FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


ペナンウルトラマラソン 終了
【 まずは前編】


やっぱ 走り出した方が気が楽になる。
色々と思案したって 直前にジタバタしても仕方ないんだから。

IMG_3382 copy

犬達の散歩と餌の時間を考慮し、家を出る前に 随分 バタバタしてしまったが、

規定ギアチェックが思ったより早く終わったので、また家に戻りもう1度 犬達をシッコに連れ出し、ビビリの僕ちゃんコンビを2階の寝室にロックし、他の子達は1階に残し 暑くないようファンを強にし、蚊に刺されないよう 蚊取りマットもセットした。( デング熱が流行っている)

ギアチェックの際 皆さんが あまりに軽装備だったので、まるでピクニック?状態の自分のランニングバックを見直し 軽量化。食料もギリギリ 着替えも除いた。

イザ スタート前にエスプラナードの市庁舎前に集合す。


201509281456127e0.jpg

やけに平常心。
ワクワクもドキドキもなく 「 あぁ これでやっと走り出せる 」 という気持でスタートに臨んだ。


201509281456133a9.jpg

20150928145617ce8.jpg

ギアスポンサーのカトマンズにレポートする為 出発前の写真撮影をし、奴豚と一緒に走り出した。
3分前にスタートした。制限時間のオマケである。


どーせ奴の方が速いんだからと 早々に離れて 長い長い86キロの一人旅の始まりであった。そう、結局コース変更があり84.5キロのレースは86.5キロに伸びたのだった。
これもおまけオマケ。??


雨降らず 蒸し暑かったが 気にならない程度。
自分で決めた一定の速度を守り ゆっくり。『この速度なら永遠に走っていられるぞ』 という速度である。( むろん そんなことは不可能である )

チェックポイント ( 以下 CP と略す ) は全部で7箇所。
それぞれに制限時間があり 間に合わないと即座に失格。


20150928145615fe8.jpg
CP1まで13.5Km、そこからCP2まで 12.3Km。この辺りは 日頃トレーニングで走っていた距離なので楽勝、平坦だし。

それぞれのチェックポイントでゼッケンのチェックと給水。
マレーシアではスポーツドリンクというと100プラス という微炭酸がポピュラー。
他に水とコーラがあったが、どれもあまり冷えてないのがイマイチだった。追いつかなかったんだろうな。。。

飲み物は重くなるので規定の1リットル弱だけを補給。
スタートした時は キャメルバックに500mlココナツ水を入れ 500mlのペットボトルに水、小さなフラスコには鉄サプリを混ぜた果汁を持った。




201509281456150ea.jpg

CP2で 10分以上先行していたはずの奴豚に会う。
あれ!?どうしたの? .... 早々に胃をやられたらしい。
食べ物が喉を通らなく吐き気がすると言って すでにグッタリであった。
胃薬を差し出したが 気分悪すぎて いらないと怒られたので すまぬが先行くよ と 奴を残して先にCPを出た。
いよいよ本当に一人旅か? と気持ちを引き締め 先手を打って 自分も胃薬を飲んでおいた。





ウルトラは如何に補食補給が上手くいくかが勝負と思っていたので 食べられなくなる前にしっかり補食と スタート1時間からすでにもぐもぐ食べ始めた。
持参したのは ジェル3個、ナッツバー、アンパン2個、塩梅、M&Mチョコ等。
ジェルは甘すぎて嫌いだが 総合栄養と即効性を考慮して まず最初に摂取。

水分は飲みたい時に飲みたいだけのんだ。

CP3 は8.6Kmに1時間10分しか猶予がないので その前のCPで貯金を貯めておかねばならない区間、それに 途中、思ったよりキツイ傾斜の斜めの登り道路と橋であった。

ここをクリアすれば次のCP4まで14.3Kmに2時間40分と余裕がある。

それぞれのCPで上手く時間を使い 必要な補給をし トイレに行き 余裕を持ってCPを出るという駆け引きも初めての経験で面白かった。


CPで出されていたバナナも努めて口に入れ、ドロップバックに会えるCP4 では食事が供されていたので 食べたくなくても何の味もしないおかゆを食べた。

ここではじっくり足を休め 30分休憩。着替えは預けてあったが 利用せず。入れておいたレッドブル缶を開けて ぬるくなってしまった液体を流し込んだ。


20150928145640055.jpg


( 写真は峠から見た満月。

夜中のレースは ランナーとボランティアの点滅するライトのこんな景色です。)







休憩中に大会の関係者から 次のダムへの上り6Kmは焦って走らず競歩で行き、下りの6Kmを走って7時のCPに間に合うように行きなさい と ヒントをもらう。
私、素直だからね お言葉に従い 早足で峠まで、下りのクネクネ道の最短距離をつないで 右へ左へ道路を使って 駆け下った。ここ、真夜中は車は ほとんど通らないのである。

余裕でCP入り。貯金を増やす。




続きは後半へ。。。





【やったぜー】
素晴らしい^o^\(^o^)/1日日本酒の会で一布夫妻に会うから報告しておくね^_^ おめでとう‼️お疲れ様でした。よく頑張りました🎌👍
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg