な状態で次を探してウロウロするし、
同様に探しまくって見つけたATMは操作が分かりづらくてなかなか引き出せないどころか 間違えて多すぎる金額下ろして札束握りしめてオロオロするわ、奴豚には連絡つかんわ 
出発時間が近づいて来たのに遥か遠くにいる。。。と、ともかく色んなことに焦りまくって冷や汗タラタラしている時に目覚めた。


私はこの 焦る夢というのが苦手である。
普段の生活でも焦らないように 下準備を綿密に 準備万端で臨まないと駄目な性格なのである。

若かった頃は まだ咄嗟の状況に対処できる能力があったが 
年と共にめっきり瞬時の判断力が衰えて 焦るといいことないのである。





・・・ これは夢ではないのだが ・・・

当時 仕事を終え風呂なぞに浸かり ボ〜とリラックスしている時に

「 あっ!!! 38Fのお客さんに頼まれたジュースを持っていくの忘れてた!!!」 なんてことを思い出して
ガバッと起き上がるほど焦ることが何度かあったなぁ。
(既に遅しなんだが。。)










〈朝ドラ なつぞら〉

超高齢の親は朝ドラを日に2回観ている。

朝 と 昼の再放送。

朝観てるのに 昼の回にも初めて観るようなリアクションをしながら
さらに詳しく説明をしてくれる。

私はテレビを一緒に見ながら 横で同時に説明をされるというのが好きではない。
   
     が、母だから許す。

とりわけ この なつぞら に関しては 母の子供の頃を彷彿させる題材で説明にも熱がこもる。


母の実家は北海道の牧場であったので自分の体験も交えて 細かく話してくれるのだ。
乳業 農業の兼業で 母は牛の世話も乳搾りも畑の手伝いも全てやった。



母の父(祖父)は 神戸から開拓で北海道に渡ったのだが、入植が遅いと肥えた土地は既になく 
流れ流れてたどり着いたのはオホーツク海に面した土地だった。
そこで牛を飼い 畑を作り 家族で牧場を大きくした。

 
祖父の没後 継いだ長男の代で牧場は人手に渡った。


私も昭和40年代に遊びに行った牧場の景色をうっすらと覚えている。







トラックパッド・タッチパッドと呼ぶ人も居るのかな?

我が愛するMacBook Airちゃん。
今やこれ無しには生きていけない(ちと大袈裟か。。。)
が、無かったら色々面倒で大変になる。。
長い時間を共に過ごす親密な相棒。

普段の我がデスクはこんな感じなんだが、
近頃 度々 自分で苦笑することあり。



ここのところ かなり頻繁に 
トラックパッドじゃなくて
写真の黒で囲った部分・デスクの表面 (わかります?)
ここを無意識にトラックパッド同様に指でなぞっているのですよ。。。
で、ポインターが動かないから「あれ?」となるまで。。。






近い将来 ”どこでもトラックパッド” 或いは バーチャルトラックパッド は 当たり前になるだろうから
ちょいと先端を走っちゃってる感じ? 私って。。。


   (ぼけ とか言わんように)





年初から皆勤賞で聴いているラジオ講座も
新年度から新しいプログラムが始まり 講師もガラリと入れ替わり。

慣れたカリキュラムや声から 新しい番組内容へ移ると 
『 前の方が良かったな 』と 思うことがある。

今度の方が断然良いという意見も無論あるだろうが 
私個人的には そろそろひと月になるが まだ馴染まずにいる。
テキストの作りも以前の方が圧倒的に使い勝手が良かった。



それよりも何よりも 
これは大変申し訳ないのだが。。。

講師の方の声が はっきり言って耳触りが良くないのである。
こればっかりは好き嫌いで本当に失礼なことなんだが 
内容が心地よく頭に入っていかない。


ラジオというのは 本当に声が頼り。
声の職業をする本職の方は皆さん声質だけでなく 話し方や癖みたいなものや
声の深みなど素晴らしいので その方達と比べるのは申し訳ないのだが。


半年のお付き合いなので そのうち慣れて気にならなくなるのを待とう。。。






以前、機内で (いつも過去の客乗時代の話ですまぬが・・)
食事のサービスが終わり 夜間飛行で機内の照明を落としたあと
日本人の男性から飲み物の注文をされた時に、
さっきまで明かりをつけてサービスをしていた間は全くわからなかったのに
暗くなった客室で声だけを聴いた時に ハッとした事がある。

それはまるで稲妻が頭を突き抜けたかのような驚きで 一瞬で映画の世界に引き込まれた感動だった。
「日曜洋画劇場」(懐かし〜〜) などが 瞬時に脳裏を横切った。



というのは そのお方は 当時 渋くて格好いい主役俳優の吹き替えをしていらっしゃる方だったからだ。
小さい頃から映画好きで洋画ばかり見ていた私にとって その声は馴染みのあるうっとりするようなカッコいい大人の声だったのだ。
その声が 私だけに話しかけているのである。
映画の主人公のあの俳優さんが。。。(そういう感じ)


飲み物をお持ちした時に「そのお声は。。。」とお伝えしたら 苦笑されていた。
声だけでなく とても素敵な方だった。

機内が暗くならなかったら きっと気付くことはなかっただろう。











新たに我々のファミリーメンバーに加わった ローラ。

お年頃は私と同じくらい。。。?




フレンチブルちゃん達はデリケートな犬種。
肌、お腹具合、足腰も。
ローラも御多分に洩れず 食の種類も限られている。
足運びも 危うかったりする。


IMG_20190425_145521.jpeg

調子良く歩いていても 急に立ち止まって固まる。
以前、ガストンの世話をしていた時も同様だった。
固まると しばらく動き出さない。
とても興味ある何かがそこにあるのだろう。
(単に 一息入れてるだけかも)



IMG_20190425_173453.jpeg


飼い主さんのスーツケースを見た時は少し悲しげだったが 
寂しがる間も無く すっかり懐いてくれ
昼も夜もべったりちゃんになった。


夜も一緒に寝てくれている。
奴豚が帰国したので 久しぶりの川の字である。













犬飼いさんには 日常で、当たり前の話なんだが。。。

犬と暮らすと 早朝から色々で(特に勤め先がある人には)
早起きして あれこれ片付けほっと一息入れても まだ10時だったりして
朝の時間が長く 有意義に使えて嬉しい。

犬達がいなかったら 寝坊しているかもしれない
早朝の散歩の喜びなど知らなかったかもしれない
午前の有意義な時間の喜びなども知ることもなかったかもしれない。


こんなコミカルな表情も見ることもないだろう。

IMG_20190428_090623 copy

散歩道に出るまで 犬用キャリーバックに収まり運ばれていくローラ。
お気に入りらしく目的地に着いても 出たくな〜い という顔をする。

IMG_20190428_090812 copy



雨が苦手の彼女なので 快晴の本日(日曜)は 足取り軽く
トコトコ スタスタ 歩く歩く。



途中で猫にも遭遇して ちょいと興奮。
後ろ足が悪いとは思えない俊敏な動きで 猫を追おうとする彼女。





IMG_20190428_103111 copy


週に一度の薬用シャンプーの日。

基本的にシャンプーは好きらしい。

フレンチブルちゃん達はシャンプー好きな子が多いね。


終始 嬉しそうに鼻をグフグフさせて
じっと されるがままにしていてくれた。





今日はよく歩き
シャンプーもして
高齢犬の彼女には「色々大変だった」一日であろう。


IMG_20190427_200506 copy


夜は早めに散歩に行き
すっかりお眠で目が開けていられず
我々に付き合って起きていようとするも
こっくりこっくり 船漕ぎ始め

とうとう お休みなさいでござる。



お疲れ ローラ。


また明日。











エリオス 脱走したって。。。


「さて 今からピッちゃんとエリオスの世話に行くわ」と言って 奴豚がローラの家を出た直後に 
ピッちゃんのパパからメッセージが届き 「エリオスが逃げた」・・・だとな。

パパ達一家は休暇を過ごすべく まさに空港へ向かおうとしていたところだったので 
探す時間もないらしく 慌てた調子のメールがいくつか届いた。


IMG_8097.jpg



急ぎ 近所にまく迷子チラシを作成し 
奴豚は到着後すぐに捜索に出て、近くの電信柱にチラシを貼って回った。

ネットで拡散してもらうべく あちこちのサイトにチラシを掲載。

家の周りに 匂い付けをしたり 餌を置いたり 
気に入っていたオモチャの鈴を持って近所を歩き回ったりと出来ることはしているが 
まだ見つからず。


親切なご近所の方から援助の連絡をもらい 猫ママさん達にも情報を共有してもらった。
昼夜かまわず 探して歩いてくれているそうだ。
世の中には親切な人がいらっしゃるものだ。


ゴールデンウィーク中は保健所や動物保護施設なども閉まっているから、
発見した人が連れ込むということもなさそうで、
保護後に殺処分という流れにはしばらくはならないだろう。


去勢した雄家猫の場合は そうそう遠方までは行かない可能性が高いそうで 案外近所に潜んでいるのかもしれない。
人懐こく優しいから誰かの家に上がり込んでいるかもしれない。
もし、その人が可愛がってくれるのならそれでもいい。
帰ってこられなくても仕方ないが、
車に轢かれたりしないで生き延びで欲しい。


    探しています

  
5月3日に見つかりました!


IMG_8180.jpeg IMG_1339.jpg





20150619110152a8e.jpg