FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


「 ネパールの あのトレランや石段は 何だったんだろう。。。」
と、つくづくガックリ肩を落とした沖縄マラソン。

前日のうちにゼッケンを受け取りに現地下見へ。

DSC03887 copy

   ナンバーカード引き替えは体育館内。

      靴を脱いであがります。






   DSC03889 copy   DSC03890 copy


   DSC03888 copy   DSC03898 copy


出店は少なく靴はMIZUNOだけ。先日新しいウェーブを試し履きしたが合わなかった。。。

   DSC03886 copy     DSC03901 copy




さて沖縄マラソンは 那覇市内ではなく沖縄市泡瀬の 県総合運動公園をスタートするので、
  当日 まずは早起きして 各自 那覇から市バスに乗って約1時間離れたスタート地点へ向かう。
地元の方々は自家用車で向かうので 那覇バスターミナルに集まるのは 多分ほとんどが沖縄県外のランナーだと思うが。。。

スタートへ向かうバスも荷物預けも有料なり。
参加費が安いからかな?




2月だが 相当暑い日差しのマラソン当日。
これは東京の5月? かと思う日差しの中 日焼け止めクリームを塗ったくって準備。

本当に暑いぞ。流石 沖縄だ。

   IMG_1807 copy   IMG_1806 copy



9時 スタートで 運動公園を出発。

IMG_1810 copy

アップダウンと聞いたが、最初の10キロはフラットだった。
これと言って見所がなく ひたすらコンクリート/アスファルトの街中の普通の道路を走り続けるのは 退屈で飽きる。。。

少し 高低が出てきて 気持ち的に変化。
が、モチベーション上がらない。

こんなコースはどうしたら楽しめるんだろう。。。

自分を叱咤し 知り合いの顔を思い出し、ネパールで頑張っているランナーの事を思い 意識を走る事に集中しようとするも。。。

ハーフ地点までは 各キロメートル毎 良い感じのペースで進めていたのだが、

中間地点 の 表示からガクンとペースダウン。
今の私にゃ ハーフ走る力しかないって事ですかね。。?

集中力も続かない。

景色も特筆するものなく、期待していた嘉手納基地内も ゲートをくぐって中に入るものの、皆さん日曜の昼 家族でまったりと和んでいる中、余興程度に声援してくれる数人の方々の前を過ぎて、さらに面白みのないアップダウンのアスファルトの道をただただ進むのみ。

辛いなー。足痛いなー。先は長いなー。

走らんと 終われないんだから 走るっきゃない。

残り10キロ。沿道の応援が増え 差し入れの波。
沿道にずらりと並ぶ皆さんが 何かしら差し出してくださっている。
飴やフルーツ以外に おにぎりやコロッケ、ウィンナー、唐揚げなどの食事物。
スポーツドリンクやジェルやビール、塩、砂糖、梅干し、色々。
甘いお菓子やアイスキャンデー、それこそなんでもあったぞ。
シュークリームはわざわざ戻っていただきましたよ。

水や氷、冷却用スプレーも提供下さり、すっかりお世話になった。

最後の10キロ、皆さんの応援なしには 先に進めないほど 力を分けて頂いた、
が、楽しみにしていたラスト2キロの下りで 足の痛いことったら。。。
足が地面に着くたびに 痛みが足から胸に伝わって、真っ平らな胸なのに振動で痛んだ。こんな事初めてだ。く〜 足だけでなく全身が痛いぞー。


   IMG_1811 copy   IMG_1816 copy


マラソンって ツラカッタンデスネ。。。忘れてました、この痛み。


ネパールでせっせと走ったりトレッキングした あの日々は何だったんでしょね。


   写真左)は前夜の宅配ピザ   と   右)マラソン後の夕食 
   IMG_1799 copy   IMG_1826 copy 2

photo copy

奴豚はクロックスで走って 4:34
牛美 ラストくじけて5:01
フルマラソンで5時間切れなくなってきたぞー。まずいぞー。






【ありがとうございます】
情けない走りになりました。
いつまで続くかと ガックリした終盤。
完敗でした。。。
【】
完走おめでとうございます。
マラソンは時間がかかるほどしんどいですよね。
切れそうになるアタマ、悲鳴を上げるカラダ…。
ごくろうさまでした。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg