FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

今まで静かだった宿周辺事情が、何故かマラソン前夜に限って 隣の学校で大ロックフェスティバル??? 
3時起床に備えて早めに就寝と思った矢先に出ばなくじかれ 耳栓してベッドに入ったのは10時。

     ま、でも 眠れないわな。。。普通。



27日 マラソン当日の今朝 3時起床
ボーッとしながらコーヒー入れてバナナとコーンフレークに牛乳かけてとりあえず食べる。
準備体操もせず4時半 宿を出て すぐ近くのスタートラインへ。
    
        静かな朝。 

   

参加者少くスタート地点は数えられる程の人数が集まっているだけで、『???』と思って ターペー門の正面に回ってみたら あら、こちらに皆さん集合されてました。






スタート地点にコジンマリと移動して5時ハーフマラソンスタート。
150人程度かなぁ。。。?
スタートして すぐばらけるので ぶつかる心配も 進路を邪魔されることもなく 奴豚と二人、後方についてゆっくり走り出した。



今日は「スタートはゆっくり」と自分に何度も言い聞かせた。
上海でもゆっくりと思ったが、後で思えば やはり皆につられて早めのスタートだったろうと思う。
伴走の奴豚に「努めてゆっくり走ろうとしてるの?」と確認されるほど そりゃぁ亀の歩みの前半5キロ。

     

5キロを過ぎる頃になるとペースが落ち始めた先行走者が見えてくる。今までゆっくり走っていた分 この地点あたりからどんどん抜いていけるというのは気分が良い。ひとり抜くたび その人のエネルギーを吸い取って自分が元気になる感覚。(走る人にはわかるよね、この気持ち良さ)

いつもは黙って一人旅のスタイルが、今日は膝痛の奴豚がペースを抑えてずっとくっついてくる。時々おせっかいな助言をされて、内心ムカッとくるのだが、些細なことに気持ちを乱されるのは止めよう、並んで二人で走った。

『奴豚は なんでもひとこと意見しないと気が済まないタチなんだ、これが。』


車の規制はなかったが軍隊の交通整理とコース指示があり、給水所も1キロ毎にあって学生達が丁寧に水のコップを手渡ししてくれた。


夜明け前の暗いなか、托鉢のお坊さん達とすれ違いながらipodの音楽も聞かずに黙々と、でも軽快に走った。


先にフルマラソンでスタートしているK夫妻は 今頃どこを走っているのかな、と想像すると励みになった。



「スタートはゆっくり」のお陰で 『 もう 15キロだ』 と思えた。その後はフィニッシュまで時計を確認する事もなく、先行者を一人でも多く抜く事に集中。
       
2KM to go のサインが目に飛び込んできた時に 『あれ、もうそんなに来たか。早かったなぁ』
 
               余裕とは素晴らしいものだ。


よし、前方の全員 ごぼう抜きだ、ってな勢いでスパート。


奴豚は膝の痛みをあまり感じず、先に行こうと思えば行けたろうが、最後まで抑えて伴走してくれた。
最後の最後に「亀! 遅いぞ、頑張れ」てなことを隣で言われてムカ!と来た。「うるさい、ほっとけ!」 喧嘩しながらラストスパート。

御陰さまの 2時間02分07秒。自己ベストであった。

フィニッシュしてからも 「あと2分なら縮められたのに、あそこでスパートかけないから。。。云々云々。。」とまだ意見の多い奴豚であった。
              

さて、K夫妻は 
 
この力強く かつ 華麗なガッツポーツがご覧頂けるだろうか。。。

余裕のタイムにも是非ご注目。

床にひれ伏したい気持ちだった。。。
   一ヶ月半の間にフルマラソン3本続けて走る人達なんだもの。。。





        ご覧の通り 表彰式 ☞

先頃のバンコクマラソンでも賞金獲得!





トロフィーの冠とシンハビールは同じマーク。 

空き瓶の中で輝くトロフィー。。。







ウィナーにごちそうになるって 本来逆でしょ。。
好物カオソーイ
評判の店で打ち上げランチをゴチ! になる。

            
あ~ 楽しかった。 少しだけフルマラソンに希望が見えてきた、、、、かも???




バンコクマラソン2009オフィシャルページにはMrs.Kの写真が使われている。




【ホントに走るんだね】
こちらはメキシコで年越しになりました。
良いお年を!
この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg