FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

ボルネオのコタキナバルに来てすぐハッシュに参加してみた

状況が許す限り、各国のハッシュ(HHH)に参加して走りたいと思っている我々だが 今回は少々勝手が違っていた。

通常ハッシュは郊外の緑豊かな田舎で行なわれているのだが、ボルネオは流石に深い森が近郊にある。




スタート場所で、ここからどっちへ向かって走るんだ? と思った。
というのは 回りが山だったからだ。




メンバーにくっついて山道を登り始める。。 走るんじゃないんだ???

リゾッチャでみっちり走りこんで自信ついていた牛美は、走る気満々でランニングパンツに半袖、先日洗ったばかりのランニングシューズでの参加だったが、登り始めて5分もしない頃に 本日のハッシュの全容を理解した。 




ランとは名ばかり、ブッシュウォークだった。とても走れるようなコースどりではない。
道なき山道を刺の枝や木の幹をかき分け 回り込み、深い谷脇の細い泥道を滑らないように慎重に抜け、草に足を取られて怪我しないように歩くのでやっとこだった。



汗だくで山道を登り降りしながら後悔すらした。『来るんじゃなかった。。』



約1時間半、ひと山越えて戻って来た頃には あちらこちらに擦り傷、シューズはドロドロであった。。。 
ローカルの皆さんは慣れたもので 軍手、長袖、長ズボンに滑らないゴムの靴をご着用だった。『事前にひとこと言ってよ~~~』

それぞれの町には それぞれのハッシュがあるものだと感心。

宿に戻って洗濯大変だったわい。


コタキナバルは魚が実に豊富。
海沿いのナイトマーケットで新鮮な魚がこれでもか!というくらい山積みで売られていて、すぐ隣では そのまま焼いて食べさせてくれる。

お値段安め


この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg