FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


渡嘉敷島一周マラソン大会


   DSC03754 copy   DSC03755 copy


      DSC03761 copy   DSC03763 copy



10周年記念大会の今年。

一周と言っても 林道を登って下って 登って下ってぐるっと回って 戻ってくるハーフマラソンコースなのだが、コース情報通り結構な登りがあったぞー。
カトマンズのトレランで せっせと石段を登った甲斐あり 根性で走りきった。

   DSC03783 copy   DSC03781 copy


高い丘の上から見下ろす 鯨海峡と渡嘉敷ブルーの澄みきった海が美しかった事!

ずっと ぐつついた天気だったのだが、マラソン大会開始直前に晴れた!
空が晴れ 気温が一気に上がって 長袖で準備していたら 走る前から汗ばむ陽気になってきた。
風も止み 絶好の天候に恵まれたマラソン大会だった。


総参加者数900名。
ハーフ、10キロ、5キロとある。

   DSC03797 copy   DSC03796 copy

13時、もとミスユニバースの知花くららさんのスタート合図で ハーフマラソンがスタート。

島の人口700人より多い参加者数が 村の林道へ一斉に駆け上がっていった。


   DSC03789 copy  DSC03792 copy

スターして 3キロ地点から登りが始まる。
長い長い登りである。緩やかに左へカーブし、まだまだ登る。
この辺でもう歩いちゃう人も居る。


どんどん抜いて先へ。


   DSC03810 copy   DSC03803 copy

島のエネルギーを吸収しながら 元気に駆け上がる。
林道のアップダウンが楽しい。
右に曲がり 左に曲がり 得意の下りでは身体をバランスよく右へ左へ倒し 前ゆく人達を抜いていくのはとても気持ち良い。

足を止めることなく 休むことなく ただただ嬉しくて、走る事の なんと素晴らしいことよ。どんな登りだって 望むところだ!
久しぶりのロードマラソン。嬉しくって楽しくって 終始ニカニカしてしまう。




沿道で太鼓叩いて応援してくれるお婆ちゃんが嬉しい。
給水所のボランティアさんがありがたい。
私設エイドでフルーツや黒砂糖を配ってくれる皆さんが 嬉しくて、皆んなに「頑張りまーす!」と挨拶しながら走った。

   DSC03806 copy   DSC03817 copy


折り返してくる俊足ランナーさん達の歯をくいしばる姿を応援しながら、自分も負けないぞ と頑張る。
フィニッシュに近くなって 家の前で応援してくれている皆さんに 「ただいまー!」と御礼を言いながら最後のダッシュ!

   DSC03825 copy   DSC03821 copy



             頑 張 り ま し た 。



   DSC03798 copy   DSC03834 copy

こんなに頑張ったことは 未だかつてございませぬ。
なにクソ魂が宿りました。

入賞は出来ませんでしたが、自分ではいい出来だったと思いまする。
優勝は 男子 1:16:43, 女子は 1:30:53
年代別で1位になった女性のタイムは1:45:27。ワタクシ 2:14:24。
その差 30分ですが いーんですよ それでも。
   DSC03779 copy 




IMG_1771 copy



大会終わって 参加費に含まれている食事券と飲み物券を持って 小学校の広い校庭に設営された数々の食べ物スタンドを物色し まずはビールで乾杯。

IMG_1772 copy



奴豚は焼き鳥丼、牛美は豚カレーで腹ごしらえ。



何でもある。唐揚げや焼きとうもろこし、枝豆、チーズ揚げなどのツマミ系からガッツリ食事系から 魚専門スタンド、沖縄ソバ、おにぎりやおでん、漬物、サラダ、甘いものまで 色々揃ってる。
食事券を使っちゃったあとは自腹ね。お値段 懐に優しめ。




Free Flow copy   DSC03835 copy
そして 待ってました!の 泡盛フリードリンクサービス。


何杯でも 心ゆくまで 酔って出来上がるまで 記憶がとぶまで どーぞ 気兼ねなく 飲んで下さいよの フリー泡盛大会である。

小学校の校庭に設営された特設ステージでは フラダンスあり、沖縄民謡 舞踊、大太鼓の演奏、お楽しみ抽選会ありで盛り沢山。
飲むほどに酔うほどに ステージ前では踊る人が増え、会場皆家族、みなさんと一緒に 「ユイユイユイ ゆいまーる」を上手に歌って踊った。
DSC03846 copyDSC03843 copyDSC03844 copy



これほど 参加者や運営の方々と身近な交流があるマラソン大会というのも珍しい。

ホントに会場 皆家族のような和気あいあいであった。
隣に座った人達とすぐに打ち解け 心許しあう感覚は どのマラソン大会にもない 素敵な雰囲気だった。
これは沖縄が持つ 独特の優しさなのかな、人の心が暖かい。
ここへ来る人達も 心が柔らかくなるのかもしれない。

良いなぁ 渡嘉敷島。
優しいなぁ〜、素敵だなぁ〜。

楽しい大会だった。




   IMG_1767 copy201502102220041d3.jpgDSC03773 copy




楽しい宴がおひらきになり、帰り道でおじさま達とすれ違ってひと言ふた事交わしていたら 一緒においでと誘われて居酒屋へ。
翌日のホエールウォッチングは高波の為 すでに欠航が決まっていたので、渡嘉敷区長さん 奥様、渡嘉敷地区の長老の皆さん方に囲まれて いろんなお話を伺いカラオケで沖縄の歌を聞かせてもらい、ご馳走になり 出来上がって宿へ戻った。

DSC03851 copy   DSC03849 copy
         DSC03856 copy



さらに 翌朝、お誘いいただいた区長さん宅へ図々しくもお邪魔して (二日酔いの抜けきらない区長さんに) 畑へ連れて行っていただき、野菜と産みたて卵を沢山頂いて オマケに観光ドライブまでさせて頂く。

DSC03864 copy   DSC03869 copy
      DSC03871 copy   DSC03872 copy




DSC03884 copy


いちゃりば ちょーでー : 出会ったら みな 兄弟



渡嘉敷の人は 皆さん そう言って よそ者であろうと誰であろうと 兄弟姉妹のように接してくださるのであった。

と言うわけで 延泊。


201502102220070d3.jpg

癖になりそだ、渡嘉敷マラソン。。。


目下のところ 波高しで 明日のフェリーが欠航になるとか。。。
さらに延泊か?
ま、沖縄マラソンまでに帰れれば良いんだけどね。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg