FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


めでたくもなんでもないが 年が明けたら 否応無しにめでたいものなんで・・・

   とりあえず あけました。

我が家は ささやかに新年を迎えた。


皆様 元気が何より。
元気でいれば ここぞという日が来たら間髪入れず 水を得た魚のように生き生きするでしょう。(と願いたい)



ここんとこまとまった休足日も取っていなかったし 色々せわしなかったので 
正月だからのんびりするかと 走り初めの日程は決めていない。


奴豚は大晦日から新年の明け方にかけ真夜中 東京神社仏閣巡り一人東京マラソン50kmランをしてきたので
しばしお休みのようだ。
私は 長距離を走ろうとか 何か目的を持って何処かへ走って行こうとか 今はそんな気になれない。
早朝の10.5km いつも同じコースを走るだけで十分。
起きてストレッチして 何も考えず走りに出て 無心に走って戻る、それで精一杯。


恒例の箱根駅伝を見ながら父を思う。
毎年 好きで見ていた姿。去年の今頃もそうだったっけ。駒沢頑張ったよ。







  初夢

いったいいつ見る夢が初夢か? 
大晦日から元旦 OR 元旦から二日・・・
さてどちらでしょう???

大晦日は眠らない人も多いので 元旦から二日という意見が多いそうな。

実際 私も大晦日はテレビ見ながら新年を迎え 地元の神社の除夜の鐘を聞きながらズルズル起きていたので夢は見たのかどうか覚えていない。

元旦から二日の夢にディーン・フジオカ氏が久々に登場くださり目覚めが爽やかであった。
セリフはあまり上手ではない(と思える)彼が、演じている時とは違い 夢の中では素の感じで 
とてもよいおの子であったので 新年早々 良い夢を見させていただきありがとう。





母との散歩の公園には 黙って静かに散歩する人もいるが、
子供連れの若い家族が沢山で 凧揚げ・バトミントン・サッカーなどで走り回っている。 
元旦は少なめだったが 三日にもなると大変な人出。

駅伝応援の人出も結構なもんだったし 思えば通勤もかなりの人だろうし 病院のロビーだってすごい人だもん、
今更緊急事態宣言出したって 変わらないんじゃないかね。


年明けて間もないってのに 来年には収束するかと 今年一年もう無いものと思ってしまう自分が新年早々悲しい。

















本日から早朝ジョギング開始
2021年 はじめの一歩

ずっと暗闇を走っているので それが当たり前になり
日が昇ってから走る気にならないという変な習慣がついてしまった。




世界保健機関(WHO)の緊急事態対応を統括するマイク・ライアンさんが、
世界人口の10人に1人がこれまでに新型コロナウイルスに感染した可能性があり、
残りの90%の人が依然感染リスクにさらされているとの認識を示した・・・ 

   と ニュースで言っていたので (まぁ世界平均のハナシだけど)

周りを見回し 仮に 我が家と両隣りで すでに10人、そのうちの一人が感染している(あるいは した)
と考えるのならば
「それは私や貴方であってもおかしくない」と 奴豚に問うたらば
「我々が感染していたとしたら 母は既にここにはいないだろう」と言うので
そりゃぁそうだ、諸々色々なものを抱えている母が 今日も気丈に散歩に行けているのだから
今のところ家庭内感染はないという結論に達した。




時短・夜間外出の自粛 とか言うが コロナは夜だけ感染するウィルスじゃあるまいし
他に対策として掲げられるもん ないんかい。







チャージ

年明けて間もないが 気持ちが滅入って・・・
八日に92歳になる母との毎日は 心体共に いい日あり よくない日あり。
よくない頻度が 少し増え始め さっきまで出来ていたことや 理解できていたことが
本当に 急に、 びっくりするほど急に脳からこぼれ落ちるかのように消去される様に面と向かうと
少し怯んでしまい 自分の余裕のなさに気落ちする。
母の錯乱は それが今はまだ一瞬だからいいが 今後は増加していくであろう。

そんなこんなに一喜一憂していてはこの先やっていけないと頭でわかっていても 
どうもいちいち気持ちが持って行かれてしまう。


そんな時は Rock 'n' Roll !
輝かしき栄光の70年代のロックやポップをガンガン大音量( イヤホン)で聞いて チャージなり。
  あぁ 懐かし麗しの エリック・カルメン! 
1980年の来日公演、そうだその時に浜田省吾氏に会ったのだった。



そうそう、当時のライブは 外タレさんでも紙テープ投げたんだよ。
前方の席を確保したからかぶりつき状態だったっけ。


な〜んてポップな元気エネルギーを たっぷりチャージした翌朝は 元気に走ってこれましたとさ。 

 単純。 いいんだそれで。 今日も頑張ろう。







思い起こせば ここ数ヶ月 私はピンクに染まっている。

目がピンクに反応するので 諸々ピンクを選ぶことが多く
我が家の花はピンクが中心 華やかだ。

以前は私の世界は黒とグレーばかりだった。
服も黒ばかり着ていた。
楽 というのもある。黒を着ていると落ち着く、そんな感じ。
黒だから どうでもいいというわけではなく 黒なりに気をつけなければいけない事もあるが 着ているとしっくりした。
華やかな色を身につけると 落ち着かなかったのだが 今は赤でもピンクでも何でもこーい である。

好きな色は何かと聞かれれば 緑 だが 
今の気分はピンク。婆でもピンク。




8日に母の92歳を祝って 近所でも高級の部類に入る寿司屋の出前をとり ケーキに蝋燭立ててみた。
寿司は期待が大きかった分 ガッカリ度が高く、値段が高かった分 期待外れ感で気落ちした。
うん十年前はとても美味しいと思ってたんだがなぁ。。。


IMG_20210112_075131.jpeg BDcakemum.png



駅前のちよだ寿司とさほど違わんとちゃうの???
母は食細く 甘い物も大して食べないので ほぼ我々二人の腹に納まったのだけど。




そうそう 昨日は 奴豚と築地まで約17kmラン。
祝日&緊急事態宣言下で 静かなもんだろうと思いきや、
祝日だからか 暗いなか黒いコートの警官がこの寒空の下 あちこちで警備に当たっていた。
パトカーも多く 信号無視して交差点渡るときは左右確認+お巡りさん確認で渡るなり。

IMG_20210111_072600.jpeg
築地の店はほぼ閉まっており閑散、誰もいない海鮮丼屋で暖ったかあさり汁を飲み 静かにイクラ丼を食して
さっさと地下鉄で帰宅。
イクラ好きの奴豚が「イクラって何の卵?」と食べながら聞くので 『え?今 それ聞く???』と内心驚く。
30年以上食べてきて 今かい? それとも忘れちゃったのか? ・・・ 




今朝は都心でも初雪かも? というハナシだったので
小雪ちらつくジョギングも悪くないなと張り切って走りに出たが 
空見上げても降る気配全くなしだったわ。



日が長くなってきた。
日の出時間は大して変化ないが このところの快晴もあり日照時間が大分伸びた気がする。








ここ数日 ”なーんにもやりたくない病” に冒されている。




   下は なーんにもやりたくない病 にかかった症状例

   yaritakunai2.jpeg   yaritakunai1.jpg



特効薬は なーーんにもせずに ひたすらだらだら怠惰な時間を過ごすこと。
動画を見るでもなく寝るでもなく籠って無駄にずるずると時間を浪費し そんな自分に嫌気がさすまで待つことなのだが、
そういうわけにもいかず 仕方なくやるべき事をやっていると 治りが遅い。。。

武漢ウィルスと同じで、経済を回しながら封じ込める に 似ている。
どっちつかず。




朝ランも走りたい気持ちが復活するまで休みだ。










ちょろり ちょろり と 朝ジョグに出始めている。

走行記録カレンダーが見られる設定の方は あれ?と思われていたかもしれぬ。
見事に歯抜け様のジョグカレンダーになってしまっている今月。
一日置きというテイタラク状態だが 走る気になったし やる気が盛り返してきたのでひとまず まぁまぁということで。



今朝は暖かく ここ数ヶ月 朝ジョグであんなに汗掻いたのは初めてである。
朝の気温が高く 午後に向かってぐんぐん寒くなっていく本日。
天気予報のマークがコロコロ変わって 傘 → 雪だるま、で 今は雪だるまが傘さしてる霙マークになった。




なーんにもやりたくない病の間 頻繁にペットの里親サイトを見ていた。
あの子もこの子も家族に迎えてやりたい、どんな風に一緒に暮らそうか、などと 空想していた。
因みに奴豚はパピー、私は3−4歳の雌の成犬希望。猫は 7−8歳の♂が希望である。
いつになったら実現することやらね。。。












母を見ていると 90歳過ぎたら 生きてるだけで大変だろうなぁ と思う。
身体のあちこちに問題抱えてると余計に。


還暦超えた私からして 以前は屁でもなかったことが 段々としんどくなり 疲れが顕著に現れるようになってきた。
次から次へと平気でこなせていたことが 今はこなすことはこなすが 後から疲れが付いてくる。
首やら肩やら ず〜〜んと重くなり痛くなり 頭痛になり 不眠になり ・・・ 
年取るって こうゆうことなのねと 実感し始めるのだ。

不思議な夢見て目覚めたら肩こりが増してて 朝から身体が痛くて重くて参ってしまう。
以前のように お気楽で楽しい夢たちよ 戻ってきておくれ。



母との3千歩の散歩は だんだんと休憩時間が伸びていて 母の昔話を繰り返し聞かされているので
ちょいと趣向を変えて クレヨンとメモ紙持参で写生なんぞしてみることにした。
絵心が全くない私のお絵かきは 幼稚園児より下手くそで嫌んなっちゃうんだが しばらく続けてみようと思う。











ニュースを聞いていて、 
2035年の実施を目指す とか 2050年までにカーボンニュートラルの実現を目指すとか
本当に申し訳ないんだが 『もう生きてないし・・』 と ひとごとに聞こえてしまって 
全世界の皆さん ごめんなさい。

60歳を過ぎて なんだか急に残りの時間が短いってことを意識し始めた。
あと生きて15年? 運が良くて20年か? いや、もっとずっと短いか?
50代はそんなことあまり思わなかったなぁ。
残りの時間が短いとわかっていても実感することはなかった。



そう思うと犬も猫も気軽な気持ちで迎え入れることも出来ない。
もし運よく 運命の子に出会えたとしたら それが最初で最後の子になるわけだ。
( 奴豚も私も犬を飼ったことはあったが 家族の犬であって自分が選んだ子ではなかった )




奴豚と私のように子供がいない家庭は後世に残すものもなし その後のことを憂う必要もない。
率先して環境汚染に加担する気も悪行を働く気もなく 環境保護で出来る範囲内のことをやり 
後進に道を譲り 若人達に美しい地球をなんとか存続していって欲しいと切に願う。。
立つ鳥跡を濁さず 老兵はただ消え去るのみ。
母の旅立ちを見送ったら そう遠くない次は自分の番だ。



先日 父が書いたメモが出てきた。
それは私が父に何度も言った言葉だった。
父に多少の気力と体力が残っていた時であったと思うが 死を恐れ不安に思っていただろう父に
「順番だから。みんないつかは死ぬんだから。みんな順番だよ」と わかったようなことを言っていたのだ。

父のメモには こう書かれていた。

  人生は年からジュン番が良いんだよ。92才は長〜かったなアー。


lastmemo.jpg


 

私にその時が来たら 誰か私にそう言ってくれるだろうか。。。



  まぁ まずそんなこと言ってくれる人はいないだろうから このブログを読み直すことにしよう。




   近頃暗いな 自分。








早朝ジョギングと母の散歩 買い忘れたものの買い出し以外、ほぼ家にいるのだが

奴豚と週に一度 何かしら家以外で過ごす時間を作ることにしている。
先日は隣町を散策した。
週末の人出を避けるので 出かけるとしても天気の良い平日の午後にほんの数時間だ。

  例のおはぎ屋へ行き 
   IMG_20210129_134436.jpeg


ドーナツを買い コーヒー1杯ひっかけて ブラブラ散歩。

  やっと初詣。

  IMG_20210129_155305.jpeg



奴豚のひくおみくじが 毎年同じ内容で爆笑だ。
 失物:時がたたねば出ず、
 待人:期待強すぎると来ない、
 旅立:吉日を選べ、 
 転居:待ちて行くが吉 ・・・ 
   ・・・ とか、いつも決まって「待て」のお告げである。 

ここ何年も 機は熟せず 満も持さず・・・
思えば奴豚には 何年も待てを強いてきてしまっていて申し訳ない。

郊外の自然溢れる広い家で犬達と暮らす計画も ずっと待ち状態。
すまないねぇ 私の我を通させてもらって。
最近は 皿洗いに風呂洗いをやってくれ 私の愚痴も聞いてくれている。
相変わらず性格はお国柄を表しているが 我々の喧嘩は以前より減った。






今月は 張り切って新年を始めたわりには 後半意気消沈で 走行距離は153.68km止まり。
ダレダレであった。









20150619110152a8e.jpg