FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


蚊が多くて 虫除け塗っても刺されて痒くて 腹たつこの頃。。。


さてビエンチャンでスクーターに乗る際は お巡りさんに気をつけよう、という話。


目立たないよう 他多数のスクーターの中に紛れるようにするのがいい。
まぁ 我々アジア人は 顔が似た感じだから 遠くからなら 外国人とはすぐにはばれないが。
奴豚の場合は 遠くからでもハッキリ目立つうえに わざわざ列の真ん前に出て行ったりするから
お巡りさんのカモになってしまう。

そりゃあもう カモネギよ あなた。




夕飯食べに町へ行き すぐ帰りゃぁいいのに ブラブラ だらだら スクーターで 通りを徘徊し始めた奴豚。
一方通行の多い町中は それぞれの角にオマワリが網張って 小さな事にいちゃもんつけちゃぁ 少しばかりの金を稼いでいるようだ。

奴豚 しっかりひっかかる。。。マジかい?


対向車のヘッドライトを見て初めてわかる程度の一方通行の曲がり角。
標識はどこにあるのか見えない。
ゆっくり歩く速さ程度の速度で、気付かずふらふらと逆に侵入しようとして、
一瞬遅れてハッとしたのかターンしようとした時に
椅子に座っていたオマワリが腰を上げかけた。

そのまま知らん顔してターンすればいいものを わざわざオマワリに向き直って
「ここは一通か」と聞く。 あんたは 救いようのないアホやね。。。
でも一通を逆行したわけじゃなく、一通の入り口で 停まって道を尋ねただけじゃないか。


オマワリは そんな質問は無視して 免許証とバイク証を見せろという。
こんな事もあろうかと、( 東南アジアでは良くあるんだ こういうこと)
大体の相場金額と免許証は決して 相手の手に渡さないように、
飼い主さんから聞いていたので、その通りに。

チケット切るから明日払いに来い、と言っているらしい。
今ここで罰金払うから と交渉する奴豚。

そらきたぞと嬉しさを隠しながら オマワリが吹っかける。

「 100,000キップ (キップはラオスの通貨 で 約 1300円) だ。」

奴豚 「 そんなに持ち合わせがない 」

「 じゃ、チケットだ、明日払いに行け 」

奴豚 「50,000なら今払える。明日は駄目なんだ。もうすぐ出国するんで時間がない 」

「 チケット 切るから。。。」

奴豚 50,000を出しながら 「これで 今 払わせてくれ」 と言って オマワリの手に 50,000を渡す。

チケットも領収書も書かず 50,000を受け取る。

奴豚、「気が変わらんうちにさっさと行こう」
と そそくさとその場を立ち去った。

直後に しばし家庭内の口論になったのは言うまでもない。



そして、学ばない奴豚は 今日も今日とて、昼からカモってくれと言わんばかりに
警察が網張ってる交差点で 横断歩道の上に停めて信号待ちしてたから、
最初はオマワリもチラッと見ただけだったのに、
信号待ちが長かったもんだから オマワリの気が変わって こっちへ来いと手招きされた。

後ろの人に言ってんだろう、と無視してたら さらに近づいてきて 何やら小さな声で言い始めた。
ライセンス とか ドキュメント とか いう言葉が混ざっているのがわかる。

またですかぁ?

目立つことするから 叩かれるんだよ。
トラックの後ろに隠れてりゃいいのに、追い抜かして前に出て行くから まんまとやられるんだ。


横断歩道の線を超えた事に50,000キップ、
昼間にライト点灯に対する罰金250,000、
合計300,000キップだそうな。



吹っかけるねぇ オマワリさんー。


たまたま両替屋の帰りで 金はあるが 払ってたまるか。

今回も私はひと言も口開かず 黙って見ていた。
奴豚が 両替屋で替えたばかりの膨らんだ財布だけはオマワリの面前であけるなよ、と心で念じながら。。。



100,000に値切っている。
持ち合わせがない、100,000 なら 今払える。100,000にしてくれ。
と、財布を開けてしまったじゃないか。馬鹿者。
財布を見ながら それでも流石に300,000は ボッタクリだと自分でも思ったのか??
100,000 を 受け取り よそ見をした間に 我々 さっさとスクーターにまたがりその場を去った。



今回は家庭内 口論はなし、ワタシャ 学ぶ人なんだから、同じ過ちは起こさんよ。
学ばない奴豚は これからもずっとずーっと 学ばないまま突き進むんだろう。


私がひと言も文句を言わないのは、呆れて物が言えないから 黙ってただけだよ。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg