FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



IMG_8775.jpg我々にはまだ寒いのだが 

自然界には春が訪れているようで 庭のチューリップや水仙が咲きみだれている。
桜は散り始め 花びらが道を染めている。


その道をゾロゾロと連隊を組んで 長い一本の紐のように連なりもぞもぞと蠢くものあり。

始めて見たときは 蛇かと思った。

模様といい見た目の質感といい 細長い蛇のように見えて ひぇ〜と飛びのきそうになったら そいつは毛虫だった。


延々と連なっているのだ あそこにもここにもいる。
どうやら松の行列毛虫 ではないかと思うのだ。松の木が生えているところに大量にいる。
これ、毒を持っているそうで 犬達が近づかないよう 松の木の生えている場所に行くのはやめようと思う。
毛が風で飛ばされて人の皮膚につくと痛みや湿疹を起こすそうだ。ヤダヤダ。。。





今朝は雨ではなかったので川へ遊びに。

georgieriver2.jpg

川へは道とは呼べないドロドロのぬかるみを通っていかねばならぬ。
巡礼の道は険しいのじゃ。。。か? (巡礼路なんだもの)
IMG_8799.jpg

行きに泥んこ、 一旦 川で泳いで綺麗になった犬達も 帰りはまた泥まみれ。

でも2匹とも楽しそうだから それは良い。







昨日、今日と雨が降らなかったので 庭の芝刈りをするなり。

IMG_8872.jpg IMG_8886.jpg



IMG_8889.jpg

奴豚は薪割りと芝刈りは自分の担当と思っているようで 手伝えとは言ってこないが 犬達と見物がてら写真撮ったりして 片付けだけお手伝いなり。


刈ったのはほんの一部分。全部刈るとなると大仕事である。




締め切っていた部屋がカビ臭くなってきたので 窓開け放して風を入れる。
晴天ではないが 晴れを待っていたらいつまでも開けられないとみた。

IMG_8776.jpg

飼い主さんは この屋敷をゆくゆくは貸し別荘にするつもりで改築しているのだが 水回りは近代的に作り変えても、ほかの調度品はオークションや骨董店で求めたものらしく 年代物のどっしりと豪華で立派なものばかり。
人の手をあまり借りずに二人でやっているので そういうことがよっぽど好きなんだろうと思う。



我々はあちこち触らないようにしているが カビては困る。といって窓開けている間に日に焼けても困る、などと一応気を使っているのだ。











この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg