FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

7月10日(土)

Canarvan Gorge からAlpha


写真上) カナルバンゴージの風景。 
   写真右)は車道脇で「右見て左見て」状態のカンガルー親子。車を止めて見ていたら安心したのかぴょんぴょんと渡って行った。実に微笑ましいひとときである。


国立公園の入り口から車道まで44キロを戻る。
天気回復して快晴。だんだん暑くなってきたぞ。
Alphaという町で泊まる。Alphaというくらいだから近くにベータもあるだろうと思ったらさにあらん、隣にあった。
オーストラリアの町のネーミングは実に安易。。。(と言っては失礼かもしれないが)サファイヤという名の隣にエメラルド、ルビー。で、アルファの隣がベータだ。 容易に予想がつくネーミングで可笑しい。
そのアルファという町のキャラバンパークで泊まる。
何もない町が週末で皆閉まっているのでさらに何もなく。。。パブが一軒空いているだけだった。広々としたサイト。夕食前に約1時間ジョギングに出る。



7月11日(日)

Alpha から Longreach

ロングリーチは混んでいるから早めにサイトを確保したほうがいいよと、アルファのキャラバンパークのシルバーノーマッズカップルから聞いたので、まだまだ日の高いうちに場所を確保する。今まで平均20ドルで来たので少々高めだ。34ドルで電源付き。ここぞとばかりにいろんな電源をチャージをする。
ラッキーなことにネット接続無料だった。接続可能場所が事務所周りだけだったので夜遅くなっても事務所の外に陣取って色んな検索をしたりブログアップしたり、ご無沙汰の皆様にメールしたりと忙しい夜だった。




7月12日(月)

Longreach から Winton


Wintonウィントンもサイトは混雑するんだよと脅されたが昼前に着いたので楽々と好みのサイトの予約が可能。4カ所あるキャラバンパークのなかから今まで泊まったことのないファームステイションステイを選択。郊外の牧場内にあるキャンプサイトで農場生活がかいま見れる趣向になっている。
夕方子牛の授乳があったり、七面鳥に餌をやったり、キャンプファイアーを囲んで満天の星を眺めたりと田舎ならではの嗜好で町中のキャラバンパークとはちょっと違う経験が出来る。
シャワー、トイレは普通のサイトと同じ条件で、値段も同程度だった。
満天の星を見ながらのんびり。



7月13日(火)

Winton 二日目

小さな町だが 町の中心のキャラバンパークへ早々と移動して11時から行われるというキャトルセール(Cattle Sale)要するに牛のセールを見ようとセールスヤードへ行ってみるもなんの動きもなく待つことしばし。
駐車した所からさほど遠くないところから何やら音がするので行ってみると、牛を次から次へと牛専用貨物車に乗せているところだった。へ? これがキャトルセール? てな感じでしばし見学。

   

Cattle Trainと表示された貨物車に次々牛が乗せられていく。牡ばかりである。牝牛は子を産むので農場がキープするのだろう。乗り込んで行くこれらの牛達の行き先を思うと『ありがとう・・・』という言葉しか出てこない。
今、生きて、自らの足で貨物車に乗りこんで行く牛達。
感謝してすべて残らずありがたくいただこう、天の恵みに感謝せざるをえない 当たり前のことながら、そんな気持ちで胸がいっぱいになって静かに見送っていた。

キャラバンパークに戻っても手持ち無沙汰で町を散策。若いフランス人カップルと公園で出会ってしばし旅の話に花が咲く。
夕方 町をぐるりっと回って約1時間ほどジョギング。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg