FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



紀平選手だって 

体が思うように言うことを聞いてくれない時があるわけで。。。
鍛えたプロのアスリートでも 自分の体のコンディションは思いどおりにならないであろう。

人の体は 脳や精神と比べ 容易く制御できるものではないのであろう。

プロのアスリートが ・ である。

ど素人の私が コントロールできるワケがない。

   ははは。。。

うまい言い訳を思いついたもんだ。





別に自己ベストを狙うワケでなく 我武者羅に挑戦せねばならぬワケでなく
楽しもうと思って出走するのだから そうそう自分に重圧をかけることもないのだが。。。

オーストラリアから来る友人ランナーを あまり待たせたくない という気持ちもあり
(待たせたくない というのは 要するに 友人がフィニッシュしてから 私の到着を待つ時間を短くしたいということ。彼はサブフォーランナーなのだ。。)

セントラコーストランニングクラブ ”terrigal trotters’ の一員として毎土曜一緒に走り 切磋琢磨した絆を守りたいという意地もあり、
出来れば5時間以内に完走したいと思っているからなのである。

随分長いことフルマラソンを走っていないので 完走予想タイムが分からない。
ヘロヘロのヨロヨロでゴールするのではく、
笑顔で楽しく 道中ニコニコ 沿道の応援の人達とコミニュケーションしながら
笑って完走したいじゃないか。
辛い辛いと思いながら走るのではなく あぁなんて楽しいだろう、走るって素晴らしいと思いながら走りたいではないか。

ただそれだけのために トレーニングしているのである。

速く走りたいとか 自己ベストを更新したいとか そんなことはどうでもいいのである。

走れるということが どれほど素晴らしくて楽しい事か
それを感謝しながら完走出来れば それ以上望むことはない。



奴豚が戻ってきたので 一緒に走る相手が出来て良かったわい。








この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg