FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


今 マルセイユで最も有名な日本人は 酒井 宏樹さん。

2016年からマルセイユのサッカーチーム ”オリンピック マルセイユ ”でプレーしているサッカーの選手。
好プレー、常に得点に絡む高スキルで 今や マルセイユっ子で SAKAI を 知らない人はいない。


昨夜は地元のベロドロームスタジアムでリールとの試合があったのだが 朝からチームジャージーを着た地元チームファンが あちらこちらで盛り上がりをみせていた。

試合が始まってすぐにサカイが負傷で退場。


翌日 復帰までしばらく休むとニュースに出たら マルセイユ っ子達は大いに悲しんだ。

「 サカイがいなくちゃ 試合にならない。。。」 ほどの思い入れが伝わってきて 嬉しかった。





本日は近所に住む友人がピクニックに誘ってくれた。

単なるピクニックではなく ユニークな美術館でピカソの展示をしているので それを見がてらという趣向だった。



詳しく知らされたいなかったので とりあえず軽食を用意し 
彼女とその友達 総勢10名の後をついて高速を走ること。。走ること。。。
どこまでいくんだろう。。。? と思った頃 マルセイユから1時間半ほど車で行ったところで昼にした。

IMG_9237.jpg



IMG_9238.jpg IMG_9241.jpg


古い城跡が観光村になっていて 店やレストランに改造されて 趣があり 綺麗なところだった。
城の外側で皆で座って しばしランチタイム。



城跡の観光をした後は いよいよピカソの展示所へ。



最近日本でもお目にかかるようになったかもしれないが 思いがけない場所での新しいイベントであった。


城跡の一部 石造りの広いが入り組んだ洞窟を利用して 映像でピカソの美術館を浮き上がらせていた。

柱や壁 天井や床に至るまで ひんやりとした広い広い空間と 
大きな岩に遮られた 空間と空間の間など いたるところに映像が映し出されて
全ての空間を使って その場を美術館に仕立て上げ さらに 動く映像と音楽のコラボレーションで 目新しいショーのような展示方法であった。


ピカソの絵画の映像の他に 70年代のロックをバックに巨大な万華鏡の中に入り込んでしまったかのような映像のショーもあり、投影方法も洒落ていて 斬新で 大音響の懐かしロックと ぐるぐる回る万華鏡ごときの色の中に自分が浸っている不思議な感覚を楽しんだ。








この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg