FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



テレビのバラエティーと称される番組はほとんど見ない。

チャンネルを切り替えるたび 馬鹿笑いが聞こえるとウンザリする。
地上波各局 いったいどんな基本姿勢、理念で番組作りと言うのをしているんだろう。
万人にわかりやすく万人に楽しめるという姿勢だとしたら、
我々万人をバカにしていないか? そんな気がしてならない。そういう番組が多いよねぇ。。。

嫌なら 切ればいいわけで、だから 見ない。

各局のお偉方さん、貴方がたは本当にオタクの局のプログラムを面白いと思ってらっしゃるんでしょうか??? え?




近頃 「えぇ!?」と 思ったのは、
ニュースを見ていて 天気予報のコーナーになった時。

少し前から 雨傘指数、洗濯指数、花粉情報、お出掛け情報、はたまたビール指数 などなど 色んな 「お世話様」的な 一言が追加されているのは気付いていて
民放さんがよくやっていたけど …。。

NHKで 「 明日は降水確率 ・・パーセント」と言った時に
キャスターさんが 2人で シンクロして 傘 をサッと開いた時には 驚いたぜー。

さらには、午後には雨が止むので 【傘の置き忘れにご注意 】ときた。

洗濯指数だって 雨降ってりゃ 乾きにくいって事は 誰もが解るだろう。。?

天気予報に合わせた 明日のお出掛けファッション まで ご指示下さってるところもある。


やり過ぎじゃね?



あたしら 1億総おマヌケ揃いな国民なワケ?
はたまた 外の様子が分からないビルの中にカンズメか、窓が開かない高層マンションにお住まいか、地下に暮らす方々にもわかり易い情報提供なんだろうか。。。
そんなもん、言われなくても 自分で判断するでしょう、みんな。





おせっかい と思ったところで、ふと昔の事を思い出した。
今から もう30年も前のこと。。。


某航空会社時代 の 乗務員仲間のアナウンスのことだ。
日本人乗務員が一機に1人しか乗務していなかった初期の頃、
アナウンスは各自がアレンジなどして 少しマニュアルから変えてもうるさい事を言われない時代であった。


たまたま彼女のフライトに日本人乗務員数名がデッドヘッドと呼ばれる 私服で 座って移動する業務中だった時、
着陸後の 例の 「只今 00空港に着陸いたしました。只今のお時間はーー」 てやつをアナウンスし始めた。

全部言い終わり、普段なら そこでマイクを置くのだが、
到着地が冬だったので 南国から到着したお客様に一言付け加えたのが
後々まで イジられる 余計なひとことだったのである。


xx と xxx ( 出発地と到着地名 ) の間には 温度の差がございます。どうぞお風邪など召しませぬよう、
コートのボタンの留め忘れなどございませぬよう
お気をつけてご帰宅下さい。
てな事を 言ったもんだから、
我々 客席に座っていたデッドヘッド全員で 笑いこらえて 恥ずかしくて
知らない人のふりをした事を 今 思い出してしまった。



はっきり言わせてもらおう。


「 余計なお世話 」







この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg