FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


いよいよ トレッキングも終わりを迎えた


12/5 Day26 Chhomrong - Pokhara
チョムロン→ポカラ

アンナプルナトレッキング 最終日。


山を下りると決めたら キッパリ。
そそくさ さっさと ドンドン 降りる下りる。


アンナプルナとマチャプチャレの勇姿を これが最後と写真に収めていたら
奴豚が 「 いったい何枚撮ったら気がすむんだ さっきから止まってばかりで 」 と、せっかくの良い気分をぶち壊す心無い一言を放ち 朝から口論。ったく。
人生のたった5分も待てないような 心の狭い男なんだと心底 ガッカリ。

DSC03367 copy

怒ったまま先を歩いていたら道を間違える。ちっ!
間違えたことに気づいても、後ろから呼び戻してもくれず、自分だけさっさと先に行く奴豚にさらに怒り沸騰。

しかし いつまでも怒ってはいられん。
ポカラまで まだ先は遠いのだ。




定期バスの出ているナヤプルという村まで約6時間程歩こうと思っていたが、聞けば バスはずっと手前の村からも出ているという。
ジープの選択もあるそうだ。少し高いが。。。

ナヤプル方面へ向かって ともかく下って、車道の始まりで バスなりジープなりを捕まえようと 休まず歩いた。


シワーという村から車道が始まっていた。
この凸凹道が 都会へと続くのだ!

ここが我々のトレッキングの終わり。


定期バスも出ているという。

ジープ乗り場があり値段交渉してみる。
DSC03379 copy

一応 1人千円 という価格はあるのだが、他のカップルと4人で 1人700円まで値を下げた。
よし!ジープでポカラまで約2時間、行ってしまおう! ということで 4人で乗り込む、と 後部座席にはネパール人が4人乗り込み 屋根の荷物置き場にさらに1人が乗り込む。
なーる! 外国人がジープをチャーターする毎に 安い運賃で ネパール人が同乗する仕組みなのか。。ま、別にいいけど。

バスは400ルピー(400円) 、ジープは700ルピー(700円) 、大した違いではない。
ポカラの宿まで直行してくれるし、途中停まらないのだから 御の字だ。


狭いクネクネ道を 若いドライバー君は慎重に運転してくれ 怖いことはなかった。

午後2時にシワーの村を出て、途中 TIMS と ACAP のチェックポイントで トレッキング終了のスタンプを押してもらい、あとは止まらずポカラのレイクサイドまで。

午後4時には レイクサイドに着き、以前泊まって勝手知ったる宿 バタフライロッジにチェックインした。

あぁ、終わった。
都会の喧騒が うるさいような 嬉しいような、複雑な気持ち。


10日ぶりにシャワー浴び 髪を洗う。
火傷するほど熱いお湯。
蛇口をひねるとお湯が出る というそれだけの事が 有り難く 贅沢で幸せだ。


そう、この感じ。

これが味わいたくてネパールでトレッキングしてるんだ。
いつも普通だと思っていることが 実は普通ではなく、
当たり前の事が当たり前になってしまっている日常が 実はそうではない事を実感する為に、ありがたみを感じる為に、ネパールの山を歩きに行くのだ。


これにて アンナプルナは終了。
数日 ポカラで贅沢三昧を味わったら
愛するミラとクイン ( 共に 犬 ) の居る カトマンズへ戻る。


これなしには とても歩ききれなかった。感謝のストック。
   DSC03359 copy    DSC03360 copy
左は両親の物。右は壊れているからと旅行社がタダで貸してくれた物。
ありがとう。


DSC03378 copy

最後まで担ぎきったぞ、我々の荷物。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg