FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

東京に戻ってゆっくりする暇もなくあれやこれやと忙しい。
それとも普通の事をしていても「忙しい」と感じてしまうようになったのかもしれないが。。。

今回のバイク旅を振り返ると 不思議な事に 思い出すのは美しかった風景よりも コンクリートで固められた工事中だらけの日本だ。
人が住む限り どんな山奥でも立派な道が出来、電気やガスがひかれ、橋が架かって川が塞き止められダムが出来る。人の気配がまったくない立派なトンネルが沢山あり、さらに隣には立派な橋と道路が建築中。山は徐々に崩され、崩したところをコンクリで固める。川はどんなに上流に行こうときちんとコンクリで回りをガードされ、溢れ流れ出る隙間は他にはない。どこまでも果てしなくコンクリートで固められた国土。土砂崩れや鉄砲水の行き場は人の住む地域しか残されていない。あるいは人が共生の境を犯しているからだろうか。。自然災害はまるで 母なる大地の自然が、肩についたコンクリの灰を むずかるように揺すって落としているようにも感じられる。
節操なくゴミを捨てるモラルのなさ。山も海もゴミだらけ。
この先日本はどうなってしまうのだろう。
2ヶ月にわたる旅の感想がこうなるとは自分でも思いもしなかった。
素晴らしい人達にも出会った。野生の動物達の愛おしい姿も見た。
もちろん美しい景色にも、日本ならではの厳粛で伝統的な景色にも沢山出会った。
まだ遅くないと信じる。大切にしたい。 素晴らしき美しき伝統の国。


さて 次ぎなるマラソンの地 中国は上海上陸の為に中国領事館へビザの申請に行った。日本国籍の牛美は15日間までならビザなしOKだが、奴豚の場合は日本在住仏人の為、日本国内に於いて自分で手配せなばならぬ。という訳で早起きして六本木の領事館へ。
開館30分前についても既に長蛇の列。うへぇ~~~。

その足で奴豚の運転免許の更新。違反あったので2時間の講習。
(日本語での講習だから、本人解ったかどうか。。。? )
何故日本には日本語以外の言語での道路交通法のマニュアルがないのだろうか? これだけ外国人人口が増えたのに なんの説明もなくあっさり外国の免許を日本の免許に書き換えていいのだろうか。
英語のマニュアル配布について何度もお願いしてきたが「日本なんだから日本語勉強して」の一点張りだ。昔なら通った理屈は、もう今では通らないと思うのだが、そこんとこどうだろう?
米カリフォルニア州には いくつもの言語の教本が無料で用意してある。そこまでとは言わないがせめて英語のマニュアルぐらい作ったっていいだろうに。。。


戻って旅の荷物をそっくり洗濯。狭い部屋中に干しまくる。

旅の間に少しずつ身体についた贅肉やら諸々を落とすため豆腐と野菜でデトックス。そして禁酒中。


旅の相棒、我々にとっては愛馬同然の我らのスクーターHONDAフォーサイト、別名「豚君」を処分することに。
泣く泣く バイク王にて買い取ってもらうが、切ない別れ。
この先 いつ乗ってやれるか解らないので ぐっと堪えて処分した。

(左) バイク王前の豚君          (右) 走りに走った約5万キロ
     

ありがとう豚君。色々なところへ連れて行ってくれてありがとう。
一度も面倒かける事なくずっと良い子でいてくれてありがとう。
願わくば バイク好きの誰か良い人に可愛がって貰えますように。。。 
楽しかった日々にありがとう。   そして さようなら。



この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg