FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



今朝は 先日 素通りした井戸ポンプの写真を撮ろうと向かったのだが 
場所がうろ覚えで ぐるぐる回って探したのだが 結局見つからなかった。


この近辺は何度もウロウロしているはずなんだが おかしいなぁ。。。

   と 思いながら この像にも気づいていなかったことに驚いた。


tamaden1.jpeg


     砧線軌道跡 と記されている。



もちろん 東急玉川線 = 玉電 のことである。



子供の頃 親に連れられ玉電で渋谷へよく行った。
運転手さんと車掌さんがいて 小さな路面電車の玉電には旅に出るようなワクワク感があった。

1969年に廃止される時 さようなら玉電 と飾りつけられた小さな車両を見に行ったことを鮮明に覚えている。


それ以後 渋谷は遠い遠いところになってしまった。
というのもバスが取って代わったのだが 当時は渋滞がひどく時間がかかる上 
私は車酔いが酷くて のちに地下鉄新玉線(新玉川線ー現在の田園都市線)が開通するまで 渋谷へは行けなかった。
   (今なら走って往復するのにね。。昔は遠いところに感じたなぁ)


ということを色々思い出していたのだが・・・


   この像 よく見ると なかなか面白い表情をしている。

     tamaden2.jpeg


背中合わせの二人 片方の腕を組みあっているのだが 

もう片方の腕は 一人は頭の上、一人は足を抱え、


tamaden3.jpeg tamaden4.jpeg

     で、二人とも上を見上げている。
tamaden5.jpeg





その表情が 愛すべきというか 愛嬌があるというか そんな風に見える。







今日、天気予報は晴れマークだったのにね。。。


母が庭の木の枝を切ってくれと言うので剪定。
「すぐやる課」で「何でも屋」だからね・・・


可哀想なこの木は いつも伸びては切られ伸びては切られで 気の毒な木だなぁと常々思っていて
それは父の趣味かと思っていたのだが
 
なるほどそうか、
母が切れと父に命じていたのだな と 今日 分かったわ。。








この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg