FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


飼主さんが出発した翌日から 4匹は 我々の部屋で寝ている。

夜、我々がベッドルームへ引き上げる時に、全員おもむろに起き上がり
「 当然 」。 という様子で 一緒に部屋に入ってきては 各自の好みの場所でひっくり返る。



無論、朝は 早よから起きてスタンバっているので
空が白くなり始めた頃から 耳元でハァハァする声が聞こえ
頬や手に 冷たい鼻づらを押し付けてくる。




今朝の散歩から。



ここは 開発エリアで 立派な建物を建築中。
多分 病院やら コミニュティセンターになるのだろう

が、まだ開発途中なので 車も入らず
朝の散歩の人達だけで静かなよい場所。







写真には まだちょっと 暗いね。。。

20160724103020b1f.jpeg 20160724103022eea.jpeg


2016072410302318c.jpeg

散歩はノーリード。

皆 言うことをよく聞く。

野良犬が沢山いるが なるべく近づかせないようにして
呼び戻せば 素直に戻ってくる。


シェパードの タイガとバギラが 軽快な足取りで何時も先に行き
振り返って 我々が追いつくのを待っている。

黒ラブの ミラは 常に我々の側に居て、
オスのバロロだけは 隙あらば ゴミを漁りに群れを離れようとするんだ。







この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg