FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


今回 アウトドアショップ カトマンズ Kathmanduからスポンサーを得たキッカケだが…。


2013年に初めて訪れたネパールで、人や自然 色々なことに心惹かれ、当時出会った人達に刺激され、我々も何かできないかと漠然と考えていた。
先のネパール地震の際、個人が募金するほかに もっと別な形で継続して支援が出来たら とも思った。


かいつまんで言うと 「大好きなネパールの為になにかしたい」 気持ちがくすぶっていた。


まず、奴豚が NORTHFACE 50 を走ると決めた時に ( 先月 開催された ) ネパールをこよなく愛しヒマラヤの山々を駆け回っている 知り合いのセフ氏が ネパールの子供達の援助の為に立ち上げた組織に寄付を募る告知をしたのだが…
如何にせよ 一介の個人がどう頑張って宣伝しても 限りがあった。

セフ氏とはカトマンズのタメル地区にある 安いタルカレー店で ダルバートを食べ合った仲である。
ちなみに 彼は 卓越したスポーツマンでタダモノではないのだ。

タダモノでないぶりはこちらでチェックSeth Wolpin氏のHP



さてここでやっとKathmanduスポンサーの話しに戻る。

ショップのメンバー特典のひとつに スポンサーシッププログラムがあり、メンバーならば誰でも応募出来る。
応募条件と趣旨を理解し セフ氏の組織に繋げようと 考えたのが 今回のウルトラマラソン。
海外では一般的なファンドレイジング Fundraising = 寄付金集め である。


有名人でも金持ちでもない一般人が 少しでも広く注目を集めるには 名のあるスポンサーシップというのは格好のチャンスではないかい?


さっそくプログラムの趣旨である 「挑戦」探しを始めた。


挑戦。。。 我々が出来る挑戦とは 何だろう。。。



ショップからはスポンサーとして ギアやウェアの提供がある。
それを使って出来る挑戦だから 無論 アウトドアに限る。

我々に出来るのは やはり 走ることしかないだろう。。。

そこで 奴豚に ウルトラマラソンを走れと指示。
、しかし 50㎞を既に2回走っている奴豚が 100㎞に挑戦 というのは インパクトにかける。
きょうび 皆 ウルトラを普通に走っているのだから。


そこで牛美が決心。「 アタシが走りましょう 」



フルマラソンより長い距離を走ったことがない 56歳のオバハンが 真夏のマレーシアの我が愛するペナン島を一周するなら 充分 挑戦じゃないか!
えぇそうとも! これってすご〜く挑戦だわ。



さっそくスポンサーシッププログラムに応募した。
必要と思われるギアやウェアの希望も出した。

で、4月からトレーニングを始めた。

5月末 応募の締め切りがきて… それからさらに発表まで3週間あった。

スポンサーを得られなくても 静かに密かに走ろうと思っていたのだが。。。

先週 返事が来て 主旨に賛同して スポンサーとしてギア提供するとの事だった。
希望したギア/ウェアの数は 減らされていたが、走る為の上下ウェア、夜間レース用にヘッドランプ、雨合羽 の 6点を支給してくれた。

ショップのサイトを通じてファンドレイジングを告知してくれると言う。
NZ OZ 英国で広く展開するショップなので 願っても無いチャンスだ。

ギア提供の条件は 提供されたギアを利用しながら挑戦している姿をメディアで紹介することである。
写真、ビデオ、各ソーシャルメディアで お披露目せねばならぬ。
相互関係だからね、やりましょう、お見せしましょう。
これからしつこく報告させていただきますよー!


ちなみに アナタもsummitクラブメンバーになって 挑戦してみませんか?!

興味のある方はこちらからKATHMANDU アウトドアストア







この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg