FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

南島のピクトン着12月9日。そのままフェリーターミナル近くのキャラバンパークに泊まってフィッシュアンドチップスを食べに行った。
外食(と言うかテイクアウトと言うか)、定番はこのFish and Chips。けっこう好きだ。

ケリケリのハーフマラソン以降 少しお休みモードだった。
HHHやトンガリロの下山で走った程度で、好きなモノ食べ放題したお陰で腹回りに締まりがない。奴豚も見るからに肥えてきた。。
これから迎えるクリスマスシーズン前にこれでは先が思いやられる。
走らないでいると、どうもあちこち身体が不調だ。
HHHは走ると言ってもその分飲むし、途中で何度も止まるし。。
東京マラソンを二ヶ月後に控えているのでジョギングを再開した。
                   



再開初日。。。南島の北の先端に近いCollingwood海岸。


走りはじめからむちゃくちゃ身体が重い。下半身に大きな浮輪でもくくりつけているような感覚。
足首や膝も硬くて痛い。ギシギシ音が聞こえるようだ。
ちょっと走らないでいたらもうこれだ。まずいぞ~~~これは。
風強し。巨大なムール貝の殻を跳び越しながら約40分走ってストレッチしてオシマイ。ここの海岸はムール貝取り放題らしい。



続いて二日目。。。Murchison。北から西海岸へと抜ける途中の静かな町。
夕方の日差しが強い。走りだし超ゆっくり。
左膝痛し。真っ平らな田舎道を山を見ながら行って戻って約50分。
昨日より楽な気がする。


翌、三日目。。。西海岸の中ほど。Hokitikaのミルク工場の大きな煙突が目印のキャラバンパーク。
奴豚と一緒に走りに出た。と言っても話なんてしない。前後で黙々と走る。はじめはゆっくり。やっと身体が温まってきた30分ごろから速度が自然とあがり昨日よりはずっと身体が軽くて楽だ。こうやってだんだん軽くなっていくといいんだけど。。
この町はジェイド、緑色の石の加工で有名。町にはジュエリーショップが並んでいる。
スピードに乗って息が少しあがった1時間でキャンプ場にもどりキッチリストレッチしておく。

翌日は朝から強い雨。終日降られて、Franz Josefフランツジョセフという氷河で有名な町に来たものの氷河を見に行く気にならずに、"こんな日は天からの贈り物"とのんびり読書と昼寝して過ごしたのでジョギング中休み。



四日目。。。Franz Josefと隣のFox Glacierの氷河ダブルヘッダー。


午前中に氷河トレイルを歩いて、昼にMatheson湖の周りを二周ジョギング。約12キロのはずが終わってみたら50分のみだったので9キロ程度だったのだろう。緩いアップダウン。シダの葉陰の美しいコース。マウントクックは雲に隠れて、湖面に映る逆さマウントクックは見れず。氷河は以前アルゼンチンで凄いの見ちゃったのでここのはイマイチ。


五日目。。。西海岸のサンドフライに別れを告げて、Wanakaへ向かう途中のAspiring国立公園を抜けていく6号線のなんと綺麗な事。


まさにこれぞ手つかずのニュージーランド100%の自然といった景観。
2~3千メートル級の山がぼこぼこ立ち、山河に富みまくりだ。素晴らしい。滝も多く、あちこちで止まって写真取りとり進んでいたが、途中トレッキングコースを走って来た。Haast峠を越える山道。澄み切った深いブルーの川の流れの爽やかで美しいこと、風も澄み切っているように感じる。水温はめっちゃ冷たかった。

かなりのアップダウンコースだが1時間15分、楽しく走った。
随分楽になってきた。Wanaka 気にいって連泊する事に決定。




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg