FC2ブログ
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

WANAKAワナカは正月天気崩れて元旦夜は強風。
二日は昼から雨。夜半から激しく降り一晩中車の屋根を叩く雨音を聞いていた。
     『こんなに降るならマラソンはパスだな』と思っていた。

三日明けても降り止まず、早起きして朝食を済まし、一応会場へ出向いた。
レース名がスカイランと言うくらいだから、山の高い所を走るので、平均標高は1500メートル。雨と霧で視界なし。
      

土砂降りのぐちゃぐちゃのトレイルを走る気になれず牛美はさっさと不参化表明。奴豚はせっかく来たんだから5キロでも10キロでも走る意向。
バイクレースも同時スタートとあって、急遽安全を優先してコース変更がなされ、スタート時間が30分繰り下がった。
そうこうするうち雨が止んだので牛美も10キロに参加することに。
奴豚は20キロにエントリー。

10時35分。マウンテンバイクのスタートから遅れること1分、どろんこのアルペンスキー用トレイルコースの泥道をぐっちゃぐっちゃとスタート。
5キロ・10キロ・20キロ・30キロそれぞれ各自違う目標を目指して同時にスタートした。雨のせいで参加者少ない少ない。。。

     

まずは下り。みんな早い。得意の下りなのにおいて行かれた。
ひとしきり下ったあと、今度は長い登り。ぐっと我慢で登る。何とか遅れずについて行ける。とは言え、勿論奴豚は先に行っている。

コース変更のせいで距離の表示がない。だいたいこれくらい走ったかな、と勝手に計算しながら進んで行くが、なんだかやけに長く感じる。10キロとは言えトレイルのアップダウンはやはりきつい。
レースに関係なくのんびり走るのとは大違いでしんどい。
何度走っても、いくらレースを経験しても全く楽にならないのが【走る】苦しみと楽しみだ。


      

途中コースを間違え少し余分に走る。前の走者がコースミスしたのについて行ってしまった。ハテ?と気付いて立ち止まったら後続が「こっちだ」と合図してくれたので戻ったお陰でせっかく頑張って抜かした人達に抜かれて、精神的にものすご~くがっかり気力を削がれる。しばし意気消沈。元気を盛り返すのって楽じゃない。
牛美に足りないのは“なにくそ魂”だ。。。(我は強いが気が弱い。。。)

ゴール寸前でやっと気力が戻って来たが、手もとの時計は超のろまタイムでガックリだ。奮起してもう一周と言う気になれず、一周10キロでストップして、皆の応援をしていた。頑張っている人達って美しい。


棄権した参加者が多かったので、年齢別で1位!の賞品ワインゲット。
他にもお楽しみ抽選会でゴルフプレー券やお食事券も貰って払った参加費より元とって得した気分。





後で聞いたら一周13キロだったそうな。
と言う訳で、牛美13キロ・1時間25分
奴豚26キロ・2時間50分 (途中で駐車場に戻って靴履き替え着替えた時間も含む)

その夜は貰ったお食事券で豪華な夕食!




この記事へコメントする















20150619110152a8e.jpg