FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


毎朝 5:45 2階の寝室で一緒に寝ている犬達が 控えめに動く音で目を覚ます。
もうチョット寝てよかな。。と思っているうちに ベッタリ君のPJがひと声 「 にぁん 」。

奴豚は 耳栓して寝ているので まだ 惰眠をむさぼっているのだが、牛美は起きて 静かーに ヨガする。


寝室で一緒にと言うと 皆んなで一緒にベットで寝ているのかと思われるかもしれないが、
そうではなく、
広〜い部屋なので 皆が それぞれのベッドやクレートで バラバラに 好き勝手に横になっているのである。
PJだけは 私にベッタリくっついて寝ているのだが。。。



今朝は 珍しく先に 階下に降りた奴豚が 「 雨になりそうだから 」 と 3匹をさっさと散歩に連れ出してくれた。

戻って間もなく 本当に間一髪! 雨が降り出し ダラダラと…。
降り止む気配なく どんどん雨脚が強くなり ピカピカゴロゴロがやって来た。


屋根を叩く雨音が尋常じゃないと思っていたら 屋根から雨漏りし始める。

パソコンの乗っている机を移動し 2階を見に行ったら寝室も 家主のオフィスの部屋も ジャンジャン雨が漏れ伝って 壁を伝い床に流れ出している。

タオルを持てるだけ引っつかんで オフィスの窓や床、家主の仕事道具やギターやら写真のフレームやら を どかしたりカバーかけたり。
寝室の窓からも漏れてくる。


中庭の排水溝が逆流して おぞましく汚い下水がみるみる上がってくる。
口に出すのも恐ろしい 病原菌の塊の汚染水で 中庭のコンクリのたたきが ビミョ〜な色の水にじわじわ浸っていくのを暗〜い気持ちで見ていた。

猫たちのトイレは たたきの向こうの外の小屋の中。そこはすでに床上浸水状態。
猫達が小屋トイレに行った足で テーブルやソファの上を歩きまわることを想像すると鳥肌立ちそ。。

水が引き始めたら 間髪入れず 掃除して消毒せねば。


雨脚が弱まる。
猫が小屋へ行かないよう 手前に臨時トイレを設置して 中庭の消毒にかかった。
家の床も ついでに消毒液入りの洗剤でモップがけ。


朝から あぁ忙し。



表の道路は すんでのところで浸水はまぬがれた。





この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg