FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


踊らされる消費者 ニッポン


2月14日 バレンタインデー。
大したイベントでもないのに いつの間にか商魂逞しい企業が 女性がチョコをもって意中のお相手に告白が出来る日にすり替えてしまった日。
かれこれ長いことその風習は続いている。

かく言う自分も思春期には踊らされていたわけだが、
当時は義理チョコなんてなくて 意中の人だけにいかに思いを届けるか 割と真剣だったのだ。


で、いつから義理チョコ制度が始まったのだろう。。。?
馬鹿馬鹿しくて義理チョコなんて買ったこともあげたことも覚えがないが。。
(だってさ、義理だと知っていて貰って 嬉しいのか???!!! 迷惑だろが。。??? いやいや男心は計り知れない。。。?)


あんまり世間が騒ぐから 今日がバレンタインデーだとは知っていたが
ちょいと驚いたのは 午後の散歩から戻る途中で見た光景。

御近所に学校が多く、散歩帰りのこの時間 よく隣の小学校の下校時間に出くわす。
今日も子供達に混じって道路を歩いていたのだが いつもと違う光景が展開していた。

何やら違う空気。。。

女の子達が洒落た紙袋を持ち 学校近くの角に立っていて
男の子も なにやら紙袋を持って ざわざわしていた。
注意して見ていると 男の子はその紙袋にチョコを集めていて
女の子は大胆にも 男の子を名指しして 「今あげるから」などと言い チョコを与えているのだった。

へ。。。? 小学生も義理チョコシステムに感化されてるんだ?

悲しいかな、これって好き嫌いランキングじゃないのかなぁ。
チョコを貰える子と貰えない子と はっきり分れちゃうんだろうなぁ。



なんだかなぁ。馬鹿馬鹿しいけど子供心にゃあキツイだろうな。
僕達! 強く逞しく育ってくれたまえ。

高倉健さんが言っていた。

「男は強くなければ生きていけない、優しくなければ生きる資格がない」
元々はフィリップ・マーロウが言っていたんだけどね。。。


人生はチョコの数じゃないんだよ。






この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg