FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


マラソン前夜の11日(金) 予報通り 夜半から大雨になる。
一晩中 キャビンの屋根に叩きつける雨の音を聞き 眠りは浅い。
が、雨雲が 勢いよく流れて行ってくれる気がしていた。

起床4:45。まだ降っている。仕方ない 根性入れて頑張るぞ。

と、準備しているうちに 雨音に代わって鳥の声。
6時前に 一旦雨がやんだ。


6:30 第1ウェイブのスタート。
のろまの亀さんのスタートである。もち 牛美もね。
奴豚も付き合い 一緒に。






霧雨と地から湧き出る地熱の湯煙にまみれるスタート地点。



湯気が暖かくて 気持ち良い。




20161113044226c95.jpg

後ろは シュワッシュワと湧き上がる 湯気。

隣は ボコボコと泥が沸騰する マッドプール。
ロトルアならではの絶好のスタート場所。


入場料は52$と超 お高いのだが マラソンランナーは 参加費に含まれていた。
( だから 余計に 高いのよ、この大会 )





20161113044228752.jpg
雨じゃあね、景色は。。。

足下に注意するので まわり見る 余裕 なかったなぁ。
山道、道なき道、手を使ってよじ登るは 滑り落ちるのを枝に捕まって必死で態勢立て直したり と、
階段あり 車道もあり
エイドは7キロおきにあり充分なサプライがあって
ある地点では 英国式にスコーンと紅茶のハイティータイムもあったりで
ボランティアさん達みんな エイド毎にテーマを決めて仮装して盛り上げてくれていた。






雨は一旦止んだものの レース中 降ったり止んだりだった。
大雨じゃないだけ それはラッキー! ってもんでしょ。

ボランティアさん達は この天気の中でも ニコニコの笑顔でランナーに元気を与えてくれる。

泥だらけ 土まみれ、滑って転んで擦り傷作る人多数。

狭い尾根から滑り落ちないよう ヒヤヒヤものだった。

泥が深くて はまるとなす術なし。
登りは踏み込めない、下りは滑るしかない。


20161113044230606.jpg


でも! 無事完走。

終わって良かった。済んでみると 楽しかった。
ちゃんと最後まで走れたし、足にダメージも感じなかった。
登りは歩いたが 下りはなかなか早かったぞ。

公式結果も出て、詳細はまた改めて。




【】
Good job! Taht's a girl!
よく頑張りましたね。
お産とマラソンの共通点は、直後はもうたくさんと思っても、すぐにまたやるぞと思うことだそうです。
考えたのは僕だけど。
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg