FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


今週土曜のクラブランはちょっと趣向が違ってレース形式。

いつもは駿足のメンバー達の後姿をひたすら追いながら 引き離され ひとり旅の牛美にも 日の目が当たるかもしれない システム。


簡単に説明すると、

フラット(平坦)10㎞コースの 過去1年以内の平均タイムを各メンバー毎に計算し、遅い者順にそれぞれハンディキャップとして時間の猶予を与え、スタート時間をスライドさせるのだ。
ちなみに牛美は昨年2回走ったので その時の記録で計算され スタートの順番は5番手。
参加表明しているのは54名。5番手というのが 牛美がいかにか よーくわかるでしょ??


過去1年の間に少なくとも同じフラットコースを2回走っていないと平均が出せないので 去年サボった奴豚にはエントリー資格なし。


1番の駿足氏と牛美には24分近いハンディキャップがある。
牛美のスタート時間 6時01分30秒 駿足氏は6時25分15秒。

自己のタイムをどれだけ縮められるかで 勝敗が決まる仕組み。


ワタクシの場合、去年の自分より少しは進化しているつもりなので、
ヒョットするとヒョットするかもしれん。。。?

最近 真面目にトレーニングに励んでいるし、気合い入れて 前日の昨日は足休めで走ってないし。。。
いいセン行くかも。。ははは。




夜通し降った雨もやみ 5時半 いつものスタート地点にスタンバイ。
ウォーミングアップで自分の番が来るまで ジョギングしていた。

1番手スタート。タイム通りに次々出て行く。

スターターと話してたら 自分のスタート時間過ぎたじゃない。
おっと いけない。6秒遅れてスタートした。亀には6秒程度 大した違いないからね。


靴はnew balance の ミニマス。
ここ数ヶ月のトレーニングで脚力ついて15㎞程度までなら この素足感覚のソールでアスファルトを走っても平気になった。
かえって 走る姿勢や足運びのヘンテコな癖が取れて 飛ぶように (語弊の無いように…あくまでも自分的には ということで。。) 走れるようになってきたのだ。


ともかく 抜かれないように懸命に走った。

先にスタートしたランナーが射程距離に入ってきた。
ひとり抜きふたり抜き 折り返しまでに 3人抜いた。
今や 自分の前には 先行ランナーひとりだけ。
折り返してくる彼との距離を確認して その先の上り坂で抜いた。
フラット(平坦)と言っても なだらかな坂がいくつもあるのである。(彼らにはこれがフラットなんだもの)

続々 あとからスタートした駿足のメンバー達とすれ違う。
皆さん 先頭を切って走っているのが私とは信じ難い感じである。
1㎞ 3〜4分で走る人達だが、速いと分かっていても抜かされたら意気消沈しそうだ。
ウエストポーチのiPhoneアプリがキロ毎のタイムを知らせてくれる。
残り3㎞、アプリの声が㎞ 5:01 と言っていた。

行けるぞー このまま行くぞー。

背後に迫る気配はまだない。きっと勝負は最後の数百メートルなんだろう。
負けるな、怯むな、死ぬ気で走れ と 叱咤する。


フィニッシュが見え スパートと思うも 今までずーーーっとスパートだからね もうゼーゼーだわ。
倒れこむほど必死で走って あぁ フィニッシュ!


やったー! 一等賞!


ちょっと間をおき2位。続いて3位。
あとは なだれ込むように皆さん一斉にフィニッシュした。
フィニッシュ直後は 話なんて出来ないほど 皆 物凄く必死で走ってきたので 握手して互いを称えあった。




20150620155257278.jpg





表彰式なり。





実は 先週 実家の母が入院し、気がかりで夜もろくに眠れず、いっそ帰国しようかと思案していたのだが、昨夜 父からの電話で 退院が決まったと知り 心おきなく 走る事が出来た朝であった。


記念のメダル。皆さん ありがとう。

201506201540508a6.jpg20150620154052860.jpgやったぜ 亀!
去年の記録58分を5分強縮めて 53分だった。
ご参考までに 最速は35:27分。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg