FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  



奴豚が帰宅して 時差も疲れもあるだろうし、と
翌朝(日曜)のジョギングは休んだが 昨日(月曜)から一緒に走り始めた。



奴は時差のせいか 夜中に何度もトイレへ行き 眠れないからかコーヒーを作ったりと動き回るので
本人は努めて静かにしているつもりかもしれんが 都度 目が覚める。

これは そのうち落ち着いていくだろうが・・・



さて、一緒に走る という件だが、良くもあり悪くもある。

今までずっと 一人気ままに走ってきたわけだ。
別に話ししながらというわけではないが 誰かと一緒に走っていると不思議と歩調が合ってしまうというのが嫌だ。
さらに奴の場合 私が奴に合わせて少しオーバーペース気味について行くと さらにペースをどんどん上げて行くのも嫌だ。

だもんで ペースを落として後ろに下がると 少し行った先で止まって待ってくれたりするのだが
これがまた余計なお世話的で 「先に行っていいよ」とやんわり促したつもりでも 度々待っている。
待たれたり気を使われたり というのが私には面倒である。
全く気にされない、というのも癪にさわって、全くもって厄介な性格なんだけど・・
一人だとそれらの事に一切惑わされないというのが 楽でいいのだ。




私は今の自粛生活が全く苦にならないタイプである。
籠り暮らしも 一人の時間も 私には普通。 (旅は別だ)
かえって 以前 奴豚に「ソーシャライズしなきゃ駄目だ」と強要されて さして会いたくもない人達や知らない人達の会合に参加したりということが 無くなったのが好都合ってもんだわ。




今朝も早よから奴の物音で起こされて、いつもよりもずっと早い時間に走りに出たので帰りも真っ暗だった。


奴豚としては 暗闇を走るから私の心配をしてくれているのかもしれぬが
ライト持参しなくても街灯は十分に明るいし 車通りも 散歩の人も居るから心配なんかないんだけど
ボディーガードのつもりで張り付いてくれてるんだとしたら 
ここは黙って 心で感謝しとくかぁ。。。







この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg