FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

見切りをつけて出国することにした。


ほかの宿泊客もどこへ行くのか、バック担いで出て行く者ありでそれぞれの決断。
ミリタリー空港へ続く高速道路も封鎖されているようで やっとレスキュー便の席が手に入っても、空港に行くのに5~6時間前からの大仕事のようだ。12月5日の国王誕生日までには事態収束との噂が高いがそんなに待っていられない。

明朝アンコールワット(シェムリアップという町)へバスで移動する
これもまた 曰くつきの旅なのだが。。

バス代は驚く程安い。280バーツ(米ドル9ドル程度)カオサンのMPツアーという日本人常勤の店で購入。値段は店によって色々。数軒あたって安かったのと、やはり日本の人はいいわ~。親切で誠実。適切な情報もくれる。




途中タイ出国とカンボジア入国を挟んで12時間のバス旅。

     何故悪評が高いかというと:


国境を越えたところで ボラれる両替を強要される脅かされて バスに乗り換えるのを拒否されて追加料金を要求される、等々 いかにも発展途上国にありがちな手口。おまけにまともに走れば5時間程度でつく道をわざとのろのろ走って夜中到着にするのは 宿からのマージン欲しさに贔屓の宿へ無理矢理客を連れて行くというテだそうだ。

さらに 悪路らしい。。。名付けて「Dancing Road」嬉しくて踊っちゃう程楽しい道という意味ではないようだ。 舗装されていないあぜ道を走ると身体がバスから飛び出るほど揺れると聞くが、「Rock'n Roll Water」と呼ばれるドレイク海峡を二日かけてゲーゲー吐きながら渡った我々としては、怖いものなし!。。。かもしれない。

盗賊にあって身ぐるみ剥がされるとか、人質にされるとか、レイプされるとか じゃなければ 多少の事は目をつぶろう。。。 もちろん愉快じゃないけど。。。


ともかく明日はバンコクを出る。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg