FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  


KLに着いた途端、マレー語で話しかけられるこの感じ。

あゝ 久しぶり、お帰りって感じ。


マレーシアは肩の力が抜ける。
まあ私は常日頃 抜けてる方だろうが・・・


たとえば、

先日 保険の件で 東京マリーン(東京海上保険)のKL本店に電話したときの話。 

電話を受けた人に英語で唐突に「誰か日本語話す人はいる? 出来たら替わって」 と 早口で (無論これは英語) 話すと 何も聞かずに 日本人の方が出て下さった。


他の会社も 10年前に名刺交換したオエライサンの番号にかけて、
その人はまだ働いているのかと聞くと 今ではかなりの上役になっているであろうその人に要件も聞かずつないでくれたりと 何事も気安いのだ。


反面 いい加減な面も多々多々多々多々・・・ある。


目くじらを立てるよりも、仕方ないかーと失笑するほうがいい。

この国はまだ そこを何とか。。が通じる所である。

相手をリスペクトすると きちんとRespectが伝わる国。(一応ね)

昔は日本もそうだったけどね。



ホテルの部屋でネットをしていたら 急に速度が落ちて しまいにはページが開かないほど遅くなってしまった。
データを送らなきゃならないので 困ったな、と フロントに苦情。


その後 ITマネージャーが来たり、カスタマーマネージャーが来たり 
上へ行ったり下へ行ったり 場所を変えたり ネットの速度を確認。
ロビーなら速度が出るんだが いつもロビーでというのも嫌だし。。。


二日間 そんなことがあり マネージメントからお詫びで部屋のアップグレードとクラブラウンジアクセスのサービスを貰った。


必要データはちゃんと送ることが出来たし、
土日はネットが遅くても我慢できる。


毎夕方は クラブラウンジのフリードリンクで 遠慮なくワインを心置きなく楽しませて貰っている。






【】
おいらずっと「そこを何とか」で生きてきたから、「そこが何ともならん」今の世が住みにくいね。Tak
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg