FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


【 ペナンウルトラを走ろうと思う方の参考になれば。。。】


レース終わり 足の痛みも疲れもすっかり取れ 普通の生活に戻り 自動車免許取得に向けての講習も再開。こちらも終盤戦。
教習所内の規定の取り回し練習と2つの路上コースを覚えねばならん。
さっさと本試験に臨みたかったのだが 水曜にしか受けられないのと 祭日が入って先延ばしになったため、予約は21日になった。こちらも焦れるなぁ。


落ち着いたので今回のペナン島レースを振り返ってみた。

自分のパフォーマンスよりも大会自体について。


ちなみに 公式結果タイムはまだ公表されていない。。。



ゼッケン受け取りやメールでの質疑応答は迅速だった。


IMG_0073.jpg


直前でコースの一部に変更が出、84.5 と 100Km部門の距離が1Km延長されたのは仕方ない。安全を優先し 工事現場を避けた為だ。その分 スタート時間を3分早めたわけだが もともと制限時間には余裕があるレースだったので支障はないと思われた。



IMG_3369.jpg

20151004162738868.jpg
各チェックポイントとそれぞれの区間の時間配分がまちまちで どの様な計算がなされてそうなったのかは分からないが、イーブンペースでない事は確かだった。
高低差を見越したというわけでもなし、50Kmのスタート地点が別だったので そのためのようだったが、前半はカットオフに注意が必要である。
無論、俊足サンには なーんの問題もないのでご安心を。
( この私がクリアー出来たんだから 問題ないと思っていい )




Starting line


チェックポイントでの給水にクレームが出ていた。
遅く着いたら スポーツドリンクが無かったそうだ。
チェックポイントには 水、100plus スポーツドリンク、コーラが用意されていたが、私が到着した時点で 冷えたものはすでに無かった。


Start.jpg


チェックポイント4では給食が出され 飲料以外に 粥 ラーメン パン、バナナ、インスタントコーヒーがあった。
スイカがあったとも聞いたが 見なかったな。
筋肉痛用に塗るジェルもあった。


Illumination.jpg


トイレは最終のチェックポイント7を除く 全ての場所にあった。
ペーパーはあったりなかったり。


IMG_0149.jpg


給水用のカップやボトルは持参する規則だったので紙コップなどはあまり用意されておらず。路上にゴミを捨てるのも厳禁で見つかれば失格になる。


冷たいコーラが飲みたかったが 冷えたものがなかったので、仕方なく飲み物を冷やしている氷を素手で取って 自分のボトルに入れ コーラを注いで飲んだ。


IMG_0164.jpg


救護班や救急車も待機していた。
道路の規制は大きな交差点を渡るところでは 交通整理の警官が出てくれていた。
コースサイン表示は一箇所見かけた程度で 曲がり角や 解りにくい場所には大概 ボランティアの学生君たちがライトを持って立っていてくれた。


IMG_3390.jpg


と言うわけで、
基本的なことは全てカバーされており 全体を通じて滞りなく運営されていたと思う。





それ以外に
9月は雨季なので いつ雨になるか予想がつかない。降るときは勢いよく降る。稲妻、雷、豪雨は覚悟せねばならん。

レースのほとんどが夜中なので沿道の応援などはほぼ無いが、それでも個人の車で付いて回ってくれたグループがいて、何度もお世話になった。色々な食料や冷え冷えの飲料、手作りのフルーツゼリーも貰った。
が、沿道で応援してくれる人はほぼいないと思った方が良い、静かなレースである。

60Kmを過ぎて 島の北側に出てからは海沿い一本道だが、ペナンの市バスはここのワインディングを狂った様にすっ飛ばすので後ろから来るバスに注意が必要。
対向車線側を走りたいところだが まったく路肩が無いので 左のキワを行くしか無い。
カーブでは後ろから来る車に要注意。

日が照ると流石に暑い南国である。
体調を整え 脚力をつけて 暑くなる前に ササッと一周してしまうのが1番の作戦。


IMG_3320.jpg





調子こいて 来年は 100Kmの部に挑戦するか?

なーんちゃって 密かに思っているところである。

( ブログで言っといて 密かにもないだろうに。。 。)











この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg