FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


我々が連日のように走りに(遊びに)行っているカランクとは
正式名称を parc national des calanques という国立公園である。


マルセイユの西側ほぼ全体を占める広大な公園で
我々のようなトレランファンやトレッキング、ハイキング愛好者、ロッククライマー
プライベートビーチ的な隠れた小さな湾へボートでやってくる人達やヨット愛好家などにこよなく愛されている。

許可を申請すればオフロード自転車も可能。
車の乗り入れは厳しく制限され 移住者に限られている。
夏場は自然発生する山火事が多くハイカーでさえ入園出来なくなる場所も多く
突風が吹いている時は崖や稜線には近寄ることが出来ないダイナミックな公園である。

それほど高い頂きがあるわけではないがゴツゴツとした岩山が延々と連なっている。
縦横無尽にトレイルが伸びていて ほぼ何処へでも徒歩で巡ることが出来るが 
上り下りが厳しく 石灰岩はツルツル滑るので足元には十分注意が必要。
私は歳の所為か高所および滑ることが怖くなり始めていて 足がすくむよなコースへは行かないことにしている。

以前にも書いたが NYの自由の女神像の台座はカランクから切り出されたものだ。


下の地図の緑の部分がカランク国立公園。




天気の良い日の見晴らしは素晴らしい。これは市街の旧港側。
IMG_8347.jpgIMG_8348.jpg

IMG_8341.jpg

トレイルは色分けされており体力に合わせてコース取りして楽しむことが出来る。


これは青印のコースを辿っている時で
岩をよじ登る箇所も多いのだが 私的には登る方は目先しか見ないので恐怖感少なく
降りる時に辺りを見回すことで改めて高さを実感して怖くなるのだ。







IMG_8350.jpg



色々な人とすれ違う。

この方は我々同様トレラン中。

ハイキングの人も多く マルセイユから岬を回ってカシまで行く人達は
寝袋、食料持参の重装備である。


IMG_8353.jpg





犬を散歩させている人も多い。

麓の森になっている低地は子供も遊べる平らなコースが豊富で
広い公園を犬達は自由に走り回っている。






で、本日の走距離17㎞。
途中写真撮ったり立ち話したり 何度も休んだので3時間半かかった。

戻ってくる時に道無き道へ入り込み民家の裏でぐるぐる迷って
お詫びしながら敷地を通してもらって帰ってきた。







この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg