FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


昨夜は ネットで「パガニーニ 愛と狂気のバイオリニスト」という映画を見て、
バイオリンの調べに酔いしれ その後もバイオリンの動画を色々と見ていた。

( ボジョレー飲みながら。。 ちなみにとても美味しい。)



バイオリンは憧れの楽器だ。

violin.jpg


子供の頃 近くにバイオリンを習っている子がいた。
その頃は近所ではピアノ派が多く、バイオリンはどちらかというと余裕のある家庭の選択のように思っていた。

親にねだってオルガン教室からピアノの個人レッスンへと高校卒業間近まで通わせて貰ったにもかかわらず
何の役に立てることも出来ずに趣味で終わってしまった。

才能もなく さして熱心でもなかったので 将来ピアノでの活路が見出せなかったのだ。
今から思えば、あの時 方向転換しておいて良かったとは思うが、月謝も含めて
随分と高い趣味になったもので、いまだに親には申し訳なく思っている。



大人になってバイオリンを習いたいと思ったことはあるが
弾きこなすのは今更無理だろうから 聞くだけでいい。



それにしてもバイオリンほど身体の一部になる楽器は珍しい。
まるで生まれながらに首の下から生えていたかのように 弾き手と一体化する楽器。
感情や技巧が身体からバイオリンを伝わって外に出ていくようだ。
例えば鍵盤楽器ならば向き合う、管楽器ならば携える、同じ弦楽器でもギターやチェロは楽器というモノを奏でているという感覚なんだが
バイオリンに限っては 弾く姿勢からして モノではなく身体に同化して音を発している。
いやぁ 実に美しい。。。




話変わって、 

昨日の夕方 散歩途中で産直野菜出張販売に出くわし 
夕方だったお陰で大幅値引きで 大きな葉付き大根、葉付き蕪、
サツマイモに泥付き葱を買って その重みに後悔しながら持って帰ってきた。

早速 色々と作り、さつま芋はレンチンして食べたらば あまりの美味しさに昨日から病みつき。

ホビーも大好きで レンジから漂ってくる甘い匂いで 寝ていてもガバッと身を起こして いつ呼んでもらえるかと全身耳になって待っているほどだ。

さつま芋のレンチンの仕方はネットで検索すると出てくるから詳細は省くが 
要は最初強めで加熱し、間髪置かずに200ワットでじっくり加熱すると ホクホクねっとり 綺麗な黄色の焼き芋、ではなくレンチン芋が出来上がる。

超 簡単。。

濡れキッチンペーパーとラップで包むのを忘れずに。



IMG_5191.jpeg



 

この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg