FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


暖かい日が続くので 母との散歩は母との”日向ぼっこ”になっている。

以前は散歩途中の休憩程度だったのが 今は公園のベンチに座りに行くのが目的のような感じ。


風がなく暖かい日だと 母は立ち上がろうとせず いつまでも座って 子供達が駆け回る姿を見ている。
私は お絵描きしたり ストレッチしたり 散歩の犬達を目で追ったり うとうとしたり。


散歩の時間以外 母はずっと家にいるのだから 母が公園のベンチに座っていたいと思うのならば いくらでも好きなだけ気がすむまで座っていればいいのだ。 急ぐ用事があるわけじゃなし。
母があんまり長いこと座っていると なんだか この世の残りの時間を惜しむかのような気がして その時が近いのではないかと少々気がかりになってくる。
母曰く 「これまでの人生で 何にもせずのんびり日向ぼっこなどする時間も余裕もなかったので、日向ぼっこがこんなに気持ちいいなんて知らなかったし 思ったこともなかった」のだそうで そんなことを聞くと哀れになってしまい それなら 何時間でも付き合ってやろうと思う今日この頃。







先日の奴豚の “お国柄の性格” の件だが エスニックジョークにこんなのがある。

すでにご存知の方もいらっしゃるだろうが、
世界各国の国民性を表した『沈没船ジョーク』をば ひとつ。


■世界各国の人々が乗った豪華客船が沈没しかかっています。しかし、乗客の数に比べて、脱出ボートの数は足りません。したがって、その船の船長は、乗客を海に飛び込ませようとしますが…。
さて、船長が各国の人を飛び込ませるために放った言葉とは何でしょう?


アメリカ人に対して・・・「飛び込めばヒーローになれます」
ロシア人に対して・・・「海にウォッカのビンが流れています」
イタリア人に対して・・・「海で美女が泳いでいます」
フランス人に対して・・・「決して海には飛び込まないで下さい」
イギリス人に対して・・・「紳士はこういう時に海に飛び込むものです」
ドイツ人に対して・・・「規則ですので海に飛び込んでください」
中国人に対して・・・「おいしい食材(魚)が泳いでますよ」

日本人に対して・・・「みなさんはもう飛び込みましたよ」
韓国人に対して・・・「日本人はもう飛び込みましたよ」
北朝鮮人に対して・・・ 「今が亡命のチャンスです」



なんだそうだ。


私から言わせてもらえれば フランス人のところはまさにその通りである。









母とのお散歩休憩がさらにさらに長くなっていて 
その時間がプライスレスと思えば そうではあるのだが・・・
  反面その時間をどうやり過ごそうかと 色々試している。


お絵かきに挑戦してみたが あんまりに下手癖でバカバカしくなってしまった。
ウトウトするのも悪くないが 日向ぼっこで ただボーッとしているには結構忍耐がいる。

母は失くしてはいけないと補聴器を外しているので 会話はほぼ一方通行、
母は話すが 私の返答は聞こえずらい。
まぁ、ハナから返答するほど内容のある話はしていないのだ。
なので、今度は本持参で読書にしようかと思っている。







さて、
 怠け癖がついてしまい 4時に起きるのが億劫になってしまっている。
   就寝時間が遅くなっているので 早起きが辛くなっている。

早朝起床の為には早く寝ねば。
夜の片付けが終わったら 間もなく寝る時間。
ゆったりネットする時間も のんびりTVや動画を楽しむ時間はない。
好きでやってたわけで、今まではそれで良かったのだが 
時差のある国と連絡を取る奴豚が隣にいてはなかなか眠れない。


さっき寝たのに。。。 と 思いつつも起きていたのだが 眠いものは眠い。
目覚ましで起きて 「そこまでして走りに行く必要あるんか?』 などと思うと あっさり挫折するのだ。


挫折の朝が増えてきたので 午後走るのはどうかと数回試してみた。
もともと 人とすれ違いたくない マスクして走りたくない とか 
感染予防対策でもあった早朝ジョギングではあったのだが。。。


午後走ってみると 意外にも道を選べばすれ違う人も少ない。

奴豚と出かけた午後のジョギング途中で クラフトビールに立ち寄ったりして

IMG_20210206_142702.jpg

春になるまで 少し違うジョギングの楽しみ方もあるのかなと思ったりして。







明日 「麒麟がくる」の最終回。
名残惜しいなぁ。










近所の公園の紅梅。
ここの梅の木の剪定はプロがなさっているのか 枝張りが玄人好みである。
芸術的というか ゴツゴツガクガクくねくね感たっぷりなんだが花の付きが良くない。

ちょっと寂しげ。。。

IMG_20210212_104505.jpeg


この木だけ気が早く咲き出したが 他の木はまだまだ。






ジプシー旅ブログなのに ジプシーできなくなって数年。。。

ジョギングと散歩と母の話ばかりじゃ 頻繁にお伝えすることもなく、更新せずに恐縮です。
一人 過去のブログを読みなおしては 「あの頃はよく走ってたんだな」と感心している。
訪れてみたい国々はまだ沢山あるが 犬との暮らしを選択したら行く機会もないかもしれぬ。

早朝ジョグも御無沙汰で 最近は午後走っている。それもちょぴっとだけ。




奴豚が昨日から変なチャレンジを開始した。

4時間おきに6KM走るということを丸二日続ける。
昨日の16時に開始し、20時、24時、4時、8時、12時、16時・・・
1日目が終わり 続いて2日目に突入。

走っていない時に 食事し風呂に入り寝て と 結構忙しない。
本人は静かにしているつもりかもしれないが 夜中は何度も起こされる。
まぁ 二日間なら文句もない。
たかが6KMとはいえ 日に6KM x 6回だから 二日で72KMだ。
結構な距離。


ま、なんでもやればいいんじゃない? ど〜せ暇なんだし。








暇に任せて 奴豚と 我々のジプシー旅ベスト3談義をしてみた。


2007年に出国してから今まで 訪ねた国、町、思い出に残る景色 その他諸々 どこが今の心に残るのか。。。


奴豚は割とすんなりベスト3を選出出来たようで 

  1位は 南極とウシュアイア・パタゴニア

20080301210556.jpg

blog_import_524fcce09203e.jpg blog_import_524fcd3a8ff89.jpg


  2位は ボリビアとデスロード

  3位は フィヨルド (トロムソとNZのミルフォードサウンド)

blog_import_524fda5c6c54e.jpg


     と すんなり答えた。



私は どの国も どの場所も どの景色も それぞれに印象深く それぞれに思い入れも深く
どこが1位とか どこがどこより上だとか 決められない。


同様な質問を良くされたのだが ローマの休日のオードリーヘップバーンよろしく 

「 Each, in its own way, was unforgettable. It would be difficult to 。。。」 と 

    何処の国もそれぞれ忘れがたく。。。 てな感じなのだ。

彼女のように その言葉の後に即座に 「ローマです」 とは 私には選択出来る場所がない。


南極も北極圏もカナダも南米も 過ごした時間が長ければ長いほど 何処の町も思い入れが深く 
ほんの短時間立ち寄っただけの場所でも印象が強ければ 思いは強く 順番がつけられない。

また訪れたい場所はとなれば話は別で あそことあそこは行かないだろう という国はある。


当初 ここは絶対行きたいと思っていたところに結局行けなかった場所があり ひとつはエジプトである。
子供の頃からピラミッドを見に行きたいと思っていたが 今はエジプトへ行きたいとは思わない。
死ぬまで一度でいいから見たいと思っていたオーロラも 今ではネットで見れてしまうので見られなくてもいい。
インドへは行きたいと思ったことがなく、メキシコへは機会があれば行っては見たい。
ジャマイカへは行ったが 中央アメリカへ行けなかったことは残念だ。


私は若い頃 親友のお陰でケニアへ行き 若造には到底手の届くはずのないサファリ三昧をさせてもらったが 
奴豚はモロッコ以外のアフリカへ行けなかったことが心残りのようである。

ロシアへも足を踏み入れたことがない。残念だ。



こんな状況になって改めて思う。
行ける時に行っておいて良かった、あの時 行こうと決心して良かった。
自分より若い方にいつも言う言葉だが 
歳をとるにつけ 怖さが増す、楽に出来ていたことが出来にくくなる。
若い頃 想像もしなかったような簡単なことが難しくなっていく。
仕方ないことだ 身体能力が老化していくのだから あらゆることが出来にくくなっていくのは当然。
高いところから飛び降りることや バランスを取ることや 重い荷物を持つことだって
忘れ物も多くなる。
大切な物の管理もうっかりすることが多くなる。ドキドキハラハラだ。
あらゆるものに疑い深くもなる。


政府が定年延長70歳雇用社会だのと鼓舞しようとしているが そんな誘いに乗ったら
遊ぶ時間は短くなるよと一言 言っておきたい。
それまで沢山稼いで ファーストクラスで贅沢三昧の旅が出来るのならば話は別だけどね。


自分の経験から言えることは やりたい事があれば後回しにしないこと・・・ かな。













  
  あ〜ぁ 来ちまいましたか



日本で過ごす時間が長くなるにつれ じわりじわりと来ていたのだが
去年から はっきり反応するようになった。

今年も もう来ちゃいましたよ・・・

     花粉


せっかく重い腰あげて なんとか午後のジョギングにスライドしてきたのになぁ。
花粉の少ない朝に戻さねばならんかぁ。。
バフの上にマスクして走ってるのに、花粉がこんなに簡単に侵入するんじゃ ウィルスもスルーだな。



今日からマスク プラス こいつかけてみようか。。。

IMG_20210218_094724.jpeg


母が白内障の手術の時にしていた保護メガネ。












違う景色



御無沙汰 早朝ジョギング
少し遅めに家を出て 違う景色の中を走ってみた。



あさぼらけ。

IMG_20210219_060407.jpeg


おひさしの富士山。

IMG_20210219_062854.jpeg


もう少し待ったら朝日に映えるんだけど。。。
それにしても 上り車線はもう渋滞。

みんなお忙しね。


そういやぁ 緊急事態宣言中だったよね。
「生活や健康の維持のために必要な場合を除き、原則として外出しないこと」
  ・・ だったっけね。


” より一層の注意を払いながら「新しい日常」の実践” 中の我々。










母の在宅医療が始まった。

特に容体が悪化したわけではなく、かかりつけ医の計らいである。

今までお世話になってきた総合病院、
毎回 何時間も待たされ座っているのは考えものだと常々思っていたのと
母も体力的に 通うのが大変になり始めていたのとで 
出来れば在宅と通いと半々の頻度にできれば良いなと思っていたところで 
かかりつけ医の福田医師から提案された時はまさにベストタイミングであった。


福田医師は母の執刀医で 
本来外科医は外科的治療の必要がなくなれば担当を離れるのだろうが
術後の経過を見ながら 内科の範囲も診てくれ 都度必要とあれば夫々の科と連携プレーをしてくれている。
他の科を受診している時も わざわざ様子を見に診察室まで来て その科の医師と相談してくれたり
入院中も明らかに時間外と思われる深夜や早朝に母の様子を見にきてくれたりと それはそれは親身に母を診てくれて お若いのに心根のアッタカイ ほのぼの優しい人なのだ。(若いというのは私の主観=私からすれば誰もが若いんだけれど・・・)

母も私も大ファンで 顔を見るだけで元気が貰える。
ちょいと眠たげな眼差しと 長い睫毛のイケメンでもある。

 ( 福田医師の話になると俄然熱が入ってしまうのだ )



在宅が始まったからと言って 福田医師との縁が切れるわけではなく 通う頻度が減るだけで 今後も主治医であることは変わらないのだが 
これから訪問診療に来てくれるのは 父が晩年お世話になった医師で こちらも知った顔で心強い。



が、母の気持ちは複雑のようで 在宅で楽になるのは嬉しい反面 いよいよその時が近づいてきたから在宅になったのではないかと疑っているようで 勝手に誤解して気落ちせんでおくれよ。













2月にしては暖かい日が多かったので 
  ちょっと温度が下がるとやけに寒く感じる。



昨日 25日の朝ジョグは 手袋の中の指先がなかなか温まってくれなかった。
だいたい3kmも走ると かじかんで痛かった指先にも血がめぐり温まってくるもんなのに
昨日は4km過ぎても指先ジンジンであった。

でも 久しぶりのピンクの明け行く空。

IMG_20210225_060640.jpeg


近頃 家を出るのが遅く 半分も行かないところで夜が明けている。



今朝は 薄手の手袋、走り出してすぐ汗までかいた。
ジョギング中は寒くないのに 母と散歩に出る10時過ぎ頃の方が寒く感じて着膨れ気味。










頻繁に覗き見ている里親サイトに 気になる子がいた。
まぁ、実はどの子も気になる子なのだが このコはやけに気になって
ウチの娘に迎えられたら・・・と夢想したりしてる今日この頃。

yomochan1.jpg


私じゃなくても きっとこのコなら いい人の家族に迎えてもらえるだろうな。





  「気になる女の子」というと やっぱ思い出すのは この歌よね。




   終わり方が プッツリ! キッパリ! 潔いのが良いのよね。












音が聞こえてきそうな 元気な朝日。

IMG_20210228_071948.jpeg



IMG_20210228_082409.jpeg
2月最後の朝 ほんの少し長めに朝ジョグで 何とかかんとか180km超え。
ターゲットには届かずも やる気の起きなかった自分を騙し騙し走ったので ヨシとしよう。






近所の公園の駐車場が昨日から閉鎖されて 週末の賑わいはなく 
ジモティーの我々としては 平日同様に静か・のんびり平和で嬉しい。

  なんで今頃? と 思うが ネットで調べたら・・・


「 東京都公園協会は2月27日から3月7日まで都立公園の駐車場と運動施設を緊急閉鎖すると発表した。新型コロナウイルス感染症対策の一環として、車を使って遠方から来る利用者を減らす考え。」

    ・・・だそうです。

  やっぱり なんで今更感が否めないけど。で、なんで7日まで? 宣言解除日だからか?


今年になって暖かい日が多かったせいもあり 週末の人出はウィルス以前の賑わい同様だった。
駐車場待ちの車や 帰宅時の混雑で近所の道は大渋滞だったが 特にこちらは困ることはなかったし
人混み避けて散歩してる分には気にしなくなっていた。
駐車場閉鎖になってはじめて 遠方から来る人の多さに気がついたってわけだ。
でも桜が開花したら またエライことになるよ、きっと。






そうそう、昨日のニュースに くるみを車に轢かせて割って食べるカラスの話があったが
近所の公園にも一羽いる。
木の実を駐車場入口の道路に置いて 割れたのを拾い食いしてる。
堂々としていて クラクションくらいじゃどかずに 我が物顔で道路の真ん中を闊歩しているジモティーカラス。
散歩の度に見かけるのだから ずっとやってるんだろうな。
賢い奴。












20150619110152a8e.jpg