FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



  こしまき  と聞いて何を思い浮かべるか

まぁ 大概は和装の例のモノが真っ先に浮かぶだろうと思う、
 が  他にもいくつか意味があって

今日は 「書籍の下部に巻きつけてある紙」の意味の こしまき の話し。


2007年に仕事を辞めてジプシー旅に出ると決めた時、
お世話になった方、ご迷惑をおかけするであろう何人かの方にご挨拶させていただいた。
その中のお一人が 旅立ち祝いとして食事に誘って下さった際 帰りがけに本を下さった。


   「風に舞い上がるビニールシート」 森絵都 著  


   これがそれだ。6つの物語からなる短編集である


   kazemai.jpg


その本のこしまきの言葉が 「貴女に似てると思って」 と 選ばれたそうで
そんな風に気にかけて下さったのがとても嬉しかった。


こしまきに書かれていた文はこうであった。

    自分だけの価値観を守り、
    お金よりも大切な何かのために懸命に生きる人々を描いた6編。



旅先で読んで感想文を送ったりもした。


ちょっとシャイで悪戯っ子のような可愛らしい笑顔をされる素敵な人だった。
誰にでもいつかは訪れるとはわかっていても あの笑顔がもう見られないのは寂しい。

   京平先生が逝ってしまった。







この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg