FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



クロエと2度目のランニング。

今度は平地。

走り始めは元気過ぎて 引っ張ってくれるもんだから 周りの景色が飛ぶようで、
気持ちはカールルイス か ジョイナーだ。
( 歳 わかるよね )


足がついて行かずに長くは続かないが。

進路変更は ちょっとの綱加減で分かるようになった。
賢いなぁ〜本当に。



夜、ジョージーの身体を触っていて プックリ膨れたマダニ発見して駆除
ダニ避け首輪をしているが 図体でかいからね、頻繁にチェックしてやらねば。
ダニ取りスティックはあると便利。






近くの町でペットシッターを探しているという英国人夫婦に会いに行った。
この地方 実に英国人移住者が多い。
人気あるんだそうな。


皆さん 古くて大きな屋敷を改修して住んでらっしゃる。


その御宅は 広いだけで無く 歴史的建造物の指定があるので 手入れは法で定められている。
一部をゲストハウスにしていて 常に多忙な日常のご様子。

部屋数は 15と 更に多い。

あっちの階段を登ってこっちを降りて
裏ドアから裏庭へ行って
幾つも有るサロンや
数カ所にあるキッチンをぐるぐる案内してもらっているうち
迷子になりそうであった。

地下のワインセラーも壮観な眺め。ため息でるぞ。



掃除も手入れも大変なので もし万が一 宝くじに当たっても大邸宅に住みたいとは思わない。
人それぞれ 心地良い空間のサイズが違うのだ。


そうそう この御宅には 善人なおばけ が住んでいるそうだ。
歴史的建造物だから 過去 色んなことがあったに違い無い。
言い伝えや噂も色々あるそうだ。

ある時 夫婦で探し物をしていて 散々探しても出てこなかったので諦めて寝たら、
翌朝 ダイニングのテーブルの真ん中に 置かれていたことがあったそうだ。

やっぱりいるんだろうなぁ…。
善人で良かったね。




ペットシッターの方は 今回は我々とスケジュール合わず見送りなんだが、
次の機会があればという事で お話ししておいとました。









この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg