FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


ソイレントグリーン と サイレントランニング


映画の話。
映画に興味のない方は すっ飛ばしてくださいまし



小学生の頃、担任から 「教室に居るのかいないのかわからない」と言われたほど "静かで" "勉強しなかった" 私は、
放課後 図書館で本の虫になる空想好きの少女だった。
あの頃から 口数少なく1人でいるのが好きだったなぁ…。 え???


中学に入り 冬眠から覚めたかのように 生徒会の役員になり、
陸上部と水泳部から呼ばれて 春秋の地区別対抗戦に出場したり .
共学なのに女子下級生からプレゼント貰ったりして
次第に口数も増えていった、という子供時代。


ガキのくせに洋画が好きで テニスやバスケの練習がない日は 午後のTV洋画劇場を欠かさず見て感想をメモっていた。
( 私にとって 学校はスポーツクラブか!?)


当時はマカロニウエスタンのジュリアーノ・ ジェンマのファン。
知ってます? ジュリアーノ・ジェンマ
スズキのスクーター 「 ジェンマ 」なら ご存知かも?



さて イントロが長くなったが…
その頃に見た 数々の洋画の中で 今だに強く記憶に残っているのが

サイレントラニング ( Silent Running )1972年 と ソイレントグリーン ( Soylent Green )1973年

*********************************

20160729231755c10.jpegソイレントグリーン
は チャールトン ヘストン主演だから 当時から鳴り物入りだったのかもな。
この映画は 誰にも強烈な印象を与えたのだろう、今だに その名を使った 食品を目にする。
つい先日も マルチサプリメントの名前に見つけた。総合栄養液体食だとな。
ソイレントのソイは 英語で大豆、レントはレンティル=レンズ豆 をくっ付けたネーミングなんだが ご存知でした?

映画の内容が 人口増加、食糧危機、安楽死、ソイレントグリーンという食品の原料という
近未来 いくつかは起こり得るテーマで 一見の価値ありです。もし良かったら。
目に焼き付いて離れないのは、ホームという施設の部屋でのシーン。


*********************************

20160729231755a71.jpeg
サイレント ランニング は SF物。
夢見る小学生 ( 私のこと ) は、大のSF/探偵物好きで 図書館のハヤカワ文庫 SFはほぼ読破した。
サイレントランニングとは " 潜水艦戦術で、ソナー探知を避けるため艦内機器類を停止し、無音潜行すること。要は 深く静かに潜行中 状態なわけだ。
主人公の気持ちに共感を覚えたのと 登場する小型ロボットの ヒューイ、デューイ、ルーイの仕草が可愛いのだが、実際に人が中に入って演じていたとは 知って驚いた。

これも良かったら 是非。

*********************************


何で 映画の話? と いうと

ラオスにはつい最近まで映画館が無かった という事を知ったので。


ペナンでも水曜は映画デー と称して 頻繁にシネマに通っていたワタクシ、
「ジェイソン・ボーン」の封切りを楽しみにしていたのだ。
20160729231752640.jpeg

ラオスの首都なんだから ビエンチャンに映画館くらいあるだろう、と 思っていたが
国内初の映画館が出来たのが 去年なんだとさ。
娯楽施設てのが あまりないようだ、まだ。


それで 封切られたばかりの ジェイソン・ボーンを 見に行った。

何が良かったって、エンドロールで流れた例のタイトル曲。
あぁ マット デイモン復活だなぁ と思わせてくれて、ちょっと嬉しい。

ビエンチャンセンターの4階にある 映画館は スクリーン大きく、広くて近代的で なかなか良かったぞ。
気になる映画チケット代は 日本円にして 約 630円 なり。



・ ポスターは全てネットのオフィシャルサイトから拝借


この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg