FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

7月22・23日

沢山の素晴らしい滝と滝壺でのスイミング。カンガルー(正確にはワラビー)と夜な夜なご出勤して行くコウモリの群れを楽しんだリッチフィールド国立公園からダーウィンへ一旦戻る。

市内でネットに接続、スーパーで食料の買い出し、洗濯と繕い物など身の回りを整理。

23日(金)はダーウィンの祝日で官公庁は休みとあって図書館も閉まっていて残念。
マックへ行き (ちなみにマックの期間限定シュレックチキンラップ、1ドル95セントがお気に入り) ちょっとネット。

ダーウィンは海に面しているのに泳げる海岸がほとんどない。かろうじて遊泳可能だったミンディビーチでさえアリゲーターが出現して遊泳禁止に。更には毒クラゲも多いらしく、遊泳は波の出るプール(5ドル) か その隣のブイで囲まれた一部分のみ。
全体的な印象は、面白味のない町、である。ま、これは個人的な意見であるが。
まだ、心惹かれる町との出会いはない。。。

写真下は クイーンズランドとノーザンテリトリーの州境 ボーダー
        ここを越えると30分 時計を戻すことになる

       



キャンプ生活のことを少し。
オーストラリアではキャンピングカーでの旅が実にポピュラーである。
定年退職組の“シルバーノーマッズ”が元気に走り回っている。
1年くらいの旅は普通。広い我が祖国をのびのびとエンジョイしているのである。なので生きた知識、ナマの情報が手にはいるのでありがたい。皆、自分の車が自慢で延々とカスタムメイドのトヨタハイラックスやV8の説明をしてくれる。

こちらでは日本でいうキャンプ場の事はキャラバンパークと呼ぶ。
洗面やキッチンなど設備が整っており、施設内にはコテージ風のキャビンと呼ばれる建物あり(値段高め) 、電源付きのキャンピングカー用サイト&電源なしのサイトとあって、もちろん我々は一番安い電源なしサイトに泊まって 車内で寝ている。

ナショナルパークなどではキャンプサイトと言うと、トイレと水の蛇口がある程度の簡易サイトでぐっと安い。これは早い者勝ちなのでなるべく早めに確保する。

他にもオーストラリアの道路脇にはいくつものレストエリアが設けてあり、タダで泊まれるものが多い。設備は色々で最悪でもトイレくらいはある。町と町の間が遠いので途中で力尽きても、一夜の宿は確保できるのがありがたい。
オーストラリアを車で旅するのならば、何をおいても キャンプ情報ガイドだけは持参した方が良い。地図も載っているしこれ一冊あれば充分だ。我々はシドニーで知り合いから古いバージョンを借りてきた。実に便利。これは必須アイテム。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg