FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



ランニングウェアを冬用にすることにした。

一昨日 胸の辺りに冷気を感じ なんだか調子悪いなぁ 喉がイガイガするなぁ と思いながらもそれほど寒いとは思わなかったのだが、今朝は股関節の動きが悪くて 「あぁ身体が冷えてんだなぁ」と実感。
それに歳取ると「首」とつく部位がスースーし始めるからね。


走りながら 去年の今頃は何着て走っていたのかと考えるも思い出せない。
気の利いたウェアなんて あったっけ???





奴豚のエアコン嫌いのお陰で 自分の部屋だというのに 寒くて厚着してモコモコになるのも馬鹿らしく・・ 
・・・ と、自分の部屋と思ったところでハタと思いなおす。
奴の留守中は自分の部屋だったが 今は奴の部屋でもあるわけだしな、
エアコンのせいで奴も私も風邪引いたら困るし、双方の良策が浮かぶまではしばしの我慢でホットカーペット。
まぁこの頃 多忙過ぎて 部屋でのんびりする時間もないから良いけど、

それでも たまに息抜きで ドラマを 早送りモードで見る。
好きなのは ”姉ちゃんの恋人”。 
”恋する母たち” は まるちゃんとまりちゃん だけ見たくて見てる感じ。
今期のドラマは 第一話観て その後見るのをやめたもの多し。
一番のお気に入りは「麒麟が来る」だな。







9月に買った中古レトロミシンの調子が悪く ここ数日あーしたら こーしたらといじっていた。
母も母なりに不具合を直そうと頑張っていたようだが 少し前にとうとうギブアップ。
涙目&投げやりに もうどうとでもなれ と 至る所に潤滑油を注しまくって ミシンを油まみれにしていた。
上糸調子の調整が出来なくなってしまった。
母が変にいじったのかもしれないが もう使い物にならん。

とうとう今朝 私もギブアップ。 
買った店に連絡してみてもらうことにした。
ギリギリ保証期間中だが 新品の電動ミシンの3倍近い値段で買ったのに こうも調子が悪いのでは お返しして小型ミシンに替えたいところだ。













ダブルでギックリ 嗚呼ビックリ


 昨日 
  
   母  が ぎっくり腰をした。

 共に朝食のテーブルに着いた時は 
「今朝は調子が良くて 今まで出来なかったラジオ体操のジャンプが出来た」と喜んでいたので 
「じゃ、今度 プールに行ってみようか」(もちろんウォーキングであるが)と話していた矢先・・・

   しばらくしてから居間に戻ったら 母が床に芋虫のように転がっていた。

   ぎくっと音がしてから 動けないでいたらしい。


マッサージしたり 冷やしたり 休んだりと そうこうするうちに痛みが引いてきたようだが・・・
本日また芋虫に逆戻りしていたし。。。
コルセット巻いたり 湿布薬貼ったり まぁ色々。





 本日 

  奴豚  が 心待ちにしていた おニューのスクーターを引き取りに行く日で 奴は朝からルンルンであった。

 目覚めて開口一番 「今日は大事な日なんだ」と 嬉しそうに言い放っていたのだが

   スクーターを駐車するためのスペース作りの為、

朝から庭を片付け 母の植木達が窮屈にならないようにと近所の大工センターで購入したフラワータワーラックなるお洒落な棚に体裁よくまとめて重い鉢をあっちへこっちへと移動させていた時に ・・・

   奴の腰が ぎくっと言ったのだった。



     奴豚 お前もか。。。



母と奴豚 二人ともギックリ腰になってしまった。

まぁ 仲の良いこと。。。





おまけにあんた 250CCのスクーターを支える為には その腰では無理じゃないの???
日を改めるか? と やんわり促してはみたものの 大丈夫だからの一点張り。

痛いくせに 痛みこらえてバイクを引き取りに行った。



庭の植木の整理は途中で頓挫してるし、 結局 重い鉢を移動したり片付けたりと 全て私の腰にかかってきたのだった。


これで 私までギックリになるわけにはいかないわ。
慎重に慎重に。。。




食事の支度して片付けして 大工センターの往復して 母の介護して あぁもう。。。 
目が回るってこのことかしらん。



二人共 早く回復してくれや。















奴豚が帰宅してから 私は日中 気がつくとレシピを考えている。
基本的に奴は 食卓に参加するのは夕飯だけで 
朝はコーヒーにドーナツだか何だか 自分で仕入れた好きな物を好きな時間に食べ、
お楽しみランで食べ物目当てに突っ走っていかない日は 昼は抜いている(・・らしい。が 真意の程は定かではない)

どういう食習慣かわからない。 
奴なりの考えあっての事と思うが 理解出来ないし するつもりも ない。
長い付き合いなので とやかく言うのは控えようと思いつつも 好んで甘い物を沢山食べているのを見ると余計なお世話を言いたくなる。 
( 他人の食癖にとやかく言わない方がいいのは百も承知、健康的な食習慣を続けていても早死にする人はする )


奴豚は早食い&大食いである。ギックリ腰で痛くても腹は減る。
野菜中心で色んな食材で品数増やして量を出し カロリー控えめで飽きない献立を考えるのは 楽しくもあり面倒でもあるが調理は楽しい。
ま、「美味しい」と 食べてくれれば 何より何より だね。







昨日、今日と奴豚がギックリなんで朝ジョグは一人で。

買い物に行けない奴から 朝用のドーナツを頼まれ 帰路はコンビニに寄り道。
ウエストバックを一杯にして走って帰宅すると 餌を持ち帰る親鳥の気分になる。(笑)

 
    これがお気に入りらしい。

  chocodonut.jpg



今朝 日曜は少し遅めに出発したので 久しぶりに白々と明けゆく空が見られて良い気分。
通勤の人がいない日曜は、出発を多少遅くしても人通り少なく静かなのだ。










まずは アペロの件

 あれから結局 一度だけアペロもどきをしただけで 今のところはアペロナイトは無し。

   アペロって何よ?と思った人はクリック

のんびりゆったりアペロしてる暇が私にないので 奴豚が夕食前に好き勝手にどんだけ飲もうと飲むまいと見ていないので知らんが、
夕飯時に一緒にワインを開け 食後にもっと飲みたければ各自好きにすれば良いという感じになっている。



三日走って一日休みの 休み前の前夜祭(笑)は、気分的には夜更かし出来てゆったりの宵。

   「誰も朝4時に起きろとは強制してないじゃん」・・・ なのだが 

起きなくて良い喜びあり、起きて走りに行く喜びあり と そこは天邪鬼な性格の所以である。







母の腰が回復してきたので 短くしていた毎日の散歩を ギックリ前のコースに戻した。

     IMG_20201208_105946.jpeg



近所の公園で腰下ろして 一息つく。


IMG_20201208_105836.jpeg


  綺麗だ。


IMG_20201208_105706.jpeg







奴豚の方はというと痛みが引かず 楽しみにしていたスクーターにも未だ乗れずじまい。
大工センターを往復しただけで、寂しくカバーのかかったまま。。



2009年9月に先代のスクーターを手放してから(・・・の話はこちら) 
10年待ってやっと手に入れたというのにね。
今後ゆっくり楽しめば良いさね。










暮しの手帖 という雑誌が好きで 
2ヶ月に一度(隔月刊なので)必ず買っている。

母用に購入し始めたのだが それまで買っていた婦人画報とか 各種料理本とか 
母の暇つぶしになるかとあれこれ本屋で見つけては持ち帰ったのだが、
住む世界が違う人達向けの内容では現実味なく、かと言って 料理をしなくなった母に料理本も面白くなさそうで 
暮しの手帖を見つけた時は「これだ!」と喜んだ。

自分も読んでみると 丁寧な作りで 広告が一つもなく 
この雑誌を世に送り出すことへの熱意と信念が伝わり
一つ一つの記事が読んでいてとても良いものである。



    最新号はこれ

   kurashitecho.jpg


料理のコーナーがあり 時節柄 人を招いて食するレシピが載っていた。
今年は招くというのは難しいだろうが フランス式の人の招き方、レパートリーについて触れていて
仏人宅に招かれた時の献立を思い出したりして懐かし気分を味わった。


     そう、そうなのだ。


仏人は 日本人が考えるほど 客人を招くときに頑張らないのだ。

あれもこれも とか こうあるべき という概念があまりなく、
招いてもてなすのに 自分も楽で話に加われて お洒落なのに力が抜けてて 気楽なのが素晴らしい。
私は頑張り過ぎ 作り過ぎ 台所に籠もり過ぎ で ゲストと話すより台所にいる時間の方が長かったりして
終わるとがっくり疲れてしまうこともあったが、
過去、友人達を招いて 酒盛りをした時のことを思い出した。

気の置けない友人達との自宅での酒盛りは掛け替えのない時間であった。


  若貴時代に相撲を見ながらおでんを囲む宴
  ティオぺぺをケースで仕入れたから ともかく飲んじゃおう会
  友人の恋話、転職 旅立ち 諸々・・・
   理由をつけては皆で集まって
     夜を徹して飲み明かし 食べて笑って飲んだ。

友人達と比べて 私は家飲みがとても好きな人だった。
沢山飲んでも そのままゴロリと横になれ 普段着・スッピンで周りに気兼ねせず 好きなものを作って食べて飲んで
それでとってもリーズナブルだった。
準備も後片付けも苦にならなかったし 翌日は大抵二日酔いで使い物にならなかったが 
数日経つと 懲りずに次の宴会を考えたものだった。


ジプシー旅に出て、日本を離れる時間が増えるごとに疎遠になっていき
 今では集まる事も無くなってしまった当時の友たち 元気でいて欲しい。




 








先週だか先々週だったか 
  散歩で外へ出る時に 母が 塀の下に咲いているペンタス(花)を見て

   「そろそろ引っこ抜かなきゃね」と呟いたのだった。。

ふ〜ん と生返事をしながら 『 誰がだよ 』と 思ったのは当然である。
いつもの事だ、引っこ抜いて 次の花を植えるのは  だから。


繰り返し言うが ガーデニングは趣味じゃないのだ。
全て 母が喜ぶならとやってるだけ。

   ・・・ あぁ面倒くさ。。。

  と 外に出るたび目に入る枯れ始めたペンタスを見ていた。





6月30日に植えたこの花達 思いもよらず長生きし 次々と咲いてくれた。
いまだに次々 蕾をつけているのだが 寒さのせいか 葉が茶色く枯れ始め 
花も勢いを無くし みすぼらしくなってきていた。
咲いているその姿に哀れが漂うようになってきたので
先日、花達に礼を言いながら 引っこ抜いた。




で、今回 我が家にやってきたのは ジュリアン達である。

パァ〜! と 明るくなり 塀もウキウキしているように見えるほど 可憐で可愛い。
母が 連日 散歩の行きと帰りに 「まぁ可愛い」と 褒めてくれている。






   下の画像はネットから拝借した。

   julien.jpg


花の種類が豊富で可憐で可愛らしい。
隙間を広めに開けて塀の下に一列に植えてみたが 存在感たっぷりである。


庭のプランターにはガーデンシクラメンが沢山植わっているし
花いっぱい運動中?の我が家なり。













  今朝は今まで一度もした事ないことをしてみた。


朝ジョグに出ていつもの10kmを走った後 そのままファミレスへ行き奴豚と朝食してみた。

なんだか急にアメリカ的な朝食が食べたくなったのと、
奴の腰が治ってきたので 数日ぶりに一緒に走り 
たまには違うことしよう、てな趣旨である。

   不要不急の外出は控え・・・だけど。


店内は我々以外に客は5組。広いので互いの姿は見えない距離に離れて陣取り 
ほとんど話し声もせず 皆 静かに食べ 速やかに退店。


珍しくもなんともないファミレスのモーニングサービス写真だが
どこへも行くことのなくなった今、外飯はこれでも ちょっと特別な気分。

IMG_20201214_063238.jpg

パンケーキの下にナイフを置いたのは私。
いざ食べようとナイフを掴んだところで「あ、写真撮ろう」と 何故かうっかりそこへ置いてしまった。。。



   



乾燥の季節、例年ならば肌がカサつく頃なのだが
最近の私は潤っている。
わけは 化粧品を変えたから、と言っても高級品じゃなくて。。。
高須院長が肌の保湿にはワセリンで十分とおっしゃっていたので
試しに先々月から使い始めた。


ベタベタするかと思ったが Tゾーンを除いて使えば気にならない。
以前から使っていた保湿クリームと併用で用途で使い分け。
吹き出物も出ず 今の所 いい感じ。











  知ってた? ケンタッキー


クリスマスイブが誕生日の奴豚の場合
外で夕食しようとすると大概どこも早くから予約一杯で 
前々から計画しとかないと食べたい物も食べられない という状況なのを知っているのと
特に今年はウチ飯が良いでしょう ということで、

奴が 日本のクリスマスと言えば やっぱケンタッキー 
 な〜んて事を言い出したので そんじゃそうしましょとそのつもりでいたのだが


  ふと 予約しないと買えないのでは? と思いHPを覗いてみたらば

    やっぱりそうであった。


それも 早割はもう締め切っていて おまけに 買おうと話していた バレル(バケツサイズ)が すでに予約一杯で完売していた。


    そうであったか やはり。。。  世間知らずの我々・・・


      partybarrel.png


我が実家は クリスマスにケンタッキーを食べる習慣(習慣と言うのか???)がなく
TVでいくら宣伝されようと 今まで食べた事なく 
だいたいKFC自体 随分と長い事 食べていない。


奴豚も来日当初 クリスマスに皆がKFCを食べているのを不思議に思っていたそうで
今回 内心ちょいと楽しみにしていたのだが 予約してまでKFC食べたくないし その案は却下となった。




さて、

  で・・・ 何にするべ。。。










二日足休めると 走りだしから足が軽い。
決して速くはないが 足が軽いと気持ちも軽く まだ・・キロが もう・・キロに感じられる。



夜明け前 今朝も無風、寒さを感じるのは指先くらいだ。厚手の手袋にしてみた。
バフで顔を覆っているので自らが吐く息で暖かく丁度良いお湿り感。
今朝はすれ違う人の少ないこと。。。 
常連さん達とも会わずひっそり。




先週 母の定期検診結果をもとに 新しい服用薬が加わり その経過(副作用)を注意深く観察する必要があり
少し神経質になっている。
薬には必ず副作用があり 出る人出ない人がいるが、90歳にもなると初めから出ると思ってかからねばならぬ。
前回の治療後も出た。今回も出るだろうと思って様子をみている。


1階にいる母と四六時中一緒に居るわけにはいかないし 出来れば居たくはない。
母と過ごす時間がいくらプライスレスでも 同じ話を何回も聞かされるのには辛いものがある、
まして とっくに死んでしまった親戚の悪口なぞ 一度聞けば十分なのだ。。。


我々が2階にいるので ネットでこんなものを頼んでみた。

   Wristbandsos.png



手首につけてもらい 必要な時にボタンをポチッと押すと 2階の我々の呼び鈴が鳴るらしい。
以前、玄関チャイム用につけたワイヤレス装置がうまく作動しているし 
母が身につけてくれて 使い方を忘れなければ使えると思うのだが。。

最近 物忘れが激しいから 押すこと自体 いや、何故手に巻き付けてるのか その理由も忘れるかもなぁ。


あ、しまった。。。

  母の手首は骨と皮だけで これをつけることすら出来ないかも。。
   明日の到着を待って 工夫してみよう。









渡り鳥暮らし


最近見つけて ちぃ〜いと気になっているサイトがある。

   wataridori これ (全国渡り鳥生活倶楽部株式会社)


  ” 渡り鳥のような生活をしませんか?” というお誘いサイトである。



ご興味のある方は HPを覗けば一目瞭然だが あまり興味のない方に簡単に説明すると・・・

  日本各地の家を1ヶ月単位で移り住みながら暮らすというスタイルを共有しようという事である。




今現在は 数軒なのだが 
希望は大きく 5年後には貸家500軒、会員1500名程度を目指して募集を始めたところ。

渡り鳥生活希望者はまず年会費を払い会員になり、希望の場所(家)を予約して 渡り鳥生活を始めるのだが
1ヶ月の賃貸料には光熱費等が含まれており 月額は2パターン。
それぞれの家には生活に必要なものは全て揃っており トランク一つで入居が可能。

どの家も見たところ素晴らしい。

地域生活に馴染めるように 各地にお助け人会員がいて 希望すれば各地で生活の知恵を教えてもらったり イベント等に参加が可能。

『優良会員』という発言があるところをみると 素行の悪い人は会員資格を剥奪されるという規則があるのだろうな。
そりゃそうだよな。

使っていない別荘や田舎の家とかある人は この会社に貸し出すのも良いかも?





こんな家を見ちゃったら ここに暮らしてみたいって思うでしょー。。。


    これとか。。

     これとか。。。
   




海外でのジプシー暮らしが出来なくなった今、日本国内ジプシーも楽しいかもしれぬ。
ネックはペット不可な事だな。
面白そうだが 転々としてるといつまでたっても犬や猫と暮らせない・・・というデメリットもあるな。





話違うが。。

 先日 髪を切った。

奴豚とワインを2本空けた後で 急に思い立って 夜分遅くに風呂場でジョッキリ。
別に酔っていた訳ではないのだが。。。
ただ無駄に長かっただけで スタイルもへったくれもない
自分で切るのは慣れているとはいえ  一発できっちり決まったのだ。
自分で切ったとは思えぬと自画自賛。

最近 飲んでもちっとも酔わない。














天気予報で盛んに「24日は10月下旬の暖かさ」て言ってなかったっけ?


昨日23日は青空で 気持ちよく母の布団を干せたので 
本日24日は我々の布団を干して 母と散歩に出たのだが・・・

  お天道様はちっとも顔を出さず。

それでもそのうち雲の切れ間からきっと・・・と淡い期待。。。 
 ところが 雨でも降りそうな気配になってきたので 渋々布団を取り込む切なさよ。






母との散歩は3千歩。

落とすと大変だからと 補聴器をつけずに歩く母と ほぼ無言の3千歩だ。
母は歩数を数えながら 最近使い始めた杖をつきながら 一生懸命歩く。
1500歩の中間地点でベンチに腰下ろして休む。
散歩の人 ランニングの人 散歩の犬 保育園児達を横目で見ながら 母のおしゃべりを頷きながら聞く。
帰路には緩い登りがあり 今の母には難所だ。
毎日 毎日、 大きく手を振り 杖をトントンとつきながら 一生懸命登って行く母の少し後ろから
つまずいて転んだりしないようにと注意しながらついていく3千歩。











先週1週間 奴豚はピッちゃんとエリオス兄弟の留守番の相手をしていた。

久々の二匹の様子を見がてら 奴豚の誕生日祝いで24日は一緒に過ごしたのだが
脱走犯エリオスは3週間の放浪後 体重が戻らず細身であった。
反してピッちゃんはちょいと肥えたようだぞ。。。

 eliosDec242020.jpeg PiDec242020.jpeg


    ま、元気で何より。
   




私は と言うと・・・

   あわや しもやけ。


しもやけなんて子供じゃあるまいし と 思っていたが 
先々週 足の指がかゆくなり始め 数日ほったらかしておいたらどんどん痒みが増してきて 
これって もしかして しもやけ? と気付き せっせとマッサージしていたら すっかり治ってくれたのだが危ない所だった。
同じ時期に 右手親指がぱっくり割れたのは ヒビってやつじゃないか。 
 (そうなんです。私もヒビ割れたんです。。)

これはお初である。 

軽く考えてたら なかなか改善せず痛くて不便なので 地道に消毒殺菌を続け ワセリンを塗り込んでいるうちにやっと治ってきた。
しもやけもヒビも今までなったことがなく 今年が初めて。
ヒビは水仕事が増えたからだろうが しもやけって。。。血行が悪いのかぁ。









このところ相次ぐ訃報で気落ちする。

  礼先生も逝ってしまわれた。


お仕事をほんの少しお手伝いさせていただいた時期があり 連絡のメールに絵文字を交えて送って来られたりとお茶目な面も持ってらした方で、でも大物は流石だなと思う 器の大きな スマートな ユーモアのある素敵な大人でらした。
京平先生もあちらへ行かれ 一つの時代が終わったんだなと ポカリと心に空洞が出来た気がするこの頃。










月間ジョギング距離 ターゲットの200kmを無事にクリアしたので 大晦日までは気楽に気の向くまま走ろう。

それにしても雨 降りませんね。











夜になって急に強風
   寒〜。

  冷気が吹き入れてくる感じ。
     晦日。  



午前のうちに母を美容院へ連れて行き 綺麗になって ほんの少しでも気分は上向き、かな? だといいけど。。。

気持ちだけでも大掃除。 
ということで 先日の窓拭きにプラスして ここ数日あちこち掃除 ほか色々。

大掃除って 結局自己満足だよね。
他の誰も気になんてしてない。
正月を迎えるにあたって 家が綺麗であろうとなかろうと そんなこと誰も気にしない。
掃除したかどうかもわかりゃしない、誰にも感謝されも 気付かれもしない、
結局 掃除した人の自己満足でしかないよな。



神棚を整えて榊を飾って・・・ 去年まで父がしていたことを見よう見まねでやっておく。
心の中で父に「これでいいか?」と確認。


一応は喪中だけど 玄関に正月用の花も生け 気持ちだけでも新年を迎える準備。

毎年 従姉妹が届けてくれる餅も切り分けたし、宅配のおせちも届いた。

明日は 煮しめやらなんやら ちょっとだけ作っておこう。

気が向いたら走り納めもするかな。。。? 












12月のジョギング距離 221.13km にて
走り納めは まんまる満月に明るく見守られ きっちり済ませた。

2020年 どうなるかと思ったが、無事終えられそう。


キリリと冷えて 晴れ渡る空。
おニューの加湿器を最強にしても なかなか湿度計の針が上がってくれず 
 今日はよほど乾燥してるんだわ。


   いつも同様 あれしてこれして
   明日も同様 あれしてこれして

    年が終わっても 年が明けても
        それは変わらず。



昨日出来たことが 今日も出来て 明日も出来ることに ささやかながら 感謝。


     良いお年を。






20150619110152a8e.jpg