FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


マルセイユからアルル→ナルボンヌ→カルカッソンヌ→モンペリエ→トゥールーズ→アッシュを通って 
クロエとジョージーの待つピレネー山脈に近い村まで 約6時間のドライブ。

いつも迷うトゥールーズのインターチェンジでは初めて迷うことなく上手く乗り換えることが出来て 
奴豚と車内で喧嘩することなく無事たどり着くことが出来た。

なぜ 過去2回も迷ったのだろうか。。。と 今回ナビゲートしていて初めて気づいた。
奴豚には地図が頭に入っていないのだ。

高速でどこまで行くのか、どこをどう通って行くのか把握しないまま走っているのだった。


フランス人なんだから表示に従って進めばいいだろうと今まで任せていたのだが 
なんせ過去2回とも迷ったので 今回はきっちりナビゲートした。

それでもだ、私が進めと指示した方向に行かないのだ。
私の言うことが信じられないんだから 迷ったって自業自得だわ。。。


割とスムーズに疲れることもなく無事到着。


クロエとジョージーは我々を見て 一瞬だけ??の表情をした後 狂喜乱舞で大喜びで迎えてくれた。

3歳になる彼女達の体格はすっかり大人になり ふた回りくらい大きくなっていた。
ゴールデンのジョージーは増えた体重をそっくりこちらにもたれ掛けてきて 嬉しい重さを実感する。
クロエは全身をクルンクルンとよじりながら 変わらぬ愛らしい視線で精一杯 歓迎してくれていた。

IMG_8427.jpg

飼い主さんと必要な事を確認しあい、夕飯をご馳走になりながら近況報告。

翌、早朝 まだ日の出前に旅立つ二人を見送り 2匹と長い散歩に出た。


IMG_8429.jpg

村はずれからはノーリード。
突っ走って行くクロエも以前より聞き分けよく 割と早く戻ってくる。
ジョージーはちょっと重ための身体を揺すって 走って行っては振り向いて我々を待っている。

良い娘たちだ。


互いに信頼しあっているので いつどこをどう触ろうと微動だにせず構わずにいる2匹。
愛おしい愛おしい娘達。
また会えて 一緒に過ごせることが 嬉しくてたまらない。


石造りの古い大きな家は予想通り寒いのだが 夕方から火を入れる暖炉がこれまた嬉しい。
今回はトイレ暖ったか便座シート持参だもんね。ハハハ。





 

この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg