FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


我が家は 親達が数十年前に玄米に変えてからずっと玄米食。
私はそれ以前から玄米を好んで食べていて 味も食感も好きだ。

炊く時に小豆と古米を混ぜる、そうすると赤飯のように綺麗に炊きあがり見た目も美しい。
たまにホタテの干貝柱を混ぜて炊くこともある。


先日 久しぶりに旅館で白米を食べたら 甘さにびっくり。こんなに甘かったっけ?
とは言え、白米と玄米 美味しさを比べるというよりは、それぞれ別モノで違った味がある。


私はここ何年も あまり米を食べないので 玄米は母用。
何日分かを炊飯器で炊き 小分けして冷凍庫へ入れておくのだが、
たまに炊きたてを朝食時に梅干しと味噌汁でいただくと 日本人で良かったなぁ と実感することはある。
今朝は切り干し大根もプラス、完璧。



で、

ふと この 「日本人で良かった」 と 「日本に生まれて良かった」 の違いを思うなり。
これ大きな違いがあるよね。  ま、それは置いといて。。。


果たして 諸外国の人も 「 〜〜人で良かった」 と思うのだろうか。
この国に生まれて良かった(或いは悪かった)は 多分思うであろう。
多民族国家に生まれた人は自分の国籍を 私がここで言う「日本人で良かった」のような考え方をするのかな。
それよりも宗教の方が強いか? 「〜〜教徒でよかった」 とか。。。?
或いは 個々の愛国心の違いってのもあるな?


Proud to be ( 国名)とはよく聞くが、それとは違う。逆に私は 我が国を誇らしいと あまり思うことはないかな。
  「日本人で良かった」 は もっとずっと個人的だ。



ちなみに 

近いところで 奴豚は 父がイタリア系 母がスペイン系である。奴豚自身はフランスで生まれ育った。
幼い頃は 父方の親戚の集まりでは皆がイタリア語、で、母方だと当然ながら スペイン語だったそうだ。
出身と国籍はフランスだが 奴は自分をヨーロッパ人またはラテンだと思っていると 以前言っていた。
奴の口から フランス人で良かったと言う言葉は今の所聞いた覚えがない。




          玄米から話がずれた。






昨日の朝からずっと ”栄冠は君に輝く” が頭の中で鳴っていて たまに釣られて歌い上げてしまうのだが
昨夜からはさらに ”Romanticが止まらない” が 加わってしまった。















お久しぶりの 富士山
このところ曇りが多かったのでね。

IMG_20201104_055046.jpeg


今朝も月と星が綺麗だった。

日の出時間が遅くなったなぁ。。。

以前はジョギング前半は真っ暗でも 折り返してくる頃にうっすら明けてきていたが
今は終盤で明けてくる。
桜並木の道を抜ける時 木立の間からオレンジ色の光が見えるのは素敵だけどね。



米大統領選 
母はトランプ推しだ。対中はっきりもの言えるところが好きらしい。
なんだかんだ言っても 今回もトランプのような気がする。







雲が厚いと空が明るくなるのが遅くて
今朝は いつまでもどんより暗く重たげな空模様だった。

もうちょっと赤く色づくかと期待したが 然程炎えあがらず終わった今朝の朝焼け。




いつも見かける男性ランナーとはすれ違わず。
その人は今でも半袖半パンなのだ。
今朝は休足日かな?


この頃はだらだらとジョギングするのではなく メリハリつけて走ろうと、ジョグ中に強弱つけ始めた。
坂道はダッシュで駆け上がり ある区間は全力疾走し ある区間は脱力し という感じ。
  (色々やってんのよ)
まぁ、テンポラン的なんだが 負荷をかけてやらんと筋肉にも脂肪にも働きが悪いだろうってなところでね。。。


と ここまで書いたところで 
  我が恩師 ”兄さん” のブログを見に行ったら・・・
今朝の空の写真があって、さらに「3分走って3分歩く」という話題があって 
何だか今朝は 知らないうちにブログがコラボしている気になったのだった。





 







奴豚帰還 


ヨーロッパの状況が日に日に思わしくなくなっていく中
11月後半ではなく 可能な限り早い時期の便に変更して さっさと戻れや・・ 

     という事で 帰ってきた。


既に手配済みだった大使館からの手紙は不要になったが 
個人的にPCRテストは二回 別々の病院で 1日違いで受けた。
1日違いの理由は もしフライトが欠航・ディレイなどで翌日にずれ込んだりという可能性も考慮してである。
72時間以内の結果が求められているのだから慎重になるわな。

フライトはマルセイユ/パリ間は満席。パリ/羽田間は空席ガラガラでゆったり寝られたそうだ。




 さて、日本入国。

降機してからほぼ待つ事なく検査室へ向かい 唾液での検査を受け 結果を待つ事 約45分。
入国審査、税関もすんなり通過。
予め連絡先や帰宅方法などの情報は機内で記入してあるので 面倒な質問をされることもなく 実にあっさりだそうだ。

着陸してから約1時間半で 私が待っていた到着ロビーに出てきたわけだ。
割と早いね。


以前は検疫官が出口までついてきて 帰宅方法の確認などを行なっていると聞いていたが もうそんなことはせず。
公共交通を利用しないように というのは要請であり 強制ではない。

我々はレンタカーを手配しておいた。
羽田から我が家まで。クーポン利用でタクシーより安かったぞ。

  当初、帰宅方法には我々なりのいくつかのプランがあったのだ
   1。荷物を羽田から送って 家まで徒歩か走って帰る (約20km弱)
   2。私が自転車で羽田まで行き、奴豚が自転車で 私は電車で帰る
   3。遅延した場合は羽田のホテルで一泊し 翌朝走るかレンタカーで帰る

などなど マイカーがないので色々考えてみたのだが
長旅で 雨でも降ったら走るのも辛かろうと 結局レンタカー案に決まった。




夕飯の希望が 「寿司と日本酒」 だったので 私も一緒に久々 少し多めの量を飲んだので 今朝は休足日。
我が家は畳に布団なのだが 近くから誰かの寝息が聞こえるというのが 久しぶり過ぎて少し変な感じだった。
よく喋るわ ゲップやらオナラやらと 今までし〜んと静かだったのが 一気に賑やかになったわい。
ま、無事に帰れて ホッとしたけどさ。












奴豚が帰宅して 時差も疲れもあるだろうし、と
翌朝(日曜)のジョギングは休んだが 昨日(月曜)から一緒に走り始めた。



奴は時差のせいか 夜中に何度もトイレへ行き 眠れないからかコーヒーを作ったりと動き回るので
本人は努めて静かにしているつもりかもしれんが 都度 目が覚める。

これは そのうち落ち着いていくだろうが・・・



さて、一緒に走る という件だが、良くもあり悪くもある。

今までずっと 一人気ままに走ってきたわけだ。
別に話ししながらというわけではないが 誰かと一緒に走っていると不思議と歩調が合ってしまうというのが嫌だ。
さらに奴の場合 私が奴に合わせて少しオーバーペース気味について行くと さらにペースをどんどん上げて行くのも嫌だ。

だもんで ペースを落として後ろに下がると 少し行った先で止まって待ってくれたりするのだが
これがまた余計なお世話的で 「先に行っていいよ」とやんわり促したつもりでも 度々待っている。
待たれたり気を使われたり というのが私には面倒である。
全く気にされない、というのも癪にさわって、全くもって厄介な性格なんだけど・・
一人だとそれらの事に一切惑わされないというのが 楽でいいのだ。




私は今の自粛生活が全く苦にならないタイプである。
籠り暮らしも 一人の時間も 私には普通。 (旅は別だ)
かえって 以前 奴豚に「ソーシャライズしなきゃ駄目だ」と強要されて さして会いたくもない人達や知らない人達の会合に参加したりということが 無くなったのが好都合ってもんだわ。




今朝も早よから奴の物音で起こされて、いつもよりもずっと早い時間に走りに出たので帰りも真っ暗だった。


奴豚としては 暗闇を走るから私の心配をしてくれているのかもしれぬが
ライト持参しなくても街灯は十分に明るいし 車通りも 散歩の人も居るから心配なんかないんだけど
ボディーガードのつもりで張り付いてくれてるんだとしたら 
ここは黙って 心で感謝しとくかぁ。。。









  帰宅前のいつもの歩道橋上で。

 
 雲ひとつない空。風がないと寒くはない。


奴豚は近所のマラソン部員の朝練にくっついて行き 途中からいなくなったので 
好きに立ち止まって写真撮れて 好都合。

公園沿いのマンション前には いつもこの時間、すらりとしたカモシカ足の若人達がラン前の準備体操をしているのだ。
軽く体操を済ませ 一人また一人と公園方面へ向かって駆け出していく。

軽やかな足並み。
今の子は皆足が長い。








   
   アペロの為に

本日の表題 「アペロ」って何よ? とお思いの方 
ブログには数回登場している言葉なんだが、  改めて・・・



アペリティフと言えば あぁ食前酒かぁ と思うでしょ?
フランス人が言う「アペロ」とは 要は 夕食前に 軽くおつまみを食べながら酒を飲むこと。
リラックスしながら あーだこーだと雑談する。


奴豚と私は 軽いおつまみでは済まず ガッツリ食べちゃう派なので 夕飯のサラダを前倒しして そこに摘んで食べられるようなものプラスしている。


  これは 或る日の我らのアペロ(夕飯替わり)

  apero.jpg IMG_8782.jpg




とは言え、今まで一人だったので 食前に楽しむグラス一杯の赤ワインにチーズ一切れ程度だったのが
奴豚が帰宅したので アペロ習慣 復活の兆しである。
だが、奴豚は隔離でお一人様で夕飯、私は母と食べているので 準備も含め アペロなどと言って奴とのんびり時間を過ごすことは出来ずにいる。

それにアペロすると グラス一杯で止まるわけないし。。。
飲んじゃうと翌朝のジョギングに響くし。。。



で、今後は三日走って一日休むパターンでジョギングすることにした。

三日目の夜はアペロの夜! で、 翌朝はお休みって魂胆である。


   全てはアペロ の為に(お気楽・大袈裟な・・・)(^∇^)












すっかり私のお決まりになった 現在のジョギング10kmコース沿いには
少なくとも15箇所の公衆トイレがある。
(少なくともというのは 未だ知らないトイレがあるのかもしれないと思うからだ)

夜明け前でも電灯が明るいので安心して利用出来、
どれも 綺麗に掃除され清潔で臭いもなくペーパーもたっぷり補充されている。


こんなに沢山のトイレが設置された地区というのも珍しいのではないか?
ま、なもんで このコースに落ち着いたんだけど。



目黒川沿いを走っていた時もあちこちにトイレがあったし 小さな公園にもほぼほぼトイレが設置されている。
普段 必要ない人は 目にも止めないだろうが、そうなんである。

これって東京だけのことなのか?
他の都市もそうなのかな?
大分で犬の世話をした時は 大自然の中 公衆トイレは見かけなかった。
徒歩で何処かへ行くということがあまり無いだろうから 道端のトイレの必要性薄いのかも。


そこで なんでも知ってるインターネットで公衆トイレの設置数が最も多いのはどの都道府県なのかググってみたが。。。

    ・・・ そんなものはわからんかった。



ともかく 
私の朝ジョギングはそれらのトイレのお陰で 躊躇なく家を出ることが出来てありがたいのである、
というそれだけの話。

   おしまい








マックOSを最新にアップデートしようとしたらば。。。 

    。。。フリーズした。



今まで頑なにアップデートせずにいたのに、
奴豚がセキュリティーの為には 最新にすべきだと力説したので 任せたらば、 
母のお供で外出からもどってみたら フリーズしてニッチもサッチもいかなくなっていた。


   救出方法は今現在 “無い” らしい。



ま、iPadもあるし 特に困る状況ではないが
次のアップデートが出るまで気長に待つしかないらしいのだ。

    一週間?  一ヶ月? 


マックユーザーの方、Big Surへのアップデートはしばし待った方が良いですよ。



何故 今日に限ってやる気になったのか。。。
魔がさしたって感じだ。
奴に力説されなけりゃ しなかったのにさ、ちえっ!



だもんで ブログは しばしの間は簡素な感じで。









     リストア → リカバリー 

うんともすんとも ニッチもサッチもいかなかった状態のりんごちゃんコンピューター、続編。


あの手この手を駆使して、なんとか反応するように。

  で・・・全て消えて工場出荷状態に戻った我がマック。


それでも復活は嬉しい。
多少は責任感じたのか 奴豚が夜までかかって 起動するとこまでこぎつけた。
その後、バックアップしてあった重要データのみ戻して それ以外のブックマークだの アプリのダウンロードだのは 翌日に持ち越し。
綺麗になったマック、いちからのスタート。
面倒だが 立ち上がってくれたのは嬉しい。
  でもバックアップしていなかった写真が全て消えてしまった。。。


というわけで 新バージョンへのアップデートはしばらくはせずに古いバージョンのOSに戻った。

     やれやれ。


ま、他にも色々あって 本来なら三日走った後のアペロの夜は却下。






ここ数日暖かかったので 朝ランも快適だった。
明朝は寝坊の予定。










奴豚 帰国後の2週間の隔離が終わり まず築地参り。
これは奴のいわばお決まりランで 早朝に築地まで走って行き 寿司食べて戻ってくるというお楽しみコースである。
私も一度付き合ったことがある。なかなか楽しい。が、今回私は遠慮。


連日、
目覚ましが鳴る前に奴豚が起きてコーヒー淹れたりと音を立てるんで 
不本意ながら起床が早く 自ずと家を出るのも早くなるお陰で 明けゆく空模様が見られない。
日の出や日の入りの空の移り変わりは ただで見られる自然のショーであり 
その日その日の変化が 朝ジョギングの楽しみのひとつなんである。








  (*`へ´*) (*`へ´*) (*`へ´*) (*`へ´*) (*`へ´*)


つい先日、キレました わたし。
   気持ちの線がプチっと音立てて・・・

したらば 堰を切りモヤモヤが怒涛となって氾濫。
えぇ、大いに切れましたですとも。はい。

あっちにもこっちにもいい顔して皆が丸く収まるようにと努めてきたが
好き放題言われ、良い人をしばしやめてみたら、
まぁ 出るわ出るわ 色んな怒りが。。。

   こんなに溜めてたのか? 自分?

母には怒らないが、それ以外の約2名に怒りの鉄拳見舞うなり。


で、マグマ噴火はおさまった。








週に一度は 築地で寿司! 
  ということで、

奴豚が 穴子目指して突っ走って行った今朝は
 私、牛美は ひとり定時出発の定番ジョギングへ。



日の出が遅くなったので いつもの歩道橋からの眺めはこんな感じ。




陸橋や歩道橋から見る朝日や富士山が好きだったが 
日の出時間を考えると 来年3月までおあずけだ。




今月は順調にジョギング距離稼いで 無理なくターゲット200kmに王手。
雨が少なかったとも言える。
今まで暖かかったが いよいよ日曜から平年並みの寒さになるようだね。










4時台起床でジョギングに出る時 風が吹いていなければ寒さは然程感じない。
5kmも走れば 汗は出ずとも温まってくるし。

家に戻って着替え 座ってネットしてると俄然寒くなってくる。

大体6時過ぎだ。

この時間帯が いわゆる一日の最低気温の時で 
自室ではまだ暖房を使っていないので急に身体の冷えを感じる。
換気のために小窓も開けっ放しだし。

で、すっかり冷えたなぁと思う頃に おもむろに階下に降り 母の作った味噌汁で温まるのである。



炊事をするのが面倒になってしまった母が 今 唯一作るのが味噌汁である。
母の朝食は その味噌汁と 玄米ご飯一膳に 鮭一切れ 納豆と漬物。
魚を焼くのも面倒のようで 前夜のうちに私が皿に鮭の切り身をラップして冷蔵庫に入れておき それをレンジでチンしている。
飽きないのかと聞くと 飽きないのだそうだ。
以前は鯵の干物や他の魚を魚焼きコンロでちゃんと焼いていたのが、途中から何から何まで全てレンジでチンするようになって 鮭 に落ち着いた。


少しでも何かを想像し作り出し続けていて欲しい。
楽しいと思える事があればいいのだが。

せめて 花好きだから喜ぶかとシクラメンを大量に追加して庭を賑やかにしてみたが 
自分で植えたものじゃないから 結局他人事のようで 水遣りさえ忘れる程度の無関心ぶり。
外へ連れ出すといっても現状では限りがあるし ウィルス感染を恐れて本人も気乗りがしないようだ。


近所の公園への散歩が精一杯のこの頃。



天気が良いと公園の銀杏の木の葉が煌めいて綺麗だ。
いつも写真撮ろうと思いながらカメラ(携帯)を持ち忘れるので 今日こそは。



  11月最後の週末、皆様 良い時間をお過ごし下さい。







     



  ・・・ で 撮ってきた写真がこれだ。



   IMG_20201128_105407.jpeg



     1週間 遅すぎたなぁ。。。











11月最後の日曜日。

猫の額の庭にある木の剪定。
”出入りの植木屋” がない我が家は 私がにわか植木屋でして、
思いっきり切っちゃって ハゲ状態。
冬の間 ゆっくり休んでくれたまえ、春になったら好きなだけ手足を伸ばせ。


空に向かって伸びている枝達は木として存在している分には気にならないが、 
切ってみると意外と嵩張るもんで ゴミの日に出すためにはかなり小さく切り刻んで袋に入れねばならず
ノコギリと剪定バサミでけちょんけちょんにするのに 61歳の老体に鞭打ち 終いには腰痛。。。


何故 男手に頼らないで自らするのかと言うと
アウトカムが自分の思うようにならぬことを知っているから。
自分で言うのもなんだが、人の手を借りて思うような結果が得られないと知っていれば
自分でやるしかない のである。
こうゆうタイプの人間は人の上には立てない人種である。
わかっている、私は補佐としてはこの上ない働きはするが 他人をうまく使えないタイプだ。
歯がゆくて 他人に任せられない。
さらに 指導するのが苦手、要するに人を育てられないタイプの人間である。
いつも思う、自分と全く同じ双子が居たら良いのにと。
もしそんな双子が居たら 多分 他に誰も必要とせず一生暮らしていけるのではないか。。。
それとも 同じ事を思い過ぎて うざいと思うだろうか。。。



奴豚は 先日は神保町へ 「いもやの天麩羅定食」を食べに走っていき
今度は 浅草まで 豚足を食べにと 馬の鼻先に人参状態で 彼なりのランライフを楽しんでいる。




11月のジョギング総距離 211.87km
にわか植木屋で腰痛になったので 今朝は休腰日なり。







20150619110152a8e.jpg