FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


ビビリのレミと快適な生活を送るために 色々なことを実践している。

以下はほんの一例だが。。。

懐いて貰うためには 距離を縮めるため話しかけながら撫でて 
私に触られることが嫌ではない、悪くはないと覚えてもらった。

どこを触られるのが嫌か、
どんな動きに敏感なのか、
様子を見ながら身体全体を優しく触り
話しかけ 歌いかけているうちに 
私が側にくっついていることを気にしなくなり
お腹を見せるようになり 甘えた表情を見せるようになり
言う事を聴く仕草を見せ始め どこを触っても気にしなくなった。

柔らかく目を閉じて 気持ち良さそうに身を任せてくれている。
嬉しさを全身で表現するようになった。

24時間つきっきりだ。



IMG_7659.jpg

音に敏感のようだったので 一日中ラジオをかけっぱなしにし
歌いかけて 曲に合わせて手拍子を取ったり
レミの前で歌い踊って それが何でもない事だと覚えさせた。

折しも The Greatest Showmanのサウンドトラックに狂っている今、
日に何度も聞いているので そろそろレミも全曲覚えた事だろう。。。

敷地も広い邸宅なので 少々大きな声で歌っても ご近所にも心配ないだろうし。。









飼い主さんが出かけてから常に玄関を気にしていたレミだが
今日、丸二日にして玄関はほとんど気にしなくなった。

IMG_7657.jpg

昨日の昼までは少し離れて座っていた彼が 昨夜からソファの横に長々と横になり
私がどんな音を出そうが 手を叩こうが 大きな声で歌おうが ピクリともせず
なんの夢を見ているのか 足をピクリピクリと動かしながら熟睡している。




IMG_7650.jpg

次の課題は。。。

懐いてくれたのは心底嬉しく「成功!」なんだが
今度は私の姿が見えくなると不安になるのか
長時間のお留守番が苦手らしい。

安心してひとりで待てるように訓練だなぁ。。。



7歳には見えない パピーのようなレミントン君。
お留守番 頑張ろうね。













この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg