FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



目覚ましなくても 同時刻に目がさめる。
今朝はジョギングさぼって 奴豚とビデオチャット。
時差的には こちらの早朝=奴の夜 が 落ち着いて話せる。


プロバンスのど田舎の暮らしも 市場やレストランが再開し平穏のようである。
市場の店主と仲良くなり 情報交換したり 貰い物なんかもしているらしい。
ある店主によると 観光客や冷やかし客のいない ジモティー客だけの今の方が 必要なものをちゃんと買ってくれ 落ち着いて話が出来て良いとのことだそうだ。





久しぶりに近所のスーパーへ行ったが 混んでおらず 品切れ品もなく 静かであった。

甘いものの誘惑に負けてしまった。
密かな楽しみにとってある ”タケノとおはぎ”(店名)のおはぎはまだ食していないが
レジに並んでいた時に ふと先日ネットの宣伝で見たアイスクリームに目が行き 買ってしまった。

     ほらほら、宣伝の力 凄いよね。。。 
    また まんまと乗ってしまったじゃないか。



iceng.jpg
よくよく見たら アイスクリームじゃなくて ラクトアイスだった。

ラクトアイスは食べないことにしてたのに。

糖質オフなんちゃらかんちゃら ってのは 往々にして旨くないことが多いのだが
御多分に洩れず。。。



戸田恵梨香ちゃんをCMに起用して 好感度高いのだが
江崎さん御免なさい 美味しくなかった・・・





唐突ですが・・・

食事の時 箸をつける順番てあります?
私の場合、うち飯であっても一応前菜的なものに先に箸をつけるのだが
どうやら母は好きなものから食べるようである。

食卓で「え?!それから行くか?!」と思うことが多くて 横目で観察しているのだ。


そこいくと 奴豚は育った環境が影響しているのだろうが コース料理風順番で進む。
和風家庭料理でも あれこれと混ぜて食べることはせず 一品食べ終えたら次の品という感じ。












今朝は 先日 素通りした井戸ポンプの写真を撮ろうと向かったのだが 
場所がうろ覚えで ぐるぐる回って探したのだが 結局見つからなかった。


この近辺は何度もウロウロしているはずなんだが おかしいなぁ。。。

   と 思いながら この像にも気づいていなかったことに驚いた。


tamaden1.jpeg


     砧線軌道跡 と記されている。



もちろん 東急玉川線 = 玉電 のことである。



子供の頃 親に連れられ玉電で渋谷へよく行った。
運転手さんと車掌さんがいて 小さな路面電車の玉電には旅に出るようなワクワク感があった。

1969年に廃止される時 さようなら玉電 と飾りつけられた小さな車両を見に行ったことを鮮明に覚えている。


それ以後 渋谷は遠い遠いところになってしまった。
というのもバスが取って代わったのだが 当時は渋滞がひどく時間がかかる上 
私は車酔いが酷くて のちに地下鉄新玉線(新玉川線ー現在の田園都市線)が開通するまで 渋谷へは行けなかった。
   (今なら走って往復するのにね。。昔は遠いところに感じたなぁ)


ということを色々思い出していたのだが・・・


   この像 よく見ると なかなか面白い表情をしている。

     tamaden2.jpeg


背中合わせの二人 片方の腕を組みあっているのだが 

もう片方の腕は 一人は頭の上、一人は足を抱え、


tamaden3.jpeg tamaden4.jpeg

     で、二人とも上を見上げている。
tamaden5.jpeg





その表情が 愛すべきというか 愛嬌があるというか そんな風に見える。







今日、天気予報は晴れマークだったのにね。。。


母が庭の木の枝を切ってくれと言うので剪定。
「すぐやる課」で「何でも屋」だからね・・・


可哀想なこの木は いつも伸びては切られ伸びては切られで 気の毒な木だなぁと常々思っていて
それは父の趣味かと思っていたのだが
 
なるほどそうか、
母が切れと父に命じていたのだな と 今日 分かったわ。。










昨日に引き続き ウロウロジョギングは うろ覚えの手押しポンプ捜索。

今朝は思いつく辺りを隈なく縦横無尽に走ってキョロキョロしてみたが見当たらない。
     記憶違いかなぁ。。。
  お陰で距離が伸びていい運動。


結局 違うポンプを3基(ポンプは1基2基と数えるのだろうか。。。?)発見して それはそれで収穫だったが。。


今回のポンプ ひとつは 「麗しのポンプ部門」の第二位に入れてしまったほどの美しさだった。
紹介したいが 今は出し惜しみ、もう少々お待ちあれ。
(麗しのポンプ部門 第一位は先日の多摩川河川敷のポンプなり)


もうひとつは「残念なポンプ部門」ぶっちぎり一位。

kanashiponp1.jpeg kanashiponp3.jpg

     手押し部分 折れちゃったのね。。。


立ち位置は 公園の堂々真ん中なのに 役に立ててない感が残念でたまらない。。。



今朝見つけたポンプ3基目は民家園の中にあり、開園が10時ということで中に入って写真取れず。



     このところ やけにポンプが気になって・・・

         で、

     絶対いるだろうと思っていたが、ふふふ 見つけてしまった。。。

        手押しポンプ愛好会さん 

インスタグラムで活動なさっている。
投稿からポンプ愛がぐいぐい伝わってくる。写真も綺麗。
(ご興味のある方は ”手押しポンプ愛好会”で検索ください)



それにしても 何故こんなにポンプが気になるんだろうか。。。

最後にポンプで水を汲んだのは何十年も前だが 
夏の日、冷たくて美味しい井戸水が勢いよく飛び出てくるあの清涼感たら、例えようなく”夏”という感じで 
ポンプの横に たらいに入れて冷やしてるスイカの情景とか・・・ 
水口延長パイプの先につけた布とか・・(細かい。。。)
そういうノスタルジー感と 今でも現役で使用されているという点が良いのだろうなぁ。。。

ちなみにネット通販で見たら ポンプというのは それほど高価なものではないのだね。

買わないよ、 井戸ないし。。


     ポンプに力が入り過ぎた 




今朝の自撮りはこの方。

torinohi1.jpeg

タイトルは 鳥の碑。 胸に鳥を抱えてらっしゃる。
悲しそうな表情に見えるが。
   でも 何も伝わってはこない。

torinohi2.jpeg


   ポンプには愛を感じるくせにね。








湖畔のように 靄〜っとした朝。




写真は 晴れた日は富士山が望める ”岡本激坂” 上 にて。

この岡本三丁目には 通称「激坂」=「富士見坂」 の他にも二つ坂があり 
先日 一番端にある坂を駆け上がってみたところ 
ランニングアプリには「岡本並坂」と表示された。

 と  ・ ときたら 真ん中のは  か ???  

   名前はいかに? と思い 意気揚々駆け上ってみたのだが 

    ・・・特に命名されてはいないようであった。。。






畑が多く残る近辺を走っていたら 次大夫堀公園に入った。

jidaifu1.jpeg


ここは昼間訪れても落ち着くところで
(今は知らないが)

古民家の縁側に座ってゆっくり本でも読むのに最適な場所である。




早朝は 
田んぼに注ぎ込む水の音だけが聞こえ 
良いものだったよ。









     こんな像たちに出会った。



  jidaifu2.jpeg jidaifu3.jpeg

       可愛い。。。

  girllookup1.jpeg girullookup2.jpeg


     皆 上を向いている。







畑が多いから あたりに手押しポンプはないかと期待したが
考えたら 農作物を作っている人達が 
今時 ポンプなんかで水汲んでるわけがないよな。。。

皆さん、大地主さんで 大きなお屋敷ばかりだから ポンプがあるとしたら敷地内なんだろう、きっと。










本日は恩師である ”兄さん” のブログと勝手にコラボ 

     ポンプを語る 第二弾

昨日、兄さんから手押しポンプ情報をいただき 地図で場所を確認しているうち 何気なく以下の情報に行きついた。


  

世田谷区のホームページから抜粋 :

  世田谷区には古くから井戸が設置された地域が多いことから、この井戸を防災・地震対策として活用しています。
これは、災害時の生活用水の確保を目的としたもので、区民が所有している井戸を震災対策用井戸として指定するというものです。
  2010年4月1日現在、指定を受けている井戸は、世田谷区内で1,504ヵ所に上っています。
なお、震災対策用井戸の指定を受けるためには、「震災時井戸水提供の家」の看板を門・扉・塀など、近隣から見える場所に表示することや、災害時に付近の住民に井戸水を提供することが義務付けられています。

  こうした取組みを行うために世田谷区では、手押しポンプ設置や修理に要した費用について、その経費の2分の1、50,000円を上限とした補助金を交付しています。また、2年に1度の水質検査を区が行い、災害時に備えています。


* * * * * *  * * * * * *



本日の兄さんのブログでも 方々で手押しポンプを見かけるようになったとおっしゃっておられた。
やはり 手押しポンプは 実は着実に数を増やしつつあるのかもしれない。


       誰かポンプ設置しない?



ポンプの中でもひときわ美しいサンタイガーの製造業者が廃業したそうで とても残念。

suntiger1.jpeg

私が選んだ「麗しのポンプ部門」 一位・二位 も サンタイガー社製である。
凛とした美しさがあるのだ。
どの角度から見ても無駄なくすっきりなのに 存在感がある。






今朝は起床時の気持ちは南向き。
まっすぐ南へ舵取りで行きついたのが上野毛自然公園。
kaminogekoen.jpeg


高低差を利用した深い森のような静かな公園である。



そこから多摩川に出て帰路へ。









   自撮りは 嬉し可愛いし フクロウちゃん達と。

fukurofufu1.jpeg


奴豚が梟コレクターで 実家のロフトには奴が世界中から集めた梟グッズが眠っている。
梟に会いに 富士宮市にある富士花鳥園へも行ったことがある。

fukurofufu2.jpeg


何かをとても愛する人の近くにいると 
自分はそれほど興味があったわけでもないのに 
だんだん趣味が移ったりするわけで 
私も梟を見ると「オッ』と思うようになった。




帰り道 元気に岡本激坂を駆け上がるなり。














駒沢公園の脇に 素敵なポンプがあるのを知っていて 

  今朝はそいつの写真を撮りに行こうと出発。



公園内には入らない。
ここは外出自粛中も ジョギングの人の多さで 何度もニュースで報道されていた。
そこで走らねばならぬ意味でもあるのだろうか。。。
いや、そこに集中してくれるお陰で他にはジョガーが少ないのだから こちらとしては好都合とも言える。





   あら・・・ 残念。。。

komazawapump2.jpeg komazawapum3.jpeg



    縛られてた。  川本式 






綺麗なポンプなのになぁ。
復活に期待しよう。

komazawapump1.jpg



これは去年の8月に撮った写真。

現役時代の勇姿。。




見てるだけで 涼しげ。
(実は以前からポンプ好き)


















さて 今朝の自撮りは このよくわからない像と。。。

nandaro1.jpeg
nandaro2.jpeg


アイススケートのビールマンスピンを決めてるポーズのようにも
サーカスで究極に身体が柔らかい人が披露する仰け反りポーズのようにも見える。

タイトル見たけど 理解出来ず すでに何であったか忘れた。
気になる人は玉川高島屋へ。













ウロウロジョギング の途中 

気になっているのになかなか買いに行けない ”タケノとおはぎ” の店舗前を通過。
早くから 中で作業されている人がいる。

haginooha.jpg
写真は本日の7品セット

平日のみ単品でも買えるようになったのだが 
(売り切れ御免につき注意)
それはそれで 買いに行ったら全品欲しくなるだろうし

と言って 7品セットじゃ食べきれんし。。。 

思案してる間は 食べられんぞ。








行き交う人達にお褒めいただく我が家の百合。
しばらくは 家じゅう良い香り。

niwayuri.jpeg



   ちなみにガーデニングは趣味ではない。















前夜のうちに特に行きたい場所を思いつかなければ
ウロウロジョギング の方角は 起きた時の気分で決めている。


   今朝は北へ。



2015年にペナンウルトラという85kmのマラソンを完走すべく積んだトレーニングで 
家の近所を走りこんでいた時に よく使っていた遊歩道の周りにいくつも公園があったことを思い出し 
改めてウロウロしてみることにした。


烏山川緑道は延長約7km + 目黒川緑道500m に 北沢川緑道4.2km を足して往復すると結構いい距離のトレーニングになるので 好んで使っていた。
遊歩道は道幅が狭く 早朝散歩の方が多いので 今は走っていない。



ひたむきに距離走っていた時と比較すると 
今のウロウロジョギング は 来た道を引き返したり、迷って地図を確認したり 
止まって写真撮ったりと臨機応変おおらかな気持ちになれて 
こんな走り方が今の自分に合っている気がして 
これはこれでとても楽しい。




今朝は涼しく快適。


葭根公園(よしねこうえん)で この像に出会った。


hato2.jpeg hato3.jpeg


題名は ハト 
こういうわかりやすい題名はいいな。

hato1.jpeg


色々な角度から撮ったが これが一番しっくりきた。
なかなか良い像。こういうのを見つけると気分が良い。




さらに嬉しいことに 手押しポンプまで同居してた。

yoshinepum2.jpeg


小さな公園なのに この至れり尽くせり度に朝から感激。

珍しいステンレス製。

yoshinepum1.jpeg



で、帰宅してステンレスのポンプについて検索してみたら
多分 これはステンレスのカバーで 

yoshinepum4.jpeg


実は 中に こいつが大切に保護されて入っているのだろうと推察。

yoshinepum3.jpeg


川本ポンプのドラゴン・ 大切にされてるわ。



カバー脱がして中身見てみたくなる。。。





  



STRAVAというランニングアプリを使っているのだが
余計なお世話で 時々、あんたの持ってる記録を誰々さんが抜いたよ とかいうメッセージを送ってくるのだ。

記録と言ったって アプリを使っている人達の中でだから 大した人数でも記録でもないのだが
今まで 仙川沿いのある区間の女子区間賞を持っていて 
それが今朝誰かに抜かれたというメッセージだった。

別にいいんだけど と思いながら見てみたら(・・別にとか言ってるわりに・・・) 
その誰かさんは数秒速かったようだ。


わかりました。受けて立ちましょう。



   ( 心臓ばくばくだから駄目だろうけど )










本日休足日。
涼しかったので 布団にくるまりゴロゴロの朝もたまには良い。

大腸内視鏡検査受診のため 朝からおとなしくしていた。
昨年から毎年受けることにした。
外見は元気そうだが 中身は年相応で胃腸弱めだし。

二日間は運動自粛指示で 明日も休足・休肝日だわ。



ということで、

昨日のウロウロジョギング で出会った 別の像を紹介。

   (昨日は大漁だったのだ・・・)



見つけた時は 『可愛い!」と思ったのだが
近くで見ると けっこう怖い。。。

nakayoshi1.jpeg

でも このおしりはちょっと可愛いかも。

題名は なかよし


nakayoshi2.jpeg nakayoshi3.jpeg


この公園も狭いのに 像があるとは立派。





で、そこから適当に走っていたら 

   手押しポンプ発見。


これは明らかに最近設置されたものと思う。

slimpum1.jpeg


すごく細身 華奢な感じ。
水道の蛇口を後ろに従えているのもいい感じ。



説明文を読んだらば、
このスリム嬢(ポンプのことね)
やはり災害用に設置されたようである。


slimpum3.jpeg


  この写真の背景に写っているのがマンホール部分だろう。

slimpum2.jpeg


ここにトイレを設置するようになっているのだと思う。

大きな団地に囲まれた場所にある。



今の子供達にとって手押しポンプは遊び場回りにある普通の物として写っているのだろうな。
私がポンプに抱く「懐かしい」思いは 我々同年代にしか共有できない気持ちなんだろう。







内視鏡検査のせいでどんよりだるく力が出ない。
滅多にしない昼寝でもするか。。。







二日間の休足日経て ウロウロジョギング再開。


休足と言っても朝走らないだけで あちこち出かけて忙しかった。
マスクしてるからって どんだけ効果があるのか未だ分からんけど 
会議室で2時間話し込むというのは 間隔空けてドア開けて換気してても 気にはなるよね。
オフィスで仕事の皆さんは社内でどんな対策とってるんでしょう。




さて、
今朝は登りゆく太陽の日差しが強く 気持ち良い朝だった。
クチナシの香りがそこここに・・ 走っていても思わず振り返る。



兄さんから頂いたポンプ目撃情報をもとに 目指すはビール坂。

     で、
 

   途中 世界的に有名なキャラクターと自撮りしに行ってみた。


gozila2.jpeg


実は ここに立っていらっしゃるとは昨夜まで知らなんだ。

誰かいないかなぁ と 地図で探していて発見。
早速 ウキウキやってきたというわけ。


gozila1.jpeg

尻尾で壁を削り取ってしまうところまで・・芸が細かい

gozila3.jpeg


早朝は警備員さんしかいないので おバカな自撮りも出来ちゃいます。

な〜にアホなことやってんだか。。。



ま、もともと この自撮りシリーズだって 十分アホなことだけどね、
いいのいいの。






さて、ポンプを探してひた走る。

これかな?

beersaka2.jpeg beersaka1.jpeg

スリム嬢だった。
すくっとした佇まい。
赤いテープが個性的。





帰路、あれまぁ またみ〜つけた。

ピカピカ

それも道路脇は珍しい。

kinutapum2.jpeg


砧中学の側、成城六間通りに面している。
必要な際に 手押し棒をつけるんだろうけど これだけでも美しい。

kunutapum3.jpeg



今朝は一粒で二度美味しい気分だった。










なんでも 梅雨入りするらしく・・・


朝のうちは天気良く 風もさほどなく 少々湿度を感じたが涼しく快適だった。
今朝は朝日に向かって走った。(要するに 東の方角へ向かったわけだ)




さて、本日のウロウロジョギング 自撮りシリーズは

   題名 「振り子の ね」 

よくわからないが、父と子と牛?山羊?

furiko2.jpeg




何故か へばってるっぽい牛だか山羊だかのお尻を押すような感じに子が立っている。
嬉しくはなさそうだ。途方に暮れた感じ?
でも 父のような像は 普通に座ってるし。
(作者 江田正盛氏の説明が欲しいところだ。。。)


furiko3.jpeg furiko1.jpeg

う〜む 理解出来ないけど 朝日が良く似合う。

furiko4.jpeg



「 お父さん 色々あるでしょうが お互い頑張りましょう!」

 ・・・てな感じに 撮ってみた・・・





今朝はペース早めで さっさと切り上げ。




こいつは 数少ない 箱入り息子ポンプ部門 

iepum.jpeg

お庭で現役活躍中なり。

背伸びしてパチリ。すんません、パパラッチじゃないっす。
決して怪しい者ではございません。
単なるポンプ好きです。















梅雨入りした翌日は青空。
風もなく静かな朝であった。


ほんのすこ〜し喉に違和感を感じたのでジョギングはせず ポストに手紙を投函しがてら散歩。
母の通院に付き添うのに風邪なぞ引いてるわけにいかない。



こんな日用にと撮りためた自撮りから 希望ヶ丘公園内に立つ少年をばご紹介。

natsunokawa1.jpeg


natsunokawa2.jpeg


   題は  夏の川



昔は東京にもザリガニやメダカがいて 蛍も飛んでた。

メダカは無理でも ザリガニなら まだいるのかな。









この公園には彼の他にも小さめな像が4体。

4ninzo.jpeg


高いところから見下ろしてらっしゃるので望遠で撮ったら ちょいとボケ気味なんだが。。。


kibo5.jpegkibo4.jpegkibo3.jpegkibo2.jpeg



ま、別にどうでもいいか・・ って レベルで あいすいません。







コロナ別居で奴豚とはリモート。
ライブビデオ・メール・メッセンジャー などだ。

気分の良い日と悪い日 誰にでもあるだろうが、互いに悪い日は話題がネガティブで時に攻撃的にもなる。
そういう時は 早めに切り上げるに限る。だらだら繋がっていたって 良い方向には進まない。
大抵 奴が唐突に じゃぁ と言って接続をプツリと切る。突然切り替わる画面と静寂。
始めのうちは「感じ悪りぃ・・」と思ったが もう何とも思わない。

リモートでこうなんだから 毎日ずっと同じ屋根の下に居れば 色々葛藤あるだろうね。










天気予報で6時過ぎから雨とのことだったが 予報通り。

早朝は いい塩梅のお湿り具合で 涼しく走りやすい朝だった。
降られる前に ウロウロジョギングを終えるなり。




  本日の自撮りは 見入ってしまう 素敵な作品。

moon2.jpeg


moon1.jpeg

   題名は 太陰暦


そう言われれば そんな風に見えてくる。


宇宙時計の様にも カメラのレンズの様にも。







後半のウロウロ中に なんと! ポンプを3基も発見してウハウハだった。

それも い〜い感じのヤツ。

     ほら!

kawamoto11.jpeg

   最高でしょ? 川本式

kawamoto12.jpeg


   大切にされてるし。。。





slimpu11.jpeg



その後 スリム嬢がいる”桜ヶ丘こぶし公園” を通って 


雨が降り出したので黙々と帰路を走っていたら・・・

















あらら・・ 大ファンの サンタイガー と目が合ってしまった。

sunti1.jpeg


それも 箱入り息子部門 現役活躍中。

(注:箱入り息子部門の定義は民家の敷地内という意味である)


この道は以前も走っていたのに 気付かなかったなんて 私としたことが。。。
逆転大ホームラン的にジョギングを締めくくることが出来て 幸せ気分でダッシュで帰宅


    そう

そろそろダッシュの練習を始めなければと思っていたのだ。
先日触れた ランニングアプリの区間賞奪還に向けて心臓鍛えないとね、
なんせ 13分強も続けて全力疾走せねばならんのよ。 





一昨日から 午前10時半は 体操のお姉さん(あえてお姉さんで 宜しく)になっている。
母と一緒に簡単な体操を始めた。これぞ正真正銘「お母さんと一緒」だね。
たったの15分だが 一緒にやる事で母のやる気が出る。
塞ぎ込んでマイナス思考だったのが、この頃 少しポジティブに変わりつつあるようだ。




雨の音が心地よく感じる 落ち着く土曜日。







霧雨の朝。

雨合羽は蒸れるね。。。
でも 散歩の人は少ないし 普段は行かない公園も人影少なく駆け抜け可能。


ここ二日 夜遅くまで音楽ビデオ鑑賞でちょいと寝不足。
  昨夜は ”安全地帯武道館ライブ”   Yay



さて、
  本日のウロウロジョギング 自撮りは この  ちゃんと。


fukurokun1.jpeg


何気なく行き交う普通の散歩道、大して気にも留めない石の彫刻 と 思ったら
    実は 文化芸術遺産だったとは。。。


fukurokun2.jpeg



いつも通りに自撮りにおさめ 家に戻って検索してみた結果
この 「梟月夜」 という題のついた彫刻の作者は 手塚登久夫さんとおっしゃる方であった。
梟をモチーフに数々の作品を生み出し 数々の賞を取ったお方だった。

出身地の日光に 「日光市ふくろうの森手塚登久夫石彫館」という記念館があるそうで
梟好きの奴豚を連れて いつか訪れてみたい。


詳細は 以下、日光市のHPから
https://www.city.nikko.lg.jp/shougaigakushuu/annai.html


手塚登久夫で検索すると 沢山の梟の彫刻画像を見ることが出来る。



   でも、日光から遠く離れたこの地に・・・ 
     何故ゆえ ここに設置されることになったんだろうか。。。






そろそろ帰るか・・・ と 走っていたら 箱入り息子 発見


最近、他所さまの庭にも興味津々で 走りながら覗き込んだりしているのだ。
早朝だからいいけど あんまりキョロキョロしながら徘徊してると 空き巣の下見かと思われても困るね。

この道も何度も通っているのに 今朝も呼ばれるように視線の先にポンプがいた。

hakoiridare1.jpeg

でも
如何にせん 少々遠いよ、君。
駐車場の奥まったところにひっそりと佇んでちゃ
よく見えないし。。。


どこの誰ちゃん?




川本式のようなんだが 
深いモスグリーン サビもなさそうで 現役バリバリじゃん。

いいなぁ 毎日このポンプで水汲みしてるとは 羨ましいことだ。









午前のうちに一品調理しとくと あとが楽なので煮物を作っておくのだが
今朝は煮込み時間と火加減の調整に失敗してちょいと焦がしてしまう。
いつもタイマー弱火にして ほったらかしにしとくのだが 今朝は火加減が強すぎた。
芳ばし〜い煮物に仕上がってしまった。

   大丈夫 食べられるから。  














走り始め なんだかしんどいなぁと思っていたが 
どうやら湿度のせいだったようだ。

じわ〜っ じめ〜っの朝だった。

長く走ろうとか速く走ろうとかは一切せず。
  「少しでいいのよ・ゆっくりでいいのよ」と思いながら走っていれば 
だんだん元気になり距離も速度も出てくるものだ。



今朝のウロウロジョギング 自撮りはこのお方の作品

hanano1.jpeg


    題は 花の咲く頃


佐藤助雄氏、山形県出身の彫刻家で これと同じ像が宝塚市にも立っている。


数々の賞を受賞されたそうである。
68歳の時に世田谷線 宮の坂の踏切で自らの命を絶ったとのことだった。
大らかで詩的な人物像がお得意だったそうである。
題にぴったりの優しい季節の香りがしてくるような自然な少女の表情だな。


hanano2.jpeg



豪徳寺に佐藤記念館があり 作品が展示されているそうである。
http://www.portaltokyo.com/guide_23/contents/c12032sato.htm
ここもいつか行ってみよう。

hanano3.jpeg


それにしても 像って結構沢山あるもんだなぁ。

学校には必ずあるだろうと巡ってみたが 意外とそうではなかった。
思いもしない場所で発見すると 心がちょっとスキップしてしまう。

像のお陰で ジョギングが続いている。
何が励みになるかわからんもんだ。










ポンプにいたってはまさかこんなにあちこちにあるとは思っていなかった。
公園に設置されているのは 大概がスリム嬢タイプである。
今朝も公園内で一基、学校の校庭に一基発見した。


slimchan.jpeg tssuruchu.jpeg

これはベローズタイプ ハンドポンプという名称で 

ベローズって何?と思ったら
英語で bellows 蛇腹やふいご のことだった。

”液体や気体等を扱う配管系における蛇腹構造を持った伸縮管” だって。
力を入れずに給水が出来て丈夫で長持ちなんだそうな。
美しさにはかけるけど実用的なんだね。






世田谷警察署の敷地内に どなたかの像が立っていて気になっているのだが
早朝とはいえ 敷地内の柵で囲まれた所へ入っていく勇気がまだなく
横目で いつかね と思っている像が一体ある。

     あれ、誰なんだろか??













昨夜は 今年のスーパーボウル・ハーフタイムショーを観ていて また就寝時間を過ぎてしまった。
ジェニファー・ロペスとシャキーラの圧巻のパフォーマンスてヤツだ。見ていなかったのだ。

夜更かしの癖はいかんね・・・ 起床時スッキリはっきりしない。


そんなんで今朝は出発時間が遅くなってしまったこともあり
狙いをつけて目的地まで真っしぐら。


   信号でも止まらず。

この信号で止まらず・・ だが、  先月のこと・・・


環七陸橋下の六叉路交差点で 車の通りがないのをいいことに 軽快に信号無視で たったった〜!と 渡ったところに な〜んとま 自転車のお巡りさんがいて  「赤信号ですよ」と諭されてしまったもんだから、(そんなとこでフィッシングするなよ。。。)
横断歩道では速度を落とし、あたりをキョロキョロ見回して 誰もいないのを確かめてからにしている。



   早朝、だ〜〜〜れもいない し〜〜んと静まり返った 横断歩道で 
   信号が青になるまで 止まって待ちますか?  あなたは。。。






今朝のウロウロジョギング 自撮りは この方達と。

hahatoko2.jpeg



     題名 母と子

      (腿の質感はJロー&シャキーラ級)


札幌出身の本郷新氏。
有名な記念碑の作品にこの方のお名前を見たことがある人も多いかもしれない。
世田谷区内には この他にもあるので 後日紹介予定。
hahatoko1.jpeg

実は 6月3日のブログで 「何も伝わってこない」と 失礼な感想を書いた 「鳥の碑」 も この方の作品であった。


「苦しみ強いられる人々や困難に立ち向かい打ち克とうとする人物が題材の作品」が多いことを知ってから「鳥の碑」を改めて見ると 別な見方が出来るというものである。

札幌に 本郷新記念札幌彫刻美術館 があるそうだ。













全く予想外に 素敵なポンプに出会った。

以前来た時は全く盲点だったのだな。

どっしりと立派な豪徳寺境内。

gotokuji1.jpeg


し〜〜んとして 朝の空気がキリッと引き締まって 別世界。
重々しい雰囲気と深い緑 自然と息をひそめるね。



gotokuji2.jpeg


招き猫達の写真は何度も撮っているから パスと思ったら 



   あらら 目に飛び込んできたのが


     この川本式ポンプ。

     gotokupu2.jpeg

     静寂のなかの このたたずまい。
   (写真中央のポンプが見えるだろうか)



          美しい 

   gotokpu1.jpeg



こういう背景に似合うのは やっぱり川本式だなぁ。


gotokupu3.jpeg





今朝は他にも スリム嬢二基にも巡り会ったのだが
彼女達のことは後日にでも。














今朝は 高原の朝のようでございました。

こんな日は 早起きの甲斐があるというものだ。
ぼんやりと見えた富士山は あらかた雪が溶けてしまっていた。




     今朝のウロウロジョギング 自撮りは この青年。

     
     seishun2.jpeg


     題名  青春


う〜〜ん、わかるよ。青春 だよね。
この作品が出来上がった頃はどんな時代だったのだろう。。。



  田畑一作氏の作品。

1915年京都出身の彫刻家で、大地の生命力、自然と調和する造形を追求した作家。
昭和37年に、アフリカ、ガーナの熱帯医学研究所の庭に、野口英世博士像を建て、日本庭園を造園するために派遣され、3ヶ月間庭造りをしたそうだ。
晩年、世田谷区に居を構え 関東中央病院で亡くなったと聞くと親しみが湧く。


seishun1.jpeg

意外と小さめな像。
植え込みの向こうにいるので少し距離があるのよ。



kunutapum1.jpeg


砧方面をウロウロしたので ついでに砧総合支所前の スリム嬢も見に行った。


後ろが騒がしい感じで気の毒。


必要な時しか使わないってことだね。







成城学園の正門に なにやら像が立っているのだが 
関所(案内所)の向こうだから入っていけない。守衛さんは24時間体制だそうだし。 

あれは誰? 創立者さんかな。





仙川近くを走っていたので、例のスプリントコースを走ってみようかと川沿いに出てみたら散歩の人が多過ぎ。
マスクして全力疾走など とても出来っこない。
通り一本はずれたら 誰もいないのだけどね。




帰宅して ランニングシューズ洗ってスッキリ。
知り合いで ランニングシューズは洗わない主義という人が結構いる。男性だが。
磨り減って履きつぶすまで。。。 結構 発酵度はキツイ。

私のお気に入りアシックスのゲルフェザーは 靴底よりも親指のメッシュ部分が脆くて まずそちらに穴が開く。
乾いたら繕い もう少し頑張ってもらわねばね。









我が家の場合、生協の宅配は早朝に届く。
朝も早くから仕事している方達である。

真夏の間は 4時前に来ることもあったが 今のところ 5〜6時の間に届けて下さっている。

今朝は少し早くて ちょうどジョギングに出る時 ばったりだった。

一度「そんなに早くから仕事してるんですか?」 と 聞いたことがあったが 
「上手くいけば昼頃には上がれるんです」とおっしゃっていた。
時間的融通の効く職場は良いよね。


新聞配達の方達も 私を認識し始めたらしく 今朝は軽く会釈されてしまった。




さて だんだんと像を求めて遠出するようになってきた。

これまではウロウロぐるぐるしながら偶然出会ったりしていたが、難しくなりそうなので 往路は目標定めてひた走り、帰路はその日の気分でダラダラ寄り道という感じになりそうだ。



     本日のウロウロジョギング は 自由が丘駅前の 女神様。

     自由が丘という名前に相応しく 自由の女神 である。

          題名は あをぞら


   jiyugao2.jpeg

   女神様 背が高いのね。


jiyugao1.jpeg jiyugao3.jpeg


早朝でもロータリーには 客待ちのタクシーや通勤通学と思える方達 交番のお巡りさん などなど 結構人が居て 自撮りは気がひけるが 自分が思うより他人は気にしてないのだ。



熱海市名誉市民で文化勲章受章彫刻家である澤田政廣(せいこう)氏の作品。
熱海市に記念美術館がある。

駅前広場の生い立ちは 以下を参照あれ。


jiyuga8.jpeg





帰路 

不意打ちのように サンタイガー に出くわした時の喜びと言ったら言葉に出来ない。

それも新しい。

suntig11.jpeg

この絶妙な深い色合い、やっぱり素敵だ 綺麗だ。


suntig2.jpeg

嬉しいので 写真沢山載せちゃう。

suntig3.jpeg



サンタイガー は洋風、川本式は和風という感じだな。




喜びも束の間、カラータイマー  が作動し始め
念の為 トイレありの公園の脇を通るルートを選択し 緊急事態に備えるも だましだまし無事帰宅。











母の通院日で 朝から雨の予報だったし・・・


明日は走らないぞ〜って決めたから 昨夜はワイン一杯だけ多めに飲んじゃって 
気分はリゾートだった。(安上がりな私)


で、ゆっくりめに起床。

足休めには丁度いいタイミングだった。



さて 明日は何処へ行こうか。








ひんやり素敵な朝だった。



今朝のウロウロジョギング は 千歳烏山駅までひとっ走り。

道中 公園の近くでない限り 人とすれ違うことは ほぼない。



     清掃工場の煙突だって 綺麗に見える朝陽なり。

     gomiyaki1.jpeg


  本日の自撮りは 


先日の 青春 と同じ作者の 田畑一昨氏 による


       花信風
     


     kafu2.jpeg

花が咲く時期の到来を告げる風という意味 なんだそうだ。

花束を抱え 風にスカーフをなびかせた 素敵な女性だ。


     kafu1.jpeg



もう少し 木の葉を落としてあげたら 爽やかなのになぁ
木々に押しつぶされそうに、暗い中、埋もれそうな感じに立っている。


kafu3.jpeg

ここは駅のすぐ側の広場で 土曜の朝だからか 早朝から酔っ払いさんが沢山いらした。

昨夜から夜通し飲んじゃったのね・・・
移動自粛要請全面解除だったからねぇ。


酔って踏切と道路の真ん中に仁王立ちしていた若者、正面から来るタクシーに手を挙げるも、それじゃぁ タクシーを止めようとしているのか 単に通行妨害だかわからなくてスルーされてたけど 無事帰ることは出来たかね。








食材を宅配してもらっていると 当然だが選択肢に鮮魚はない。
主に魚を食する我が家は 干物やなんとか漬けなど 加工したものが多い。


久しぶりにシンプルな塩焼きを食べようと 近所のスーパーで鯵を買ってきた。
高級店と違って 鮮魚コーナーの丸一匹もので常備しているのは 鯵・イワシ・サンマ(解凍もの)くらいである。
エブリデイロープライスがウリなのでね。

頻繁に包丁を研ぐようになった話は以前したが、いや ビックリ。
面白いほどスッと切れるじゃない、こりゃたまらん。
安い包丁だけど 愛着感じるよ。






   台所つながりでもうひとつ。

我が家のキッチン用水栓は 浄水器内蔵のものを使っている。
中に取り替えカートリッジが入っていて 定期的に交換する必要があるが 飲料水を購入する必要がなくお得ってやつだ。

ずっと父が交換していたのだが、そういえば そろそろ交換時期か? と 先ほど替えのカートリッジの箱を開けたらば、これまでの交換時期とオーダー方法の詳細が小さな字で細々記されているメモが入っていた。
まだしばらくは交換しなくてよいのだよとの父からのメッセージであった。
融通は利かないけど几帳面な人だったなぁ。


 







今朝も涼しく快適
 
   ・・・ だったのだが 身体が重く 走り始めはのったり。
昨夜の夕食は少量 酒も控えめ よく寝たのに 体調ってのはわからんものだ。


そういうわけで 今朝のウロウロジョギング は 「短めで行こう」と 
   昨日の帰路でひょっこり出会った像へ 改めて自撮りに出かけた。

     小道・裏道をくねくね 
     家の軒先玄関先をキョロキョロ見ながら まだ走ったことのない道を行く。




あ、スリム嬢 発見。

     pumpkanpachi.jpeg

特徴のないスリム嬢ポンプでも (正式にはベローズタイプと言う)
それぞれ 少しずつ違う面を見つけて ちょっとでも個性的に撮ってやりたい というのが勝手なこだわり(?)だ。
このスリム嬢は土台の石の積み上げ方が独特、手が込んでていい感じ。



   で、 今朝の自撮りはこれ。


   yumeki3.jpeg


島根県出身 現在埼玉在住の彫刻家 西村文男氏の作品。


          題名  夢紀行



主に御影石をはじめとする種々の石や木を取り入れた作品を制作されているそうで
現在でも時々個展を開かれているようである。




     別アングルから

   yumeki2.jpeg




yumeki1.jpeg


今朝 走りながら都知事選ポスターを何気なく見たら 
その中にホリエモンが居て 

「えっ???」

と思って 帰宅して確かめたら 


別に出馬したわけじゃないのね、紛らわしい。















街灯が消える前 

 「おはよう」と 猫に声かけ 戯れる。

gaito.jpeg
asaneko.jpeg


この子はこれからお散歩らしい。





この時間帯がこよなく好きだ。
これから次第に日の出が遅くなっていく。






   ウロウロジョギング 今朝はこの御二方。

rome3.jpeg


      題名は  ローマの公園



明治44年 兵庫県朝来市出身の彫刻家、淀井敏夫氏。
 この方も数々の受賞 受勲された方だ。


針金と縄の骨組みに直接石こうを塗って型を取る技法を用い、細長くデフォルメした身体造形が特徴なんだそうだ。

大半の作品を出身地の朝来市に寄贈され、
  あさご芸術の森美術館は 淀井さんの作品を常設展示する施設だそうである。


rome2.jpeg


この椅子に腰掛けている二人も細く足が長い。
ローマかぁ。。。

rome1.jpeg





これまで 海亀がプラスチックを餌と思い大量に飲み込んで死ぬというニュースを見てきたが
今は イルカが使い捨てマスクを食べて死ぬようになったそうだ。
そのうち クラゲの数より多いマスクが海上を漂う日が来るかもしれないと言われている。
マスクが自然分解するのに450年かかるそうだ。




昨日テレビを見ていたらオーストラリアの町の映像が流れていたのだが マスクしている人は皆無に等しかった。

ソーシャルディスタンスで感染予防を徹底しているそうだ。
制限人数しか人を乗せないガラ空きの電車が羨ましいね。
カンタス航空の国際線は10月末まで運休するそうだ。
賢明だよな。










オンライン飲み会 ・・ やりたくても 起きていられない。
  と言って 早い時間から始めるわけにもいかないし、
      なかなか機会が持てないリモート飲み・・・



さて、
 
     本日のウロウロジョギング ご登場いただくのは この少年


     umitoriboy2.jpeg


        題名  海の鳥と少年



昨日紹介した同じ作者の作品。

昨日のブログを斜め読みした人には このシルエットを見れば すぐわかるでしょ。


   独特なデフォルメ像、か細い身体の線


街で偶然 この作者の作品に出会ったら もう貴方も私も すぐさま

  「兵庫県出身の彫刻家 淀井敏夫という人の作品で 
     針金と縄の骨組みに直接石こうを塗って型を取る技法が特徴なんだよ、  
          ほら  あんな風に身体が細長いだろ」
 


     と したり顔で にわか美術評論家みたいな意見が言えちゃうでしょ。



          umitoriboy1.jpeg


  ・・・  そう言いたくて 小雨の中 自撮りに行ってまいりました、とさ。








沖縄が梅雨明けだって。

今年の東京は まだ梅雨らしい雨が降っていない。
夏に備えて水瓶が溜まるくらい ちゃんと降ってくれるのだろうか。
花に水やりする手間がなくていい程度の雨じゃ 心もとないよね。





それにしても やけにヘリコプターが飛び回っていて うるさいったら。。。

なんだろ。。。

お向かいさん宅にも植木屋さんが来ていて 剪定した枝葉を始末するのに ブロアーっての?
あの ブオーッと吹き飛ばすやつの音が延々と続いていて これまた賑やかである。









羽目外しの度合い


羽目を外す とは ”調子に乗って度を越すこと” であるが
その度合いは人によりけり。

     貴方は どんだけ 羽目を外したことがありますか?


羽目を外すとは 一概に 酒を飲んで酔った上で思ってもいなかったことをしてしまった ことだけではないだろう。
それは単に酔って前後不覚になり馬鹿なことをしたわけであって 調子に乗って度を越したとは少し違う。
若かりし頃は酔って醜態を晒した事はあるが 酒の席の愚かな過ちであって 調子に乗って度を越したのとは違うと思う。

もうすっかりいい歳加減になり 愚かな過ちをする機会も減り 適量を越したばかりに記憶がない事はあったが羽目は外さなかったぞ。
一体私は人生でどのくらい羽目を外したんだろうか。。。

  良い羽目の外し方をしたのだろうか。。。

   と 記憶を辿ってみたところで 思い当たる記憶が容易に出てこないのは寂しい。


ここ最近は 

明日は走らないと決めた夜に いつもよりグラス一杯だけ多めにワインを飲んで 少しだけ夜更かしをしながらゲームをしたりビデオを見たり(と言っても21時頃には眠たくなってしまうのだが)
たったそれだけのことで 羽目外したような気になってしまっている自分が 可愛いいというか可哀想というか。。。








   話変わって・・・



菜食主義には19種類があるんだとか。

一概にベジタリアンと言っても 主義・宗教 いろんな解釈があるようで 個々に合っていればそれが何であろうと私には全く影響も関係もない。
ただ一緒に食事に出かける時、食事にお誘いする時は別だ。

  ちなみに私はゲテモノ以外 何でも美味しく頂きます。


なので 我が家の場合 肉と油を控える程度で これまで然程気にかけて料理していなかったのだが 

     この度 小麦粉類を極力控えることにした。


というわけで パン パスタ うどん もちろん焼き菓子類 も止めた。
パンに使う精製された小麦粉は食物繊維もミネラルも抜けた状態で栄養はほぼ失われていて、炭水化物も砂糖も糖質ということだし 胃や腸を整える助けになるならば。
今更なんだが 母の為でもあり、ま 取り敢えず 止めてみよう。


先に述べたが 私に食の主義はないので 厳密に全て小麦排除とはいかないし そんな気は無い。

いつかフランスへ行って 美味しいチーズと田舎パンを食べる時までは 取り敢えず止めてみよう。










特段理由もないのに 気落ちしてジョギングさぼった。
そんな時もあるさ と 通り雨をやり過ごすようにじっとしていた無気力の二日間。

手を引き背を押してくれたのは お馬鹿な事と思いつつも続けてきた 街角の像との自撮り。
ネットの地図で像を見つけ 「明日はここ行こ」と決めたら元気が湧いてきた。



二日ぶりのウロウロジョギング

     今朝の自撮りはこの子。

   kibono1.jpeg


        題名は  希望の像

気落ちしてたからって狙ったわけじゃないよ、たまたま偶然、でもいい題名じゃない。

kibono2.jpeg



帽子かぶせてもらったんだ。


ちょっと不安そうに見える少女だけど。。。








今朝のジョギング中 警官となにやら相談している人達の横を通る。
凹んだ車があったから事故か。

その先そう遠くないところで 別の方も。
こちらはタクシーの運ちゃんとお客さん風の二人連れに警察が静かに話しかけていた。
 朝も早よから忙しいね お巡りさんも。




何もする気にならなかった間 オセロゲーム攻略法ビデオを見て実践してみた。
はじめ負けてばっかりだったのが 少しまともに対戦出来るようになってきた。

早いもんで 6月も残りあと少し。









今月のウロウロジョギング距離も200kmをクリア出来そうだ。



     今朝は この子。

      可愛いい 

   ameagari1.jpeg


    題名  雨あがり


1957年 福岡出身の坂井公明氏。
川口市に彫刻スタジオをお持ちで ペットの注文彫刻などもされているようだ。
価格は20万円から。


ameagari2.jpeg



目立たないところに ちんまりと立っていて 今まで幾度となく前を通っていたのに気が付かなかった。
表情と 片手に持った長靴の感じも 愛らしい。





このすぐそばに 
  例の気になる像が立っている世田谷警察署があり 
     思い切って写真撮りに行ってみるかと向かった。



   ・・・のだが 

ゲートは開いていたのだが 駐車されてるパトカー数台のうち 一台はエンジンがかかったまま、
という事は 中に人がいるであろう事は明白。
夜間は そうやって 車内から警備に当たっているのだろうか。。

   となると 用もないのに敷地内に入るわけにはいかない。





   仕方ないから 道路脇からズームで撮った。

   sanchapolice.jpeg

   遠すぎて誰だかわからない。。。


でも このキッチリした髪の分け目具合からして 警察のお偉い方であろう事は一目瞭然。

お遊びで自撮り など 出来る感じではなかったのだった。











母が 

  「ショッピングカート引っ張って行って 花の苗を買ってきて、外の(塀の外)花を植え替えようと思うの」 
        と言った。


       母よ、貴女の言いたい事はよ〜くわかった。
         ただ、主語が抜けてないかい?
 誰が ショッピングカートを引っ張って苗を買いに行き
 誰が 植え替えるのか

    言っただろうが・・・ ガーデニングは趣味じゃないって。。

    土いじり好きじゃないし 虫とかミミズとか嫌いだし。。。


その前にまず 大量発生してる団子虫を駆除しなきゃ 植え替えるわけにもいかんだろう。。。

     、 

枯れかけて無残な桜草たちを引っこ抜き 団子虫駆除の為 土掘り返して 酢を撒いておいた。
   やりましたわよ、仕方ないもの。
これで せめて花の苗を 母と一緒に買いに出かけられるか。。。







本日のウロウロジョギング 自撮りはこれ。。

・・・ って なに?

     なんでしょ。



   kamonohashi2.jpeg

   答えは カモノハシ 



下川昭宣氏の作品。

1949年愛知県出身。
自然や生き物から受けるイメージをモチーフにした石彫の作品を作られている。
今は知らないが、長野県原村で石彫をされていたそうだ。

kamonohashi1.jpeg

 
原村は我々も度々訪れた 素敵な場所である。

ペンタゴンという名のペンション、今はやっていないようなのだが きっぷのいいおかみさんがいたが お元気だろうか。










そうそう、

少し前に奴豚が 「来年の初め頃にゴールデンレトリバーの子犬を譲って貰えるかも・という話があるんだが 家族に迎えたいか?」
と唐突に聞かれて 「もちろん!」と即答し だんだんその気になり、先の計画をあーでもないこーでもないと密かに夢想していたのだが、
今度は「あの話なくなったから」と言われてガックリしている。


別にゴールデンでなくとも犬種はなんでも良いのだ。
もともと子犬は選択外だったし。。。
健康な子なら15年も生きるだろうから こちらの年齢と体力を考慮すると子犬ではない方が都合が良いだろう。


というわけで また里親サイトを覗き見る時間が増えた。
どうしても大きな子達に目がいってしまう。。。
奴豚は マリノアか秋田と暮らしたいんだとさ。










今朝のウロウロジョギング 自撮りは 
  昨日と同じ作者の作品。

morichika1.jpeg

     題名  森は近くに


      下川昭宣氏 1993年の作品


昨日、作者のことを検索していて見つけたのだ。


  で、早速来てみた。  木梨サイクルのお近くだった。

morichika2.jpeg


愛嬌があって
後ろ姿も特徴を捉えていて なかなか良い。
いつか梟好きの奴豚にも見せてやらねば。


morichika3.jpeg

すぐ隣が祖師谷住宅で 
ここも数年後には大規模な建て替えが始まるらしいが

この団地には 広い広場がいくつもあり 
静かでゆったりしていて 
老朽化とはいえ壊すのは惜しい気がするなぁ。













20150619110152a8e.jpg