FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


3月16日 父が他界した

余命宣告より少し長く生き ”その時”まで意識も意志もはっきりだった。
薄情な家族は 旅立つその時に気がつかなかった
   それほど静かに 穏やかに 逝った。
     自慢したいほどいい表情だった。



        33660日に幕。 



父よ、迷わず行けたか?
初心者マークなんだからね ゆっくりね。



Slow down Father,
You are a beginner there.

Miss you
And See you, much later…









亡くなったあと 責任を果たすことに集中して 悲しむ余裕がなかった。
連日 来て下さっていた訪問の医師 看護士さん達 ケアマネジャー 介護用レンタル機器や出張入浴サービスさんの皆さんがパタリとこなくなり ひっそり静かになったが、
次から次とやるべき事に集中し使命感に後押しされ 朝から晩まで多忙であった。
父の穏やかな仏様のような最期の顔を思い浮かべると少し安堵するものもあった。


魂の抜けたような母に 少しでも食べさせ寝かせ家の用事を片付ける。
煩雑な手続き類は悲しむ暇を与えない為にわざと誰かが考えたのだろう。。。
酒を飲んでも少しも酔わなかった。


実際 悲しみはなかった。
病の事、余命の事 知らされていた私には心の準備期間があった。
やれるだけの事はやり 後悔はない。

ただ、落ち着いたと思うと不意打ちのように寂しさが湧いて突然涙が溢れてはくるが 時とともに慣れていくだろう。
それにあちらへ行った父とは何度も夢で再会している。

皆に訪れる 御見送り、特別なことではない。

自宅で穏やかに逝けて良かったね
あっぱれ。





fathersakura.jpg






友人の皆様
滞りなく送り出し 落ち着きました。
お心遣いはご無用でございます。。
機会があればいつか共に杯を捧げさせていただければ幸いです。











役所の用事はまずはひと段落、今は返答待ち。
飛蚊症が進んで 目がチラチラするのが鬱陶しいが しばし書類とにらめっこ。
昨今の事情で、各所にいちいち出向かず電話や郵送で済むものもあり ありがたい。


引きこもり生活はお手のもの、生協が食料を配達してくれるし快適。
連日 色んなものの処分。


母の気持ちがすこーし上向きになってきたので 数日前から朝の散歩に連れ出している。
数週間 歩いていなかったお陰で脚力や心肺機能が退院直後に戻ってしまい足元がふらついている。
短い散歩から再出発なり。


          ブログも再開。


1日にひとつ 今日はこれをやったぞと思えることをしよう


母の部屋の模様替えをしていたのだが 片付いてきたので 自分の部屋に着手。

とは言え 大掛かりなことではなく右のものを左へ置いてみたり。
昨日は東の出窓掃除をしたから 今日は北の窓掃除だ・・・ とか 
ほんのちょぴっとずつ。


最後にジョギングしたのは九日前。
ま、これも そのうち再開。








緊急事態宣言 

とはいえども 諸外国のような法律下での厳しい条件ではなく
新型コロナウイルス対策の特別措置法が施行され 緊急事態宣言が出て 外出自粛要請となったわけだ。


       要請 


各自 大人の対応が求められている。





色々な方が 家に居ようと呼びかける色々な発言の中で これは秀悦と思えたもの

ニュージーランドの警察が呟いた。。。


NZpolice.jpeg


  「歴史上初めて

   テレビの前に寝っ転がりなにもしないことで人類を救うことが出来る

     台無しにしないように」

(最後のとこは しくじるなよ って感じか?)



 
皆がテレビの前で四六時中寝っ転がっているわけじゃないが( いや それでもいいのだが )
短く ユーモア且つ説得力があるこの呟きのお方の人間度がうかがえて いいなぁ。




世界中で各分野の専門家が様々な意見を述べられているようだが
実際 模索中なわけで、、、じゃぁ置かれている立場で おのおのが出来る事をするっきゃないわな。





Lets not screw this up. 草刈正雄さん風に 「おのおの ぬかりなく」 てか?











ニュージーランドに居るボーイズ達の飼い主さんがフェイスブックに載せてた写真。

 おひさし ボーイズ! 元気そうでなにより。

返事で投げキッスを送っておいた。








これから寒くなる南半球、気温は今 日本と同じくらいのようだ。
写真は海で遊んで これから帰るところ って 感じだな。


いつかまた会えるかな。。。  








きっと多分 他でも行われているんだろうけど・・

今、フェイスブックには

 コロナ支援・訳あり商品情報グループ 


という 誰でも閲覧可能なパブリックグループがあり
コロナの縁結び救済になっている。

全国各地からいろんな業種のいろんな商品が 30%以上の割引を条件に
ワケあり商品として取引されている。

かなりの反響で すぐに完売御礼が出るものもあり
商品を見ているだけでも楽しく喜ばしい。
こういう取り組みが広がるのはいい事だなぁ。


ネットで コロナ 救済 通販 などで検索すると他にも色々なサイトがヒットする。

なのだが 何故 このフェイスブックグループが良いかと言うと
出品者さんが 本物のお方達だけ 
要するに 便乗で横流し品で儲けようとか その手の方達は見つかり次第 即 削除・通報 されるのである。
大手の通販サイトだと 元々の値段を上乗せして表示し そこから値引きしているように見せかけているものもあるそうだ。
このグループの方達は (今の所)そういうことはなさっていない と 思う。



配達業者の皆さんに 心から感謝。







(注:フェイスブックを見るには まずフェイスブックにサインアップする必要があります)







おっ!

早速 届きましたよ。



     マ ・ ・ のつく 例のヤツが !


        どれどれ 。。。 



どんな感じでしょうか ???

IMG_20200415_155821.jpeg


 開けてみると ・



お手紙が入っていて

IMG_20200415_155854.jpeg



     中には 




  これらが入っておりました。 はっはっは! (^∇^)


IMG_20200415_161059.jpeg


そうです  幻の東京ラソン2020  

ランナーシグニチャーTシャツ (大枚叩いて購入) 
ゼッケン と
 フィニッシャーズ・ポンチョはゆったり大判で風呂上がりに良いかも。

アサヒのノンアルビール は そのうちいただきましょう。








今日は久しぶりにお外へ。

出来れば 1ミリも外出したくないんだが 仕方なく出張所で証明書類取得のため、
ささっとチャリで走り抜けた地元の駅前は コロナなんて全〜然 関係ありません てな感じな人通りで驚いた。


そりゃ、自分も外にいるんだから他人のことは言えん。
が、不要不急以外の外出 多いんだねぇ〜〜〜。



明日も不要不急ではない外出。
病院へ母の薬を受け取りに行き、
こんな状況下でも「申請は窓口でないと出来ないと言う書類」の申請に隣町の銀行へ出向かねばならん。(怒)


そんなこんなで あなたもわたしも外出してたら 終息は遠いよなぁ。






続 東京マラソン2020 の こと


本日メールが来て・・・

出走権利移行に なんと 選択 があった。

・東京マラソン2021 :2021年3月7日(日)開催予定
・東京マラソン2022 :2022年3月6日(日)開催予定


どちらかを選べるのだと 言う。。。


    ふうむ・・・


大きな声じゃ言えないが  ( って言ってるが )
2021年開催 微妙・ かも ・ かも ?



とは言え 2022年 そんな先の話 まだ何とも言えないしな
それに年々老化速度速まるだろうし 63歳で走るってのも どうかしらん。


5月中旬に意思表示せよとな。









勿体なく すんばらしい晴天。

長らくの御無沙汰でした 富士山さん


IMG_20200419_084441.jpeg
  (写真は日産の坂から)



昨夜、突き出た我が腹を見て 情けなくなった。


  父が死んだ  とか 
   誕生日だったから  とか
     コロナ自粛だから  とか

自分に甘かったなぁ と 反省。
このまま行ったら 後戻り出来ない程 太ってしまいそうだ。



起床して布団を畳み 青空見上げて 走りに行った。
18日ぶり。


人気のない道を選ぶ (公園以外はほとんど人がいないけど。。)
もし前にランナーがいたら50メートルくらいは間隔を取る
すれ違うときは 大幅に間隔を開ける
風上を走る
そんなことを心がけながら1時間。



走るとね 絶対気持ちいいことはわかってるんだけどね。。。
走った後の時間の過ごし方だって ダラダラ家にいる時と全く違うんだけどね。。。
なかなか はじめの一歩が出なくてね。。。

これ、はじめの一歩になるかしらん。











最近 頻繁に包丁を研いでいる。

研ぎ石で。

キッチンばさみも研ぐ。


もちろんド素人だし 荒砥石しかないから十分という訳にはいかんが、
今じゃすっかり慣れた。
切れ味抜群で小気味よいし 玉葱切っても涙が出ない。

捨てちまおうかと思っていた全く役に立たないキッチンばさみも復活した。




それと 

糠漬けが だいぶんと上手になってきた。
漬ける時間 温度 糠床の状態 
糠床を捨てると母が言ったので 仕方なく引き継いだのだ。


父の死後、母は何もかも捨ててしまいたくなったようで 連日大量に物を処分していた。
父の物だけでなく自分の物も次から次へとビニール袋に入れ ゴミの日に私がせっせと出した。
取り憑かれたように淡々と黙々と整理していた時に 糠床も捨てると言ったのだった。

あらかた捨ててしまったのか 気持ちが落ち着いたのか ・・・ 怒涛の整理、今は止まっている。



でもって 私の漬けるキュウリが結構好きらしい。
しめしめ。







素敵な天気の土曜日。
ゴールデンウィーク・なんだけどね、一応。

ちょっと楽しい気分になれるかも、、、の シルバー川柳をご紹介。

公益社団法人全国有料老人ホーム協会のシルバー川柳 入選作品紹介  クリックして リンクからどうぞ。

どれも 秀作 力作 で 余韻まで笑えます。

・・てか 笑える年になっちゃったのねぇ・・
  (だって来週は年金相談会だもんね〜)




シルバー川柳 お暇なら是非・・・ って 暇でしょ? 

それに

「笑うと「NK(ナチュラルキラー)細胞」が活性化され
NK細胞は白血球の一種で、がん細胞や細菌に感染した細胞を死滅させる力があり
つまり、笑うと免疫力が高まり、さまざまな病気に対して強い体ができる 」 

・・ だそうなんで。







猿 木から落ちて 気落ちする。。。のハナシ

『猿」とは 私ではなく 母 の こと。
  ( ちなみに私は 牛 )

  干支の話じゃないよ・・・


91歳の母は 現役の頃 バリバリの洋裁師であった。
私が物心ついた時から 母はミシンを踏んでいた。
ともかく手先が器用で 仕事が丁寧 スキルも集中力も高かった。


そんな母を持ちながら 私といえば不器用というか、、、
家庭科の授業中 課題のパジャマを縫っている時に ミシンで自分の指を縫ったことは今でも忘れない。
多分、そんな生徒は後にも先にも私だけであったろう。。。
先生に連れられ外科で治療してもらいながら、母のDNAを受け継がなかった事を申し訳ないと思った。


が、数日前 母が自分の指をミシンで縫ったのだ。

まぁ 縫ったというか・・ 
調子の悪かった針の送り部分を直そうとしていた時に 
何を思ったか ペダルを足踏みしてしまい親指をぶっすり刺したんだそうな。

針に糸を通したまま指を縫った私と違い
母の場合は糸なしで指貫通だったそうで もう治ったのだが
木から落ちた猿の落胆具合と言ったら・・・
それでなくても気落ちしてる昨今なのに なんと気の毒なことであったよ。


人の振り見て我が振り直せってことで 笑ってないで気をつけよっと。






追記:ちなみに私が家庭科で縫ったパジャマは その後 母が全てほどいて縫い直した。。。
   





ちょろり ちょろり と 走っている。

「ちょっとだけよ」と思えば出かけるのも億劫ではなく 
さっと行ってさっと帰って、短距離をささっと走る ”さ行” ジョギング。(勝手に命名)


連日ニュースやネットでジョガー&ランナーに対して批判的なご意見も多く
さ行ジョギングだって遠慮しいしい 人目を気にしいしい である。

十字路でまわりを確認し 誰かがいたら方向転換 人が歩いていない道を走る。
 
うっかり出合い頭で至近距離に近づいたりしたらどきっとする
何か文句言われたら嫌だなとビクビクしちゃうよ。
だって 最近 国民総御意見番みたいだもんな。

無論マスク着用、慣れたので苦しくない。
そのうちマスクしてる方が走りやすくなったりしてね。。




久しぶりに馬事公苑近辺を走っていたら 大きな鶏発見!
こんなの前からあったっけ?

nodaitori.jpeg


ここは東京農大の博物館なんだけど、

nodai1.jpeg


よく見たら お洒落なカフェが出来ていた。
なんでもNYから来た 卵料理専門店だそうな。
へ〜〜。






20150619110152a8e.jpg