FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


ドラマを見ていて つい涙した。
涙腺は歳と共にどんどん緩くなるんだもの。

さっきまで散歩に連れていけ、と 鼻面を私の手に押し付け ちょっと不満気味でおねだりをしていたアヤの態度が一変した。

涙をポロポロこぼす私をじっと見ていて 困ったように 小さく鼻をならして 
心配げに 座っている私の膝や手のひらに顔と身体を押し付けてきた。
さっきまでおねだりしていた表情とは全く違う顔で 私を一生懸命になぐさめようとしてくれていた。

犬って凄いよなぁ。。。

バーギーもそうだった。
テレビを見ながら泣き出した私に
手をかけて 顔を見上げて 大丈夫かと聞いてきたっけ。


私たちの気持ちの変化を一瞬にして理解する。
喜怒哀楽や気の変化が 彼らには見えるように 匂うように。。。

彼らは本当に素晴らしい生きものだ。



この枯れ枝を投げてくれないと 吠えちゃうから、、、と言っているアヤ。

hayapark4 copy hayapark5 copy





この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg